挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
DAGGER 戦場の最前点 作者:BLACKGAMER

DAGGER -戦場の最前点-

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

49/129

14章 戦う少女-2

【アイシス視点】

第三回戦。
向かいには、もう二度と見たくないと思っていた二人が立っている。
ついに、ここまで来たんだ。
「やっと、ぶっ殺してやれるぜ」
長身のリントが、長剣を握りしめて殺気を撒き散らす。
「叩き潰してやる」
私とそう変わらない身長のフェイは、斧を見せつけるようにしていた。
二人の殺気が肌を突き刺し、首筋に怖気が走る。
落ち着け。
こんなもの。
こんなもの、お兄ちゃんと一緒に何度も浴びせられてきた。
思いっきりダガーを握って、震えを誤魔化す。
「後のことは考えるな。全て使い切っていい」
「はい」
お兄ちゃんの言葉に背中を押されて、前に出る。
このために、闘技祭に出場した。
私にとっては、これが決勝戦みたいなもの。
相手は、長剣と戦斧。
どちらも、ダガーよりずっと強大な武器だ。
だけど、負けるわけにはいかない。
「くらえっ!!」
「…!」
大上段から、フェイの斧が振り下ろされる。
以前のような、いたぶるための攻撃とはまるで違う、必殺の一撃。
あの人たちは、私を…本気で殺すつもりだ。
風圧で前髪が揺れる。
後少し近かったら…。
頭の中で考えていたよりも、ずっと近い場所を刃が通り過ぎる。
相手が速いわけじゃない、私の動きが遅いだけだ。
「くっ…」
身体が、言うことを聞いてくれない。
さっきもそうだった。
「次は俺の番だぜっ!! おらぁぁぁっ!!」
斧をもう一度避けたところで、リントの長剣に逃げ場を抑えられる。
長身の奴に体重を乗せて斬りつけられると、受け止めるのは辛い。
円を意識して、斜めに間合いを外す。
回り込まれてはいないけど、フェイは何を…。
「………」
魔法を収束してる!?
長身の影に隠れて、気づくのが遅れた。
ダメ、発動前に潰せない。
「死ね」
私を取り囲むように、6本の岩が出現する。
高低差のある岩に、横の逃げ道を完全に塞がれた。
「へへ、終わりだな」
リントは、さっきまでの斬りではなく、突きが出来るように持ち変えている。
悔しいくらいの見事な連携攻撃だ。
避けきれない。
「魔法は無視しろっ!!」
「…!」
お兄ちゃんの声に従って、長剣の突きを横飛びに避ける。
拳よりも大きな岩が、左肩に食い込んだ。
「っ…」
じん…と奥まで痺れて、力が抜ける。
だらしなく下がった左腕では、拳を握ることもできない。
「くぅっ…」
痛みに耐え切れずに、思わず声が出る。
それを必死に噛み殺して、呼吸を整える。
痛い? これが?
こんな痛み。
このくらいの怪我。
この身体には、嫌ってほど刻み込まれてる。
クリアデルでは、毎日殴られ、蹴られ、踏みつけられた。
今更、この程度で、何を恐がる?
それに、どんなに痛くても…ただ身体が痛いだけだ。
私のせいでお兄ちゃんを傷つけてしまった、あのときは、どうしようもないほどに、心が痛かった。
大事なときに動けなかったことよりも、痛いことなんて…ない。
それに…。
こんなことで痛がっていたら、お兄ちゃんに申し訳ない。
私なんかのために、お兄ちゃんは、数えきれないほどの怪我を受けてくれたんだから。
だから、私だって、お兄ちゃんに守られているだけじゃない。
お兄ちゃんの足手まといにならないために、私は強くなるんだ。


「…ッ!!」
思考を切り替え、鋭く息を吐いて、走り出す。
少しくらい強くなったからって、何を勘違いしていたんだろう。
相手が誰とか、そんな、余計なことは考えなくていい。
私は、死に物狂いで闘えばいい。
何をしてでも、勝つんだ。
「やぁっ!!」
足を止めずに、迫り来る石つぶてをダガーで叩き落としていく。
二個、三個と同時に迫られれば、全ては対応できない。
肩やふとももに、浅い傷がいくつも生まれる。
でも、これでいい。
狙いを絞らせなければ、致命傷にはならない。
「うぉぉぉっ!!」
リントの長剣の一撃、これは見逃す。
二発目が繰り出されるまでの時間を、もう一回確認するんだ。
「りゃあぁぁぁっ!!」
十分な余裕を持って避けてから、引き戻される刃を追いかける。
大丈夫、私なら届く。
「ッ!!」
一足飛びで、相手の顔面へと飛び蹴りを放った。
「ぐぇっ…」
足の裏から漏れる声に、たしかな手応えを感じる。
元の場所へと戻らないように、角度をつけて間合いを外した。
「つぅ…のやろおおぉっ!!」
手のひらで、潰れた鼻を抑えている。
その目は、怒りに見開かれていた。
「くらぇぇえぇっ!!」
怒りに任せた滅多切り。
さっきよりは速いけれど、同じ拍子で繰り返されるから、それほど恐くない。
その隙を補うように、取り巻く岩たちが密度を上げる。
冷静にそれを凌ぎながら、左手に水の魔法を収束させていく。
剣と魔法の二段攻撃は、厄介だ。
どうにかして、フェイの土の魔法を止めてみせる。
「ふっ…」
斜め後ろへ退き、大回りで間合いを外して横へと移動する。
「行かせるかよっ!!」
ダメだ、後衛との距離は詰められない。
私に対して、ずっと直線になるように、前衛のリントが動いてるからだ。
考える間に、土の魔法が降り注ぐ勢いを増す。
打開されることを、焦ってるからだ。
横は、たぶん無理。
上から? …ダメだ、私には、距離感がつかめない。
水の魔法で相手の頭上を越すことはできても、どこで落とせばいいのか分からない。
なら…下からっ!!
「ッ!!」
収束させていた魔法を全て注ぎ込み、水球を作り出す。
これで…。
股の下を抜く。
「なっ!?」
それから、勢いを殺さずに少しだけ上へと軌道を逸らした。
鈍い激突音。
浮かび上がっていた岩が力を失い、次々に地面へと落ちた。
「よしっ!!」
「らぁぁあああぁぁぁっ!!」
絶叫を上げた一撃を見切って、間合いを詰める。
ありったけの力をこめて、みぞおちへと一撃を放った。
乱打する体力なんて、もう残ってない。
「かっ…はぁっ…」
息を全て吐き出して、崩れ落ちる。
もう、動けないはずだ。
「くそがぁぁっ!!」
フェイの土の魔法に、さっきまでの技の冴えはない。
戦斧を必死に支えて、突撃してくる。
斧と魔法の同時攻撃。
波状攻撃なら、お兄ちゃんから教わった私が、負けるわけがない。
走るたびに、傷口に痛みが走る。
でも、そんなのどうでもいい。
後のことは考えなくていいと、お兄ちゃんが言ってくれたんだ。
だから、私の全てを使い切る。
「やぁぁぁっ」
斧を握る手に、水の魔法をぶつける。
顔をしかめ、それでも走る足を止めない。
「無駄なあがきだっ! 小細工など通用しないっ!!」
「小細工なんかじゃないっ!!」
力の限り、声を振り絞って叫ぶ。
馬鹿になんて、絶対させない。
これは、私がお兄ちゃんから教わった、大切な技なんだから。
「ッ!!!」
大量の水を、私の前に展開する。
ほんの少しでいい、刃の動きが少しでも鈍れば、十分だ。
「無駄だぁっ!!」
思ったとおり、斧で水の壁を粉砕しようと振り下ろす。
水壁へと刃を食い込ませた、その瞬間。
踏み出した足に向けて、水の魔法を放った。
「なっ!?」
足を取られ、戦斧が地面に深く突き刺さる。
そのときには、もう全速力で踏み出していた。
「ああぁぁぁぁぁあああっ!!!」
喉が潰れてもいい。
全身全霊の叫びを上げて、相手の顔面へと全体重を乗せた。
「ぐっ…あっ…」
ゆっくりと、全ての動きが緩慢で。
奴が地面に倒れ伏すところが、私の目に焼きついた。
勝った…の? 私が?
「勝者、アイシス・リンダント、ティスト・レイアっ!!」
レジ様からの勝利宣言についで、歓声を聞くと全身の力が抜ける。
ダメ、立ってられな…。
「あっ…」
地面から足が離れ、身体がふわりと浮き上がる。
それほどに優しく、私は抱きとめられていた。
「よくやった。本当に…よくやった」
お兄ちゃんの声が、笑顔が、こんなに近くにある。
それだけで、もう、全ての疲れが吹き飛ぶ気がした。


【ティスト視点】


アイシスを抱き上げたまま、ユイの元へと急ぐ。
涙で瞳をうるませ、それでも最高の笑顔で待っていてくれた。
「お帰りなさい。アイシスちゃん。お疲れさま、よく頑張ったね」
手早く血を拭い、止血用の布を傷口に軽く押し当てる。
「ティスト、抑えててくれる?」
「ああ」
両手をアイシスへとかざし、癒しの魔法を発動させる。
淡い光にアイシスの全身が包まれた。
「…はぁ」
アイシスが、熱のこもった、ため息をつく。
ユイの魔法をかけてもらっている俺だから、今のアイシスの気持ちがよく分かる。
まさに、癒しを受けて、身体中が安らぎを得ているだろう。
「………」
傷口の一つ一つをなぞるように、ユイが手のひらを滑らせる。
まるで、傷口を縫い合わせるように、傷が次々と塞がっていった。
「…すごい。傷跡が、ほとんど見えない」
「見た目は治ったように見えるかもしれないけど、油断すると悪化するからね。
 あくまでも応急処置なんだから、無理しちゃダメだよ」
「大丈夫だ。次からは、俺が片付ける」
「すみません」
怪我をした自分を恥じるように、アイシスがうつむく。
まったく、あれだけ見事に戦い抜いたんだから、誇ってもいいのに…。
でも、俺もアイシスと同じ立場になれば、同じ気持ちになるだろうな。
「早めに治るように、心がけてくれ。
 決勝ぐらいは、一緒に戦いたいからな」
「はいっ!!」
後は、俺が約束を果たすだけでいい。
いい気分だ。
負けられないという気負いが、ほどよい刺激をくれる。
今ならどんな相手にだって、負けはしない。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ