挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
DAGGER 戦場の最前点 作者:BLACKGAMER

DAGGER -戦場の最前点-

62/129

17章 怒りの少女-3

【アイシス視点】

お兄ちゃんが目を覚ましてから、五日後。
早くもお兄ちゃんは自分で食器が持てるようになり、磨り潰した果物も喉を通るようになった。
順調に回復しているのが、何よりも嬉しい。
「はい、今日の昼ご飯です」
「これは?」
「魔族の病人食で、『おかゆ』っていうの。ティストは、初めて食べるはずだよ」
「へぇ、魔族の…」
お兄ちゃんが、スプーンを使ってすくい上げる。
じっとそれを見つめてから、湯気の立つそれを口へと運んだ。
「どう…ですか?」
「これは…いいな。口当たりもいいが、スープの味が好きだ」
「良かった。ね、アイシスちゃん」
「はい」
今なら、お姉ちゃんの気持ちが分かる。
大好きな人に喜んでもらえるなら、手間暇なんて、いくらでもかけられる。
「…!」
お兄ちゃんが、険しい顔でスプーンを置く。
「どうしたんですか?」
「もう少し、食べたかったんだがな…」
「え?」
「ユイ、こっちへ。アイシスもドアを開けてこっちに来い」
「うん」
「あ、はい」
ドアがあれば、蹴破っていただろう勢いで、男たちが雪崩れ込んでくる。
どう見ても、友好的な態度じゃない。
お兄ちゃんとお姉ちゃんを守るように、そいつらの前へと立った。
「見つけましたっ!! 三人ともいます」
三人とも…ってことは、私たちが目当てなんだ。
怨みを買った相手となれば、思い当たるのは…イスク卿?
「こんな山奥に、隠れ住んでいたとはな」
「な!?」
もう二度と聞きたくないと思っていた、低くしわがれた声。
立ち並ぶ男たちを押し退けて出てきた偉そうな顔は、忘れたくても忘れられなかった。
私の父を語り、私を騙していた、最低な男。
「意識がないと聞いていたが、目を覚ましたようだな」
「つい先日…な」
「ある御方がお待ちだ、一緒に来てもらおうか」
この男が使い走り…か。
後ろに控えているのは、それほどに巨大な相手なのだろう。
「俺一人か?」
お兄ちゃんの問いかけに、顎に手を当てて考え込む。
私とお姉ちゃんにそれぞれ視線を止め、奴は卑しい笑みを浮かべた。
「ティスト・レイアを差し出せば、その二人は見逃してやろう」
「なっ!?」
その物言いに、頭を血が駆け巡る。
差し出す? 私たちがお兄ちゃんを?
「それとも、抵抗してみるか?」
嗜虐的な目で、奴が睨みつけてくる。
馬鹿げている。
そんな条件、交渉でもなんでもない。
考えるにも値しない。
「外で待っていろ」
「お兄ちゃん!?」
「ティスト!?」
お兄ちゃんの返答に、お姉ちゃんと私が同時に振り返る。
それでも、お兄ちゃんは意に介さずに、奴を睨みつけたまま、続けた。
「この格好で、表に出るつもりはない。
 それとも、俺が着替えるところをそんなに見たいか?」
「ほう、ずいぶんと物分かりがいいではないか」
「数に物を言わせておいて、白々しいな。
 待機させるなら、もう少し静かにさせたらどうだ?」
お兄ちゃんが、親指で窓の外を指す。
外からは、話し声や物音が途切れなかった。
どれだけの人数がいるんだろう?
そして、これだけの接近に気づかなかったなんて…うかつすぎる。
「私の気が変わらんうちに、さっさと降りて来い」
そう吐き捨てて、扉が乱暴に閉じられる。
なんなの? これは…。
あまりに馬鹿げていて、頭が働かない。
こんなことがあっていいはずがない。
そんなの、私が許さない。
「さてと…」
お兄ちゃんが、着替えを始める。
身体を起こしてベッドに腰掛け、いつもの服に袖を通す。
それだけのことに手間取り、表情を険しくしている。
本当は、痛くてたまらないはずなのに、少しも声は漏らさない。
包帯だらけの身体が、ゆっくりと服で隠されていく。
最後に上着を羽織って、見慣れた格好になった。
「ユイ、手を貸してくれ」
「うん」
反論の一つもしないで、お姉ちゃんがお兄ちゃんの身体を支える。
どうして? お姉ちゃんなら止めてくれると思ったのに…。
「待ってくださいっ!!」
上着の裾を、力任せに引っ張る。
「…くっ」
それだけで、あのお兄ちゃんがふらついた。
「ごめんなさい。でも、絶対に…行かせません」
「服を離してくれ」
「いやです」
「離せ」
いつでも絶対と信じていたお兄ちゃんの言葉だけど、今日だけは聞けない。
だって、この手を離したら、お兄ちゃんは…。
「本気で、奴らと行くつもりですか!?」
「いいや」
「え?」
するりと私の手から、服が抜け落ちる。
お兄ちゃんは、時間をかけて机の前まで歩き、ダガーへと手を伸ばした。
柄を握る手に力がこめられるのが、見ているだけで分かる。
「もし、本当に二人が助かるなら、それでもいいが…。
 約束を守るような、お行儀の良い奴じゃないことは、アイシスが一番良く知っているだろう?」
たしかに、お兄ちゃんの言うとおりだ。
自分の利益のためなら、他人のことなど意に介さない。
そもそも、見下している相手なんだから、約束どころか譲歩さえ、絶対にしないはずだ。
「なら、あいつらはなんで…?」
「楽しいんだろうな、この状況が。
 あくまでも、アイシスとユイに俺を差し出させたいんだろう。
 底意地の悪い連中の考えそうなことだ」
「最低ね、本当に」
人が悩んで、苦しんで、絶望するところを見世物にして笑う。
本当に、その歪んだ感情は、吐き気がするぐらい最悪だ。
「何の用があるのかしらないが、どうせ、最後は殺されるだろうからな。
 奴らの命令を聞くつもりはない。
 今日来た連中には、誰一人として世話になってないからな」
口元に笑みを浮かべて、お兄ちゃんがつぶやく。
そうだ、あの時とは違うんだ。
相手の言いなりになる理由なんて、ない。
「なら、どうするんですか?」
「戦う。そうでしょ? ティスト」
「それしか、思い浮かばなかった。
 俺一人で本当に諦めて帰るつもりはないだろうし…。
 今の俺じゃ、二人を逃がすための囮にすらなれないだろうしな」
「こんなときに、つまらない冗談はやめて。
 あんまり言ってると、あたしも怒るよ?」
外の連中と戦う?
歩くこともままならない、こんな身体で?
「無茶です」
「べつに、無茶でいいんだ。
 俺を殺すために狙いが集まれば、その隙をお前が突いてくれる。
 俺の血で誰かの目を潰せるかもしれないし、武器の切れ味だって鈍るだろう。
 俺が一人と刺し違えれば、お前の負担が一人減る。
 それで十分だ」
どこまでも落ち着いた声が、お兄ちゃんの覚悟を教えてくれる。
私のために、お兄ちゃんは…命を使い果たすつもりだ。
ベッドの上で目を覚まさないお兄ちゃんを思い出して、胸が痛くなる。
あんな喪失感は、二度と味わいたくない。
「ダメです」
「それしか、方法がないんだ」
「絶対にダメです、そんなの!!」
せっかく、お兄ちゃんが目を覚ましたのに。
やっと、全てが元に戻りかけていたのに。
それを壊すなんて、絶対に許さない。
「なら、答えてくれ、アイシス。
 一人で奴らに勝てるか?」
「…!」
思わず、息が詰まる。
こんなに心地よい挑発は、生まれて初めてだ。
単純でいい。
小難しい駆け引きも、他人の都合も関係ない。
私が、あいつらより強ければいい。
だったら、簡単だ。
私が、負けなければいいんだから。
「私が、あんな奴らに負けるわけない。
 だって…お兄ちゃんの、妹なんだから」
自分を突き動かす激情を楽しみながら、お兄ちゃんたちに笑顔で答える。
私の力で、お兄ちゃんとお姉ちゃんを救えるなら、こんなに素晴らしいことはない。
「二人とも、ここにいてください」
「頼む」
手渡された自精石を、空洞になっていたダガーの柄にしっかりとはめ込む。
「…っ」
目がくらむほどの快感が私の中を走り抜け、思わず声が出そうになる。
全身の感覚が倍増したように、鋭敏になっていく。
私の中に流れ込んでくる、お兄ちゃんの力。
意識しているから、それが前よりもはっきりと分かる。
「ごめんね」
抱きしめてくれたお姉ちゃんの両手から生まれた光に、優しく包まれる。
わずかな疲れさえも消えて、万全の状態になった。
「行ってきます」
一番大切な人たちに見送られて、家を出る。
ドアをしっかり閉じて、私という鍵をかけた。
これは、私の宝箱。
大事な人が、大事な思い出が、大事な未来が詰まっている。
誰にも開けさせないし、絶対に奪わせない。
全て、私が守るんだ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ