挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
DAGGER 戦場の最前点 作者:BLACKGAMER

点を支えし者達

78/129

04章 激情の命ずるままに-05

【クレア視点】

一階からわざわざ運んできた椅子も返し、部屋は、元の姿を取り戻していた。
一時間前までは、それはそれは、にぎやかなものだった。
出来上がった料理を全てこの部屋に運び込み、ベッドで寝ているティストを囲む。
アイシス、ユイ、シア、それに、レオンの娘まで晩御飯に参加していた。
この部屋に六人もいるなんて、無理がある。
ユイとアイシスなど、交互にティストが使うベッドの端に腰掛けていたぐらいだ。
食べるだけ食べ、飲むだけ飲み、疲れを癒すために眠りについた。
今、この部屋にいるのは、私とティストだけだ。
「ふぅ…」
眠気覚ましのはずのコーヒーも、まるで役に立たない。
勝手に落ちてくるまぶたを手の甲で擦り、ただ、気力だけで、睡魔にあらがう。
眠るのが惜しい。
いや、正直に言えば、朝が来るのが恐い。
明日になれば、私は城へ帰らねばならない。
これほど疲れた状態で目を閉じれば、本当に一瞬のことだろう。
目覚めたときには、この幸せな時間も夢のように消えてしまう。
だから、少しでも長く、この子を見ていたい。
一秒でも長く、この目に映しておきたい。
レジが作ってくれた、貴重な機会なのだから。
この先に、こんな幸運なんて、二度とないかもしれないのだから。
「…?」
遠くの空で、風が舞いあがり、上空で滞留している。
おそらく、昼間にティストがして見せたものを真似たのだろう。
だが、あのときは一瞬で終わったのに、こちらは、なおも増幅されて、渦を巻いている。
吹き溜まりのように、不規則な軌道で踊る風は、まるで、オルゴールのようだ。
何度確認しても、方角は、ロアイスで間違いない。
ということは、使い手は…。
「リース」
私と同じ結論に至ったのだろう、ティストが掠れた声でつぶやく。
開かれた目には、寝起きでは必ず残ってしまう眠気の色が、まるで見えなかった。
「まだ、起きていたのですか?」
責めるつもりはないのに、どうしても口調が非難めいてしまう。
疲れているのだから、少しでも早く身体を休めるべきだというのに、まったく。
「なんだか寝付けなくて…。師匠は、寝ないのですか?」
「ええ。もう、しばらくは…」
眠気を気取られまいと、気を張って答える。
それだけで、納得したのか、ティストが静かに口を閉ざした。
無言の二人を包むように、風の魔法が、途切れることなく放たれている。
魔法に感情が宿ったとしても、目には見えないだろう。
だが、その風は、たしかに喜びで満ち溢れていた。
おそらく、自室の窓を開けて、寝巻きのままで空に手をかざしているのだろう。
その光景を、容易に想像することができた。
「あいつらしいな」
ベッドの上で笑うティストの表情は、昔に見たものと同じく、幼くて、純粋な笑みだった。
その笑顔に、懐かしさが込み上げ、胸の奥を暖めてくれる。
変わるものがあれば、変わらないものもある…か。
それが、時の流れというものなのかもしれない。
「師匠」
「なんです?」
ティストの真剣な声に、こちらも真面目に返す。
私のことを真っ直ぐに見つめていたティストが、ゆっくりと口を開いた。
「来てくださって、本当にありがとうございました。
 今、こうして生きていられるのも、師匠たちの…みんなのおかげです」
まったく、何を言い出すのかと思えば…。
そんな当然のことなど、言わなくてもいいのに。
「………」
それきり、互いに黙ってしまう。
何を話したものか…と考えたときに、脳裏をよぎるものがあった。
立て続けに色々なことが起きたせいで、すっかり忘れていたこと。
一方的とはいえ、約束までしたというのに…。
本当に、この物忘れの酷さが、老化でないことを祈るばかりだ。
「あなたに、聞くことがありました」
「なんでしょうか?」
「あなたが欲しいもの…です」
「…!」
不意打ちを食らったというように、息を詰まらせる。
こんな話が出てくるとは、予想外だったのだろう。
「私は、まだあなたに闘技祭の賞品を渡していませんから。
 今度こそ、本音を聞かせてもらいますよ」
困り具合を存分に表情へと出して、ティストが目をそらす。
それでいい。少しはあんなことを言った自分を、反省するべきだ。
「いえ、あれが俺の…」
「あなたの嘘が見抜けぬほどに、私は愚かに見えますか?」
畳みかけるように重ねた言葉に、言い訳の途中で、ティストが口を閉ざす。
我ながら、よく言うものだ。
私ほどの愚か者など、稀だろう。
だけど、この子の前では、賢しきものでいたい。
それは、全てを教え込んだ師としての見栄であり、意地でもある。
そして、何より…。
この子に気遣われ、あんな嘘を吐きあう関係など、我慢ならない。
私がやることは許せても、ティストがやることは絶対に許せない。
そんな、子供じみたわがままが、一番強いかもしれない。
そんな思考を一巡りさせても、ティストは、まだ口を開こうとしない。
「ほら、言ってごらんなさい」
「俺の願いは、あれで叶えてもらいました。本当に、もう充分です」
吐き捨てるように、ティストが言い切る。
まったく、素直に甘えればいいのに、どうしてこんなに意地を張っているのだろう。
嘘が苦手、甘え下手、ティストを通じて見える己の欠点に、辟易する。
こんなところばかり、私の欠点を継がなくてもいいだろうに。
だけど、この程度で引き下がるつもりはない。
強情には、強情で返すまでだ。
「答えない限り、ここに居座りますよ」
私の言葉に、ティストが目を見開く。
数秒の硬直から立ち直ると、取り繕うように表情を戻し、きつく口を結んだ。
今の反応…まさか、ティストの願いは…。
「私が、ここに…いる…こと?」
私の声に合わせて揺れた肩が、肯定を示している。
「そう…なのですか?」
私の問いに、ティストは壁へと視線を向けて、答えを拒む。
その態度が、もう答えのようなものだった。
まったく、本当に変わらない。
私を困らせたくない一心で、この子は嘘をつくのだ。
自分の気持ちを押し隠し、ただ、ひたすらに我慢するのだ。
いい子に育ってくれたと思う。
でも、それは、都合のいい子という意味ではない。
相手を思いやる優しさがあるならば、その思いやりを汲み取ってあげなければならない。
それに、そんな小難しいことよりも…傍に居てほしいと求められたことが、ただ、嬉しかった。
「ティスト」
名を呼びかけ、あの子の手を取る。
あんなに小さかった手のひらが、今では私よりも大きい。
老いた私とは違う、未来のある力強い手。
なのに、そこに刻まれた無数の傷は、年齢に相応しくない…私と並ぶほどの数だった。
この子が、どれだけ激しい戦いをくぐり抜けたのかを、雄弁に物語っている。
手を重ね合わせ、そっと自分の両手で包み込む。
何者からも守れるように、願いをこめて…。

「今すぐには、残念ながら不可能です。
 しかし、いつの日か…必ずその約束を果たします。
 だから、それまで…絶対に生き抜くのですよ」

この先にも、この手を傷つける者たちが、数多く待ち受けるだろう。
だけど、どうか、どんな困難にも、負けないでいてほしい。
そうすれば、いつの日か…きっと、そのときが来るから。
「はい、必ず」
「いい返事です。約束ですよ」
固く手を握り締め、二人で結んだ約束を、自分の中で、絶対に果たすべき誓いへと変える。
どんなに時間をかけようと、どんなに困難だろうと、必ず叶えてみせる。
「今日は、眠りなさい」
「はい」
数分も経たずに、寝息が聞こえ始める。
おかげで、なんとか情けない泣き顔を見られずにすんだ。
「それは、お互い様…ですね」
ティストの頬に残った涙の後を見ると、口元が緩んでしまう。
この目に映るものを、今の想いを、時間と共に、全て心に刻み込んだ。



締め切ったカーテンを貫いて、わずかな光が差し込む。
「夜明けか」
恨みがましい自分の声に、思わず苦笑いをしてしまう。
どうせ、どんなに時間があったとしても、足りないのだ。
「………」
あのときから離せないでいた手を、名残を惜しみながら、ゆっくりと離す。
椅子から立ち上がり、眠っているあの子の顔を覗き込んだ。
間近で見つめた寝顔は、昔と変わらずに安らかで、あどけないものだった。
「本当に、よく眠っていますね」
つぶやいた声にも、反応はない。
これならば、気取られることもないだろう。
足音を忍ばせ、部屋を後にする。
私の役目は、もう終わりだ。


これでいいと何度も自分に言い聞かせ、無理矢理に足を動かす。
あの子と別れの言葉など、絶対に交わしたくもなかった。
静まり返った森を抜け、もう一度だけと言い訳をしながら、背後を振り返る。
もう、何度振り向いたかさえ、分からない。
少しでも意志が揺らげば、駆け戻ってしまいそうだった。
広がる草原を前に立ち尽くし、結わえていた髪を解く。
澄んだ風が髪をなでつけ、体温を奪って吹き抜けていった。
朝日に照らし出されたロアイス城は、あまりにも遠い。
疲れきった身体では、この程度の距離にさえ辟易してしまう。
足は鉛のように重く、道のりは果てしなく長い。
まるで、これからの行く末を暗示しているかのようだ。
「これが、どうにかしなければいけない距離…か」
来るときにも感じていたものを、口に出して再認識する。
今は、どうにも出来ない。
しかし、いつの日か、きっと…。
「…!」
雲間から覗く、わずかな光。
それが、まるで、私に残された小さな希望のように見えてしまう。
「馬鹿馬鹿しい」
私の進む道など、どうでもいい。
もし、そんなものがあるのだとしたら、私などよりも必要な人間がいる。
「どうか、あの子に希望と祝福を」
誰とも知れぬものに、願いを掛ける。
あの子に幸福をもたらしてくれるのであれば、相手が何者でもかまわなかった。
祈りを唱え終えて、ゆっくりと街道を歩き出す。
立ち止まってなど、いられない。
あの約束がある限り、私は、歩みを止めるわけには、いかないのだから。
進む先には、きっと、新たな戦いが待ち受けているだろう。
だけど、私は前を見て歩く。
全ては、あの子のために。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ