挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
DAGGER 戦場の最前点 作者:BLACKGAMER

DAGGER -戦場の最前点-

47/129

13章 兄を慕(した)う少女-4

【ティスト視点】

城の中庭で、歓談している連中から離れ、人の輪の外へと逃げ出す。
この居心地の悪さも、久しぶりだな。
無遠慮な視線と陰口は、あの頃よりも悪化している気がする。
まあ、貴族だらけのこの席に俺みたいなのがいれば、当然…か。
アイシスとユイがくるまでの我慢…そう思っていなければ、帰りたくなる。
俺がここにいるのは、場違いだ。
「…!」
風が、頬を撫でる。
親しんだ感覚に懐かしさを感じて、俺は周囲を見回した。
「………」
遠く、人だかりの向こうにライナスの姿。
その後ろに控えているリースと、視線がぶつかった。
わずかな反応の後に、あいつがゆっくりと微笑む。
誰に見られても問題のない、上品な笑み。
それが俺に向けられていることが、嬉しかった。
「変わらないな」
周りに人がいるときは、こうやって風の魔法で俺を振り向かせる。
勉強のときでも、訓練のときでも、食事のときでも。
あのときのあいつは、自分が暇だと感じれば、俺に魔法で語りかけてきた。
「応える…か」
傷一つつけないように、威力を最小限に抑えて発動させる。
リースの髪が風に揺らされて、ふわりと広がった。
遠いから、表情がはっきりと分からないが…。
目を細めているように見えた。
「………」
今度は、俺の周りに小さく風が渦巻く。
じゃれつくような、気持ちのよい風。
それに応えるように、包み込むような風を返してやる。
遠い。
月日が経つごとに、あいつとの距離は開いていく。
今では、声も届かないだろう。
でも、変わらない。
どんなに取り繕っても、本質なんて変わりようがない。
あいつは、笑顔が似合っていて、元気で。
俺は、あいつのわがままに振り回される。
それは、たぶん、これからも変えようがない。
誰にも気づかれないように、風で交わす会話。
目と目すら会わせない。
だが、確実に相手のことしか考えていない。
俺とリースにしかできない歓談は、あいつが人波に飲まれるまで続いた。


【アイシス視点】


はきなれない靴のせいで、城の廊下でさえ歩きにくい。
普段とはまるで違う肌触りが、なんだかくすぐったい。
着心地はいいはずなのに、いつもの服の方がずっと落ち着く。
髪もお姉ちゃんに結ってもらったし、もう、ほとんど別人だ。
「あの…本当に、変じゃないですか?」
「大丈夫、とっても似合ってるよ。
 せっかくの晩餐会なんだから、それぐらい着飾らないとね」
中庭に出ると、街の雑踏とは異質な人混みに、足が止まる。
ところどころにテーブルが置かれ、料理がずらりと並んでいる。
その間を縫うようにして、着飾った人たちが優雅な足取りで歩き、上品に笑いあっていた。
もう、始まってるみたいだ。
「お兄ちゃんは…えっと…」
「あ、あそこにいるね」
お姉ちゃんの視線の先を追いかけると、お兄ちゃんが一人で立っている。
こんなに絶え間なく人が動く場所で、そんなにすぐに見つかるなんて…。
「待ち合わせ場所とか、決めてたんですか?」
「ううん、なんにも。行こっ?」
平然と応えて、お姉ちゃんが歩き出す。
私より早く見つけられたのは、お姉ちゃんが、誰よりもお兄ちゃんのことを知っているから。
敵わないのは分かっている。
だけど、なんだか少しだけ悔しかった。


お姉ちゃんのメイド服の後ろに隠れて、お兄ちゃんに近づく。
せめて、お兄ちゃんに見られる前に、もう一度くらい鏡で自分の格好を確認したい。
大丈夫…かな? どこか、変になってないかな?
普段なら、こんなに気にならないのに…服を変えたせい?
ううん、違う。
前にも服を買ってもらったけど、あの時とは全然違う。
女らしくて似合わない服を笑われるなら、見られたくないと思っていた。
それに、スカートで今までより肌を見せるのが恥ずかしかった。
だけど、今は…。
「ほら」
「あ…」
あのときと同じように、お姉ちゃんが横へと動く。
お兄ちゃんの瞳が、私の全てを映しだしていた。
「どう…ですか?」
少しの間をあけて、お兄ちゃんが優しく微笑む。
「さすがは、俺の妹だな」
私の心に直接届く、最高の褒め言葉。
きっと、たくさんの意味が込められていて、それを考えるだけで幸せになれる。
この服を選んで良かった。
心からそう思える。
「ティストも、着飾っても良かったのに」
「俺はいい。ユイのお手製で十分すぎるよ」
「そう言ってくれるのは、嬉しいけどさ…」
大事そうに上着を撫でるお兄ちゃんを見たら、何も言えなくなってもしょうがないと思う。
自分が作ったものを、そこまで大事にしてくれるのは、言い表せないくらいに嬉しいだろうから。
「俺よりも、ユイはいいのか?」
「あたしは、闘技祭に参加しないし、この格好じゃないとね」
「ごめんな」
「謝ることなんてないの。二人がいなかったら、あたしも参加してないから」
私たちだけに聞こえるようにささやいて、屈託なく笑う。
本当に、この人は、お兄ちゃんだけの味方なんだ。
「あ、そういえば、ファーナちゃんから二人に伝言があるの。
 明日の参加者は、ライナス様とリース様の前で、誓いを立てる慣習があるから。
 言葉を考えておくように…って」
「それ、私たちもやるんですか?」
「…だろうな」
こんなに大勢の人の前で…。
「周りの視線なんて、気にすることはない。どうせ俺たちは珍獣扱いだ」
皮肉な笑みで、お兄ちゃんが笑い飛ばす。
いつもそうだ。
お兄ちゃんの言葉が、私の心配を取り払ってくれる。
「はい、せっかくだから楽しまないとね」
お姉ちゃんから、グラスを受け取る。
「これって、家で使ってるのと…」
「そう、ほとんど変わらないよ。
 宮廷のと比べても、ティストの家の食器は見劣りしないの」
誇らしげに笑って、料理を盛り付けた皿を渡してくれる。
これも、色違いが家にある。
じゃあ、私がしてる洗い物の値段って…?
「問題は、食器よりも味だろうな」
「美味しいんじゃないんですか?」
一番高い食材に、調味料も使い放題。
給仕の腕だって最高なんだから、不味いわけがない。
「まあ、食べてみるんだな」
一口食べて、お兄ちゃんの言葉の意味が分かる。
いつも食べてるご飯とは、全然違う。
違うけど…。
「どうだ? 宮廷の味は?」
「え…と」
食べ慣れない私には、完成されすぎていて受け付けない。
美味しいと思えない私が悪いと、料理に言われているような気分になる。
「私は、お兄ちゃんの作ってくれるシチューのほうが好きです」
お兄ちゃんのおかげで、美味しい料理は、たくさん食べさせてもらった。
だけど、口にするだけで心まで暖かくなれる料理を、私は他に知らない。
「なら…帰ったら、また作るか」
「そのときは、あたしにも食べさせてね」
この二人が笑ってくれれば、場所も周りも関係なくなる。
ここがお城の庭であることも忘れて、三人での晩御飯を楽しんだ。


【ティスト視点】


「我が刃は、王家のために」
王族であるリースとライナスの前で武器を捧げ、立派な口上を述べて頭を下げる。
騎士団長であるヴォルグを皮切りに、次々と男たちが向かっていった。
序列としては、地位も何もない俺たちが当然のように一番最後だ。
「我が刃は、ロアイスの繁栄のために」
「我が刃は、救われるべき民のために」
一人が行くたびに、使える言葉が一つ減る。
最後に言わされるほうの身にもなってほしいもんだ。
隣で真剣な顔をしているアイシスとの距離をつめて、小声で話しかける。
「見様見真似で、出来そうか?」
「大丈夫…だと思います」
緊張を押し隠したように、アイシスが小さくうなずく。
簡素な儀礼だし、失敗したとしても嫌味を言われる程度だ…問題ないだろう。
「先と後、どっちがいい?」
「先…でいいですか?」
「分かった」
黙って他の連中の潔癖な誓いに耳を傾ける。
空々しい言葉は、料理に手をつける気も消してくれた。


「行ってこい」
「はい」
悠然と歩くアイシスからは、さっきまでの不安げな表情が消えていた。
遅滞なくダガーを鞘から引き抜き、ゆっくりと頭上に掲げる。
「我が刃は…私の大切な兄と姉のために」
自分の耳にはっきりと届いた声に、胸が熱くなる。
アイシスがどんな誓いをするのか、内心で楽しみにしていた。
だから、この不意打ちが、心地よく俺の中に浸透していく。
「このような神聖な場所で、私事を誓うとは」
「私利私欲に奔る野蛮な言動、まさに下等よな」
「誓いの言葉に嘘をつくことはできません。そして、この誓いだけは、絶対に破らない」
そこらでささやかれた皮肉が、アイシスの凛とした声に全てかき消される。
まさか、反論が来るとは思っていなかったのだろう、面食らった顔をして黙り込んでいる。
まったく、やりすぎなのに、怒る気になれないな。
俺の元へと戻るアイシスの頭を撫で、すれ違うようにその場へと向かう。
そうだな。
誓いとは、綺麗なものである必要はない。
誓いとは、破らないものだ。
王族らしい微笑みを浮かべる二人の前で、ひざまずいて刃を引き抜く。
静まり返った空間に、音が吸い込まれたのを確認してから、ゆっくりと口を開いた。
「我が刃は…恩義に報いるために」
「今度も手前勝手な己の都合か」
「意味も成さぬ言葉しか吐けぬとはな」
さっきと同じようにざわめきが広がる中で、リースとライナスの表情が、かすかに変化する。
ほんのわずかな反応に、出来る限りの礼を尽くす。
その返事だけで、俺には十分だった。
「下がれ」
周りに聞かれても問題ない言葉を選んで、ライナスが命ずる。
周囲の視線を引き連れて、言われたとおりにアイシスとユイが待つ場所へと戻った。
「………」
数歩、ライナスが前へと出る。
それだけで、俺たちに絡み付いていた視線が引き剥がされた。
全ての視線が自分に集まったことを確認し、ライナスが厳かに口を開く。
「皆の意志、確かに聞かせてもらった。
 明日の戦いに備え、今日は十分に英気を養ってほしい」
全員が静聴して、宴は元の姿を取り戻す。
もう、俺のことを気にする人間もいなくなっていた。
助けられた…な。


前夜祭の参加者が城に泊まることになっているなんて、まったく知らなかった。
アイシスを客室にまで案内した後、城の廊下をユイと二人で歩く。
いくつものドアを横目に通り過ぎ、迷うことなく一つの部屋の前で足を止めた。
身体に染み付いた記憶は、数年程度では消えないらしい。
「どうしたの?」
「いや…」
ドアノブに手を伸ばそうとする気持ちよりも、この扉を開けたくない気持ちのほうが大きい。
城を出た俺がもう一度この部屋に入ることは、罪を犯すことと変わらない気がしてならない。
「ティスト、ちょっと下がってくれる?」
「ああ」
ユイの言葉に従って、すぐに後ろへと下がる。
手も動かせないくせに、下がるとなったら調子のいい自分の身体が情けない。
「失礼いたしました」
恭しく礼をして顔を上げると、そこには大人びた微笑。
静かに手を伸ばし、作法に則った丁寧な仕草で俺のためにドアを開いてくれた。
開いたドアの中から視線を逸らすように、ユイの顔を見つめる。
「やめてくれ、こんなことされる身分じゃない」
「身分なんて関係ないよ。あたしは、ティストにだからするの。
 それとも、ティストはこういうことしたら、あたしのことを見下す?」
「いや…」
俺の反応が嬉しいのか、ユイが笑みを深める。
次の言葉を選んでいるうちに、ユイの唇が動いた。
「あたしは、したいと思わなかったら絶対にしないの。
 身分じゃあたしは動かない。ティストも知ってるでしょ?」
誇らしげな笑みを浮かべて、俺のことをわざわざ特別扱いしてくれる。
反論の暇さえ与えてくれないユイの気遣いには、頭が下がるばかりだ。
「ありがとな、ユイ」
「うん」
大人びた表情が、子供っぽい笑顔で上書きされる。
その見慣れた顔に安心して、俺はようやく部屋の中に足を踏み入れた。
塵や埃なんて一つとしてない、清潔な空間。
あの頃と変わりないくらいに、部屋の中は手入れが行き届いていた。
「驚くくらいに綺麗だな」
「そう言ってもらえると、あたしも嬉しいよ」
「ユイが掃除してくれてたのか?」
「もちろん。ここを掃除していいのは、あたしだけなんだから」
自慢げに笑うユイが、椅子の背もたれに手を添えて、俺に座るように促す。
してもらうと、気恥ずかしいものがあるな…これは。
俺の身体を包むように、椅子が柔らかく形を変える。
何年も前に座ったときと、たしかに感触は変わらなかった。
「お待たせいたしました」
ユイが差し出してくれたグラスには、よく冷えた水。
味付けの濃い料理で疲れた喉と舌に、とても心地いい。
「ありがとうな、何から何まで」
俺の言葉を、極上の笑顔でユイが受け取ってくれた。
「一度ね、ティストには、ちゃんとしてみたかったの。
 あのときは、今の半分も礼儀作法を覚えてなかったから」
懐かしむような顔で、ユイが笑う。
過去を心地よく受け入れながら、もう戻れない日々だと実感する。
「変わったんだな。あのときから」
「ちょっと、違うかな。あのときと変わったことじゃなくて、あのときより成長したことを見てほしいの」
水差しで、グラスの水を注ぎ足してくれる。
その洗練された無駄のない動きは、一朝一夕で出来るものじゃない。
成長した…か、たしかにな。
「ティストは、あのときから一生懸命、頑張り続けたでしょう?
 あたしも、それに負けないように努力してきたつもり。
 二人とも頑張ったのに、あのときから変わっちゃっただけなんて評価は、寂しいよ」
「そうだな」
費やした時間を、悲観的に考えるのはよくない。
ユイの言うとおり、あのときよりも前に進んだ今を見るべきだ。
「それに、変わらないものもあるよ」
「? なんだ?」
「この部屋の主は、ティストがここに来たときからずっと、ティスト・レイアただ一人。
 あたしがこうして仕えるのも、ティストだけでいい。
 それは、変わってないし、これからも変わらないよ」
その言葉が、ユイの優しい微笑とともに、俺の身体に染み込んでくる。
いつも、俺が考え付かないぐらいに最高の言葉を、ユイは用意してくれる。
「本当に、ユイには感謝してもしきれないな。
 少し、飲まないか? 今日は俺が注がせてもらう」
「明日の試合、大丈夫?」
「ああ、負けない。
 俺だって成長したんだ。ユイの前で無様な姿は見せられない」
「じゃ、少しだけ…ね。
 でも、注ぐのはあたしの役目だよ。
 それだけは、ティストにも譲ってあげないんだから」
悪戯っぽく笑って、ワイングラスが二つ、机の上に並ぶ。
二人だけの静かな晩餐会が、始まった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ