挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
DAGGER 戦場の最前点 作者:BLACKGAMER

DAGGER -戦場の最前点-

42/129

12章 嘆(なげ)く少女-4

【ティスト視点】

わざわざ休業にしてもらったライズの中で、奴らが来るのを待ち構えてから、もう三時間以上だ。
話題も途切れがちになってきて、ラインさんもシアさんも黙って座っている。
重苦しい空気を紛らわすためなのか、ユイはグラスの水で、アイシスに魔法を教えている…が。
どちらも集中しきれていないのが、見ていて分かる。
いつ来るか分からないのは、嫌な緊張感だな。
疲労も溜まるし、何より気分が悪い。
わざわざ大通りを突っ切って、ライズまで戻ってきたんだ。
俺たちがいることは、奴らも把握しているだろう。
来るならさっさと来い。
ため息をこらえて、入り口を睨み続けた。


品のない足音が複数、店の前で止まる。
ラインさんとシアさんも、冷徹な視線へと変わっていた。
「ようやく、おでましか」
椅子から立ち上がるのと同時に、数人の男たちが、足音荒く店内に踏み入ってくる。
一番目に付くのは、中心にいるあの男。
指に輝く豪奢な宝石が、趣味と性格の悪さを象徴しているようだ。
立ち位置と服装からして、周りにいるのはあの男の護衛だろうな。
「いました! アイシス・リンダントです!
 いかが致しますか? リンダント卿」
「拘束しろ」
「!?」
あまりにふざけた命令に、声も出せない。
自分の子供を前にして、なぜあんな無機質な声が出せる?
再会の言葉、親子の会話、そんなことを想像していた自分の甘さが嫌になる。
そんな感情がひとかけらでもあるのなら、アイシスは不幸にならなかったはずだ。
「………」
近寄る奴らとの間に、身体を割り込ませる。
これ以上、こいつらをアイシスに近寄らせたくない。
「どうしますか?」
れ」
不快感に顔をしかめた奴の言葉には、殺意が込められている。
それを理解したのか、忠実な下僕たちは、主の前に出て帯剣に手をかけた。
取り巻きの数は、五人。
護衛として一人を残し、こちらに四人が向かってきた。
「チィッ」
正面にいる男の肩に、怒りで硬くなった拳を叩き込む。
骨の折れる音を聞いて、何とか腕を振りぬかずに引き戻した。
ふざけやがって…。
感情が抑え付けられない。
今すぐにでも、あの鼻っ面に拳をぶち込んでやりたい。
「勝てぬなら、男は無視しろっ!!」
怒号を混じらせての指示に従って、俊敏に横を抜けようとする。
俺の目の前でアイシスを連れ去って、逃げる?
「甘く見られたものだな」
軸足を滑らせて、すぐ隣の男の肩にカカトを突き刺す。
致命傷にしないことだけが、せめてもの譲歩だ。
「ぐぁっ…!?」
「残りは、二人…か」
「ひっ…」
俺のつぶやきに身を硬くし、残った二人が距離を取ろうと下がり…。
がら空きな背中を、俺以外に晒すことになった。
「これで…」
「ゼロね」
ラインさんとシアさん、二人とも同じように間接を極めて、身動きを完全に封じている。
力任せに殴りつけた俺なんかより、ずっと大人の対応だな。
「くっ…はな…せ」
「ほらよ」
「はい」
興味ないといったように、二人を解放する。
実力差を理解したのか、その目には恐怖が宿っていた。
「アイシスを買った男というのは、お前か? 小僧」
「………」
言葉ではなく、ただ首を動かすだけで、答えを返す。
声を出せば、何を口走ってしまうか、分からなかった。
「倍額くれてやる。それで好きなだけ他の女を囲え」
まるで、市場にいる傲慢な商人のような台詞。
どうしてだ?
なぜ、自分の娘に、そこまで非情になれる?
「まだ足りんというのか?」
「いくら積まれても、受けるつもりはない」
俺の返事に、奴が鼻をならして睨みつけてくる。
見下す奴の目には、自分の思い通りにならない怒りが見て取れた。
「そんなことをして何になる? 小僧、何が望みだ?」
「二度と、その薄汚い面を見せるな」
怒りに声が震え、喉が焼けるように熱い。
少しでも心が揺れれば、このまま足を踏み出してしまいそうになる。
「交渉決裂か、ならば、話は終わりだな」
「どうして…」
掠れた小さな声。
だけど、騒然としている中で、何よりもはっきりと俺の耳に届いた。
「どうして…こんなことを?」
「来い、アイシス」
絞り出したアイシスの問いを、歯牙にも掛けない。
ただ、見下した目で、淡々とアイシスに命令している。
「抵抗するな。無駄だということは、忘れておらんだろう?
 何の価値もなかったお前に、ようやく意味が生まれるのだ。黙って私に従え。
 アイシスッ!!!」
グラスの水を揺らすほどの怒号に、アイシスの身体が殴られたように跳ねる。
「………」
顔面は蒼白になり、目の輝きが急速に失われる。
恐怖に身をすくませ、膝はガクガクと震えて、今にも崩れ落ちそうだ。
アイシスの心の傷口が、広がっていく。
まさか、声だけで、ここまで症状が出るなんて…。
アイシスの過去を考えるだけで、苛立ちが止まらない。
「私の言うことが聞けんのかぁぁっ!!!」
大喝におびえるように、アイシスが一歩、前に出る。
一歩、また一歩と虚ろな目のままで、アイシスが進む。
ふざけるな。
なんなんだ、これは…。
「それでいい、さっさと来いっ!!」
「待って」
「…?」
吸い寄せられるようだったアイシスの歩みが、止まる。
アイシスの手を、ユイがきつく握り締めていた。
「何のつもりだ? 女」
奴の問いかけに、ユイは答えない。
ただ、じっとアイシスだけを見つめている。
「ねえ、アイシスちゃん。
 本当に行きたいなら、あたしの手を払いのけて」
「振り払え、アイシスっ!!」
「黙りなさい」
背筋が凍りつくような怒気を孕んだ声に、リンダント卿が気圧される。
こんなに怒ってるユイを見るのは、初めてかもしれない。
リンダント卿から視線を外し、ユイが真摯な瞳でアイシスを見る。
「アイシスちゃんが決めて。あたしたちは、それに従うから」
「………」
アイシスの瞳が、涙に濡れる。
奴を見て、それから、ユイの顔を見上げて…。
ユイに、しがみついた。
「うん」
それに応えるように、ユイがアイシスを強く抱きしめる。
頭をなで、子供を安心させるように、優しい抱擁ほうよう
それは、自分で結論を出したアイシスを褒めるようにも、ねぎらうようにも見えた。
「さてと…」
一言で、気持ちを切り替える。
あの二人が、こうして結論を出してくれたんだ。
なら、俺はそれを守り通す。
「話は決まったな。さっさと失せろ」
「あくまでも、逆らうつもりか。ならば、後悔するんだな」
目に焼きつくような凶悪な笑みを浮かべる。
なんだ? まだ何かあるのか?
「呼べ」
「はっ」
鋭い声で返事をして、最後の一人だった護衛が外へと走る。
呼ぶ? 増援か?
「戦場の最前点…だったか。
 貴様のような化け物に、何の対策しないと思うか?」
その言葉で、おおよその予測はついた。
貴族が泣きつく武力と言えば、ほとんど答えは決まっている。
整った足音がこちらへと次第に近づき、ドアが乱暴に開け放たれた。
「全員動くなっ!!」
部屋になだれ込んでくると、次々に武器を構え始める。
「ロアイス騎士団のご登場…か」
ヴォルグを中心に、数秒の間に陣形が組まれる。
騎士団長の両翼に五人ずつで十一人、さっきの倍か。
普通に考えれば、十分な人数だろう。
もし、ここにいるのが全員普通なら…だがな。
「抵抗すれば、斬り伏せる」
抜き身の双剣を手に、高圧的な態度。
普通なら萎縮するところだろうが、逆効果だな。
刃に脅えてくれるほど楽な相手は、ここにいない。
「ここでの階級は、拳で決まるんだよ。
 この店で俺に意見してえなら、勝ってからにしやがれ」
「そういうこと。周りの皆さんもそのつもりでね」
臨戦態勢の二人を前に、騎士団の連中が息を飲む。
向かい合ってない俺でさえ、その圧力には背筋が寒くなるほどだ。
「そうねえ。右の五人、私が相手してあげるわ」
近くにいたその五人を撫でるように指先で滑らせ、艶やかに笑う。
色っぽいはずのその仕草も、普段と同じ笑顔も、この重圧の前ではかえって不気味だ。
「で、どっちにするよ?」
左に展開している五人とヴォルグを、親指で示しながら聞いてくる。
俺に選ばせてくれるあたり、実にラインさんらしい優しさだな。
「なら、騎士団長は、俺に任せてもらえますか?」
「よっしゃ、左の五人は片付けとくぜ」
「お願いします」
「話はついたようだな」
待ちきれぬと言わんばかりに、ヴォルグから刃が向けられる。
挑発的な動作に、鞘に収めたダガーの柄に手をかけた。
『剣を抜くときには、時と場所を選べ』
この前に戦ったときに、レジ師匠から授けられた言葉が脳裏をよぎる。
あのときは、たしかに軽率だったかもしれないが、今は違う。
今ほどダガーが必要なときなど、他にない。
「今日ばかりは、お前に付き合うつもりはない。
 死にたくなければ、さっさと帰れ」
迷いは、一片もない。
ためらいなく、ダガーを引き抜いた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ