挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
DAGGER 戦場の最前点 作者:BLACKGAMER

DAGGER -戦場の最前点-

57/129

16章 戦場の少女-1

【ティスト視点】

アイシスと二人、息を潜めて荒野を駆ける。
吹き抜ける強烈な風が足音を消してくれるのが、唯一の救いだった。
走った距離と反比例するように、口数は減り続ける。
今では、必要最低限の意思疎通しかない。
「次は、あそこまでだ」
「はい」
数少ない遮蔽物の影に滑り込み、身を隠す。
アイシスが呼吸を整える間に、俺が周囲を索敵する。
幸いなことに、目の届く範囲に不審なものはない。
「まだ、気づかれてませんか?」
「おそらく…な」
このやり取りも、何度繰り返したか分からない。
気休めだと、お互い分かっていても、やめられなかった。
ひたすら、魔族の領地を奥へと向かって進み続ける。
移動した距離だけ、安全地帯が遠ざかり、死が近づいていた。
俺たちが命じられたのは、完全な単独行動。
『私たちは、正面から進撃します。
 その隙に迂回し、最奥にいるガイ・ブラスタを倒してください』
挟撃といえば聞こえはいいが、誰がどうみても俺たちは捨石だ。
たった二人で…本来なら、たった一人で、敵軍の大将を狙って突撃。
前大戦と、まるで待遇が変わらない。
どうしても、俺を殺したいらしいな。
「行くか?」
「はい」
今は、少しでも力を温存して、前に進むしかない。
もし、混乱に乗じて不意打ちが成功しても、ガイを一撃で倒すなんて絶対に不可能だ。
そこから先に待っているのは、血みどろの殺し合い。
それを考えると、アイシスを連れてきたことを、後悔せずにはいられない。
「それで隠れているつもり?」
「…!」
ダガーに手をかけ、臨戦態勢を取る。
くだらないことを考えていたゆるみを、見事に突かれたな。
「隠密行動のつもりなら、もう少しつつましくやりなさい」
平然を装いながら、心の中で舌打する。
完全な失策だな。
セレノア一人と戦うより、雑魚を相手に突破したほうが、まだ消耗を抑えられたかもしれない。
「一番手から、過激だな」
「そうしたいんだけどね。
 グレイスの手は借りないって断言されたから、アタシはただの野次馬よ」
口ではそう言っているくせに、瞳は好戦的に輝いている。
戦場の熱に浮かされた高揚感が、セレノアにも伝播でんぱしてるな。
「あんたたちこそ、こんなところで、何してるの? もしかして、人身御供?」
「ヒトミゴクウ?」
「怒りを鎮めるためのお供え物よ」
「笑えない冗談だ」
ガイの慰みもの…ねえ、考えたくもないな。
それに、俺たちを殺したぐらいで、満足して止まるような奴じゃない。
「で、何してるわけ?」
「ガイ・ブラスタを倒しに来た」
「…たった二人で?」
「数に意味はない。違うか?」
「そうね。魔族は、戦力を人数で数えたりしないわ」
人間の感覚を馬鹿にしているのに、目は少しも笑っていない。
俺たちが本気かどうか、確かめているみたいだ。
「あ…」
「どうした?」
突然に声をあげたアイシスへと問いかけると、笑顔のままでセレノアの前へと進み出る。
「セレノアさんに、一つ報告があります」
「? なに?」
「セレノアさんが探していたのは、私のお兄ちゃんみたいですよ」
「おにいちゃん? アイシスに兄上なんていたの?」
「最近になって、できました」
そう言って、アイシスが俺の袖をつかむ。
何の話だ?
「…? …! じゃあ、あんたが戦場の最前点?」
「今は見てのとおり、最前点じゃなくて最前線になったけどな」
「はい」
「…ふぅん」
その反応を見るに、半信半疑のご様子だ。
まあ、説明してまで信じて欲しいとも思わないから、別にいいが。
「で、いったい俺に何の用だ?」
「べっつにぃー」
質問には答えず、俺の四肢に視線を這わせる。
まるで、商品の値踏みだ。
戦闘でもないのに、こうしてジロジロ見られるのは居心地が悪い。
しかたない、こっちもその分見返すか。
身長は、アイシスより少し高いくらい。
体重は、ほとんど変わらないんじゃないか?
ゆったりした服のせいでよく見えないが、二の腕や太ももなんかも、かなり細いみたいだ。
見れば見るほど不思議だな。
どこをとっても、まだ成熟前な体型なのに、あの馬鹿げた力はどこから来るんだ?
これでもかと締めあげている細い腰の上には、目立つことのない…。
「いったい、どこを見てるのよ?」
「…無遠慮は、お互い様だろう?」
戦い慣れていれば、お互いに、相手の視線くらい読める。
正面から見える範囲は、くまなくセレノアの瞳に映されたはずだ。
「ふぅん」
「なんだ?」
「もしかしたら、少しは勝負になるかもしれないわね」
「心強い感想をありがとうよ」
何を根拠にしているのか分からないが、セレノアの計測は、おそらく正しいだろう。
それほどに、今回の相手は格が違いすぎる。
平均的に比べても、魔族は人間より強い。
だが、魔族の王の強さは、そんな当たり前の常識から外れ、本当に比肩するものがいないほどに図抜けている。
荒くれ者たちの上に君臨し続けるのだから、当然とも言えるが…な。
「…?」
言葉に出来ない違和感を感じて、周囲へと意識を向ける。
「まったく、君のほうが先に気づくとは…困ったものだ。
 この体たらくだから、一人遊びなどさせられないのだよ。
 危なっかしくて、見ていられない」
ため息をつき、わざわざ出てきたレオンは、楽しそうに笑んでいた。
まるで、気づかれたことを喜んでいるみたいだ。
にしても…言葉からすると、ずっと、セレノアの後ろをついて回っているのか?
過保護にも、限度があるだろうに…。
「君がガイと戦うなら、覚悟はできているんだね?」
「何の覚悟だ?」
「もちろん、死ぬ覚悟さ」
「はっきり言ってくれるな」
「事実だからね。前回、ガイと闘って、気づかなかったわけじゃないだろう?」
痛いところを指摘されて、思わず黙り込んでしまう。
やはり、前大戦よりも強いと感じたのは、思い過ごしや記憶違いではない…か。
じゃなければ、不意の遭遇だからって、あそこまで一方的にやられたりしなかっただろう。
「この五年で、君がガイよりも積み上げたものがなければ、絶対に勝ちはない」
「あれだけの強さを持っていても、まだ足りない…か」
その向上心の理由を教えて欲しいぐらいだ。
「そんな、前向きな目的ではないさ」
「なら、何のために?」
俺の問いかけに、珍しくレオンが渋い顔をする。
視線がセレノアのほうへと走り、わずかな逡巡の後に口を開いた。
「殺したい相手に、今よりも重い一撃を与えるため…だ」
強張った声で、ゆっくりとそう告げる。
いろんな感情を詰め込んで発されたその一言は、何よりも重い。
「つまり、俺を殺すために…か?」
「うぬぼれるな、せいぜい君はついで…だ」
「じゃあ、いったい誰を?」
「自分の妻を殺した奴を…だ」
「!?」
吐き捨てるような言葉を理解するのに、数秒かかる。
ガイの妻を…殺した?
そんな馬鹿な…。
前大戦の史実では、魔族の王妃が二人とも病に倒れて急逝し、それを悼むレオンの言葉から、前大戦は幕を閉じているのに。
「? な…」
そして、もう一つの可能性に気づく。
ガイ・ブラスタは、妻を殺されたと言った。
なら、同じ病にかかったと言われているレオン・グレイスの妻も…病死ではない?
いくら待っても、レオンの口から続きが出てくることはない。
頑なに閉ざした口元が、話は終わりだと告げていた。
「そんな事情を俺に話して、どうするつもりだ?」
あのレオン・グレイスが、他人が戦う相手の動揺を誘うなんて、せこい真似はしないだろう。
もし、俺を説得して、戦いを止めるつもりなら、続く言葉があるはずだ。
そのどちらでもないのなら、他に何の意図がある?
「先日のような、腑抜けた戦いをしてほしくないだけさ。
 あれほど無礼で見苦しいものは、この世にそうはない」
戦いこそが本懐と言われる、魔族らしい言葉だ。
激励でもなんでもない。
言うならば、料理をこぼした間抜けを咎めに来たようなものだろう。
互いの都合なんて、関与するべきじゃない。
ここは、力だけが意味を持つ戦場なんだから。
「なら、その目で見届ければいい。俺たちの…戦場の最前線の戦いを…な」
「ああ、楽しませてもらうよ。
 ここからなら、数分も掛からないだろう」
譲られた道を、アイシスと一緒に歩き出す。
今の話は、胸の奥にしまって、頭の中から消しさる。
少なくとも、戦いを終えるまでは、それが正しいはずだ。
魔族の戦列は、もう見えるほどに迫っていた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ