挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
DAGGER 戦場の最前点 作者:BLACKGAMER

点を支えし者達

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

73/129

03章 舞台裏の攻防-03

【クレア視点】

残された時間は、ほんのわずかだ。
ラインとシアが馬車の手配をして戻ってくれば、それでおしまい。
こんなに突然の別れなんて、想像もしていなかった。
このところ、顔を合わせる機会も増えて、これからもそれは変わらないと思っていた。
いや、それどころか…。
いつの日か、昔のようにあの子と一緒に暮らせることを期待していた。
そんな甘い幻想を抱いていた自分を、呪い殺したくなる。
私の不用意な希望で、ティストに仕事を依頼したのが、そもそもの発端だ。
私が余計なことをしなければ、この子は、こんなに傷つくこともなかった。
この傷は、全て、私がつけたも同然だ。
「っ…くっ…」
ふらつく身体を叱咤しったして、魔法の出力を高める。
この程度で、根をあげるわけにはいかない。
ティストの身体を蝕んでいる苦しみと比べたら、こんなものなど痛みとは呼べないのだから。
「クレア様、申し訳ありませんでした」
今にも泣き出しそうな顔で、アイシスが深々と頭を下げる。
その姿は、今にも自責の念で押しつぶされてしまいそうなほど、弱弱しかった。
「気に病むことは、ありません」
会えなくなると嘆くのは、私の個人的な感情だ。
ティストのことを本当に思えば、ここにいないほうが、幸せなのかもしれない。
命を狙われ、悪意に晒されることなど、あってはならないのだから。
それに…。
「ティストも、過去に同じ事をしましたから」
「お兄ちゃん…が?」
「ええ。弱きものを守るために、貴族へと刃を向け、傷つけた。
 そして、あの子は…ロアイスを追放されたのです」
「…!」
アイシスの顔が、驚きに染まる。
やはり、ティストから聞かされていないか。
まったく、本当に誰かに頼るのが下手な子だ。
話してしまえば、楽になることだってあるというのに…。
そして、ユイがそうであったように、この子ならば、きちんと話をすれば、受け止めてくれるだろう。
そうであることぐらい、この数日の付き合いでも分かる。
「じゃあ、イスク卿がお兄ちゃんを憎んでいるのも…」
「ええ、それが原因です」
思い出したくもない、凄惨な過去。
積み上げてきた物、守り続けてきた物、それが全て壊れてしまった。
あれ以上に私が見たくない光景なんて、たとえ、悪夢でも作りだすのは難しいだろう。
あの子から流れ出して、床を染め上げた血の色は、今でもはっきりと覚えている。
「………」
ゆっくりと息をついて、思い出に浸るのを止める。
過去を悔やんだところで何もできないけれど、今、目の前で出来ることがある。
この手の届くところに、あの子がいるのだから。
他を全て遮断し、意識の全てをティストに向ける。
癒しの魔法のために、文字通り、全てを振り絞った。



「馬車の準備、出来ました」
「よろしいでしょうか?」
気遣わしげなラインとシアの言葉に、弱まっていた魔法を止める。
後、数十秒でも続けていれば、意識を失っていただろう。
「ティスト」
呼びかけた私の声に、反応はない。
後先を考えず、全てを投げ打って癒しの魔法を使っても、まだ足りないらしい。
どれほど、この傷は深いのだろう?
どれほど、この子を苦しめたのだろう?
本当に、この傷は、癒えるのだろうか?
これが今生の別れになるなど、考えたくもない。
それでも、思ってしまう。
もし、目を覚まさなければ…。
もう二度と、顔を見ることが、声を聞くことが、言葉を交わすことが、できなくなってしまうかもしれない。
膨れ上がった不安が具現化して涙に変わり、頬を伝って流れ落ちる。
悔やんでばかりだ、何も出来ていない。
「ごめんなさい」
何もできなくて、ごめんなさい。
何もしてあげられなくて、ごめんなさい。
こんなことになってしまって、ごめんなさい。
謝ることは、山ほどある。
伝えたいことは、それ以上にある。
だから、こんなものが、あなたの結末だなんて、私は認めない。
「お願いだから、必ず目を覚まして。
 あなたには、まだ渡していないものがあるんですから」
闘技祭で優勝したら、商品を、もしくは、わがままを聞くと私は約束した。
それなのに、あなたは、私に本心を見せてくれなかった。
『私一人で、戦場に立つことをお許しください』
そんなものが、願いであるはずがない。
優しいから、私たちのためにそう言ってくれただけだ。
「許してくれるなら…。
 今度こそ、あなたの本当の願いを教えてください」
私のためについた嘘ではなく、本心を聞かせてほしい。
どんなものだって、用意してみせる。
どんなことだって、叶えてみせる。
だから、その口で、その声で、私に願いを聞かせて。
新たな約束を済ませて、その身体を離す。
別れの言葉が尽きることなどないが、これ以上、待たせるわけにもいかない。
涙を拭ってから、アイシスへと振り返った。
「アイシス、ティストのことを頼みます」
「用心を怠るなよ」
「はい」
力強い返事をくれるアイシスを、レジと共に見送る。
私ができるのは、ここまでなのだ。
後は、この子たちに託すしかない。
何もできない無力な自分を許せそうになかった。



人目を忍んで訪れた、深夜の闘技場。
力任せにロッドを振り下ろし、その風きり音に追いつくほどに足へと力を込める。
ティストが城を去ってから、既に三日が過ぎている。
治癒の魔法で使い果たしていた体力を持て余し、それが苛立ちを加速させる。
あの子のために使える力が、こんなにあるというのに…。
私は、こんなところで何をしているのだろう?
使い道をなくした力で、ひたすらに己を鍛え上げる。
自己の研鑽などという健全な言葉では、到底飾れない。
怒りを疲れで中和することで、どうにか自制しているだけだ。
我慢の限界など、既に超えていた。
アイシスの父を名乗っていた者が、兵を集めていることは、既にファーナが掴んでいる。
金に物を言わせ、ずいぶんな数を用意したようだ。
成り上がりの小物が、自由に出来る額ではない。
背後にいる奴が、湯水のように出資しているのだろう。
そこまで知っていても、相手が動いてからでなくては、手を出せない。
だから、奴らを自由に泳がせなければならない。
理屈は分かる、当然の策だ。
だが…その、なんと歯がゆいことか。
焦れる気持ちを心の奥深くに沈めても、とても覆いきれない。
未熟な頃のように殺気を漏らしてしまいそうになるとは、年は取りたくないものだ。
「水よ」
魔法で作り出した水を練り上げて硬度を高め、大地へと突き立てる。
着弾点に誰の顔を想像したのかなど、言うまでもない。
「まるで、子供ですね」
思わず、自分でも笑ってしまう。
怒り狂い、癇癪を起こし、本能のままに暴れまわる。
こんな姿、人には絶対に見せられない。


さっきよりも速く、水の刃を次々に突き立て、その場所だけを崩していく。
最後の一本を着きたてた瞬間、轟音と共に、全てが消し飛んだ。
「憂さ晴らしなら、付き合うぞ」
「レジ」
いつもの仏頂面で、地面に突きたてた斧を肩へとかつぎ直す。
気づかれないように部屋を出たつもりなのに、まったく、勘のいい男だ。
「手加減、できませんよ?」
「だろうな。冗談さえ、満足にできてないようだしな」
鼻で笑うレジに向けて、幾重にも水の魔法を放つ。
私の攻撃を避けもせずに、斧で端から切り落としていった。
遠慮せずに踏み出し、全てを薙ぎ払う。
その力強さに安心して、さらに力を高めていく。
しばらく見ていないから、忘れていた。
本気を出したレジは、どんなものでも受け止めるのだ。



足を止めて、乱れた呼吸を整える。
もう、身体からは、汗も出なくなっていた。
訓練で、これほどに全てを使い果たしたのは、いつ以来だろう。
「満足したか?」
「ええ、十分に」
これだけ疲れておけば、泥のように眠ることができる。
そうまでしなければ、自分を御することもできないなど…。
なまったな、俺もお前も」
「何をいまさら…」
そんなこと、改めて言われるまでもない。
筋力は衰え、目も悪くなり、反射神経や判断力なども鈍る一方だ。
過ぎ去りし頃の自分と戦えば、数分も持たずに死ぬだろう。
「鍛えるぞ」
「?」
レジの唐突な言葉に、思考がついていかない。
私の怪訝そうな顔を見て、レジが説明を足してくれた。
「また、力が必要になるときがくる。
 そのときに、己の無力を嘆きたくないだろう?」
たしかに、戦う機会がないからと、最近は訓練をないがしろにしていた。
だが、それは、やはり間違いなのだ。
来るべき時のために、少しでも力を維持しなければならない。
「それに…どうせ、眠れないのだろう?」
こちらを見ずに、そっけなくレジが言い捨てる。
つまりは、これからも、この憂さ晴らしにつきあってくれるという話だ。
ならば、その好意は、ありがたく受け取っておこう。
「明日は、勝ちますからね」
斧を持つレジに、ロッドの先を向ける。
それに答えるように、レジも斧をこちらへと伸ばした。
「返り討ちだ」
老いさらばえた二人の手には、輝きを失わぬ武器たち。
主として、負けてはいられなかった。
それにしても…。
あの子が城を去ってから、自嘲や嘲笑ではなく普通に笑うことが出来たのは、今日が始めてかもしれない。



相変わらず、減ることのない仕事のために、机へと噛り付く。
その集中を砕くほどに、異常な速度で駆け寄る足音を耳にして、レジと同時に椅子から立ち上がった。
この癖のある走り方で、誰なのか分かっているのに、身体が勝手に警戒し始める。
本当に、身体に染み付いてしまったものは、消しようがなくて困ってしまう。
かすかに聞こえる音で、残りの距離を測って、相手を待つ。
ノックもなしにドアが開かれた。
「クレア様っ!! レジ様っ!!」
余程急いで来たのだろう、あのシアが息を切らせてくるなど、普段ではありえない。
「どうしたのですか!? シア」
嫌な予感が膨れ上がる。
まさか、何かが…。

「ティストちゃんが…ティストちゃんが、目を覚ましました」

全身の力が抜け、その場に崩れ落ちてしまいそうになる。
レジが支えてくれなければ、地べたに倒れていただろう。
「ティストが…ティストが、目を…」
情けないほどに震える声音で、何度もシアの告げた言葉を噛み締める。
繰り返していなければ、現実でなくなってしまうようで、恐かった。
私の言葉に、シアは、何度も力強くうなずいてくれる。
「良かった。ほん、とう…に…よか…った」
かすれてしまって、思うように声も出せない。
目頭が熱くなり、視界が涙で霞んで、何も見えなくなる。
まったく、これほどまでに涙腺が緩んでいるなんて、本当に情けない。
あふれ出る涙を手のひらで抑えても、指の間から零れ落ちてしまう。
その熱も心地よく感じてしまうのだから、性質が悪い。
こんなみっともない姿など、あの子には、絶対に見せられない。
この世の全てに感謝したいくらいの気持ちだ。
そして、胸の奥で誓う。
今度こそ、絶対にあの子を守る。
誰からであろうと、何からであろうと、私が必ず守ってみせる。
結局、涙を止めることができずに、自分でも呆れるほどに泣いてしまった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ