挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
DAGGER 戦場の最前点 作者:BLACKGAMER

DAGGER -戦場の最前点-

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

52/129

15章 決意する少女-1

【ティスト視点】

「試合直後なのに、ごめんなさいね」
「いや、別にかまわないが」
ファーナの後について、王城の廊下を歩く。
ここは…。
俺の記憶が確かなら、ここは、罪人と話すときに使う部屋だ。
壁ごしに相手の顔を見ないで話すための場所。
なんだって、こんなところに?
「………」
俺の問いかけの視線に気づいているだろうに、取り合う気配を見せない。
いったい、何が始まるんだ?
「どうぞ、こちらへ」
促されるままに、開けてもらったドアの中へと入った。


扉を開けると、リースとライナスが並び、その後ろには、師匠たちが控えている。
全員が緊張した面持ちで、壁の向こうを見ていた。
一見するとただの壁だが、小さな穴がいくつか開いていて、声が届くようになっている。
たしか、穴の位置をずらして何層も重ねることで、強度を保っている…だったかな。
この壁はとんでもない分厚さで、レジ師匠が愛用している戦斧でも一撃では貫けない。
クレア師匠にそう教わったのが印象的で、今でも覚えている。
王族と俺の謁見にでも使うのかと思ってたが、俺のほうにリースもライナスもいる。
なら…壁の向こうにいるのは、どこのどいつだ?
「ティスト・レイア、参りました」
恭しく礼をすると、ライナスが無言で頭を下げる。
それだけで、あいつの謝る声が聞こえてくるようだった。
「お待たせいたしました」
「いえ、こちらこそ無理をお願いしてすみません」
ライナスの声に応えるように、奥から聞こえてくる青年の声。
記憶と照合しても、聞き覚えはない。
「初めまして、ティスト・レイア様。
 セイン・ラステナと申します。顔を見せぬ無礼をお許しください」
「………」
口を閉ざして、動揺を飲み込む。
ラステナの王子が、わざわざ俺を呼んだ理由として、思い当たるのは一つだけ。
こいつの元に行く予定だったアイシスを、俺が横取りしたことだ。
まさか、その話をするために…?
「闘技祭の優勝、おめでとうございます。
 騎士団長のヴォルグ殿といい、ロアイスは目を見張るほどの実力者ばかり。
 脆弱な我が国の兵士を思えば、羨ましい限りです」
「…お褒めに預かり、光栄です」
いきなりの褒め言葉…しかも、他国の王子とあっては、どう接すればいいか分からない。
ただ、失礼のないように丁寧に話すのが精一杯だ。
「しかし、気になることが一つあります。
 なぜ、あれほどの実力を持つあなたが、人里から外れて生活しているのです?」
想像していなかった問いかけに、返す言葉が見つからない。
まさか、俺の存在が調べられているとは思っていなかった。
「あなたは、たしかに貴族ではないかもしれない。
 だが、ロアイスから離れて暮らす必要はないでしょう?」
黙っている俺たちに向かって、なおも問いかけは続く。
だけど、誰一人として答えられなかった。
「それで、私への用事というのは?」
都合の良い返しは結局思い浮かばず、無理矢理に先を促す。
さっさと用件を済ませて、休みたかった。
「私は、あなたに幸せの白羽を渡したい。
 我が国で、出来る限りの待遇を約束しますが…いかがでしょうか?」
ずいぶんと、回りくどい勧誘だな。
今までの前置きは、ロアイスの扱いは酷い、私の国ならそうではない…と、そう言いたかったわけだ。
にしても、他国の王子から直接に声をかけてもらい、召抱えられる…か。
流れ者からすれば、夢のような話だろうな。
「………」
リースが不安げな目で俺に問いかける。
まったく、そんな顔する必要はないのに。
「幸せの白羽とは、救いが必要な天涯孤独の者に舞い降りるものと聞きます。
 ですが、私には背中を預けて共に戦うことのできる妹がおります。
 私などにはもったいない、自慢の妹が。
 ですから、私には必要ありません」
今の俺は、十分に幸せだ。
他国にいる連中の救いなんて、必要ない。
「そうですか。ですが、私もこのまま引き下がるわけにはいきません」
これから繰り出される攻撃に備えるように、緊張が高まっていく。
さて、どんな話が飛び出してくるんだ?
「これは、我が国の機密となっていることですが…。
 ガイ・ブラスタが、手勢を連れて、我が国へと攻め入る計画があるそうです。
 それを未然に防ぐために、我々は戦争を起こします」
部屋全体に衝撃が走り、皆が息を飲む。
ついに、きたか。
声には出さないで、心の中でそうぶやく。
驚きよりも、諦めのほうが大きい。
ガイは、ラステナに攻め込むと断言していた。
どうやって、セイン・ラステナがその情報を知りえたのかは知らないが…。
結局は、なるべくしてなった事態だ。
「そこで、同盟国であるロアイスに、助力をお願いに参りました。
 折りよく闘技祭が開かれたおかげで、人目を意識せずに来ることができ、助かりましたよ」
「それで、具体的にはどういう要望なのでしょうか?」
「闘技祭で優勝した、ティスト・レイア殿の力が欲しい」
ライナスの問いに答えたセイン・ラステナの言葉で、ようやく合点がいく。
幸せの白羽に触れていたら、俺の仕事はこれだったわけだ。
「貴方がいれば、魔族には脅威となり、兵の士気はさらに高まる。
 我が軍の勝利も、確実なものになることでしょう」
「買いかぶりすぎです。
 戦いなんて、たった一人の力で、どうにか出来るものではない」
「いいえ、貴方になら出来ます。
 先日も、あの忌々しい暴君を退けたそうではないですか」
俺とガイが接触したことまで、承知しているか。
周りへの警戒などしている余裕がなかったから、監視の目に気づかなかったのも無理はない…が。
「あの惨状を見ていたなら、助けを出していただきたかったものですね」
「申し訳ありません。我が国の兵では、お役に立てないことが分かっていましたから。
 それに、他国の兵がいきなり駆け寄れば、警戒してしまうでしょう?」
声には、微塵も動揺が感じられない。
さすがは、王子といったところか。
のらりくらりと避けられては、会話は進まないな。
「本題に戻りましょう。私に何をさせるつもりですか? 他の兵と一緒に陣を組めと?」
「いえ、そんな無益な事はお願いしません。
 貴方の武勇は、私も聞き及んでいます。
 戦場の最前点として、今度は我が国のために働いて頂きたい」
戦場の最前点…か。
ここで、その忌み名を聞かされるとはな。
「前大戦でも、あなたは見事に魔族を迎撃してみせたでしょう?
 小さな身体で、ほとんど全方位を囲まれても…ね。
 成長したあなたが、こなせぬわけがない」
まるで見てきたような物言いで、畳み掛けてくる。
逃げ道が、丁寧に潰されていく。
まったく、用意周到なことだ。
俺の素性や性格を、どこまで調べたのか知らないが…。
リースが、ライナスが、師匠たちがいるこの場では、俺に選択肢はない。
ロアイスに背くような行為が、できるわけがない。
「そうだ、報酬はどうしましょうか?」
俺が返事をする前から、決まったことのように話を続ける。
このしたたかさは、ライナスに足りないものだな。
「金銭で満足頂けますか?」
「聞くだけ無駄です。どうせ、私が望むものは用意できない」
「聞かせてもらえませんか?
 教えていただけなければ、こちらも誠意を見せる術がない。
 ご要望のものなら、なんなりと揃えてみせましょう。
 例えば、王族の地位でも…ね」
冗談めかした発言に、空気が変質する。
そこまで分かってやっているなら、たいしたものだ。
「死にゆくものには、何をくれてやろうとかまわない…か」
相手に聞こえてもいいくらいの気分で、そうつぶやく。
嘘にしては、ずいぶんと悪質だ。
「少し時間をくださいませんか?」
「ええ。あなたにも、しておくべきことがあるでしょう」
壁越しで助かったな。
顔を見ていたら、耐える自信がない。
「失礼致します」
一礼をして部屋を出る。
やれやれ、魔法の使いすぎで、俺の運も尽きたかな。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ