挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
DAGGER 戦場の最前点 作者:BLACKGAMER

DAGGER -戦場の最前点-

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

40/129

12章 嘆(なげ)く少女-2

【アイシス視点】

暗い廊下でノックをして、中の反応を待つ。
『朝起きたら、ユイの様子を見てくれないか?』
寝る前に先生から頼まれたおかげで、今日はいつもより早起きだ。
昨日、いつまで待ってもユイさんは起きてこなかった。
あんなに笑顔だったのに、やっぱり無理してたのかな。


もう一度、ノックをしてみる。
まだ、寝てるのかな。
「はーい」
元気のいい返事とともに、ドアが開いた。
「おはようございます」
「あ、アイシスちゃん。おはよ」
『ダガーを振り回すだけでも疲れるのに、魔法なんて力を使うことが身体にいいはずがない』
先生の言葉が、頭の中に響く。
だから、この笑顔が本当かどうかなんて、私には分からない。
「あの…大丈夫ですか?」
「心配してくれたんだね、ありがと」
照れ笑いを浮かべて、ユイさんが頬をかく。
なんとなく、この話題を続けるのがまずい気がして、次の話題を探す。
だけど、そんなに都合よく見つかるわけがない。
「もう少しで終わるから、中で待っててくれる?」
「はい」
半開きのドアを閉めて、私は部屋の中へと入った。


ユイさんが鏡に微笑むのを、部屋の隅に立って見守る。
テーブルの上には、ブラシといくつもの小瓶。
化粧のため…かな?
「………」
鼻歌でも聞こえてきそうな上機嫌だ。
「どうして、そんなに楽しそうなんですか?」
「どうして…って言われても…」
「先生のためだから、ですか?」
「…え? な、なんで?」
「なんでもないです。邪魔してすみません」
あんなに反応されたら、なんて言っていいかも分からない。
こんな風に誰かのことを思えば、私も少しは変わるのかな。
「ご、ごめんね。待たせちゃって」
「いえ」
振り返った拍子に、大きなリボンで束ねた艶やかな髪が舞う。
女の私から見ても、あの長い髪は素敵だと思う。
「…はぁ」
自分の髪の感触に、ため息が出る。
こんな髪で同じ女を名乗る資格なんてない。
そういえば、クリアデルのときは、安物のクシを一本持っていたっけ。
でも、ほとんど使っていなかったし、ここに来てからも欲しいなんて思いもしなかった。
「アイシスちゃんも、使ってみない?」
「あの…」
ユイさんと違って髪も短いし、あんまり意味はないかもしれないけど…。
ここで断るのも、なんだか気が引ける。
「…少し借りてもいいですか?」
「うん」
ユイさんが座っていた椅子を開けてもらって、そこへ腰掛ける。
見様見真似で、髪を撫で付ける。
鏡越しに見えるぎこちない姿が、情けない。
「…ッ」
ちょっと痛かった。
髪がもつれてるのかな?
「強くすると傷つけちゃうから気をつけてね」
後ろに立ったユイさんの手のひらが、私の手を包む。
優しく私の手を動かして、髪を梳いてくれる。
「すみません」
「謝ることなんてないの。
 なんだか、妹ができたみたいで嬉しいし…ね」
はにかみながらの笑顔は、なんだかこっちも照れてしまう。
「今度ゆっくり教えてあげるから、今日のところは任せてくれる?」
「はい」
ブラシを受け取ると、嬉しそうに私の髪へと通していく。
こんなに近くに人がいれば、いつもなら落ち着かないはずなのに…。
なぜか、そんな気持ちにならなかった。


【ティスト視点】


家の近くにある森の中。
いつもの訓練を終え、切り株を椅子代わりにしたアイシスが俺を見上げている。
講義なんて形式は慣れないから、妙に緊張するな。
「魔法を開眼する方法で一番多いのは、既に使える者との同調だ。
 人が使っているのを感じとり、その感覚を覚え、真似る。
 これが、基礎であり、魔法を覚える上では最大の難関でもある」
「? どうしてですか?」
「今までにも、魔法を見てきただろう?
 同調しろと言われて、具体的にどうする?」
「どう…って…」
そこで、アイシスが言葉に詰まってしまう。
「意識や感覚の問題だから、どうすればいいのか分からない…ってことだ」
答えを出すと、自分の答えと確認するようにアイシスがゆっくりうなずく。
反応一つを見ていても、理解の度合いが分かって、なかなか面白い。
「じゃあ、どうすれば…」
「俺の場合は、師匠たちに隣でひたすら魔法を使ってもらった」
それ以外にも、魔法を取り入れた実戦形式の訓練もあったが、それは伏せておこう。
同じ事をしたいといわれても、師匠たちのように適度な手加減ができる自信がない。
「同調できるようになれば、私も先生みたいに使えるようになるんですか?」
「そうだな、干渉できるようになるのが、第一歩だ」
「かんしょう?」
「例えば、俺が使った風の魔法に対して、その風向きを変えたり…とかな。
 炎、水、土なら、その形を変えることを練習する。
 そのうち、最初から全て一人で出来るようになって、魔法を習得したことになるわけだ」
自然を操作することと、ガイやセレノアのように何もない場所に炎を生み出すことは、少し違うが…。
一度に説明しても混乱するだけだろうな。
思い出してみれば、師匠たちの説明も、ある程度ごとに区切られていた。
「じゃあ、これで覚えられるのは、風を操る魔法なんですか?」
「そうなる可能性は高いが、断言はできないな」
「クレア師匠は水の魔法の使い手だったが、俺は風だ」
…といっても、あいつのおかげで、風の魔法だって嫌というほど浴びていた…か。
俺が魔法を使えるようになったのは、あのおかげかもしれない。
「まずは、深く考えないで試してみるといい。
 分からなかったら、そのときにまた聞いてくれ」
風の魔法を使って地面の枯れ枝を弾き、左手で受け止める。
発動させる場所、角度、威力、調整しなければならないものは数え切れず、手で拾うほうが数段楽だ。
生えている木々を傷つけないように、落ちている枝だけを選り抜いて魔法を放つ。
使う間隔を狭めれば連射の訓練にもなるし、単純なのに意外と奥が深い。
「………」
困惑顔で、アイシスが枝の行方を目で追いかける。
だが、どうしていいのか分からないという戸惑いが、顔に浮き出ていた。
「難しいだろう?」
「はい。魔法を感じるって、風を感じればいいんですか?」
「いや、むしろ風ではないものを感じるべきだ」
「風ではないもの?」
「俺が魔法で起こした風と、自然に生まれる風は、同じじゃない。
 その違いの根源が、魔法の力と呼ばれるものになるそうだ」
自然を操るような魔法は、ほとんどがそういう扱いをされている。
自然に干渉している魔法の力を理解し、その流れを自分でも動かせるようにする。
それが、魔法の習得につながる。
「先生は、どれくらいで出来ましたか?」
「本格的に魔法の訓練を開始してから十日くらいで、きっかけをつかんだ。
 練習を重ねて、初めて干渉できるようになるまでは、二十日くらいだな」
不安げな顔で、アイシスが黙り込む。
どうしても比べてしまうだろうから、少し長めに言っておけば良かったかもしれないな。
「心配しなくてもいい。
 アイシスが諦めない限り、出来るようになるまではつきあうから」
「ありがとうございます」
アイシスには、もう少し自信を持って欲しい。
俺の隣にいるせいで、あれだけ特殊な環境を抜けてきたんだから。
「案外習得は早いかもしれないぞ。
 最近は、質の高い魔法をたくさん見たことだしな」
「質の…高い?」
「レオンにセレノアにガイ、魔族でも屈指の使い手を見る機会に恵まれただろう?」
「あまり、恵まれたくなかったですけど…」
アイシスが苦笑いしながら、そうつぶやく。
最近は口数も増えてきたし、表情もよく変わるようになった。
会話に関しては悪い見本の俺が言うのもなんだけど、いい傾向だと思う。
「もう少し、風に近づいてもいいですか?」
立ち上がったアイシスが、おっかなびっくり歩き始める。
俺は、慌てて連発していた魔法を止めた。
「…ちょっと待て、風の方向と威力を考えるから」
「? どうしてですか?」
「困るだろう、アイシスが」
「?」
どう言えばいいのか迷った俺の視線が、無意識にアイシスのスカートに向かう。
「…!」
それに気付いたアイシスが、あわててスカートを両手で抑えた。
頬を赤くしたアイシスなんて、今まで見たこともない。
気まずい沈黙を終わらせるために、俺は風の魔法の使い方を必死で考える。
本当に…最近は口数も増えてきたし、表情もよく変わるようになった。
俺の方がどうしていいのか困るほどに。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ