挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
DAGGER 戦場の最前点 作者:BLACKGAMER

DAGGER -戦場の最前点-

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

45/129

13章 兄を慕(した)う少女-2

【アイシス視点】

小屋へと降り注ぐ日差しの量も、かなり弱くなってきた。
「今日は、ここまでにしようか」
「はい」
もう少し続けたい気持ちを抑えて、ダガーをさやに収める。
お兄ちゃんと訓練していると、あっという間に時間が過ぎて、一日が終わってしまう。
ここ最近は、いつもそうだ。
それだけ、私が集中しているってことなのかな?
「アイシスの魔法も、形になってきたな。
 不発も減ったし、ほとんど自分の思い通りにできているだろう?」
「はい」
…でも、私が使えるようになったのは、水の魔法だけだ。
他の属性も試してみたけれど、どれも使えなかった。
お姉ちゃんに教えてもらった、水の魔法に不満はないけど…。
できれば、お兄ちゃんの得意な風も、一緒に操れるようになりたかった。
「ただ、毎回似たような魔法を発動させるのは気になるな。
 せっかく戦闘に織り込むなら、できるだけ変化をつけたほうがいい」
「変化を…」
手のひらから水を生み出して、その形や威力を調整してみる。
一番楽に使えるのは球だけど、少し無理をすれば棒や輪にもできそうだ。
今度、お姉ちゃんにも相談してみようかな。
「まったく、優秀すぎるな。
 俺が追いつかれるのも、時間の問題かもしれない」
「そんなことありません。お兄ちゃんとお姉ちゃんの教え方が上手いおかげです」
私は、教わったことを覚えているだけ。
お兄ちゃんとお姉ちゃんが、導いてくれる方に進んでいるだけだ。
「教えを自分のものにしているのは、まぎれもないアイシスの力だ。
 もっと自信を持っていい」
「はい」
お兄ちゃんに褒めてもらえると、私の胸の奥で何かが動く。
それは、まるで歯車のように噛み合って、私の原動力になってくれる。
それが聞きたいから、また明日も頑張れるんだ。
「じゃあ、アイシスは先に入っててくれ」
「? お兄ちゃんは、どうするんですか?」
「焚き木を拾ってくる。もう、残りが少なかったはずだからな」
「だったら、私も手伝います」
私も使わせてもらうんだから、お兄ちゃんだけが働く必要はない。
それに、これなら上手や下手がないから、家事が苦手な私でもできる。
「べつに、大した量でもないし、休んでてもいいぞ?
 夕飯が出来たら、ちゃんと起こすから」
「…特別扱いは、やめてください」
そういう風に気を遣ってもらうのは、なんだか違う気がする。
何かをしてもらうのは嬉しいけど、何もかもお兄ちゃんに世話してほしいわけじゃない。
それに、私が何かをしてもらうのが嬉しいなら…。
もしかしたら、お兄ちゃんだって、私が何かしたら喜んでくれるかもしれない。
「たしかに、もうアイシスはお客様じゃないしな。
 だが、俺は客よりも妹を甘やかすぞ」
「…! ふふっ」
真顔でそんなことを言われて、噴き出しそうになる。
今まででも、あれだけ優しくしてくれたのに、もっと甘やかしてくれるなんて、想像がつかない。
「家族の方が客より大事なのは当然のことだろう? 何がそんなにおかしいんだ?」
納得いかない、という顔のお兄ちゃんを見ていると、笑いがこみあげてくる。
でも、お兄ちゃんは勘違いしている。
おかしいだけで、笑ってるんじゃない。
笑ってるのは、そんなことが気にならなくなるくらい、嬉しいからだ。
「いえ、なんでもないです」
「ならいい、行くか」
「はい」


「大丈夫だとは思うが…足元、気をつけるようにな」
「はい」
魔法の訓練で何度も来たから、森の中だって、もう庭も同然だ。
木々の配置も、奥へと続く抜け道も、足場の悪い所も、全部覚えてしまった。
目を凝らして、焚き木に使えそうな枯れ枝を探す。
他の家事もこれぐらい簡単なら、私だって少しは役に立てるのにな。
「…はぁ」
お兄ちゃんのために、少しでも何かしたいのに…。
何かしてもらうばかりで、私は何も返せない。
料理も、掃除も、洗濯も、覚えようとしているけど、お兄ちゃんのほうが上手い。
でも…。
だからって、何もしないでいいわけじゃない。
「あの…」
「? どうした?」
「私にできることなら、何でも言いつけてください。
 雑用ぐらいなら、やれますから」
「言っただろう? べつに、家事をやらせたいわけじゃない…って」
「それは、聞きましたけど、でも…」
私の反論に、お兄ちゃんは、困ったような笑みを浮かべる。
そんな顔をしてほしくて、言ったんじゃないのに…。
…どう言えば、良かったんだろう?
自分の選んだ言葉が間違っているのは分かるのに、どれが正しいのか分からない。
相手に自分の考えを上手く伝えられない自分が、イヤになる。
「兄妹なんだから、一緒にやればいいだろう?」
私と反対方向にある焚き木を、風の魔法で集め始める。
私も負けないように、近くにある枝を拾っては、自分のカゴに投げ入れた。
「水よ」
数本に一回だけ、水の魔法を使う。
狙ったところに当たらないし、持ち上げると余計な石や土が混じる。
水を早く動かせないから、手元に引き寄せるまでにも時間がかかってしまう。
どれを取っても、お兄ちゃんには、まだまだ遠く及ばない。
「なあ、アイシス」
「はい?」
振り返っても、お兄ちゃんは背を向けて、枝を拾い続けている。
その背中を見続けて、私は言葉を待った。
「俺も、気をつけるから…。
 少しずつ、自分に辛くない程度でいいから、互いに遠慮を減らしいこう。
 気を使い過ぎると、嬉しいこともあるが、きっと疲れるから」
「はい」
こちらを向かないお兄ちゃんの気持ちが、なんとなく分かる気がする。
目を見て話すには、ちょっと恥ずかしい。
「さて…と」
魔法でいくつもの枝を一度に浮かせ、それを突風を使って空中で束ね、カゴへと放り込む。
すごい、あんなことまで出来るんだ。
「俺のほうはもう満杯だから、後は任せるぞ。
 余力があるなら、もう少し魔法の練習をしたほうがいい。
 どうせなら、足を止めてやったほうが、どんな距離にも対応できるようになる」
「はい」
お兄ちゃんに言われたとおりに、動かないで魔法を放つ。
今の私には、二発同時に発動する力さえない。
だけど、いつか…。
「そのうち、アイシスの魔法が上達したら、勝負でもするか」
「? 勝負…ですか?」
「魔法だけを使って、どっちが先にカゴを満杯に出来るか。
 負けたほうが…そうだな、晩御飯の支度とかでいいか」
お兄ちゃんの提案が、すごく楽しそうに聞こえる。
だって、私の目標は…お兄ちゃんと並ぶことだから。
「俺からは仕掛けないからな。挑戦したければ、いつでも来い」
「はい!」
楽しみと当面の目標が、同時に出来た。
剣でも魔法でも、少しでもお兄ちゃんに近づくんだ。


【ティスト視点】


控えめなノックの音。
こんな夜更けに、珍しいな。
読みかけの本にしおりを挟んで、寝ころんでいたベッドに腰掛ける。
「入っていいぞ」
少しだけドアが開き、そこからアイシスが顔を出した。
「どうした?」
「いえ、なんだか眠れなくて…。
 お兄ちゃんは、何してるのかな…って思って」
だんだんと小さくなる声には、遠慮と戸惑いが混ざっている。
灯りが漏れてるのを見て、ノックしてみたわけか。
「とにかく、話はドアを閉めてからだ。
 そのままだと風邪ひくぞ」
アイシスが、足音をさせないくらいに丁寧な足取りで部屋へと入る。
その姿に、ロアイス城を緊張しながら歩いているアイシスの姿を思い出した。
俺の部屋が王宮と同等に扱われるのは、ちょっと嬉しいかもしれないな。
「そういえば、アイシスが俺の部屋に入るのは、これが初めてか」
「はい」
視線を泳がせながら、生返事。
俺の私物なんてほとんどないし、あんまりアイシスの部屋と変わらないだろうに。
その視線が、ベッドの上に置いたままの本で止まった。
「本を読んでたんですか?」
「ああ、眠れなくてな」
アイシスの視線は、本の表紙から外れない。
湖畔に立つ騎士が、天に向かって剣をかざす。
その騎士へと女がひざまずき、両手を胸の前で組み合わせている。
この二人が、戦争を終わらせるという英雄譚だ。
「どんな話なんですか?」
「そうだな…」
大筋を話しても、物語なんていうものは面白くない。
楽しむなら、文章を追いかけたほうがいいだろう。
「良かったら、読んでみるか?」
「でも…」
続く言葉は、想像がつく。
字が読めないと言ってたのを忘れたわけじゃない。
「下手でよければ、読み語りくらいはできるぞ?」
「! お願いします」
顔を綻ばせて、アイシスが喜びを表現する。
これが、アイシスの本当の顔…か。
抑え付けていたものが、解放された結果。
いい笑顔だ。
「ベッドの上でいいか?」
「あ、えと…はい」
ベッドに身を寄せ合って寝転がり、一つの毛布を分け合う。
もう一枚持ってくれば、なんて考えもしなかった。
「さて、物語の始まりだ」
栞を抜き取り、一番最初のページを開く。
どっちを見ようと迷っているのか、俺の顔とページを何度か往復させる。
顔を見られているのが恥ずかしくて、文字へと人差し指を添えた。
「?」
「読んでいるところを指で追っていくから、なんとなくでも見てみるといい。
 面倒だったら、聞いているだけでもいいけどな」
「はい」
照れを消して、自分のできる精一杯を、声に込める。
読み出したら、止まらない。
引き込まれていくアイシスの表情を見ながら、俺は何度も読み返した本を言葉にする。
ただの文字であるはずの風景に、人物に、時間に、生命が吹き込まれ、魂が宿る。
物語が熱を帯びていく。
その熱が、心地よく部屋を包んだ。
文章に引き込まれていく。
少しの休みもいれずに、物語は続いていった。


最後のページを繰り、最後の行まで読み終え、余韻を壊さないように静かに背表紙を閉じる。
カーテンの向こうには、薄明かりが見え始めていた。
「ふぁ…」
話の結末に満足したのか、アイシスが目をとろけせる。
俺も眠くなってきた。
アイシスが目元をこすって、ベッドに沈む。
黙って、その背中に毛布をかけた。
「さて…と」
小さな風の魔法で蝋燭の火を消す。
本に夢中になって、一晩を過ごしたのなんて、生まれて初めてかもしれないな。
隣で、小さく笑い、息を飲み、瞳をうるませ、そうして楽しんでいるアイシスを見ているのが、嬉しかった。
書庫からいくつか、本を出してくるか。
アイシスの寝顔を見ていると、そんな気分になる。
今までに味わったことのない満足感に包まれて、瞳を閉じた。
今日は、いい夢が見れそうだ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ