挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
DAGGER 戦場の最前点 作者:BLACKGAMER

DAGGER -戦場の最前点-

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

48/129

14章 戦う少女-1

【ティスト視点】

闘技場の前に張り出された対戦表の中から、自分と標的の名前を探す。
こうも数が多いと、巡り会わせが気がかりだ。
「お…」
思わず声が出る。
上手く行けば、三回戦で当たるな。
目的が優勝じゃないだけに、こればっかりは運任せだったが…。
幸運の女神も、アイシスに微笑んだ…か。
後は、奴らが勝ち残ればいい。
「何がおかしい?」
尖った声に振り返れば、騎士団長様が眉間にしわを刻んでいた。
やれやれ、面倒な奴に会ったな。
「答えろ、何がおかしい?」
「べつに、俺の都合だ」
不快感を増長させた奴から、殺気がにじみ出す。
以前に師匠に止められたのに、時と場所を選ぶつもりなんて、まったくないらしい。
「なぜ、ダブルなのだ? 決着をつけるために、私は貴様に…」
「招待状をくれたことは感謝しているが、思惑を押し付けるな。
 お前の都合に、俺が付き合う理由はない」
そう、優先するべきは、他人よりも身内の都合だ。
アイシスの目的が果たせるなら、他はどうでもいい。
「必ず貴様と戦う、必ずだ」
呪うように捨て台詞を吐いて、奴が踵を返す。
まったく、あれほど自己本位に動ければ、さぞや幸せだろうな。
奴がいなくなって、集まっていた注目が剥がれていく。
だが、いつまでたっても、見られている感覚が無くならない。
一人だけ残っている…どこの誰だ?
「…?」
対戦表を見るふりをして、視線の主を探す。
雑踏の中で、見知った顔が笑っていた。
「クレア師匠!」
「普段でも、きちんと周囲へ感覚を向けていますね。
 教えを守っているようで、安心しました」
こうして面と向かって褒められると、なんだか照れくさいな。
師匠たちから叩き込んでもらった技は、すでに日常に溶け込んでいる。
いつも役に立ち、俺自身の身を守ってくれる。
「師匠は、どうしてここに?」
「ライナス様から、闘技祭を見て回る許可をいただきましたので…。
 弟子の成長を楽しみに来ました」
「期待に答えられるように、努力します」
また、負けられない理由が一つ増えたな。
俺に全てを教えてくれた師匠たちの前で、無様な真似はできない。
「レジ師匠は? 一緒ではないのですか?」
「闘技祭は男の仕事ですから、今頃、忙殺されているはずですよ。
 そちらも、アイシスとユイの姿が見えませんが?」
「大通りで、出店を満喫してるはずです」
闘技祭の期間だけ、その集客を目当てに露店が出来上がる。
二人とも目を輝かせていたから、そろそろ財布と相談している頃かもしれない。
少しは、アイシスも金を使ったほうがいいだろう。
もう少し、何でもいいから娯楽に興味を持ってくれればいいが…。
なんて、人のことを言えた義理じゃないな。
「なら、少し歩きませんか?」
「はい」
人の流れに歩調を合わせて、にぎわう大通りをゆっくりと歩き始めた。


隣にいる師匠を横目に見て、思い悩む。
話しかけるべきか、それとも、師匠の言葉を待った方がいいのか。
昔はどうしていたのか、記憶を手繰っても答えは出ない。
あの頃の俺は、本当に考え無しだったらしい。
「緊張していますか?」
「はい、少し」
俺の返事が嬉しいのか、師匠の口元が緩む。
いつもの師匠の笑い方だ。
そういえば、クレア師匠が声を出して笑ったところなんて、見た覚えがないな。
「実は、私もです」
「え?」
「あなたとは、ゆっくり話をしたいと思っていました。
 聞きたいことも、伝えたいこともたくさんあったはずなのに、言葉が浮かばないのです」
師匠の気持ちが、よく分かる。
せっかくだからと話を選びすぎると、結局何も話せなくなってしまうから。
「長生きはするものですね。
 闘技祭に出場するあなたを見られる日が来るなんて、思ってもいませんでした」
優しい目をして、クレア師匠が笑う。
昔、何度も見たその表情の意味が、今なら分かる気がする。
きっと、あれが弟子の成長を喜ぶ顔なんだろう。
「恥をかかないように、力を尽くします」
「意気込むのは結構なことですが、細心の注意を払いなさい。
 昔から、あなたは怪我が絶えませんが、ここ最近の酷さは目に付きます」
「…はい」
返す声が、どうしても小さくなってしまう。
ここ最近は、ユイの世話になることも多いし、たしかに、少し軽率かもしれないな。
にしても、師匠の説教を聞いたのは、久しぶりだ。
昔は、言われたことをそのまま受け止めて、直すだけだった。
今は、言葉の裏にある師匠の優しさを感じ取れるようになったのだから、俺も少しは変わったのかもしれない。
「それにしても、残念ですね。
 もう少し早く知っていれば、私もレジと組んで出場していたのですが…」
「師匠たちが…ですか?」
「ええ。そうすれば、あなたの成長をこの手で確かめることができたのに…」
悲しそうにつぶやいたその言葉に、胸が熱くなる。
俺だって、師匠に成長したところを存分に見てほしい。
強くなったことを、認めてほしい。
だけど、師匠と刃を交えることができないのなら、せめて…。
「こんなことで師匠に満足いただけるか分かりませんが、闘技祭で優勝してみせます」
それが、今の俺に出来る精一杯だ。
武門のため、流派のため、己のため、出場者は『我こそが最強』という看板を背負ってくるだろう。
そいつらを全員残らず、打ち倒してみせる。
「慢心で言っているわけではありませんね?」
「油断も過信もありません」
ただ、優勝に向けて全力を出すことを、師匠に誓うだけだ。
俺の真剣な瞳を覗き込んで、師匠が柔らかく微笑んだ。
「なら、あなたたちが優勝したら、何か商品をあげましょう。
 喜ぶようなものは用意できないかもしれませんが、わがままの一つくらいなら聞きますよ」
「…ありがとうございます」
昔の俺なら、きっと、必死になって『いらない』と言っていただろう。
数え切れないほどの物をくれた師匠に、これ以上もらうなんて、申し訳ないから。
でも、遠慮すればいいわけじゃないことを、アイシスを見ているうちに学んだ。
してもらうことを拒否するよりも、してもらった分だけ返せばいい。
その方が、互いに気持ちよくいられるから。
「出場させるべきではなかったと貴族たちを後悔させるぐらいに、徹底的に勝ちなさい」
「はい」
今日は、絶対に負けられない。
命を賭けない戦いでこんな風に思うのは、初めてかもしれないな。


【アイシス視点】

「行ってらっしゃい」
「行ってきます」
笑顔のお姉ちゃんに見送られて、お兄ちゃんと一緒に闘技場の中へと踏み出す。
私たちが姿を見せると、次々に歓声が巻き起こった。
その騒々しさに、足が止まりそうになる。
「行くぞ」
私の手を包み込んでくれるその手は、大きくて、あたたかくて。
それを伝って、ゆるやかに熱が私の中に流れ込んでくる。
それは、胸の奥で血と混じり、全身に広がっていく。
お姉ちゃんの癒やしの魔法に似てるけど、ちょっとだけ違う。
私だけに特別な、お兄ちゃんしか使えない魔法。
きっと、これが万全の状態なんだ。
足りないものなんて何もない。
今までのどんなときよりも、今日の私のほうが強い。
客席には、人が肩を寄せ合い窮屈そうに詰め込まれている。
雄叫びのような大歓声、熱気をまとった視線、怒号のような野次。
今までだったら、きっと押しつぶされていた。
私が平気でいられるのは、全部お兄ちゃんのおかげだ。
お兄ちゃんに手を引かれ、中央を目指して歩く。
子供扱いのようで、少し恥ずかしいけれど…それ以上に、嬉しかった。


ちょうど中央の辺りで、二人の男と向かい合う。
その横には、試合を取り仕切るためにレジ様が控えていた。
「貴様等の目に余る無礼の数々、決して許されるものではない」
「王家に代わり、我々が粛正を加えてやる」
初めて顔をあわせたはずの二人が、鼻息荒くそう言い放つ。
気取った格好や傲慢な言葉遣いから、昨日の晩餐会にいた貴族みたい。
私たちの誓いが、よっぽど気に入らなかったらしい。
「どうする? 手伝うか?」
「いえ、私一人でやらせてください」
お兄ちゃんの手を借りれば、どんな相手にだって勝てると思う。
あいつらだって、お兄ちゃんは簡単に倒してしまっていた。
でも、今回もお兄ちゃんに頼ることはできない。
私は、自分で決着をつけに来たんだから。
そのためには…。
「身の程というものを教えてやる」
「せいぜい、出場したことを後悔するんだな」
この人たちを練習台にして、少しでも二対一の実戦に慣れておくしかない。
あいつらに当たるまでの二回戦。
それが、訓練の最後の仕上げだ。
「じゃあ、約束どおり大人しくしてるからな」
小さく肩を叩かれ、お兄ちゃんが相手へと背を向けて歩き出す。
目の前の二人の怒りは、もう頂点に達しそうだ。
「どこへ行く!? 何のつもりだ!?」
「あなたたたちの相手は、私です」
「どこまでも愚弄しおってっ!!」
「いいだろう、ならば、後悔させてやるっ!!」
怒声に心の中で耳を塞ぎ、その言葉を流す。
ダガーの柄に手を当てていれば、心は揺れなかった。
「では、準備は良いな? はじめぃっ!!」
弾かれるように、全力で飛び出す。
初めの一手は、もう心に決めていた。


【ティスト視点】


緊張などないように、開始の合図と共にアイシスが駆け出す。
距離を詰められた方は、慌てて大剣を振り上げた。
「遅すぎるな」
俺のつぶやきが終わる前に、鞘に収めたままのアイシスのダガーが、相手の指を叩き潰す。
握力を失い、立派な剣が音を立てて地面へと落ちた。
「ぐあぁぁぁぁっ」
当の本人が悲鳴を上げたのが、一番最後。
何が起きたのか、まだ理解できていないらしい。
「奇襲とは卑怯なっ!」
見当はずれな言葉を叫ぶ男の顔は、怒りに燃えていた。
だが、感情に行動が追いついていないのか、ろくに周りが見えていない。
踏み出そうとした奴の背中を、水の弾丸が後押しする。
アイシスが密かに放った魔法が、気づかれずに背後まで回っていたおかげだ。
「なっ!?」
「やぁぁぁっ!!」
前のめりになる男のあごを、アイシスのつま先が捉える。
体格差を埋めて、腕力不足も解消できる見事な一撃に、男が昏倒した。
「あ、がっ、あ…」
倒れたきり、男は身動きもできない。
それを横目に確認し、指を必死に抑えている男へとアイシスが歩み寄る。
「続けますか?」
「負けだっ!!! 俺たちの負けだぁあーーーーーーっ!!」
開始からたった数秒で、高らかな敗北宣言。
これだけ完璧な試合も、そうはないだろうな。
アイシスが二人に背を向け、こちらへと歩いてくる。
そこで、ようやく大歓声が巻き起こった。
客席が、口を揃えてアイシスの存在に驚き、褒め称える。
妹に注ぐ、賞賛の嵐。
聞いている兄としても、悪くない気分だ。
「…どうでしたか?」
自信なさげに、アイシスが上目遣いに俺を見る。
まったく、どこまでも謙虚だな。
「満点の出来だ。文句をつけろというほうが、無理なぐらいにな」
傍に来たアイシスの頭を、思い切り撫でてやる。
俺の出番は、当分なさそうだな。
優秀な妹のおかげなら、それもしょうがない…か。
残り二試合、特等席で見守ることにしよう。


長い待ち時間を潰して、ようやく出番で呼び出される。
連戦も体力的には厳しいが、時間が空きすぎるのも辛いな。
これじゃあ、身体は疲れるし、集中力が途切れる一方だ。
向かい合う奴らが着ている服は、クリアデルのもの。
まったく、下卑た笑いが、あそこの取り柄なんじゃないだろうな。
男たちを観察し、その力量を予想する。
一回戦の奴らよりは、まだ鍛えているな。
余裕綽々のあの態度からするに、実戦経験は豊富らしい。
だが、その程度だ。
今のアイシスの敵じゃないだろう。
「ちょっとぐらい戦えたからって、いい気になるなよ」
「ばーか、いい気になってくれたほうが助かるだろ。
 なんたってアイシスだ、俺たちを勝たせるために居てくれた奴だぜ」
好き放題に、ほざいてやがるな。
さっきのアイシスを見て、過去との違いが分からないようじゃ、やはり話にならない。
せいぜい、叩きのめされるんだな。


「では、はじめぃ!!」
雄叫びを上げた二人が走り出し、交互に仕掛けてくる。
アイシスの先制を封じたつもりか。
つたない連携だが、反撃されるほどの隙は生まれにくいな。
「ッ!」
懸命に距離を稼ぐが、二人を相手にすれば、逃げる方向は制限される。
回り込まれないためには、絶えず奴らの倍は動かなければならない。
こうなってしまうと、立て直すのも難しい。
「………」
それに、気がかりなのは、それだけじゃない。
さっきより、幾分アイシスの動きが鈍く見える。
苦し紛れに攻撃をしないことは評価できるが…。
どう切り抜けるつもりだ?
「………」
拳を固く握りこむ。
周囲に気取られないように、魔法を収束させていった。


始めてから、もうかなりの時間が経つ。
まだ連中はアイシスを追いかけまわしていた。
その表情は、二人とも険しい。
なるほど、攻め疲れを待った…か。
古典的な作戦だが、アイシスのような立場なら不自然にも見えない。
むしろ、やりやすいだろうな。
最小限の動きと呼ぶにはまだ粗さが残るが、疲労の差は明らかだ。
「くっそ…」
手の甲で、流れる汗を拭う。
その致命的な隙に、アイシスが牙を剥いた。
「はあぁぁぁっ!!」
力の弛んだ武器を右のダガーで押しのけ、胸板を左拳で叩く。
突進力を逃がしていない、いい攻撃だ。
しかも、ここまで密着すれば、もう一人も援護はできない。
「やっ!」
アイシスが、相手の足首を全力で踏みつける。
足を踏むだけなら効果は薄いが…足首であれば、話が変わる。
さっきまでの動きを見るに、あれは、軸足として使ってたほうだ。
分かってやっているなら、大したものだな。
足首にさらに一撃を加え、相手へと身体を押し当てる。
? いったい何を?
「やぁぁぁっ!!」
痛めつけた足のほうへと、相手の身体を押しあげる。
痛みでふんばりが聞かない男は、たいした抵抗もできずに転がった。
その上をアイシスが駆け抜ける。
「うまいな」
思わず、声が出てしまう。
不用意にあの体勢から離れたら、待機していたもう一人から狙い撃ちだったが…。
今の打開は、見事だ。
「続けますか?」
「当たり前だぁぁぁっ!!!」
この期に及んで大振りとは…血迷ったな。
アイシスの挑発が、見事に決まったようだ。
「ッ!!」
左への横飛びで避け、体重を乗せた斬りつけ。
相手の胸当てに、大きな亀裂を刻みつけた。
着込んでいるから刃は届いていないだろうが、衝撃で押しつぶされているはずだ。
呼吸も満足にできないだろう。
ぐらりと男の身体が傾く。
仲良く二人とも地面に転がったところで、客が歓喜の叫びを上げた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ