挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
DAGGER 戦場の最前点 作者:BLACKGAMER

点を支えし者達

71/129

03章 舞台裏の攻防-01

【クレア視点】

薄ぼんやりした視界の中に、厳めしい顔が浮かんでいる。
「レジ」
「馬鹿者が、加減を考えろ」
なるほど、癒しの魔法を使いすぎて、意識を失ったわけか。
夢現ゆめうつつに、カルナス一家と言葉を交わした覚えがある。
おそらく、ラインとシア、それにユイが、ロアイス城まで運んでくれたのだろう。
「あの子たちは?」
珍しく、レジが盛大にため息をつく。
そのくらいに、自分の身を省みない私の態度が気に入らないのだろう。
それが、レジの気遣いであることも、優しさであることも理解している。
けれど、今は私の身体よりも大切なものがある。
「…くっ」
襲ってくる頭痛を気付けにして意識を覚醒させ、自力で身体を起こす。
この程度…か。
幸いなことに、歩けないほどではない。
まあ、這いつくばってでも行くのだから、結果はさして変わらないか。
全身を駆け巡る不快感をねじ伏せて、ベッドの端へ腰掛けた。
「何の真似だ?」
「いつまでも来ない返事を待つほど、私は気長ではありません」
「ワシがどんな言葉を言ったとしても、どうせ自分の目で見なければ、気がすまないのだろう?」
憮然とした表情で言い捨て、それでも、私に肩を貸してくれる。
この男は、そういう男なのだ。
不器用で、優しい。
ティストも、そんなところばかり似たようで、困ってしまう。
「…!」
歩き始めて、ようやく頭にまで血が巡ったのか、あの場にいた黒服たちのことを思い出す。
まだ、物忘れが始まるような年だとは、思いたくもない。
「運び込まれたのは、あの子たちと私だけですか?」
「おかしなことを言うな。他に誰がいるというのだ?」
「実は…」
魔族の領地で叩きのめした連中のことを、思い出せる限り、子細に説明する。
レジは、いつもよりも少しばかり不機嫌な顔で、耳を傾けてくれた。
「ラインとシアからも、何も聞いておらん。
 奴らが気づかぬこともないだろうし、おそらく、意識を取り戻して、逃げおおせたのじゃろう」
「そう…ですか。すみません」
せっかくの情報源を逃がしてしまうなど、なんたる失態だろう。
動けなくさせる対処法など、いくらでもあったのに、そんなことまで気を回せなかった。
「人命が最優先だ。お前の判断は間違っていない」
「ありがとう、レジ」
「礼を言われることじゃない。これは、事実だ。
 それに、どうせ優先順位など変えられないだろう?」
「ええ、そうですね」
あきれたようなレジの言葉に軽口を返して、気分を少しでも落ち着かせる。
それでも、傷だらけのあの子を見たときの衝撃は、私の心を砕くには十分すぎた。

【レジ視点】

「やれやれ」
嘘をつくのは、気分が悪い。
普段より、少しばかり饒舌になった気もするが、そんなところまで、気づきはしないだろう。
今のクレアに、余計なことを考えている余裕などない。
だからこそ、煩わしいことは、治療に回れないワシに請け負わせてもらおう。


人目を避け、闇夜に紛れて、闘技場の中へと入る。
壁沿いの目立たぬ場所に、縄で手足を縛られた男たちが這いつくばっていた。
猿ぐつわで声を出せないようにし、短い紐で数珠繋ぎに互いの腰を結んで、決して逃げられないようにしてある。
まったく、見事なまでの徹底ぶりだな。
大きな荷車に腰掛けていたラインが、こちらに気が付いて立ち上がる。
なるほど、あれに乗せれば、こいつらをまとめて運べるわけだ。
「おつかれさんです」
「すまんな、手間をかける」
ロアイスまでこいつらを運び込んだのも、監禁しておくのも、全て任せてしまっている。
手伝える立場にないとはいえ、全てを押し付けるのは心苦しい。
「こんなもん、お安いご用ですよ。
 拳がいるなら、いつでも言ってください」
豪快に笑って見せるところなど、昔とまるで変わらない。
まったく、ラインを頼る日が来るとは…。
「で、首尾はどうじゃ?」
「ダメですね。こいつら、出任せしか言わないんですよ」
「…だろうな」
おそらく、雇われの身だろうが、自分の立場は理解しているらしい。
痛みに負けて口を割れば、後に待っているのは、ほとんどの場合が死だ。
さて、どうするか。
まさか、拷問をするわけにもいくまい。


「遅くなってしまって、申し訳ありません」
凛としたファーナの声に、男たちの間に戸惑いが走る。
縛り上げた男たちに詰問するという状況に、あまりに場違いに見える少女の登場に面食らっている。
この捕縛方法を提案した本人だと言えば、どんな顔をするだろう?
「どうじゃった?」
「それなりに、収穫がありました」
それなり…か。
謙遜好きなファーナが言うのなら、かなりの情報を掴んできたようじゃな。
「私から報告する前に、お手数ですが、もう一度だけ、尋問してもらえますか?」
「あいよ」
転がっている中の一人を選んで、口を封じていた縄を解く。
「お願いだ、俺たちを解放してくれ!」
「なぜ、あの場所にいた?」
「だから、何回も言ってるだろ?!」
逆上した男の声が、興奮のあまり裏返る。
そんなことを気にしている余裕もないようで、男は大口を開けて怒鳴った。
「魔族の王と人間が戦っているから、相打ちで弱ってるところを全員殺して来いって言われたんだよっ!」
あまりに姑息な発想に、吐き気がしてくる。
その企みが成功しなかったことを、この男は心から感謝するべきだ。
もし、成功していたら自分の命がないことを、この男たちは、理解していないのだろう。
「じゃあ、なんで、その仕事を受けたんだ?」
「べつに報酬だって出てないし、俺がやりたかったわけでもない。
 家族を殺すと脅されて、しかたなかったんだ!」
男がすがるような目で、必死に訴えかけてくる。
今までに、数え切れぬほどの嘘を見てきたのだ、今更、こんなものに騙されるわけがない。
「それはそれは、おめでとうございます」
場違いなほどに明るい祝辞を、ファーナが述べる。
それに、場の空気が凍りついた。
「…なに、言ってんだ?」
「あれほど大好きだった女遊びを止めて、身を固める決心がついたのでしょう?
 天涯孤独のあなたに家族ができるなんて、喜ばしいことだわ」
「あ…な…」
呆気に取られる男を追い詰めるように、ファーナが一歩踏み出す。
冷ややかな双眸が、男を見下ろしていた。
「お相手は、ここ最近、あなたが毎日のように通い詰めていた、町外れにある店の看板娘かしら?」
「!?」
息をつめた男が、目を見開く。
どうやら、その情報が出てくるのは、よほど予想外だったらしい。
「ずいぶん御執心だったようですね、他の客と乱闘騒ぎになったほどですから。
 早く帰らないと心配ですよね。愛しいあの子が、また他の誰かに口説かれているかもしれませんもの」
やはり、任せて正解だったようだな。
これほど短時間で、そこまで子細に掴んでくるとは…。
「すみません、私ばかりが話してしまって。さあ、あなたの話をお聞かせください」
「………」
まるで語調を変えずに友好的に話すファーナを相手に、すっかり萎縮してしまっている。
さっきまでの勢いはどこへやら、男は、声を出すことも出来なくなっていた。
「私の質問では、迫力が足りないようですね。
 やはり、レジ様やライン様のように、力のある者でないと」
たっぷりと皮肉をつけた笑みを浮かべて、ファーナが男に背を向ける。
どうやら、これで話は終わりらしいな。
「もういいのか?」
「はい。おかげさまで、情報の信憑性も確認できました」
「ほお、見事なもんだな」
ラインの賞賛に、ファーナが笑顔で一礼する。
相手の反応を見て、情報の正確さを把握する…か。
今までの一連の会話が、手に入れた情報の真偽を確かめるための小細工なのだろう。
理由を知れば理解が及ぶが、とても自分の頭で発想できるとは思えない。
自分の情報網を過信しすぎず、精査することも怠らない、その慎重さ。
それが、ファーナ・ティルナスを、小娘と呼ばせない理由の一つだ。
「しかし、連中の身元をどうやって調べたのだ?」
「ここにいるということは、不在、もしくは行方知れずになっているということ。
 ただの行方不明なら、珍しくないことかもしれませんが…。
 偶然にも、時期と人数まで一致する事例が見つかったものですから」
「なるほどな」
個ではなく、集団で探したわけか。
観点や前提を変えたおかげで、見えてくるものというのも、たしかにあるだろう。
「連携を意識して、顔見知り同士で組んだのが失敗でしたね。
 少しは、名の知れた人たちのようですから。ねえ?」
「………」
歯を食いしばり、必死に口を閉ざしている。
他の男たちも、唯一自由に出来る目を動かし、射殺さんばかりに睨みつけてくる。
男たちの反応の全てが、ファーナの言葉が真実であることを肯定していた。
「言いたいことがあるなら、どうぞ、おっしゃってください。
 しっかりと、拝聴させていただきますわ」
憎悪を孕んだ視線を正面から受け止め、ファーナは艶然と微笑んで見せた。
格が違いすぎるな。
この男たちでは、とてもじゃないが、太刀打ちできない。
数秒だけ相手の言葉を待ち、返答がないことを確認したファーナが優雅に一礼する。
どうせ、もう男たちから引き出すものなど、ないのだろう。
「お待たせいたしました。今度こそ、報告させていただきますね」
「で、黒幕は?」
「ええ。これを依頼したのは、リンダント卿でした」
予想していたものと違う名前が出てきて、しばしの間、思考をめぐらせる。
リンダント? というと…。
「アイシスの父を名乗っていた輩か」
「追放されるところを、ロアイスのとある大貴族が拾ったようです」
持って回った言い方だが、この場にいる者には十分だ。
不用意に名前を出せば、それだけで、面倒なことになる可能性がある。
「やはり…な」
奴は、ティストを殺せるのなら、それでいいのだろうな。
手段を選ばぬ…か、厄介なことだ。
現状では、機先を制することも、抑止もできぬ。
「どうせ、証拠はないのだろう?」
「ええ、残念ながら。追求したとしても、知らぬ、存ぜぬを押し通すでしょう。
 リンダント卿には私怨もあるでしょうし、結局は、卿にとって都合のいい駒が一つ手に入っただけです」
「そうか」
胸中に深く沈めて、その事実を全て飲み込む。
知ったところで何も変えられないのであれば、知らないほうがいいこともある。
揺り動かされる感情を、ひたすらに抑えつけるなど、無駄な労力だ。
それに…。
クレアが真実を知ってしまったら、踏みとどまることなど出来ないだろう。
そして、そうなってしまったときには、クレアを止めるつもりもない。
むしろ、その隣でワシも斧を振り上げているだろう。
「ライン、後のことは、任せられるか?」
「もちろん。二度と同じことができないように、しっかり叩き込んでやりますよ」
「私は、引き続き、連中の同行を監視いたします」
「頼む」
向ける場所のない怒りを抱いて、部屋へと戻る。
一事に思いわずらう暇などない、片付けなければならない問題は、これだけではないのだから。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ