挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
DAGGER 戦場の最前点 作者:BLACKGAMER

DAGGER -戦場の最前点-

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

60/129

17章 怒りの少女-1

【アイシス視点】

なんだろう…これ?
まだ、寝ているのかな?
身体があったかくて、気持ちいい。
意識はあるのに、手も足も、何一つ動かせない。
目も開けられない。
これは、夢?
遠くで、ドアの音がする。
変な夢…何か入ってきたのかな?
「どうだ?」
聞き覚えのある、低くて太い男の人の声。
あれ、この声って…?
「まだ、目が覚めないわ」
答える落ち着いた女の声にも、覚えがある。
「せめて、もう少し発見が早ければ…」
「チッ」
「ティストちゃんは?」
え? お兄ちゃん?
お兄ちゃんがどうしたの?
「昨日から、まったく変わらねえよ」
「そう。クレア様とユイの二人がかりでも、油断できない状態なんて…」
油断…できない? お兄ちゃん…が?
働かない頭で、記憶を必死にたどる。
お兄ちゃんは…。
私が最後に見たお兄ちゃんは、血だまりの中に倒れ…て…。
「お…」
助けなきゃ。
早く、お兄ちゃんを助けなきゃ。
「お、に…」
喉がつまったように、うまく声が出ない。
口の中が、ひどく渇いている。
でも、そんなこと気にしていられなかった。
「アイシスちゃん!?」
「気が付いたか!?」
口は、動かせる。
なら、目だって、開けられるはずだ。
気力を振り絞って、目蓋をこじ開ける。


何度かまばたきして、ぼやけた視界の焦点がようやく合う。
心配そうに私を覗き込む、ラインさんとシアさんの顔があった。
「おにい…ちゃん…は?」
「ティストちゃんは、まだ…目を覚ましていないわ」
何かを含めるような言い回しに、嫌な思いがふくらむ。
こんなところで、寝てなんていられない。
「お兄ちゃん…に、会わせて…ください」
こんな短い言葉をいうのにも、言葉が途切れる。
それでも、お兄ちゃんに会いたかった。


ラインさんに横抱きにしてもらって、廊下へと出る。
揺れるたびに口からこぼれそうになる悲鳴を、必死で噛み殺す。
私の容態が悪いと思われたら、ベッドに戻されてしまう。
そうなったら、お兄ちゃんに会えない。
長い廊下を怨みながら、きつく唇を結ぶ。
お兄ちゃんに会うまでは、絶対に口を開かないと心に決めた。


ドアを開けて、その光量に圧倒される。
ロウソクなんかとは比べ物にならないのに、目に痛いわけでもなく、その光は優しい。
ベッドのすぐ傍。
光の中心に、お姉ちゃんが立っていた。
その表情を見ただけで、胸が痛い。
泣き出しそうなお姉ちゃんの顔を見れば、どれだけ深刻な状態なのか、分かってしまうから。
「すみません、降ろしてもらえますか?」
「いいのか?」
「はい、お願いします」
これ以上、お姉ちゃんに心配をかけたくない。
だから、私は元気なことを見せなきゃいけない。
地面についた足の感覚は鈍く、力なくガクガクと震えている。
痛みが顔に出ないように気をつけて、足を動かす。
時間をかけて、引きずるように一歩ずつ歩いた。
「お姉ちゃん」
「アイシスちゃん!? よかった、目が覚めたんだね。本当に良かった」
声を震わせ、瞳に涙を浮かべて、お姉ちゃんが笑ってくれる。
「心配かけてすみません。お兄ちゃんは?」
「まだ…目が覚めないの」
お姉ちゃんの隣から、ベッドを覗き込む。
そして、私は、言葉を失った。
身体が沈むほど柔らかいベッドの上。
肌けた上半身には念入りに包帯が巻かれ、そのところどころが血で滲んでいる。
酷い火傷を負った両腕は、力なく伸びきっていた。
土気色の顔からは、まるで生気が感じられない。
ひび割れた唇から、か細い呼吸を繰り返していた。
「…っ」
その変わり果てた姿を直視できない。
見ているだけで、涙が溢れそうになる。
ゆっくりと息を吸い込んで、また治癒の魔法を始める。
お姉ちゃんだって、顔色もよくないし、息が上がっている。
今でも、かなり辛いはずなのに…。
「?」
枕元にいくつも並んでいる透明な球が、淡い光に照らされて輝いている。
宝石? でも、なんのために?
怪我の治療に宝石が効くなんて、聞いたことない。
「あれは、何のためにあるんですか?」
「本人の力を高めて、回復力の底上げを狙ってるの。
 効果は薄いかもしれないけどね、出来ることならなんでもするわ」
「力を…高める?」
あの透明な石で? それに、あの石、どこかで…。
「あ…」
自分の鞘に取り付けられている石と、ベッドの上にあるものを何度も見比べる。
やっぱり、同じものだ。
でも、これって…。
「全ての属性に対応した魔精石じゃないんですか?」
あのとき、私はリビングでそう言われた。
四色の魔精石は、それぞれの魔法の威力と耐性を上げるため。
透明なものは、全属性に対応していて、貴重なんだ…って。
「? 全ての属性? ああ、そういうこと。
 その嘘を最初に使ったのは、レジ様とクレア様だったわね」
シアさんが、困ったように笑う。
嘘…って? 何の話?
「まったく、ティストちゃんも妹馬鹿ね」
「どういう…意味ですか?」
「透明な石の本当の名前は、自精石。
 作り手が自分の命を削って、己の生命力を閉じ込めるの。
 だから、この石を持てば、あらゆる自分の限界が底上げされる。
 作り手がその力を注いでくれた分だけ…ね」
「そんなこと…できるんですか?」
あんまりに突飛すぎる話で、信じられない。
だって、こんな小さな石で、力なんてあやふやなものを受け渡せるなんて…。
命を削って、生命力を閉じ込める…って。
そんなものを石なんかに詰めて、簡単に渡せるわけがない。
「自分の手で持ってみなさい。
 今のアイシスちゃんなら、その力の流れが分かるはずよ」
言われるままに自精石と呼ばれる石を外し、両手で握り締める。
「っ!?」
手のひらに広がる暖かな感触に、思わず息を飲んだ。
人差し指で触れただけのときとは、温度がまるで違う。
「これ…が…?」
まるで、私の身体の中で魔法が発動しているみたいに、全身を駆け巡るものがたしかにある。
これが、お兄ちゃんが私にくれた、力…なんだ。
枕元に並んでいる自精石の端に、それを置く。
暖かだった力が消え去り、身体の力が抜けていく。
喪失感に襲われて立っていることもできなくなり、ベッドの端に手をつく。
知らないうちに、私は、こんなにもお兄ちゃんに支えてもらっていたんだ。
「なんで、私なんかに、こんな…」
私は、指導を受けて、自分で強くなったと思っていた。
訓練を必死にやることで、お兄ちゃんに近づけたと思っていた。
だけど、それだけじゃなかった。
お兄ちゃんが、引き上げてくれたから…。
だから、私はあんな強い相手と戦えたんだ。
全ては、お兄ちゃんのおかげだったんだ。
「こ…な、大事な…も…の」
喉が潰れて、声なんて出せない。
やっぱり、お兄ちゃんはうそつきだ。
こんな大事なことを、教えてくれないなんて…。
私に、お兄ちゃんの大切な力を分け与えてくれてたなんて…。
ありがとう。
本当に、ありがとう、お兄ちゃん。
何度でも繰り返す。
どれだけ言っても、言い足りなかった。


あれから三日。
治癒の魔法のおかげですっかり元気になった私は、お兄ちゃんの部屋に閉じこもっていた。
ベッドの隣に椅子を寄せて、お兄ちゃんの寝顔を見続ける。
いつ起きてもいいように、片時も傍を離れない。
お姉ちゃん、クレア様、シアさん。
代わる代わる、お兄ちゃんの治療をするのを、私はじっと見ているだけ。
「………」
今も、お姉ちゃんは悲痛な表情で、治癒の魔法を使い続けている。
私にも、何かできることがあればいいのに…。
「?」
ノックの音に、お姉ちゃんが手を止める。
交代までには、まだ時間があるはず。
誰だろう?
扉を開けて、慌てて姿勢を正す。
まさか、王族であるこの二人がお見舞いに来るなんて、思ってもいなかった。
ファーナさんが丁寧な手つきで扉を閉じる。
あれ? レジ様とクレア様は、一緒じゃないんだ。
「ティストの容態は?」
「依然として、意識が戻らないの」
お姉ちゃんの返事に二人が顔を曇らせ、ベッドへと近づく。
中を覗きこみ、ライナス様とリース様が息を詰まらせるのが、はっきりと聞こえた。
毅然きぜんと振舞っているけど、二人がどれだけ悲しんでいるのか、私には分かる。
しばしの時間が過ぎて、ライナス様が先にベッドから離れる。
そして、私の元へと歩いてきた。
「これを…」
「? これ…は?」
「ティストから、託されたものです。
 『アイシスが、何不自由なく暮らせるように…』と」
全身の血が沸き立って、行き場所を無くす。
感情だけが暴れて、どうすればいいのか分からない。
ぶつける場所を探したのに、見つからなくて。
気が付けば、痛いくらいに拳を握っていた。
「どうか、受け取ってください」
差し出されるたびに、苛立ちが膨れ上がる。
ダメだ、どうしようもない。
相手の身分なんて関係ない。
自分を…抑えられない。
「…なら、かえしてよ。 お兄ちゃんをかえしてよっ!
 名誉もいらない、お金もいらない、そんなもの、どうだっていいっ!!!」
私は、今までどおりでいい。
お兄ちゃんがそばにいてくれたら、不自由なんてなかった。
お兄ちゃんに助けてもらってから、そんなもの、忘れてた。
お兄ちゃんが…お兄ちゃんさえ、いてくれたら…。
「叫ぶ前に、私の話を聞いて。
 あなたには、あなたの兄の意思を聞く権利があるわ」
わずかも感情を交えない冷ややかな声で、ファーナさんが前へと出てくる。
「意思?」
「あの人は、私にこう告げた。
 もし、自分が戻らなければ、アイシスが、何不自由なく暮らせるように…と。
 もし、自分たちが無事に戻れば…アイシスと少し贅沢してみるのも悪くない…と」
お兄ちゃんの笑顔が浮かぶ。
お兄ちゃんの声が聞こえる。
「アイシスが、何不自由なく暮らせるように。
 アイシスと少し贅沢してみるのも悪くない」
あの不器用な笑顔で、そう言ってくれるのを感じてしまったから。
私の涙が、止まらない。
お兄ちゃんの優しい言葉が、私を撫でてくれる。
お兄ちゃんの声で聞けたら、どんなに幸せな気分になれるだろう。
「あなたが兄を信じるなら、このお金を受け取っておきなさい。
 いずれ、必ず役に立つ日が来るから」
差し出されたものを、付き返すことができなかった。
だって、それをしたら、お兄ちゃんを疑うことになるから。
お兄ちゃんは、すぐに目を覚ます。
お姉ちゃんの魔法で、すぐに元気になって、元通りになるんだ。
だから…。
袋を、きつくきつく握り締める。
早く、元気になって。
お姉ちゃんと三人で、一緒に買い物に行こうよ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ