挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
DAGGER 戦場の最前点 作者:BLACKGAMER

DAGGER -戦場の最前点-

41/129

12章 嘆(なげ)く少女-3

【ティスト視点】

「じゃ、片付けようか。アイシスちゃん」
「はい」
食べ終わった皿やグラスを、ユイ直伝の運び方で、アイシスがキッチンまで持って行く。
最初は、危なっかしいところも多かったが、もうユイと並んで歩けるようになった。
ユイが来て、そろそろ一週間…か。
すっかり、二人とも仲良くなったな。
「ふぅ…」
二人が並んで洗い物をしているところを見ながら、コーヒーを楽しむ。
贅沢な話だ。
「ふゎっ…」
午後の日差しが暖かい。
胃の中に納まったユイ特製の昼飯も手伝って、まぶたが重くなってくる。
「コーヒーだけじゃ眠気覚ましにもならないな」
「なら、コーヒーで顔でも洗う?」
「!?」
空いている窓から、カップ目掛けて何かが飛来する。
とっさに風の魔法で展開してそれを受け止め、逃がさないように包み込んだ。
「…水か」
かなりの力で、凝縮された水の魔法だな。
目に見えるのは、このカップにも入そうな大きさなのに、実際はバケツでもまるで足りない量が入ってるはずだ。
「まあ、合格ね」
俺の反応を楽しむような、くすくすという笑い声とともにドアが開いた。
「どう? 傷の具合は」
「シアさん。せめて、怪我の容態を聞いてからやってください」
「あら、完治してるか分からないから一個なのよ?」
俺が浮かばせておいた水の魔法をシアさん引き寄せ、4つに分割してみせる。
…優しさってのは、複雑だな。
「ここ置くぞ」
「すみません、ありがとうございます」
ラインさんは、いつものことだと反応さえせずに、テーブルに荷物を広げている。
この前よりも更に大量の食材が、これでもか…と敷き詰められた。
この人たちは、本当に…どんなときも加減がない。
「お父さんもお母さんも、いらっしゃい」
「おう、邪魔してるぞ」
「いらっしゃい…か。幸せそうな顔しちゃって」
「え? え??」
よっぽど恥ずかしいのか、ユイが赤くなった顔を両手で隠している。
その後ろでは、アイシスがじっとシアさんを見つめていた。
「どうした?」
「…あ、いえ。先生の魔法とずいぶん違う…と思って」
見ていたのは、さっきから浮かべっぱなしの水の魔法か。
持続してるから負荷がかかってるはずなのに、まったく制御が揺らがない。
「シア、いい加減にそいつを捨てろ」
「はーい」
可愛らしく返事をすると、窓へと投げ捨てる。
窓枠を超えたところで霧散し、小さな七色の虹を作った。
「相変わらず、芸が細かいですね」
みやびでしょう?」
かなり複雑な力の制御が必要なはずなのに、平然と笑ってみせる。
俺が教えても、アイシスは魔法のきっかけを掴めていないみたいだが…。
他の人に頼めば、あるいは…。
「んで、確認しとくが…もう治ったんだな?」
「ええ、もう万全です」
「なら、やるか」
「? 何の話ですか?」
「わたしとラインで、ティストちゃんの特訓をしようと思って。
 安心して、レジ様にもクレア様にも許可は頂いてるわ」
「何をどう安心すればいいのか、まったく分からないですね」
二人とも、師匠たちと同等の実力者だ。
以前にも何度か手解きをしてもらったが、まったく通用しなかった。
今でこそ少しは実力差が狭まったかもしれないが、勝てるなんて思いもしない。
「その間、アイシスちゃんには、ユイが教えてあげなさい。
 水の魔法なら、できるでしょう?」
「うん」
「じゃ、行くわよ」
返事をするより前に、二人が外へと向かう。
元より俺の意見を聞いてくれるとは、思っていないが…。
食休みも無しに、地獄に耐えられるかどうかは心配だな。


連れられてやってきたのは、家の裏にある森の中。
訓練をするには動き辛いし、不向きじゃないのか?
「始める前にこれを見て」
差し出された紙切れを受け取る。
これは、ギルドで売られている『リスト』。
アイシスのためにもらってきたものと同じだ。
「人物手配の欄を見て」
「これは…?」
誘拐されたアイシス・リンダントの捜索依頼。
連れ戻した者には、依頼主から多額の報酬が約束されている。
依頼主は、リンダント卿…アイシスの父親か。
「…!」
もう一行下には、貴族の息女を誘拐した罪で、俺が賞金首として指名手配されている。
アイシスの提示額より劣るものの、俺にもそれなりの値がついているな。
ご丁寧に、俺とアイシスの人相書きまでつけている。
これが、どこまで浸透しているのか知らないが、当分の間はロアイスを歩けないな。
「まったく…」
掴んでいた紙の端が、くしゃりと音を立てて潰れる。
握りつぶしても、現実は変わらない。
だが、それ以外に怒りのやり場がなかった。
「まさか、ギルドにまで手を回すとは…」
ファーナの読みどおりだな、敵の熱意を計るには十分だ。
これだけの額を提示したら、ギルドでくすぶっている奴らは目の色を変えるだろう。
「ウチの店で目撃証言が出て、もう連日満員御礼よ」
「飽きもせずに、ご苦労なことだぜ」
シアさんは笑いながら、ラインさんは苦い顔で、それぞれにつぶやく。
「すみません、俺のせいで…」
「別にいいわよ、いざとなったら休業して私たちもここに来ちゃうから」
「休業するなら、俺が我慢してるうちにしろよ」
冗談めかして、二人が笑う。
こんな状況ですら笑顔で乗り切れてしまうのだから、この二人には敵わない。
「…で、ティストちゃんは、どうするつもりかしら?」
「今回の件を…ですか?」
「私たちが黙って終わらせれば、アイシスちゃんは平和に暮らせるわ。
 だけど、心のどこかに父親の影が居着くかもしれない。
 もしかしたら、もう忘れているかもしれないけどね」
 父親を相手にすれば、塞ぎかけた傷口が開くだけかもしれない。
 だけど、良い方向に流れれば、関係を修復、もしくは完全に破壊できるわ」
痛みを隠して自然治癒を待つか、痛みを伴う荒療治か。
どちらも、傷が悪化する可能性があるし、完治の保証もない。
「でも…アイシスに黙って終わらせるって、どうするんですか?」
「店に来た馬鹿を残らず蹴散らして、貴族と直談判だ」
「一番速いわよ? 本人だけ納得させればいいんだから」
過激な発言を実行してしまうだけの力が、この二人にはある。
見ているほうが気持ちよくなってしまう笑顔は、大きな安心をくれた。
そうだな。方法なんて、自分が出来るものを選ぶしかない。
「アイシスと相談します。
 これは、俺が独りで決めていい問題じゃないですから」
俺が選んでしまったら、アイシスは自分の意志を隠して従うだろう。
俺の価値観を押し付けても、意味がない。
それに、考えたくもないが…。
アイシスは父親の元に戻りたいというかもしれない。
なんにしても、必要なのは、アイシスの判断だ。
「俺は、アイシスの決定を出来る限り支えます」
「三日後までに結論を出しとけ。
 手配書は、それまでに何とかしといてやる」
「よろしくお願いします」
俺には手に余る事態だ。
ここは、素直に甘えさせてもらおう。
「さて、結論が出たなら、やりましょうか?」
「やる…って? これは、アイシスを残して話をする口実じゃ?」
「あら? 負けて帰ってきたのに、必要ないの?」
「…!」
そうだった、俺は負けて逃げ帰ったんだ。
本来なら、俺から指導を乞うべきなのに…。
「よろしくお願いします」
「退屈させるなよ?」
拳を握って臨戦態勢に入っただけで、その迫力に押しつぶされそうになる。
現役を引退なんて笑っていたのに、なんて威圧感だ。
「ティストちゃんなら、大丈夫でしょう?」
背後へと流れる声に、気を引き締めなおす。
ラインさんにばかり気を取られていたら、シアさんに翻弄される。
「お願いします」
横へと飛びのき、挟まれている状態を打開する。
二人とも、同じ笑顔を浮かべていた。
持てる力を全て解放する。
全力でも、この二人にはまるで足りないんだから。


【アイシス視点】


冷たいベッドの上に、仰向けで寝転がる。
晩御飯を食べた後なのに、ちっとも暖かくない。
いつも頼りになる毛布も、今日ばかりは役に立たなかった。
暗い天井を見上げていても、いつものように眠気がきてくれない。
先生から聞いた話に、頭の中は全部占領されていた。
私のことを、あの人が探している。
しかも、ギルドまで使って、本気で…。
「………」
意識しなければ、ため息さえ満足につけない。
縁が切れたと、勝手に思い込んでいた。
でも、どうして、今になって…。
考えただけで、息が苦しくなる。
あの人から逃げるために、クリアデルへ行って、辛い思いをして。
それでも、逃げきれなかった。
考えてみれば、当たり前だ。
あの人は、私の親で。
逆らうことなんて、一度として出来なかったんだから。
こんな馬鹿なことに、先生を巻き込んでしまった。
賞金首になんてなったら、どんなに先生が強くても関係ない。
それだけで、表通りを歩けないし、買い物だって出来なくなるはず。
どうして、私は…。
人に迷惑をかけてばかりなんだろう。
「………」
ぼやけた天井を見ないために、目を閉じる。
自分の頬を伝う涙が、ただ、鬱陶しい。
考えさせてくださいなんて、都合のいいことを先生たちに言っても…。
答えなんて、見つからない。


どれだけ、時間が経ったのだろう?
廊下を歩く足音が、私の部屋の前で止まった。
「アイシスちゃん、起きてる?」
無視しようか?
その誘惑を振り払って、ドアへと向かう。
こうしていたって答えは出ないって、さっき分かったはずだ。
「なんですか?」
「なんだか寝付けなくて…少し、付き合ってくれない?」
片手でいつも使っているトレイを持っている。
その上には、湯気の立つマグカップが2つと、ラベルの貼られたビンが乗っていた。
「それ、お酒…ですか?」
「うん、リンゴのお酒なんだけどね、ミルクティーにもあうの」
「ちょっと待ってください」
あわてて、ロウソクに火をつける。
その間に、ユイさんはテーブルでお酒の用意を始めた。
琥珀色の液を注いで、小さなスプーンで優しくかき混ぜる。
完全に馴染ませてから、そっと差し出してくれる。
私はそれを、ベッドに腰掛けて受け取った。
「熱いから気をつけてね」
ほんのりと甘味がついて香りもいいから、とても飲みやすい。
これなら、私でも無理なく飲める。
「どう?」
「美味しいです」
「良かった」
笑って、ユイさんもカップへと口をつけた。
二人で、ミルクティーを楽しむ。
珍しく、ユイさんは黙ったままだった。
「………」
他にすることがないから、すぐにマグカップの中が減っていく。
空にすると気を使わせそうで、ゆっくりと一口ずつ時間をかけた。
どれだけ待っても、ユイさんは何も言わない。
そうしているうちに、カップの底が見えてきた。
「あの…何か、私に用ですか?」
「あたしは、頭も良くないし、助言みたいなことは出来ないけど…。
 相談相手になら、なれるかな…って思って」
「でも、何を話したらいいのか…」
「上手に話す必要なんてないよ。
 思ったことを口に出すだけでいいし、愚痴でもいい。
 そういう気遣いは、あたしには必要ないからね」
年上らしい余裕の笑み。
その頼もしい笑顔が、嬉しかった。
でも…。
解決なんて、そんな都合のいい方法があるわけない。
「どうしようもないんです」
どんなに隠れていても、逃げきれるわけない。
あの人の怒鳴り声が、耳の奥で反響する。
思い出したくない。
なのに、忘れることがてきない記憶か、私を襲う。
「アイシスちゃん?」
真向かいにいるはずなのに、声が遠い。
首を振って、何とか意識を取り戻す。
「貴族を止めることなんて、誰であっても無理です。
 たとえ、先生だって…」
「余計なことを考えると、それが自分に嘘をつく理由になるの。
 誰が…とか、どうやって…とか、それは大事なことじゃない。
 アイシスちゃんが、どうしたいのか? それだけでいいよ」
優しい声が、私を包み込む。
私が落としそうになったカップを受け取って、ユイさんがテーブルに置いてくれた。
「私の…?」
どうしたい?
私は…どうしたい?
「私の気持ち…は…」
クリアデルにも、あの家にも、二度と戻りたくない。
痛いのも、辛いのも、苦しいのも、いやだから。
でも、それだけじゃない。
「私は…」
一緒にいるのは、誰でもいいわけじゃない。
あの場所じゃなければ、どこでもいいわけじゃない。
目頭が熱くなり、涙があふれてくる。
自分でも情けなくなるくらいに、私は泣きじゃくっていた。
恐かった。
以前は、あんな最低な環境でも、生きていられた。
でも、今同じことが起きたら、きっと…無理だ。
幸福な今が壊れることも、不幸な未来が訪れることも…私には、耐えられない。
「私は、今のままが…いいです」
この家にいたい。
初めて出来た私の帰る場所から、離れたくない。
先生とユイさんがいる、この家にいたい。
「うん。なら、後はあたしとティストに任せて」
耳に吐息がかかる距離。
私は、ユイさんに抱きしめられていた。
両腕が背中に回り、少し苦しいくらいの圧迫感がある。
だけど、それが良かった。
その感覚が、私を落ち着かせてくれる。
「今日は、一緒に寝ようか」
「はい」
「こういうのは、行儀悪いんだけどね」
ピッと指を立てて、小さな雫を作り出す。
ジッと鈍い音を立てて、ロウソクを消え、すぐに部屋が暗くなった。
枕をベッドの真ん中に置いて、端に頭をのせる。
すぐ横に、流れる綺麗な髪が広がった。
「おやすみ」
「はい、おやすみなさい」
一枚の毛布に、小さくなって二人で入る。
さっきまで感じていた寒さが、少しだけ薄れた気がした。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ