挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
DAGGER 戦場の最前点 作者:BLACKGAMER

DAGGER -戦場の最前点-

50/129

14章 戦う少女-3

【ティスト視点】

「お前は、どんだけ強いんだよ?」
嬉しそうに笑いながら、男が開始と共に俺へと突っ込んでくる。
どうやら、端で突っ立っていたのが、よほど気になったらしいな。
さっきまでの立ち回りを見れば、無理もない判断だろう。
「ちょうどいい」
間合いに入った瞬間を狙って、踏み出さずに蹴りを放つ。
「あふぁ…」
間抜けな声を出して、その場でぶっ倒れる。
自身と俺の蹴りの速度を全て受け止めたんだ、無理もない。
「!」
地面に横たわった男のすぐ後ろを追走していた奴が、飛び退って腕を振り回す。
? なんだ!?
風を切り裂いて、小さな刃がいくつも飛来する。
なるほど、飛び道具…か。
拳ほどから指先程度まで、大きさは不揃い。
ご丁寧に緩急までつけてある。
「チッ」
ダガーで叩き落すが、残した一つが服を掠める。
一つずつ武器を使って落とすのなら、たしかに脅威だろうな。
「…風よ」
風の魔法を自分の前方へ展開する。
それを盾にして、一気に相手へと肉迫した。
「!」
飛び道具から持ち替えようとして握りの甘い剣を、ダガーで叩き落す。
手応えが…軽い? わざと武器を手放したか?
「はぁっ!!」
拳…か。
身を反らせて、真っ直ぐに伸びてくる腕を回避。
流れるような動作で繰り出される連撃を、ことごとく払いのける。
投擲とうてきから体術まで、幅の広い使い手だな。
だが、逃げようとしないのは、好都合だ。
「やぁぁっ!!」
「ふっ!!」
放たれる蹴りに合わせて、俺も足技を用意する。
狙いは、奴の蹴り足の太もも。
「ぐっ…」
骨が軋む音を聞いて、素早く引き足を取る…が、どうやら間に合わなかったようだな。
まあ、折れていなくても、この戦いでは、使い物にならないだろう。
「………」
脂汗を流しても、瞳に宿る戦意は喪失していない。
「お兄ちゃん!!」
「後ろ…だろう? 大丈夫だ」
最初の一撃で倒れた奴が、ようやく起き上がってきた。
二人を視界に入れられる立ち位置を考え、結局アイシスの隣へと戻る。
こっちは無傷、あっちは重症、上々だな。
「ってえなぁ…。ったくよぉ。
 こんなことなら、素直に女を狙っておくべきだったぜ」
「間違えなくて良かったな」
「あん?」
「もし、間違えていたら…。満足に口も利けなくなってただろうよ」
解放した魔法が、辺りに渦巻く。
全身の血が沸き立ったせいで、自分の声が変質した。
押し隠すことのできない怒りが、切っ先から零れ落ちそうだ。
「…くそがぁっ!!」
「ッ!!」
力任せにならないように力みを抜いて、刃を走らせる。
二人分の太刀筋を、一本のダガーで凌ぐ。
連携は悪くないが、剣速が遅い。
本調子じゃないせいなのか、それとも…。
「………」
俺と戦いつつも、視線が不自然に動く。
どうやら、あれだけ警告したのに、アイシスを狙うつもりらしいな。
馬鹿が。
「ッ!!」
アイシスへと意識を向けた、その空隙に肩当てを削ぎ落とす。
あっさりと刃を通した肩当ては、地面に音を立てて転がった。
「そんなに後悔したいなら、好きにしろ」
相手に聞こえるかどうかの声でつぶやいて、腰を落とす。
そこまで熱心に警告してやる義理もない。
五体不満足になってから、好きなだけ反省しろ。
「わかったよ!! 俺たちの負けだっ!!」
一人が大きく叫んで、自分の武器を投げ出す。
相方もそれにならって、武器を投げると両手をあげた。
「敗北を認めるのだな?」
「ああ、負けだ。やってられっかよ」
「勝者、ティスト・レイア、アイシス・リンダントっ!!」
師匠が高らかに宣言するが、当然、歓声などは起きない。
当然だろうな、まだまだ戦えるはずなのに、一方的な敗北宣言。
見ているほうからすれば、さぞや面白みのない試合だろうな。
ざわざわと落ち着かない話し声だけが、客席で渦巻いている。
どうやら、早めに退散したほうがよさそうだな。
アイシスを連れて、足早にその場を去った。


【アイシス視点】


待ちわびた観客たちが、歓声で試合の開始を急かしている。
残りは、もう一試合だけ。
ロアイス騎士団の二人に勝てば、私たちの優勝だ。
「時間だな。行けるか?」
「十秒だけ待って。万全の状態で行かないとね」
お姉ちゃんに抱きしめられ、立ち昇るほどの治癒の光に全身が包まれる。
わずかにあった違和感が、溶けるように消えていく。
「ティストは大丈夫?」
「ああ、怪我らしい怪我はない。俺の分も、アイシスに使ってくれ」
「うん」
言葉どおり、お兄ちゃんは一撃も許さず、段違いの強さで勝ち進んできた。
最初は言葉もなく見ていた客たちも次第に熱狂し始め、今では、私たちが姿を見せるだけで、声援が上がるほどだ。
それほどすごいものを、あんなに間近でずっと見ていたのだから、私は恵まれている。
「はい、これでよし」
私を包んでいたお姉ちゃんの手が、優しく解かれる。
ため息が出そうなほどに心地よい空間が、ゆっくりと消えていった。
「ありがとうございます」
精一杯に頭を下げて、お姉ちゃんに感謝の気持ちを伝える。
これで、お兄ちゃんと一緒に戦える。
少しでも、お兄ちゃんの役に立つんだ。
「行ってらっしゃい」
『行ってきます』
お兄ちゃんと、声が重なる。
そんなちっぽけなことが、なぜか嬉しかった。


「風よ」
開始の合図と共にお兄ちゃんが放った風の刃が、騎士たちの間を駆け抜ける。
思わず飛びのいた場所へと、間髪いれずに風の壁が生まれた。
これで、相手が得意としていた連携は、使えないはず。
「行くか」
横目では捉え切れないほどの速さで、お兄ちゃんが疾駆する。
「すごい」
その淀みない攻撃は、訓練で見たことがない。
今日のお兄ちゃんを見ていると、その強さを痛感する。
まだ、遠い…だけど、それが嬉しい。
お兄ちゃんは、目標であってほしい。
いつまでも、それを追いかけていたい。
ほんの少しでいいから、今より近くに…。
「油断するなよ」
お兄ちゃんの鋭い声に、我に返る。
私はもう観客じゃないんだ、戦いに見とれてる場合じゃない。
始まる前に言っていたお兄ちゃんの作戦を思い出す。
『二対二に持ち込まれると、分が悪い。だから、開始直後に俺が奴らを分断する』
お兄ちゃんは気負わずに断言し、平然とやってのけた。
なら、私もお兄ちゃんの指示に従わないといけない。
『後は簡単だ。一対一になったら、圧倒しろ』
「はい」
頭の中で聞こえたお兄ちゃんの声に、返事をする。
それだけで、目の前にいる敵以外、何も見えなくなった。
「はぁぁぁっ」
長剣を受け流し、一気に踏み込む。
「…!」
私のダガーを受け止めた相手の体勢は、少しも崩れない。
押し返され、相手の一番力の乗る場所で、長剣が振り下ろされた。
流しきれない…受けないと!
「くっ…」
重い。
痺れた手を助けるために、片手から両手持ちに切り替える。
たしかに、私が戦ってきた中では、一番強いかもしれない。
だけど、私が知っている中で一番じゃない。
私の知っている一番は…。
お姉ちゃんも認める、一番強いのは…。
お兄ちゃんだ。
「ッ!!」
今度は、自分から踏み込む。
簡単には、私の間合いに入ってくれない。
相手にとって有利な距離を保ち、中へと入らないように押し出される。
だから、もっと踏み込む。
後ろのことは、まるで気にならない。
お兄ちゃんが、一対一だと思っていいと言ってくれたから。
だから、私は…前だけを見て、踏み込む。
「くらえっ!!」
下がって避けたら、私の一撃は届かない。
つま先に力をこめて、方向をわずかに修正。
縦の斬撃が、私のすぐ脇を落ちていった。
「やぁっ!!」
ダガーの切っ先が、相手の上着を掠める。
あと少しで、届く。
私でも、届くんだ。
「ふん」
せっかく崩れかけていた体勢が、後退だけで持ち直される。
さすがに、こちらの都合のいいようには攻めさせてくれない。
「終わりにさせてもらう」
相手の手のひらが、紅く輝いていた。
炎の魔法だ。
「なら…」
対抗できるように、水の魔法を手のひらに集める。
たとえ、どんなに強力だとしても…あの炎は、普通の赤だ。
私が見てきた桃炎や黒炎に…色の有る魔法に匹敵するわけじゃない。
なら、私にだって勝機はある。
「やぁぁぁっ!!」
「はぁっ!!」
足を止めずに、互いに魔法を放ち続ける。
ここからは、一撃を入れられる隙の探り合いだ。
「そういえば…」
私の魔法って、どれくらいの力なんだろう?
水を自分の思うように操ることは、ようやくできるようになったけど…。
他の魔法と勝負したことはない。
向かってくる炎と比べても、速さは遅くない。
なら、威力は?
「…試してみたい」
標的を相手から、火球へと切り替える。
ロアイス最高峰と呼ばれる騎士団との、力比べだ。
「行けっ!!」
手のひらを滑るように、水が走る。
相手とのちょうど中間当たりで、衝突。
音を立てて水が消え失せ、失速した炎が地に落ちた。
「…ほう」
「よし」
牽制で連発してくるものなら、私でも無力化できる。
だったら、消耗戦に付き合う必要なんてない。
「…ふぅ」
呼吸を整え、地面を蹴る。
自分でも驚くほどに、身体が軽かった。
「はぁっ!!」
炎の着弾に被せるように、水の魔法を発動させる。
思ったとおり、熱風も衝撃も抑えられた。
私の間合いまで、あと少し。
「遅いっ!!」
長剣が、次々と私へ振り下ろされていく。
何があっても、近寄らせないつもりだ。
「なら…!!」
真っ向からダガーをあわせて、相手の刀身にぶつける。
身体が流れたり、手を痺れさせて取り落とせば、後は一気に攻め込むだけだ。
「なっ!?」
たしかな手応え。
相手の顔には、焦りの色が見えた。
苦し紛れの反撃を避けて、文字通り刃を交える。
さっきより、少し音が鈍い?
「もしかして…」
水の魔法を織り交ぜながら、攻撃の狙いを相手の武器に絞る。
「たぁぁぁっ!!」
魔法では、負けているかもしれない。
剣の腕でも、負けているかもしれない。
だけど、武器なら…絶対に負けはない。
あのロウさんが自信を持って推したものが、負けるわけがない。
「ッ!!」
一撃を重ねるごとに、確信へと変わっていく。
「壊れろッ!」
刀身へと、わずかに亀裂が走る。
あと、もう一撃だ。
「なっ!?」
戸惑いが、剣の軌道を鈍らせている。
横へと切り払ってくる刃に、真上からダガーを叩き付けた。
「はぁっ!!」
刃が折れ、切っ先が地面に刺さる。
わずかに飛び散る破片まで、はっきりと見えた。
「くそっ…」
残った長さは、私のダガーと変わらない。
なら、これは…。
「お兄ちゃんから教わった、私の間合いだ」
「まだだっ!!」
踏み込みの幅と腕の位置で、切っ先の届く範囲が分かる。
お兄ちゃんの攻撃を見慣れている私には、恐さが微塵も感じられない。
余裕を持って相手の攻撃を避け、焦れるのを待つ。
「おぉぉっ!!」
気合と共に繰り出された一撃。
それを型のとおりに受け流して、相手の胸へとダガーを添える。
力をこめれば、心臓にまで届く距離だ。
「武器を放してください」
「このっ…」
私の警告を無視して、剣が振りかぶられる。
このままダガーを…でも…。
ギィィンッ
耳に痛いほどの金属音が響く。
迫っていた刃は根本から消え、見慣れたダガーが私の目の前にあった。
「それが、自慢の騎士道か?
 だったら、次は剣じゃなく、その腕を切り落としてやる」
お兄ちゃんの声に、相手が飲まれる。
残っていた戦意を吸い取り、手のひらから柄が滑り落ちる。
地面にぶつかる渇いた音が、決着を告げた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ