挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
DAGGER 戦場の最前点 作者:BLACKGAMER

DAGGER -戦場の最前点-

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

63/129

17章 怒りの少女-4

【ティスト視点】

二階の窓際なら高さがあるから、アイシスと敵の位置を掴みやすい。
「援護するなら、ここからが一番だろうな」
「そうだね」
「しかし、ふざけた量だ」
この一角から見下ろせる部分だけでも、人、人、人で埋め尽くされている。
おそらく、死角にも隙間なく敷き詰めてあるだろうな。
物量での消耗戦に持ち込むあたり、奴らもアイシスの力量を理解しているらしいな。
「不甲斐ない」
この身体が動けば、あのときのように、あいつの背中を守ってやれるのに。
「嘆いてる場合じゃないでしょ?」
「そうだな、俺にも出来ることがあるわけだからな」
気持ちを切り替えて、顔を上げる。
愚痴をこぼしながらやれるほどの力なんて、今はないのだから。
「本当にやるの?」
「さっき話したとおりだ。分の悪い賭けだが、何もしないよりはマシだろう?」
本当は、賭けと呼ぶのもためらうほどの勝率。
だから、アイシスには余計なことを考えさせないために、話さなかった。
「やること自体は、あたしも賛成なんだけど…。
 べつに、ティストがやらなくても、あたしでも…」
「ユイはアイシスの援護、そういう話に決まっただろう?」
「だけど…」
歯切れ悪く、ユイが唇を噛む。
しょうがない、正直に白状するしかないな。
「今の俺じゃ、アイシスの動きを追い続けられないんだ」
人波の中でアイシスと敵の攻撃を把握し、危険を感じれば魔法で防ぐ。
全てを防ぐことはできないから的確な判断が求められるし、一瞬も気が抜けない。
病み上がりには、厳しい芸当だ。
「だから、頼む」
「うん、分かったよ。
 あたしが、ティストの分までアイシスちゃんを守るからね」
「よろしくな」
話を切り上げて、指先に意識を集中させる。
全身全霊を使わないと、魔法の発動さえ出来ない…か。
だが、ここで力尽きる分には、誰にも迷惑がかからないのだから、それでいい。
「支えててくれ、十秒だけ無茶する」
「うん」
肩に添えられた手のひらに背を預け、指先に意識を集中させる。
広範囲どころか、遠距離も難しいな。
「後は、頼むぞ」
「…うん、任せて」
ここから一番近い木に向けて、風の魔法を発動する。
指先から力が抜けていくのに、威力が上がりきらない。
小さな点を意識して、力を集中させる。
必要なのは、局所的な竜巻だ。
「ぐっ…うぅぅっ…届けっ!!」
力を振り絞るために、勢いをつけて腕を上げる。
空中へと飛び立つ木と引き換えに、俺は意識を失った。


【アイシス視点】


高々と打ち上げられた木が、轟音を立てて地面へと突き刺さる。
ゆっくり落ちてきたおかげで、ほとんどの連中は避けていた。
「ふっ、狙いが定まらないではないか。
 制御できぬ力など、恐れるに足らん。
 しかも、追撃すら来ぬとは…やはり戦場の最前点は、くたばりかけのようだな」
「黙れ。お前なんかが、お兄ちゃんを語るな」
歩くことも満足に出来ないお兄ちゃんが、私のために放ってくれた援護。
十分だ。
もう、それだけで、私には十分すぎる。
倒した敵の数なんて、関係ない。
今の魔法で力をもらった私が、それ以上に倒せばいいんだから。
「ロアイスから追放されたくせに、まだこんなことをしてるのね。
 だったら私が、この世界から追放してあげる」
私の父を名乗っていた男へと向けて、刃を鞘から解き放つ。
奴を護るように、金で雇われた男たちが前に出てきた。
奴を倒せるのは、一番最後…か。
それでいい。
相手の切っ先を見極め、余裕を持って避けていく。
避けられないわけがない。
お兄ちゃんに比べたら、こんなもの、全てが劣る。
一撃で一人ずつ、確実に仕留めていく。
私だって、お兄ちゃんの横に立てる、戦場の最前点だ。


「ぅ…」
喉に何かを詰められたように、空気が通らない。
浅い呼吸を繰り返して、なんとかそれを誤魔化す。
魔族との間を切り抜けたときよりも、遥かに負荷が大きい。
お兄ちゃんが、どれだけ私のことを守っていてくれたのか、よく分かる。
「はぁ…はぁ…」
このままじゃ、近いうちに限界が来る。
数秒でもいいから、休息を取らないと…。
「………」
背後の気配がないことを確認してから、足を使って間合いを外す。
追撃もなしに、あっさりと射程外まで逃げさせてくれる。
どうして? 包囲がさっきまでよりもゆるい?
「…!」
弓矢に鉄球、各種魔法まで収束している。
私の武器よりも射程距離の長いものが、これでもかと取り揃えていた。
私が足を止めるのを、ずっと待っていたんだ。
盾として使えるものがないから、逃げも隠れもできない。
さっきまでなら、射線に敵を入れるだけで回避ができたのに…。
「…くっ」
悩んでいた私に向けて、投擲武器が風を切り裂いて殺到する。
飛ぶ? 屈む? 無理だ、上下に逃げ場はない。
ダガーを前に突き出して、水の魔法を収束させる。
「うっ…」
疲れが、発動までの時間を遅らせる。
ダメだ、水の反応が鈍い。
数秒の差で、間に合わない。
「!?」
魔法の負荷が一瞬で軽くなり、水球が私を包み込む。
一切の攻撃を阻み、突き立った武器が力なく落ちていった。
今のは何? 何が起きたの?
戸惑う私の前に、枝分かれした小さな水柱が浮き出た。
これは、文字?
その形は、お兄ちゃんから読んでもらった本の中で、見覚えがあった。
「使う…? …!」
振り返れば、二階の窓際に立つお姉ちゃんと目があう。
お姉ちゃんは小さくうなずいて、優しく微笑んでくれた。
やっぱり、これは、お姉ちゃんの水なんだ。
お姉ちゃんが、私を守ってくれたんだ。
ありがとう。
叫ぶ力が残ってなくて、精一杯の笑顔でそう伝える。
「…!」
迫り来る矢を阻むように、あわてて水の形を変える。
姉妹の会話を邪魔するなんて、お姉ちゃんの言うとおり、本当に最低な連中だ。
「…ふぅ」
こうして魔法に干渉するのは、最初に練習していたとき以来だけど…。
今になってみれば、いかに楽なことだったのか、はっきりと分かる。
自力一人で生み出して維持するよりも、誰かの力を借り受けるほうが、はるかに負担は少ない。
「?」
私の目の前で、また水柱が形を変える。
今度の文字は…。
「えっと…休む?」
「何をしておるかっ!! 手を止めるなっ!!」
雨のように降り注ぐ攻撃に対して、水がその形を変える。
変幻自在の盾となって、全ての攻撃を遮断してくれる。
お姉ちゃんが、私に時間をくれるんだ。
「じゃあ、少しだけ…」
少しだけ水を借りて、口をすすぎ、顔についた汚れを落とす。
冷たい水は、それだけで私の力を戻してくれる。
お姉ちゃんに癒しの魔法をかけてもらっているように、生き返る気分だ。
呼吸を意識し、数十秒で、最大限の休息を取る。
大丈夫、少し疲れただけで、まだ十分に戦える。
お兄ちゃんの剣技とお姉ちゃんの魔法。
この二つがあれば、こんな敵なんて残らず倒してみせる。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ