挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
DAGGER 戦場の最前点 作者:BLACKGAMER

DAGGER -戦場の最前点-

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

54/129

15章 決意する少女-3

【ティスト視点】

城の中庭へと続くこの道が、今日は禍々(まがまが)しく見える。
これから始まることを考えると、思わずため息が出そうだ。
いくら議題の中心だからといっても、貴族の会議に呼びつけられるなんて…な。
しかも、会議に使うのは、いつもの部屋ではなく中庭だという。
密集されていては、騎士団も護衛し辛い。
俺との距離は、できるだけ離しておきたい。
俺を貴族だけが使うような高貴な部屋に入れたくない。
思い当たる理由は、いくらでもあるが…。
そんな苦労をしてまで俺を呼びつけ、何をするつもりなのか…考えるだけで気が重い。
間違っても、激励なんてことはないだろう。
「…本当に一緒にくるのか?」
「はい、もちろん」
笑顔で即答されると、どんな脅し文句も続けようがない。
アイシスは、頭がいい。
これからどんなことが起きるのか、だいたい予想出来ているはずだ。
それでも来るというなら、止めても無駄だろう。
ずらりと並ぶ騎士団の奥に、貴族たちがいる。
完全防備…か。
心配しなくても、何もしやしないのに。
まあ、それが分かっているから、俺もアイシスも武装解除を命じられないのだろう。
これは、あくまでも貴族と貴族以外の間にある壁の厚さを、見せ付けるためのものだ。


「ようやく来たか」
一歩進み出たイスクが、苛立たしげにこちらを睨みつける。
その後ろに控える貴族の中には、師匠たちやファーナもいた。
「では、始めるとしよう。
 魔族がラステナに対して宣戦布告したのは、周知の事実だろう。
 それを受けて、ラステナは援助の要請をしてきた。
 そこにいる男を、魔族との戦争に参戦させたい…とのことだ。
 間違いないかな?」
「相違ない」
レジ師匠の返答に、小声が行き交う。
なぜ、という疑問。
そんな簡単なことか、という安堵。
他にも声が入り混じり、正確には聞き取れない。
それを静めるために咳払いをして、イスク卿が続ける。
「つまり、我が軍の損害は皆無であり…」
「お待ちください」
クレア師匠の言葉に、誰もが振り返る。
「…なにかね?」
「ロアイスの民は、庇護されるべきではないのですか?
 市民が他国に徴兵されるなど、あってはならないことではないでしょうか?」
「そう、いかにも。庇護するべきはロアイスの民だ」
強調するように同じ言葉を繰り返し、その顔を醜悪に歪める。
おかげで、何を言い出すのか、想像がついた。
「だが、身分も素性もない者など、民ですらない。
 いや、こんな男など、人間と呼ぶべきかどうかすら怪しいところだ」
俺のことを指差し、傲然と言い放つ。
身体中にある侮蔑を全てかき集めたような顔だ。
「仮にロアイスの民であると認めようとも…。
 たった一人の犠牲で、ロアイスの全ての民が助かるのだ。
 比べるまでもなかろう」
周りの貴族たちが、うなずいて同意を示す。
反論の上がる様子は、まるでなかった。
「本人の意思は、どうなるのですか?」
なおも食い下がるクレア師匠を一瞥し、俺を射殺さんばかりに睨みつける。
その憎悪を声に宿して、ゆっくりと口を開いた。
「この国のために死ぬことに、不満を抱いているのか?」
「いえ」
「恩義のために…と、ほざいておったな。
 王家への誓いを違えるというのなら、貴様の口で、申し開きをしてみるがいいっ!!」
大喝が空気を揺るがし、貴族たちを震撼させる。
声を荒げ、感情を剥き出しにして怒りを吐露する姿など、滅多に見れるものではないだろうからな。
「私は、ガイ・ブラスタと戦います」
必要最低限の言葉を選び、自分の意志を告げる。
少しでも余計な真似をすれば、それが師匠たちに飛び火する。
これだけしてくれるクレア師匠を裏切るようで申し訳ないが…。
師匠たちに、これ以上嫌な思いをしてほしくない。
「これで、話は終わりですな」
「ならば…私も、ティスト・レイアと共に戦場へと向かいます」
クレア師匠の声は、どこまでも硬質で渇いていた。
どれだけ隠そうとしても、滲み出す怒りは、消しきれていない。
「貴女は、ラステナに加担すると仰るのか?」
「そうは言っておりません」
「いずれにせよ、勝手な行動は控えていただこう。
 セイルスのお二人には、部隊を率いて精霊族に対する防衛をして頂きたいのでな」
「…どういうことです?」
思わぬ話の方向へ、誰もが首を傾げる。
ただ、ファーナだけがその発言に目つきを厳しくした。
「前面からの攻撃に気を取られているときの背後こそが、最も懸念されるべきだ。
 それに、この混乱に乗じて精霊族が動く可能性があるとの話を聞いている」
「情報源をお教え願えますか?」
鵜呑みにできるはずがないという感情を乗せて、クレア師匠が問いかける。
それは、ほとんど問い詰めるのと同じ態度だった。
「私の情報を疑うのかね?」
「全ての情報が正しいという保証はありません」
「そう。だが、可能性がある限りは備えねばならない。
 私は、心から国を憂いているのだ」
まったく、見事な作り話だ。
こう話してしまえば、師匠たちはその任務から逃れることができない。
俺のことを守るものは、誰もいなくなる。
「行くのは、貴様一人だ」
「お待ちください」
真剣な表情で進み出たアイシスに、視線が殺到する。
それにも臆することなく、堂々たる表情で、アイシスが大きく息を吸い込んだ。
「私は、兄と共に戦場へと行きます」
「なっ!?」
高らかに宣言するアイシスに、周囲にいた貴族たちがざわつく。
俺も一緒になって慌てたいぐらいだ。
そうか、アイシスが一緒に来ると言い張った理由は…これか。
だが、他の連中と違い、イスク卿だけはその決意をあざ笑うようにアイシスを見下ろした。
「好きにするがいい。
 貴様が死に場所をどこにしようと、我々は口を挟まぬ。
 戦うしか能のない蛮人たちには、相応しい死に場所だろう。
 せいぜい、魔族を一人でも多く道連れに死ね」
歯に衣着せぬ物言いに、誰もがイスクを恐れ、距離を取る。
だが、そんなことにはまるでかまわず、憤怒の形相で俺たちを睨みつけていた。
その瞳の中の闇は、昔より濃くなれど、薄まる気配はない。
生涯、イスク卿は俺を許さないだろうな。


ほどなくして、イスク卿から逃げるように解散した。
この場に残ったのは、俺とアイシス、それに師匠たちだけだった。
「考え直しなさい、ティスト。あなたには、拒否する権利があります」
「受ける権利もありますよね?」
「ティスト」
クレア師匠の弱々しい声が、耳に痛い。
だから、俺から話を切り出した。
「闘技祭の前に、約束しました。
 師匠には、一つお願いを聞いていただけるのですよね?」
優勝をすれば、俺の願いを師匠が聞き入れてくれると言っていた。
ダブルでアイシスと全勝し、ヴォルグも倒したのだから、条件は満たしている。
「覚えていますが…。まさか…」
「私一人で、戦場に立つことをお許しください」
「違うのでしょう?
 こんなことになるなんて、あのときには分からなかったはずです!」
師匠の声量が跳ね上がり、俺の肩に両手が添えられる。
加減を忘れた細い指が、ぎちぎちと音を立てて食い込む。
肩は、まるで痛くない。
ただ、突き刺すように胸が痛かった。
「一番最初に考えた願いなら、どんなことでも聞き入れましょう。
 あなたの本当の願いは、何なのですか?」
視線を落として、口を閉ざす。
師匠の問いに答えないなんて無礼は、今までにも、数えられるくらいしかない。
あのときに言わなくて、本当に良かった。
あやうく、また師匠たちに迷惑をかけるところだった。
『遠い未来でかまわない、ずっとその日を待ち続けるから…。
 以前と同じように、師匠たちと一緒に暮らしたい』
その言葉を、胸に押し込める。
叶うことのない夢物語。
それを口にしてしまえば、どれだけ師匠たちを苦しめるのか、分かっているから。
「俺の願いは、恩義に報いることです」
「ティスト」
「行かせてください。以前のような無様な真似は、二度としません」
説得のつもりの一言が、師匠の表情を険しくする。
間違えたと思ったときには、もう遅かった。
「絶対に、あなたを行かせません。
 あなたの代わりは、私が勤めます。だから…」
その先は、もう声にならない。
師匠がどれだけ俺のことを心配しているのか、痛いほどに伝わってきて…。
罪悪感で、押しつぶされそうになる。
「もうよせ」
温かみのある低い声が、割って入る。
いつもと同じ厳格な表情で、レジ師匠が立っていた。
「ティスト、ついて来い」
「はい」
言われるがままに、俺はレジ師匠の後を追う。
残していくクレア師匠のことを思うと、胸が痛かった。


闘技場の中は、誰一人いない。
あれだけ熱狂していた昨日を思うと、その静けさが寂しくもある。
闘技場の中央まで歩くと、レジ師匠は、手にしていた戦斧を構えた。
「抜け」
「はい」
命に従い、ダガーを引き抜く。
満足そうに頷くと、レジ師匠の足が、大地に噛み付くように踏みしめられた。
「行くぞ」
「はい」
唸りを上げて振り下ろされる斧を、きっちりと見切る。
あんなもの、どんなに防御したところで、受け止めてしまえば、ひとたまりもない。
避けるか、受け流すか、そのどちらかだ。
「………」
互いに無言で、刃を交わす。
おかしい。
こうも全力攻撃だけを繰り返すのは、レジ師匠らしくない。
この攻撃の組み立ては、師匠よりもむしろ…。
「…!」
俺の中で、ようやく噛み合う。
真っ直ぐで、嘘がなく、殺気に満ち溢れ、当たれば無事ではすまない。
この超重量の連続攻撃は、ガイを見立てたものだ。
「師匠」
「なんだ?」
「ありがとうございます」
俺の返事に、師匠が苦い顔をする。
たしかに、皮肉に聞こえるかもしれないな。
「考えは、変わらんのか?」
「正直に言えば、迷っています」
どうすることが正しいのか、分からない。
ラステナの兵として魔族へ攻め込むべきなのか、無関係だと無視するべきなのか。
厄介なのは、どちらを選んでも、おそらく後悔するということだ。
「お前の思うように動け。何かあれば、ワシが受け持つ」
「ありがとうございます」
心強い台詞に救われる。
今は余計なことを考えずに、師匠との訓練に集中する。
考えるのは、その後で十分だ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ