挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
DAGGER 戦場の最前点 作者:BLACKGAMER

DAGGER -戦場の最前点-

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

44/129

13章 兄を慕(した)う少女-1

【ティスト視点】

血が足りないせいでふらつく足を誤魔化して、ライズ&セットへと入る。
部屋の中は、出来たての料理の匂いで満たされていた。
「おはよう」
「おはよ。ごめんね、今日の朝ご飯はちょっと手抜きなんだ」
申し訳なさそうに言うユイには、少し疲れの色が見える。
昨日は、俺とアイシスが戻るまで、ずっと店の前で待っていてくれた。
それから俺の腕を治療してくれて、眠ったのが夜更けすぎだから、ほとんど寝てないはずだ。
「ユイが手を抜いてても、俺が作る朝飯よりずっとうまいよ。ありがとな」
「うん」
食卓には、いつもと違って手づかみで食べられる料理が並んでいる。
何も言っていないのに、俺のことを汲み取ってくれる気遣いが、いつもながらありがたい。
痛みはないが、両手を使って食べるには少し不自由だし、それを見せたらアイシスは気にするだろうから。
「? アイシスは?」
「もうちょっと待ってあげて」
意味深な笑みを浮かべられると、聞くに聞けないな。
「なら、ラインさんとシアさんは?」
「後片付けをしてくるって、二人ともロアイス城に行ってるよ。
 だから、今日もお店はお休み。ここでご飯食べても大丈夫だって」
「そうか、城に…」
今回の件は、申し開きが死ぬほど厄介だ。
貴族への暴行、騎士団への反抗、罪状は重いものばかりだ。
また、大きな迷惑をかけることになったな。
「後で、謝罪と御礼をしないとだな。
 ユイもありがとう。昨日は、本当に助かった」
「うん」
俺たちがここに戻ってきた時には、連中は影も形もなくて、店の中も綺麗に掃除されていた。
まるで、何もなかったかのようにカルナス一家が迎えてくれたおかげで、アイシスもずいぶん安心していた。
「あの、お待たせしました」
厨房の方から、真剣な顔をしたアイシスが、シルバートレイを両手で支えて歩いてくる。
トレイの上には、湯気の立つマグカップが3つ並んでいた。
「…どうぞ」
「ありがとう」
焼きたてパンの香りと混じるコーヒーの匂いが、食欲をそそる。
全員が席について、朝食が始まった。


「あの…お兄ちゃん、ジャム取ってもらえますか?」
「…あ、ああ」
自分のことを呼ばれている気がしなくて、反応が遅れた。
なんだか、ぎこちない感じが余計に恥ずかしいな。
「っと…」
テーブルの端には、たくさんの小皿に、果物を甘く煮詰めてたものが並んでいる。
どれもカルナス一家の特製品で、同じ果物でも甘さを控えたものがあったりと、細やかな気配りがしてある。
「どれがいい?」
「え…と、そこのオレンジので」
「ほら」
「ありがとう…ございます」
一晩経って昨日の熱も冷め、どう接していいか分からないみたいだな。
他人行儀になりすぎないように、でも、失礼のないように…。
その折り合いは、俺も教えてほしいぐらいに難しい。
まあ、お互い様だし、そのうち慣れるしかないだろう。
「お兄ちゃん…か」
「ん?」
「アイシスちゃんが、うらやましいなー。
 あたしも、ティストみたいな優しいお兄ちゃんがほしかった」
上目遣いにそんなことを言われても、俺が照れるだけで、何も出やしない。
「まあ、いい兄になれるように心がけるよ。
 至らない兄貴だが、よろしくな」
「はい」
ためらいがちに、でも、今までよりもずっと穏やかに笑う。
いい笑顔だ。
「ティスト、今日はどうするの?」
「悪いが、昼飯まで眠らせてくれ。日が暮れるまでには、家に帰るよ」
「そっか」
「なら、昼ご飯は楽しみにしててね」
「ああ、よろしく頼む」
「アイシスちゃんも、食べたいものがあったらどんどん言ってね。なんでも作るから」
「はい、ありがとうございます」
いつものようにユイが話の軸になってくれて、にぎやかな朝食を堪能した。
ユイの料理は、やっぱり美味いな。


【アイシス視点】


食器の片付けを手伝い終わって、端にある椅子に腰掛ける。
訓練をする場所もないし、だからって、一人で出歩く気にもなれない。
どうしようかな。
家なら部屋に戻ってぼんやりするところだけど、ここだと、ユイさんの部屋だし…。
「どうしたの?」
「いえ、何もすることがなくて…」
「なら、あたしと何かする?」
「ユイさんと…ですか?」
「…むー」
突然不満げな顔になって、可愛らしくうなる。
え? な、なに? 私のせい?
「あの…ユイさん?」
「ティストがお兄ちゃんなのに、あたしがユイさんって…不公平じゃない?
 なんだか、すごく距離を置かれてる気がする」
そんなこと言われても…。
どう答えればいいのか迷っているうちに、ユイさんの言葉が続いた。
「だからさ、ティストをお兄ちゃんって呼ぶなら、あたしをお姉ちゃんって呼んでくれない?」
我ながら名案…とでも言いだしそうな満足げな顔と、はしゃいだ声。
それが、昨日のお兄ちゃんと同じように、私の奥深くへ踏み込んでくる。
「…えっと、あの…いいんですか?」
「それを決めるのは、アイシスちゃんだよ。
 お願いしてるのは、あたしなんだから」
当然のことのように、そう答えて微笑んでくれる。
本当に、この人たちは…。
涙が出るくらいに、優しすぎる。
「ありがとう…ございます」
気の利いた言葉の一つも言えない自分が、情けない。
でも、そんなことも考えられないくらいに、嬉しかった。
「…で、話を戻すけど、アイシスちゃんは何がしたい?」
「…えっと」
やりたいことなんて、何にも思い浮かばない。
「特に、何も…」
「…はぁ。そういうところ、本当にティストと似てるよね」
「せ…いえ、お兄ちゃんとですか?」
気を抜くと、つい先生と言ってしまう。
慣れた呼び方から変えるのは、意識してても難しい。
「そう。ティストも何がしたいのか聞いても、何も答えてくれないの。
 いつも訓練ばっかり。何か他に楽しいことを見つけてくれるといいんだけど…」
たしかに、お兄ちゃんと一緒に何かするときは、大半が訓練だ。
でも、たしかに疲れるけど、逃げ出したくなるような辛さはない。
最近は、次にどんなことを教えてくれるのか、少し楽しみにしている時だって…。
「あ…」
お兄ちゃんから教えてもらったのに、まだ出来ないことがあった。
私ができるようになるまで、講義の続きは、ずっと聞けない。
「何か思いついた?」
「あの、でも…」
話の流れからすると、とても言い出しにくい。
「あたしに遠慮しないでって言ったの、覚えてる?
 ほら、お姉ちゃんに話してごらんなさい」
そうやって微笑まれたら、黙っているほうが難しい。
なら、ここは正直に頼んでみよう。
「この前みたいに、魔法を教えてもらえませんか?」
「あたしは、いいけど…魔法を覚えて、どうするの?」
「私のために、お兄ちゃんが許可を取って、時間をかけて教えてくれたから…。
 そこまでしてくれたのに、無駄にしたくないだけです」
魔法の使い道なんて、自分でも分からない。
これからも、戦いを続けていくのかだって、分からない。
でも、私に尽くしてくれたお兄ちゃんに、どうしても応えたかった。
「ティストのため…か。それじゃあ、あたしも断れないね」
優しげな微笑みを浮かべたお姉ちゃんが、手近なグラスを手に取る。
テーブルの中央に置くと、水差しから水を注いだ。
「せっかくだから、いつもとやり方を変えてみようか。
 あたしも試してみたいことがあるの」
お姉ちゃんが、私の向かい側から、私の手を優しく握る。
私の手の外側をお姉ちゃんの手が覆った状態で、水の魔法を発動させた。
グラスから、ゆっくりと水が浮かび上がる。
私の手を握っている以外は、いつもと何にも変わらない。
魔法を使う人に触れていることで、同調しやすくなる…とか?
「試してみたいことって…これ、ですか?」
「ううん、これから」
二人の手を包み込むように、水が形を変えた。
「…ッ」
手首まで水に浸っているせいで、体温が奪われていく。
刺すような痛みに耐えて、水をじっと睨む。
今日こそは…。
「よく見ててね。水よ、流れを生み出せ」
お姉ちゃんの声を聞き届けたように、手を覆っていた水が渦を巻く。
川に手を入れたときに似ている感触、すごく緩やかな水の動きだ。
「どう?」
「いつもと、少し違います」
水の流れと同じ方向に、不思議な力の流れを感じる。
その力は小さいけれど力強く、それに押し出されるように水が動いている。
こうして、水の流れのように目で見えるようになると、存在を感じやすいのかもしれない。
きっと、これが魔法の力なんだ。
「干渉できそう?」
「えっと…」
悩んでみても分かるわけがなくて、腕に力が入ってしまう。
単純な腕力じゃないのは分かっているつもりだけど…。
魔法の力なんて、どうやって生み出すのか予想もつかない。
「お店で働いているときに聞いたんだけどね、魔法を使うときの感覚って、人によって全然違うの。
 水と同化しろ、一体になれ…っていう意見もあれば、水を従えろ、操れ…っていう人もいる。
 結局、自分に合うものを探していくしかないんだ」
「はい」
どれも感覚的な話で、さっぱり分からない。
同化するにしても、従えるにしても、やっぱりその力がないと出来ないと思う。
「だから、合うか分からないけど…。あたしのやり方をアイシスちゃんに教えるね」
「どうすればいいですか?」
「魔法が使えたときのことを、できるだけ鮮明に思い描いて」
「使えたときのこと?」
「例えばね、漠然と『動け』じゃなくて、どの場所を、左右のどっちに…って、できるだけ具体的にしていくの。
 そうやって頭の中で考えたことが、魔法として発動してくれる。
 それが、あたしの魔法の使い方」
「…あ」
私はいつも、ほんの少しでいいから動け…と願っていた。
形が変わるでも、波ができるでも、私の力に反応してくれればいい。
私が魔法で水に影響を与える、その事にばかり気を取られて、どう動かしたいのかなんて考えなかった。
なら、もしかして…。
「…やってみます」
お姉ちゃんが水を球の状態に戻して、静止してくれる。
「………」
場所は、球の一番上のところ。
動かす量は、ほんの少し、親指ぐらいの大きさでいい。
お姉ちゃんが見せてくれた力の流れを意識しながら、頭の中で一つずつ決めていく。
「頭の中で出来上がったら、自分の声で呼びかけてみて」
「水よ」
声に、思わず力が入る。
お願い、動いて。
少しの間を置いて、私が見据えたところに波紋が生まれる。
小さく、緩やかで、でも、たしかに形を変えようとしているように見える。
まさか、これ…。
「続けて。集中力を切らさないようにね」
どこか遠くなったお姉ちゃんの声を聞きながら、水中で手を動かす。
人差し指を、力の起点となるべき場所へ向ける。
これが魔法を使うときに正しいことなのかなんて、知らない。
深く考えるよりも前に、手が勝手に動いた。
「水よ」
波の振幅が、だんだんと大きくなっていく。
それにあわせて、自分の身体から、わずかに力が抜けていく。
身体の疲れとはまるで違う、自分の意識が少しずつ削れていく感じ。
これが、魔法を使う感覚なのかな。
「もう一度、呼びかけて」
「水よ、その姿を変えよっ!!」
球の天辺に、私の親指ほどの突起が生まれる。
情けないくらいにちっぽけで、水柱と呼ぶには頼りない。
そんな水と私は、たしかに今、繋がっている。
なんだろう? これ。
今までは、魔法なんて、まるで分からなかったのに…。
今なら、重い荷物を持ち上げるのと同じような感覚で、あの水を動かせる気がする。
「おめでとう。アイシスちゃんの魔法が、芽吹いたね」
私に向けられた優しい言葉に、ようやく実感する。
私にも、ついに使えるようになったんだ。
「ありがとうございます。これもお姉ちゃんのおかげです」
「あ…」
気持ちが緩んだせいなのか、浮かんでいた水球がグラスの中へと落ちる。
少しでも意識を他に向けると、魔法を維持してられないんだ。
「もう一回、もう一回お願いしますっ!」
今の感覚を、忘れないうちに身体に染み込ませておきたい。
「いいよ、何回でも」
にっこりと笑って、お姉ちゃんが水の魔法を浮かべてくれる。
言葉のとおり、お兄ちゃんが起きてくるまで、お姉ちゃんはずっと私に付き合ってくれた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ