挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
DAGGER 戦場の最前点 作者:BLACKGAMER

DAGGER -戦場の最前点-

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

59/129

16章 戦場の少女-3

【ティスト視点】

二人の熱気に当てられたのか、自分でも驚くほどに力が沸いてくる。
にしても…さすがは、俺の妹だな。
こうも見事だと、自然に頬が緩んでくる。
あの、ガイ・ブラスタを相手に、ここまで戦ってみせるなんて…な。
「………」
アイシスが残してくれた力を、ゆっくりと大切に解放する。
渦巻く魔力が風を生み出し、せめぎあい、砂塵を巻き上げた。
その張り詰めた緊張に身をゆだね、神経を研ぎ澄ませる。
心地よく戦闘に溺れていく。
認めたくないが、俺は、異常なのだろうな。
これだけの猛者を前にして、脅えるどころか、こんなにも高揚してるんだから。
「うぉぉぉっ!!」
問答無用で砂塵を突き抜けて、ガイがその強大な拳を振りかぶる。
今更、互いに交わす言葉なんて、ない。
語り合うべきは、自分の都合ではなく、自分の肉体の強さだ。
「っらぁあぁぁぁっ!!」
拳で大地を割り、魔法で空を焦がす。
止まるところを知らない破壊力は、まるで、天災だ。
「はぁああぁああぁっ!!」
真正面から拳に魔法を叩きつけ、動きが鈍った瞬間を狙ってダガーで切り裂く。
アイシスのつけた傷を目印にして、そこへと重ねるように攻撃を連ねた。
小さな傷を縦横から切り裂いて、少しでも広げる。
アイシスの功績は、俺が全て引き継ぐ。
命懸けの真剣勝負。
その極限状態が、痛みを忘れさせてくれる。
燃え盛る火炎を風で吹き払い、大地を蹴って、ひたすらに前へと出た。


あまりの熱に、眼前の景色が捻れ出す。
目の錯覚とわかっていても、気分のいいものじゃない。
滴り落ちる汗を無視して、乱れた呼吸を繰り返す。
安全と言えるほど離れていたら、どんなに攻撃を当てても、致命傷には届かない。
あの鍛え抜かれた鋼のような肉体を、遠距離から貫くなんて都合のいい力は、俺に備わっていない。
だから、危険を承知で距離を詰めた。
「っらあ!!!」
豪腕を掻い潜り、懐へと飛び込む。
ここからなら、攻撃に力を乗せることもできないはずだ。
「なっ!?」
顔面を覆うほどの物体を、どうにか両腕を交差させて凌ぐ。
膝蹴り…か!?
あのガイが、蹴り技を使うところなど、初めて見た。
「チッ、こんなこすい真似をすることになるとはな。
 小手先の技に頼るなんざ、屈辱だぜ」
ぼやきながら拳を握り、小刻みに連打する。
その動きには、先程までの一撃必殺の威力はない。
だが、その軌道は必要最小限で、避けるだけで精一杯、付け入る隙もまるでなかった。
数発も食らえば、致命傷だろう。
「………」
師匠たちは、ガイ・ブラスタを天性の強者だと言っていた。
故に、戦いを学ぼうとせずに、本能だけで勝ち続け、生き抜いてきた…と。
その絶対的な強者が、『暴力』だけでなく、『武術』まで身に付けた。
これが、この五年の間で積み上げた物…か。
屈辱を怒りで塗りつぶし、必死に耐えてきたのだろうな。
目の前のこの男は、己の闘法さえも捨てさり、確実な勝利を選んだ。
全てをかなぐり捨てて向かってくる戦士に、俺も全力で答えよう。
痺れた手でダガーを握り、刃を閃かせる。
拳と刃を交し合い、戦いは更に熾烈を極めた。


爆風に乗って後ろへと飛び退り、どうにか二本の足で地面を噛む。
その衝撃に耐え切れなかったのか、収縮と膨張を繰り返す肺が、また命令に逆らって動きを止めた。
「…ぐっ、はっ…」
湧き上がる不快感に咳をすれば、口の中が血の味で満たされる。
唾を溜めて吐き出して、口内から血を追い出す。
もう一度だけ試し、湧き出してくる血の前には、まったくの無駄であることを悟らされる。
こんなことをしてたら、失血多量になるまで吐かなきゃいけない。
いったい、どれだけの時間が経ったのだろう。
奴の重厚な一撃は、確実に俺の身体を蝕んでいた。
「チィッ」
巻き上がる砂埃の奥で、奴が拳で唇を拭う。
口の端から垂れていた血が広がり、その手のひらの熱で渇いて、黒く染まった。
まったく、似合いの化粧だ。
どちらも、地面に張り付いたまま動かない。
機を狙っているわけじゃない。
もう、本当に動く体力も残っていないんだ。
互いに座り込んでしまえば、それで終わるはずなのに…。
そんな答えは、どちらも選ばない。
「うおぉぉぉおぉぉぉおおおおおおおおっ!!」
雄叫びを上げて、内に眠る力を呼び起こす。
辺りを渦巻いていた魔力が、ガイを中心に集い、その密度を増していく。
隙を晒していることは、承知の上…か。
それでも奴は、単純明快な一撃勝負を選んだ。
まったく、最高の力比べだ。
「あああぁあぁあぁぁあぁぁぁぁぁああああっ!!」
喉が潰れるほどに声を張り上げて、自分の中にあるものを絞り出す。
血の足りなくなった頭で、名案が浮かぶわけもない。
なら、その勝負に乗ってやる。
小技で邪魔をするような、野暮な真似はしない。
そんな暇があるなら、全てをこの一撃に注ぎ込むだけだ。
力を練り上げて、ありったけの風を溜め込む。
あまりに膨大な魔法に制御が利かず、収束した掌から力が零れる。
その余波を撒き散らしながら、互いに笑んでいた。
どちらも、これが最後だと理解している。
だからこそ、本当に己の全てを使い尽くした。
「行くぜ」
「ああ」
炎を従えて、奴が走り出す。
それに答えて、風を纏い、全てを振り絞って駆けた。
ぶつかり合う獄炎と烈風の中で、拳とダガーが交叉する。
互いの身体へと深く深く突き込まれ…。
一点に集めていた力は、轟音とともに爆散した。


【アイシス視点】


風に頬を撫でられて、ゆっくりと目を開く。
「な…に、これ?」
私の目に映る世界は、色を失っている。
白と黒の寒々しい光景だ。
昼? それとも夜? そんな当たり前のことも分からない。
自分の手を動かすことは、できる。
でも、温度さえも分からない。
血を流しすぎて、おかしくなった?
だけど、そんなのに、かまってられない。
立ち上がろうとするだけで、激痛に襲われて、視界が一瞬だけ黒に染まる。
それを無視して顔を上げ、あたりに目を凝らした。
お兄ちゃんは…?
お兄ちゃんは、どこ?
「………」
あのときのことを必死に思い出して、変わり果てた目の前の景色に当てはめる。
ここが、私がいた場所なら、お兄ちゃんがいた方角は…。
「…!?」
離れた岩場にある黒い染み。
そこで、私の目が縫い付けられたように離れなくなる。
うそ…だ。
見間違いに決まってる。
そんなの、あるわけない。
自分の目に飛び込んできたものを、必死で否定する。
なのに、それは消えてくれない。
全身を駆け巡る痛みを黙殺し、動かない足を引きずって、駆け出した。
「お兄ちゃんっ!!」
お兄ちゃんが倒れているのは、血溜まりの中。
私の見ている前で、それは、音もなく静かに広がっていった。
流れ落ちる血の勢いは、弱まる気配がない。
「だ…め」
それ以上、流れないで。
お願いだから、止まって。
傷口を押さえようと思うのに、指が思うように動かない。
なんで?
どうして、こんな大事なときに動いてくれないの?
応急処置は大切だって、お姉ちゃんが言っていた。
これで、お兄ちゃんの痛みを、少しでも減らせるかもしれないのに…。
力なく下がった手は、震えるだけで、私の言うことを聞いてくれない。
「動いてよっ!」
声がかすれる。
私の体が思い通りに動いてくれるなら。
少しでもお兄ちゃんのためにできることがあるなら、何だってする。
だから…。
今だけでいいから…。
もう、一生動かなくなってもいいから…。
「私の手なんでしょ? お願いだから、動いてよっ!!」
それでも、私の手は情けなく震えるだけ。
悔しくて涙が止まらない。
出来ることがあるのに。
私なんかにも、お兄ちゃんのために出来ることがあるのに…。
こんな言うことを聞かない手なんて、いらない。
「どうして…? どうしてなの!?」
腕を振り回して、地面に叩きつけたい気持ちをなんとか抑えつける。
怪我を増やすなんて、馬鹿なことだ。
お兄ちゃんが守ってくれた身体を傷つけるなんて、絶対にしてはいけないこと。
出来ることを減らしたらダメ。
出来ることを最大限にするんだ。
歯を食いしばり、力の全てを腕へと注ぐ。
数秒の時間を開けて、ゆっくりと腕が答えてくれた。
私は、絶対に諦めない。
お兄ちゃんを助けるんだ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ