挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
DAGGER 戦場の最前点 作者:BLACKGAMER

DAGGER -戦場の最前点-

46/129

13章 兄を慕(した)う少女-3

【ティスト視点】

ファーナからの呼び出しを受けて、ライズ&セットで待ち合わせる。
直接伝えたいというだけあって、開口一番のファーナの台詞は、大いに俺を驚かせてくれた。
「闘技祭への招待状? 俺に?」
「ええ。罠でしょうね、間違いなく」
いつもと変わらぬ表情で、ファーナがそう断言してくれる。
騎士団、クリアデル、その他一般参加者まで、力に覚えのあるものを集めて開かれる大会。
一度もその舞台にあがることなく、俺は出場禁止という処遇を受けた。
それが、今更になって招待されるのだから、何か意図があることは間違いない。
「差出人は、どちら様だ?」
「記載はなし、誰が用意したのかも不明瞭ね。
 私のところに持って来たのは、驚くことなかれ、騎士団長様よ」
皮肉な笑みを浮かべて、ファーナが招待状を指先で弾く。
文面に目を通すが、堅苦しい言葉で闘技祭に招かれていることしか書いていない。
たぶん、貴族たちに贈られるような招待状を、そのまま俺に渡したのだろう。
「………」
手は伸ばさないが、アイシスが、興味津々に手紙を見ている。
こんな上等な紙、手に取る機会もそうないだろうな。
「見てみるか?」
「あ、はい」
「あたしもいい?」
「ああ、二人で読んでくれ」
渡した手紙を交互に手に取り、ユイが読んで聞かせている。
独特の気取った言い回しは、説明してもらわないと分からないだろうな。
「で? 具体的に、俺は何をされるんだ?」
「連戦で疲弊させられて、最後に騎士団長と勝負じゃないかしら?
 衆人環視があるから、外野からの小細工は難しいはずよ」
「数に任せた力押し…か。
 でも、それでやるなら、路地裏や街道でやったほうが、楽じゃないか?」
わざわざ人目を気にする場所を選ぶ必要はない。
夜討ち朝駆けで仕掛けたほうが、俺を殺す可能性をあげられるはずだ。
「あなたの相手、何人なら足りるのかしら?
 騎士団、傭兵、誰に依頼しても、痕跡を残さないなんて不可能。
 もし、あなたが生き残り、その事実が広まれば、襲った人間の椅子が揺らぐことになる。
 地位を転がり落ちるとまでいかなくても、行動は監視されるでしょうね。
 そして、手を染めている悪事が明るみに出ないからこそ、貴族は生きていられるの。
 ご理解いただけたかしら?」
「ああ、十分にな」
俺を殺しても闘技祭という場での結果だから、成功すればよし、失敗しても損がない。
どちらに転んでも痛くないなら、奴らには悪くない条件か。
「それで、闘技祭に参加するつもりはあるのかしら?」
そう問われても、俺の思考はまだ追いついていない。
どんなに足掻いても、出場なんて不可能だったのに…。
こんな紙切れ一枚で変わってしまうなんて、理解したくない。
「師匠たちは、このことを?」
「ご存知よ。どうするかは、あなたに任せると仰っていたわ」
本当に、決定権が俺にあるのか。
選択なんて出来ないのが当たり前だったから、こうやって選ぶ立場になると困るな。
どうするか?
「興味がないというなら、無理にとは言わないけど?」
「あの舞台で戦うことに、あこがれがないとは言わない。
 だが、自分の強さを見せびらかすために出場したいと思うのも…な」
そもそも、勝てると思い込んで闘技祭に出場するなんて、傲慢ごうまんもいいところだ。
そんな慢心で戦いに赴くなんて、師匠たちが聞いたら怒られるじゃすまないだろう。
「闘技祭の本質は、自分の強さを周りに認めさせたいか、強い者と手合わせしたいのどちらかでしょう?
 自己顕示欲は人間として当然の感情よ。否定する必要はないわ」
「ファーナは、出場に賛成ということか?」
「ティスト・レイアの価値を知らしめるためには、いい機会だと思うわ。
 ついでに、騎士団長の性根も叩きなおしてくれたら、私としては言うことなしね」
言葉を区切って、ファーナが息をつく。
さっきまでの笑顔が、消えていた。
「今までの話は私の都合であって、従う必要はない。
 あなたは自分を優先していいの。
 私は相談に乗るだけ。判断を下すのはあなたよ」
突き放す厳しさの中に、ファーナの優しさが見える。
人のためではなく、自分のために動いてもいいと、背中を押してくれる…か。
「少し、考えさせてくれ」
「ええ、存分にどうぞ。別に返事は今日でなくてもかまわないわ」
闘技祭を見たことがあるのは、一度だけ。
他人の戦いを見ながら、ずっと頭の中で自分だったらどうするか想像していた。
俺の方が強い、そう思いながら歓声を向けられる奴らを見ているのは、辛かった。
あの頃は、そういう感情を操る方法が分からなくて、その場にいることも苦痛だった。


「考え事の前に、まずは一息つかないとね」
いつの間に淹れたのか、湯気の立つマグカップを俺の前に置いてくれる。
まったく、絶妙なタイミングだな。
ユイの笑顔とコーヒーの苦味で、落ちていた思考を切り替える。
問題は、俺がどうしたいかだ。
俺は、師匠たちに、ライナスに、あいつに…成長した俺を見て欲しい。
気軽に会えないからこそ、こんなときぐらい。
誇れるものがほとんどない俺が自信を持てる唯一の、師匠たちから授かった技を。
「あの…」
「何かしら?」
「ファーナさんは、参加者を把握していますか?」
「全員とは言えないけれど、ある程度は…誰のことを知りたいのかしら?」
「クリアデルの、リントとフェイという二人をご存知ですか?」
名前を聞くだけで、奴らの顔が思い浮かぶ。
アイシスのことを虐げていたあの二人。
考えてみれば、あの二人を倒したのは俺で、アイシスじゃない。
「私の知る限りでは、二人一組で戦う『ダブル』の方に出るはずよ」
「そう…ですか」
言葉を詰まらせて、アイシスが返事をする。
それだけで、何を考えているのか想像がついた。
まあ、アイシスから奴らに関わろうとしている時点で、答えなんてほとんど出ているか。
「闘技祭って、部門が二つに分かれてるんだよね?
 たしか、一人で戦うのがシングルで、二人で戦うのがダブル…だったかな。
 ファーナちゃんの持って来た招待状には、特に書いてないけど、どっちでもいいの?」
俺の質問するべきことが、まるごと持っていかれた。
考えていることは、ユイも同じみたいだ。
「私が書いたわけではないのだから、文面通りに受け取ってもらって結構よ。
 どうであれ、闘技祭へ出場してもらえるなら、歓迎させていただくわ」
心得た笑顔で、ファーナもユイに呼応する。
どうやら、決まりみたいだな。
「え…え?」
周りのやり取りをどう理解していいか分からないのか、アイシスが皆の顔を見回している。
だから、俺がアイシスへと最後の手を差し出した。
「俺と、ダブルに出てみないか?」
「お兄ちゃんと…ですか?」
「ああ」
「本当に…いいんですか?」
今までに何度も見た、不安げな顔。
だから、アイシスの考えていることも、待っている言葉も、分かるつもりだ。
「俺の余計なおせっかいじゃないなら…な」
「…お願いします」
少し瞳を潤ませ、ゆっくりと震える声で。
でも、今までとは違い、笑顔で答える。
見ているこっちの気分がよくなるくらいに、いい笑顔だ。
「なら、問題はアイシスさんの出場の手続きね。
 もう一般の受付も終わっているし…」
「それなら、たぶん大丈夫じゃないかな。
 アイシスちゃんなら、ティストと同じくらいに特別枠で参加できるよ、きっと」
ユイの言葉に、アイシスと顔を見合わせる。
アイシスも分からないみたいだが…当てなんて、あったか?
「なら、そちらのことはお任せするわ。
 闘技祭の前日には、王族、貴族も交えた前夜祭が開かれることになっているの。
 あなたたちにも参加してもらうから、では、そのときに」
用件を告げ終えると、ファーナがすぐに立ち上がって店から出て行く。
雑談を交わす余裕すらない…か。
相変わらず、忙しいことだ。
「訓練…しないとな」
「はい」
少しずつ、燃え広がるように、身体の熱が高まっていく。
見せるべき人たちに、恥じない戦いをしないといけないな。


【アイシス視点】

お姉ちゃんに言われて、ようやく思い出した。
そうだった…前に一度、闘技祭への出場を薦められていた。
店の前で、足を止める。
ここに来るのも、久しぶり…ダガーを渡されて以来だ。
使えば使うほど、ダガーは私の手に馴染んでいく。
お兄ちゃんに教わった手入れだって、毎日欠かしていない。
このダガーを見て、あの人は何て言うだろう。
「何をそんなところで突っ立っておる」
後ろから聞こえた声に、飛び上がりそうになる。
腰を曲げたロウさんが、荷物を抱えて立っていた。
「入るならさっさと入れ」
「は、はい、失礼します」


「で、何のようじゃ?」
「ダガーを見てもらえますか?」
鞘に収めて差し出すと、両手でロウさんが受け取る。
ダガーを睨みつける瞳は険しく真剣で、細部まで見逃さない気迫があった。
「あの…」
「なんじゃ?」
私に返事をしながらも、点検の手を止めない。
指先でなぞるようにして、柄の具合を確かめている。
「闘技祭の推薦枠、まだ残ってますか?」
「そんな話、よく覚えとったな。何もしとらん、今の今まで忘れておったわ」
「なら、その枠を私にもらえませんか?」
「ほう?」
今までずっとダガーから視線を外さなかったロウさんと、目が合う。
以前の私なら逸らしてしまいたくなるような瞳でも、正面から受け止められた。
「お兄ちゃんと…ティスト・レイアと、ダブルに出たいです。
 そこで…このダガーで、決着をつけたいんです」
「いいじゃろう」
あっさりとした返事の後に、視線が外れる。
当然のようにダガーへと意識を集中し、鞘から引き抜く。
何度も角度を変えて、丹念に刃先を確認していた。
「あの…ありがとうございます」
「礼も代金も、勝つことで返せ。
 ワシの手がけたこいつを使う以上、武器では負けようがないのじゃからな。
 武器をおろそかにするあの愚か者どもに、武器の価値を教えてやれ」
「はい!」
あまりの自信に、返事をする声も大きくなってしまう。
負けるわけにはいかない。
昔なら、辛いだけの負荷でしかなかったのに。
今なら、それに応えるための力へと変えられる気がする。


立ったまま、待つこと数十分。
ダガーを鞘に収め、ロウさんが顔を上げた。
「不満はあるか?」
「いえ、ありません」
今なら、自信を持って断言できる。
このダガーになら、私の命を預けることができる。
「万全にしておいた。闘技祭でも心置きなく使えるじゃろう。
 今までどおり、大事に扱え」
「私の手入れ、大丈夫ですか?」
「落第は、まぬがれとるな」
そうつぶやいて、ダガーを差し出してくれる。
私にとっては最高の褒め言葉に、両手で受け取った。
その親しんだ重さに、安心してしまう。
「勝てよ」
「はい! ありがとうございました!」
深くお辞儀をして、出口へと向かう。
きちんとお礼をするためにも、もっと高みを目指してみせる。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ