挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
DAGGER 戦場の最前点 作者:BLACKGAMER

DAGGER -戦場の最前点-

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

51/129

14章 戦う少女-4

【ティスト視点】

ヴォルグの一方的な勝利で、シングルの決勝も終了。
この閉幕の儀も、後はライナスから宝玉を受け取ってしまえば、終わりだ。
十分に戦ったし、結果も残せた。
満足するべきだろうが、名残惜しい気もするな。
「では、優勝者に褒美を与える。ヴォルグ・ステイン、前へ」
声をかけられたヴォルグは、微動だにしない。
何をやっている?
「どうした? 前へ」
数秒の間をあけ、それでも動かないヴォルグに、もう一度促す。
王家の前で無様を晒すなど、奴らにとっては一番忌むべきことだろうに…なぜだ?
「恐れながら申し上げます。
 今の私には、それを受け取る資格がありません」
「どういうことだ?」
「王家から賜るのは、その者に並ぶもの無しという、無双の証。
 今の私を、誰が認めるでしょうか?」
いつになく饒舌じょうぜつなヴォルグから、身の危険を感じる。
俺の胸中を知ってか知らずか、奴はライナスに頭を下げると、俺へと向き直った。
嫌な予感は、爆発的に膨れ上がる。
…が、今の俺には、どうしようもない。
「ティスト・レイア殿。最強を賭して、貴殿に決闘を申し込む」
上品な言葉遣いで、高らかにそう告げる。
朗々と張り上げた声は、明らかに聴衆へと向いていた。
「見られるのか? 騎士団長とあの兄ちゃんの戦いが…」
「そいつは面白れえ、互いに負け無しなら、どっちが上かは白黒つけねえとな」
つぶやきは、ざわめきへと変わり、消えかけていたはずの熱が舞い戻る。
これだけの味方を得れば、ライナスやリースでも、収拾は困難だろう。
『必ず貴様と戦う、必ずだ』
闘技祭の開幕前に聞かされた言葉を、思い出す。
見事なまでの執念だ、もはや、妄執といってもいい。
手口は気に入らないが、その決して揺るがない心にだけは、感服させられるな。
俺の問題にアイシスを巻き込むのは、気が進まないが…。
ここまで来て、勝手に蚊帳の外にされたら、それも気に入らない話だろう。
アイシスだけに聞こえるように、声を控える。
「アイシス、まだ戦えるか? 戦えるなら、最後の決勝戦だ。
 戦えないなら…」
「私は、お兄ちゃんと一緒に戦います」
最後まで俺に言わせれくれない。
まったく、気の回る妹だ。
決まりだな。
「決闘には、応じられませんが…。
 シングルとダブルの優勝者同士の手合わせならば、受けましょう」
観客まで届いた俺の声が、熱気をあおる風となる。
もう、こうなったら、誰にも止められない。
「………」
ライナスが笑顔を崩さず、見つめていなければ分からないほど小さく、ため息を漏らす。
その横では、リースが不安げな顔で事態を見守っていた。
二人には悪いが、今回は俺の好きにやらせてもらう。


【アイシス視点】


闘技祭で優勝したと思ったら、今度の相手は騎士団長。
昨日の私が聞いても、驚くだろうな。
お兄ちゃんと出会う前の私が聞いたら、絶対に信じない。
「本当に、アイシスが前衛でいいのか?」
「はい、お願いします」
自分でも、無茶なことを言ってるのは分かってる。
だけど、私が後ろにいても、お兄ちゃんの援護なんて満足に出来ない。
だったら、少しでも役に立てるほうがいい。
「…分かった。好きなように動いてくれ。
 俺が、アイシスに合わせる」
「はい」
「では、はじめぃっ!!」
レジ様の大音声により、決勝戦が開始される。
響いているはずの客席の声も、私にまでは届かなくなっていた。
「何の真似だ?」
前に出た私に、怒りで鋭くなった視線が向けられる。
その声は、苛立ちを隠そうともしていない。
間合いに入れば、間違いなく斬られる。
なら、魔法で…。
「水よっ!!」
「邪魔だ」
放った水が、一瞬で炎に飲み込まれる。
そんな!?
「チィッ!!」
私へと迫っていた炎が、突然その動きを止める。
これは、お兄ちゃんの風の魔法?
「甘いわぁっ!!」
耳が痛くなるほどの轟音を上げて、炎が爆発する。
熱風が絡みつき、私の全身を撫で付けた。
「くっ!!」
とっさに横へ飛び、転がって逃げる。
余波だけなのに、炎で炙られたように全身がひりつく。
直撃していたら、今頃は…。
「どけ」
この人の目には、私が映っていない。
この人が見ているのは、お兄ちゃんだけなんだ。
「どきません」
ダガーを鞘から引き抜き、いつものように構える。
騎士団長に勝てないなんて、私が一番よく分かっている。
少しでも疲れさせれば、それでいい。
「ならば、己の未熟を思い知れ」
「…!」
二つの剣が同時に閃き、私のダガーへと叩きつけられる。
その速さに、身の毛がよだつ。
「どけ」
大きな踏み込みからの、強烈な薙ぎ払いが迫る。
狙いは、おそらく私の腰あたり。
ダメだ、私の足じゃ、どうやっても避けられない。
「くぅっ…」
刃を合わせただけの防御に、踏みしめていた足が地面を滑る。
「っ…ふっ…」
何とか吹き飛ばされずに踏みとどまった私を、あの人は見ていなかった。
ただ、お兄ちゃんへと向かって歩いている。
「…ふざけてる」
二人の間に割って入り、もう一度ダガーをかまえる。
見るからに不快そうに、眉間にしわを刻んだ。
「どうやら、血を流さねば分からぬらしいな」
二つの刃が、次々と私に襲い掛かる。
私のダガーがあろうと、おかまいなしの打ち下ろし。
力任せに、私の防御をこじ開けるつもりだ。
「…くっ」
必死にダガーの柄を握り、耐えながら攻撃を目に焼き付ける。
速い。
振り下ろす速度だけなら、お兄ちゃんと同等…もしかしたら、それ以上かもしれない。
だけど、拍子は単調で、太刀筋は直線。
私のことなんて、練習用の的ぐらいにしか思っていない。
なら…。
「…ここだ」
ぶつかる瞬間に手首を返して、迫り来る刃を受け流す。
お兄ちゃんもやっていた、基本的な型。
「くだらん児戯だ」
切っ先が不自然な軌道を描き、あざ笑うように私のダガーをすり抜けた。
まずいっ…。
「くだらない児戯でも、お前の刃を止めるには十分だ」
私と全く同じ型で、お兄ちゃんが私が止め損ねた一撃を受け止めてくれる。
ダガーを支える力強い腕は、相手の剣を抑えても微塵も揺らがない。
「ッ!!」
お兄ちゃんが鋭く息を吐き、刃を擦りあわせて剣を払いのける。
それだけで、驚くほどあっさりと下がった。
これで、仕切り直し…だ。
「怪我はないか?」
「はい、大丈夫です」
痛いところなら、それこそ数え切れないぐらいにある。
だけど、私はまだ十分戦える。
「今までの動きは、悪くない。
 初見でここまで防げるなら、たいしたものだ」
私だけに聞こえるように、お兄ちゃんが声をかけてくれる。
今の私には、十分すぎる癒しの魔法だ。
ダガーを、きつく握り締める。
私の体力が続く限り、少しでも長く戦うんだ。


【ティスト視点】


自分の前に、味方がいる。
そんな、いつもとまるで違う戦いにも、ようやく慣れてきた。
前で戦うアイシスも、おそらく同じだろう。
何の合図もないのに、俺たち二人の動きが噛みあい始める。
共闘がこんなに気分のいいものだとは、知らなかった。
左手に収束させていた風の魔法に、意識を集中させる。
これを今放てば、波状攻撃だ。
『私が危険なとき以外は、手を出さないでください』
アイシスの声を思い出して、攻撃に加わりたい衝動をぐっと堪える。
自分に言い聞かせるのも、もう何度目か分からない。
俺が力を温存できるように、アイシスが前衛を買って出てくれたんだ。
その意志を無駄にするようなことは、絶対にできない。
「…ふう」
深く息をつき、心を静める。
だから、俺は誰よりもこの戦いを…アイシスの成長を楽しむ。
最初は完全に圧倒されていたのに、それが、少しずつ変わりつつある。
対等…とまではいかないが、十分に善戦している。
騎士団長を相手に、一人の少女が戦い続ける。
観客たちは、感情のままに声を張り上げ、その行く末を見守っている。
アイシスがどこまで昇るのか、俺としても見届けたくなった。


「…!? くっ…」
アイシスの反応が、わずかに遅れ始めている。
数分前から、これで三度目。
まだ気力と集中力で誤魔化せる範囲だろうが、長くは続かないだろう。
呼吸も乱れてきているし、そろそろ限界だな。
「アイシス、交代だ」
「はい」
「少しは、役に立てましたか?」
「ああ、十分すぎるほどに…な。
 アイシスの戦いが、どれだけ重要だったのか…。
 俺が勝って、証明してみせる」
感情で戦うのは、決して安定しない。
だけど、そんなことがどうでもよくなるくらいに、高揚していた。
酒を飲んだって、こんなに幸せな気分になれないだろう。
「出来るようなら、水の魔法で援護を頼む。ただし、無理はしなくていいからな」
「はい」
温存していたものが、俺の外へ出ようと込み上げている。
持て余す力を抑えながら、前に出た。


「長い。実に長い茶番だった」
紳士的な演技を帳消しにする、ヴォルグからの剥き出しの殺意。
アイシスを相手にしていたときは、まだしも理性的に見えていたが…。
もう、取り繕う気もないらしい。
「せっかく作った外面が、台無しだな」
「恥も外聞もない。手段も選ばぬ。今の私が望むのは、貴様の敗北よっ!!」
縦横無尽に駆ける剣を見切り、余すことなく受け止める。
取りこぼしこそしないが、全てを防いでいると反撃の隙がない。
「チッ」
「うぉぉぉっ!!」
雄叫びをあげながら、猛攻を繰り出し続ける。
猪突猛進だな、緩急も何もあったもんじゃない。
残りの体力を全て注ぎ込んで、俺を殺すつもりだ。
「………」
凌ぐだけでも、相手の体力が先に尽きるだろうが…。
もし、俺が一撃でも受け損ねたら、勝負の行方は分からない。
現状打破のために、思考をめぐらせる。
魔法は無理だな、発動させる隙がない。
間合いを変えるのもダメだ、寄っても離れても、奴が有利になる。
気は進まないが、受けとめる攻撃を選ぶしかなさそうだ。
「………」
初撃は無視、次は回避、その次も…受け流さないとまずいな。
飛び交う刃に基準をつけて、より分ける。
連撃のためのつなぎや、反応を確かめるための牽制。
浅い攻撃は受けずに、最低限で避ける。
紙一重を自分から狙い、刃に肌を寄せるように距離を詰め、わずかにでも隙があれば突く。
自分の身体に染み込ませた、剣技の勝負。
体格、腕力、不利な要素ならいくらでもある。
だが、アイシスの働きが、その全てを覆してくれた。


互いの刃が加速し続け、二人の間に火花が咲き乱れる。
衣服を貫き、皮膚を削ぎ、肉を裂く。
必殺の一撃を警戒しながら、少しずつ命を削りあう。
「うおぉぉっ!!」
「まだまだぁっ!!」
こちらの攻撃に、まるで怯む様子がない。
おそらく、すさまじい執念が、痛覚を忘れさせているのだろう。
「チィッ」
この戦い、どちらかが戦闘不能になるまで、絶対に終わらないだろう。
勝つためには、奴の意識を刈り取るしかないが…。
そんなことをさせてくれる隙なんて、期待するだけ無駄だ。
「どうしたぁっ!!」
俺の消極さをなじりながら、苛烈に攻めてくる。
失血は少なくないのに、元気なものだ。
「ッ!!」
傷は確実に増えているのに、決め手がない。
このまま持久戦を続けるか? それとも、余力のあるうちに捨て身で飛び込むか?
「!?」
俺が迷っているうちに、いくつもの水球がヴォルグへ向かって降り注ぐ。
アイシスか?
「うっとうしいっ!!」
全てを切り伏せ、俺への攻撃を再開しようと駆ける。
だが、それを阻むように、次々と水の魔法が展開される。
正面からの真っ直ぐな軌道では、まず当たらない。
だが、途切れることなく次々と放たれる水は、足止めには十分だ。
アイシスのくれた数秒で、左手にありったけの魔法を収束させた。
これで、決める。
「風よっ!!」
上から風を叩きつけて動きを鈍らせ、回避を封じる。
奴も魔法の収束を始めているが、もう遅い。
「切り裂けっ!!」
「ふんっ」
風の刃を、相手の両腕めがけて解き放つ。
鮮血を派手に撒き散らし、両腕が赤く染まった。
手応えは十分だ。
「まだだぁぁっ!!」
奴の武器に向けて、ダガーを打ち下ろす。
力の残っていない手から、簡単に双剣が取り落とされた。
「なっ!? くそっ…」
「終わりだ」
拳を固めて殴りかかる奴の一撃を流し、即頭部へと回し蹴りを放つ。
思うようにあがりさえしない腕では、ろくに防御もできやしない。
こめかみへと直撃し、それでも、数秒だけ踏みとどまり、ようやく地面へと倒れた。
「どうやら、勝負あったようじゃな」
「ま…まだ…だ、まだ俺は…」
砕けそうなほどに歯を食いしばり、意識を保っているらしい。
だが、どう見ても、立ちあがれる状態じゃなかった。
「お兄ちゃん」
「アイシスのおかげだ、ありがとう」
本当に、今回はアイシスに助けられた。
俺一人だったら、これほどまでの勝ちはなかっただろう。
「俺たちの勝ちだ」
「はい!」
観客に応えるために、俺たちはダガーを持った手を大きく突き上げる。
大歓声は、飽きることなく、いつまでも続いていた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ