挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
DAGGER 戦場の最前点 作者:BLACKGAMER

DAGGER -戦場の最前点-

53/129

15章 決意する少女-2

【アイシス視点】

一晩ゆっくり眠ったのに、身体の疲れがまるで取れない。
あれだけ無理をしたのだから、当然かもしれないけど…。
このベッドだと、どうにも落ち着かないし、熟睡できない。
早く帰って、自分の部屋で寝たい。
ドアを叩く音に、寝ていた身体を起こして、ベッドの端に腰掛ける。
お兄ちゃんとお姉ちゃん、どっちだろう?
「おはよう、アイシスちゃん」
「おはようございます」
「…おはようございます」
並んで入ってくる二人を見て、思わず立ち上がる。
どうして、お姉ちゃんと一緒にファーナさんが?
「彼は?」
部屋を見回して、私に問いかけてくる。
「お兄ちゃんなら、まだ寝てると思いますけど…」
「そう。ならいいわ」
小さく息をつくと、ファーナさんが表情を引き締めた。
何? いったい何が始まるの?
「で、あたしたち二人に話って?」
「昨晩、彼と何か話した?」
お姉ちゃんが首を横に振るのを見て、私もそれに習う。
昨日は、部屋に戻るなり『すぐに休みたい』と言って、お兄ちゃんは寝てしまった。
お姉ちゃんも、二言三言交わしただけで、会話らしい会話なんて、全然していない。
そんなことを聞いて、どうするつもりだろう?
「なら、今から昨日のことを、包み隠さずあなたたちに話します。
 お願いだから、口を挟まずに最後まで聞いて」
不安になるほど切迫した口調に、背筋を正す。
何か良くないことが起きている…それぐらいのことは、私にでも分かった。


「これで、全てよ」
その言葉で、話が締めくくられる。
口を挟まず最後まで聞いて…か。
言われてなかったら、質問と反論だけで、会話にならなかっただろう。
これが、闘技祭にお兄ちゃんを出場させたかった、本当の意味。
私のせいだ。
あのときに、私が余計なことを言わなければ…。
お兄ちゃんが、闘技祭に出場することもなかったのに。
「また…なのね」
ぽつりとつぶやき、深く深く、お姉ちゃんが息をつく。
その表情は、悲しみと失望で染まっていた。
「また…って、以前にも、同じことがあったんですか?」
「うん、前大戦のときもそうだったの。
 ティストに特命を与えるなんて言って、最前線より前に一人で放り出して。
 戦場の最前点なんて呼び方で、馬鹿にして…。
 誰も助けなくて、そのせいで、ティストは…」
涙を混じらせ、お姉ちゃんが声を絞り出す。
その悲痛な姿は、見ているだけでも辛かった。
戦場の最前点、その話は、お兄ちゃんからも聞いた。
そのときの、お兄ちゃんの苦しそうな顔は、今でも覚えている。
命を奪い合う戦場で、孤立無援の極限状態。
それが、お兄ちゃんを殺すための罠なんて、馬鹿な私でも分かる。
「どうにか、できないんですか?」
「ごめんなさい、私の力では…」
ファーナさんが、力なく首を横に振る。
お兄ちゃんを行かせないのは、たしかに無理かもしれない。
でも、お兄ちゃんを一人にしないことぐらいなら、できるはずだ。
お兄ちゃんが、戦場で一人になるのなら…。
私が、一緒に行けばいい。


【ティスト視点】


「どちらさまでしょうか?」
こちらのノックに応えた声は、余所行きだが、間違いなくファーナのものだ。
それを確認してから、なるべく声量を抑えて返事をする。
「ティスト・レイアだ」
椅子を引く音がして、控えめな足音が近づいてくる。
数秒もせずに、扉が開かれた。
「どうぞ、中へ」
「突然ですまないな」
扉を閉めたことをきちんと確認してから、ファーナが定位置の椅子に腰かける。
「いえ。ご用件は?」
「頼みたいことがあるんだが、その前に…。
 アイシスとユイに話してくれたそうだな。嫌な役をやらせて、すまなかった」
「お願いだから、謝らないで。あの程度では、償いにもなりはしないわ。
 全ては、私の甘さが原因なのだから」
悔いるように目を伏せ、息を吐く。
おそらく、ため息ではない。
あれは、自分の怒りを制御するための呼吸だ。
「どちらにしても損のないように仕組んでおくのは、当然のこと。
 でも、まさか、国外の人間と共謀しているなんて…思いもしなかったわ」
闘技祭で誰かが俺に勝てれば、事故を装って殺すことができる。
俺が優勝すれば、ロアイス最強の名を持つ俺に他国の戦争を手伝わせ、俺を亡き者にできる。
引っ掛かった自分が言うのもなんだが、見事な策謀だ。
「俺の存在は、奴らが調べたのか?」
「もしそうなら、さすがは一国の情報網と褒めることもできるけど…。
 十中八九、ロアイスの誰かが流したでしょうね」
歯噛みするように、そうつぶやく。
口惜しいだろうが、ファーナ一人では、防ぎようがないだろうな。
「で、相手の指示通りに動けばいいのか?」
「戦場に一人で突撃させることしかできないなら、軍師なんて存在は無価値なの。
 考えうる最善手さえ指さずに、手をこまねくつもりは…」
「だが、ロアイスにとっての最善は、俺が行くことだろう?
 こんなに都合のいい話は、他にないはずだからな」
俺が行けば、ロアイスに被害はなく、ラステナと魔族が潰しあって力を弱める。
損がまるでないのは、俺にでも分かる。
「違うか?」
「即座に否定できなかった私が何を言っても、空々しいだけね。
 罠にかけられ、挙句の果てに用意してもらった道を選ばされるなんて、最大の屈辱よ」
絞り出すような声に、どれだけの怒りを募らせてるかが分かる。
ファーナにとっては、これが敗北…いや、判定負けか。
帳尻あわせで勝つこともできる俺なんかより、数段厳しい戦いだな。
「気にしなくていい。
 俺と一緒に天秤に載せたものが、一番大事なものだっただけのことだろう?」
ファーナが最優先するのは、ロアイスという国そのものなはずだ。
ファーナほどの立場なら、それが当然だろう。
「返す言葉もないわね」
「ちなみに、俺が戦いを拒めば、どうなるんだ?」
「『その回答が必要ですか?』と問い返されたわ」
「まったく、いい返答だな」
俺が断ることを微塵も考えていない…か。
絶対に俺が出てくるという、確信があるのだろう。
そうまで術中に嵌っているのは悔しいが、そのとおりにしか動けないのだから仕方ない。
「それでも、なんとか代替条件を出してもらったのだけど…。
 『もし、彼がダメならば、代わりに騎士団の半分でもかまわない』と笑いながら言われたわ。
 あなたの評価を褒めるべきなのか、騎士団を安く見られたと思うべきか、微妙なところね」
「まったく、武力の要を半数まで寄こせとは、欲張りだな」
「いいえ。この程度で円満に片付くなら、一考の余地があるわ」
「どういう意味だ?」
「私が本当に心配しているのは…」
そこまで言って、言い辛そうに口ごもる。
辺りを見回し、耳を澄ませ、周りに人がいないことを確認して、ようやく口を開いた。
「ラステナの矛先が、ロアイスへ向くことよ」
「!? 馬鹿な!? 同盟国なんだろう?」
「あくまでも可能性の話よ。私の取り越し苦労であることを願っているわ」
意味が分からない。
なぜ、この状態でロアイスが渦中に巻き込まれるんだ?
「説明してくれないか? 俺の理解が追いついていない」
「前大戦のときにも、少し話をしたはずだけど。
 魔族との戦争は、消耗するだけで利が乏しいわ」
痩せた大地に、わずかな水があるばかり。
詳しくはないが、食糧難になるほどの場所だということは、知っている。
「だから、魔族がラステナを狙っているのなら、明け渡してしまえばいい。
 ラステナは、ロアイスという更に肥沃な大地を手にいれればいいのだから」
「…そういうことか」
認めたくない。
だが、それが一番の策に聞こえるから不思議だ。
「そこまで直接的でなくても、ロアイスに逃げ延びるということも考えられるわ。
 捕虜ではないのだから、彼らはそれなりの扱いを要求するでしょうね」
ロアイスの内部に侵食し、最終的に内側から壊していく…か。
どちらの策にしても、ロアイスが今のままではいられなくなる。
「これは、あくまでも私の妄想でしかない。
 死に直面した人間は、突飛な行動もするから、予想しきる自信はないわ」
どうせ死ぬなら…という発想が、思考を狂わせる。
行動の意味も、その先の未来も、全て放棄した結果に生まれる狂気の沙汰。
理詰めでは読みきれないからこそ、恐い。
「これで、逃げられなくなったな」
「私は、あなたを無理に戦場に立たせるつもりはないわ。
 それは、あの場にいた誰もが同じ気持ちでしょう」
「だが、俺が行けば、表向きでもロアイスは助かるんだろう?
 利害が一致しているんだったら、しょうがない」
国には興味ないが、世話になった人間はたくさんいる。
まさに、恩を返すために刃を振るう時なんだろう。
「最終決定は、明日の会議で話してもらえるかしら?
 貴族の会議にあなたを呼びつけ、中庭で話すらしいから」
「ご丁寧なことだ」
ファーナの苦々しい顔と声を見ていれば、誰が首謀者か言われなくても分かる。
先頭で話すイスク卿が、目に浮かぶようだな。
「ちなみに…。ラステナへ行くのであれば、指定された期限は一週間後よ」
「分かった」
残り、一週間か。
それまでに、どれだけのことがやれるか…だな。
まずは、一番大事な一つ目を済ませておくか。
「本題、入ってもいいか?」
「ええ、もちろん」
「一つだけ、頼みがある。
 そのときが来るまで、絶対にアイシスには話さないでくれ」
俺は、このためにファーナの部屋まで押しかけたんだ。
「承りましょう」
ペンを握り、書き取る用意ができたのを確認してから、俺は言葉を選んで話し始めた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ