挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
DAGGER 戦場の最前点 作者:BLACKGAMER

DAGGER -戦場の最前点-

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

4/129

02章 戸惑う少女-1

【ティスト視点】

「この部屋でいいか?」
アイシスを寝かせていた二階の空き部屋、俺の部屋と同じぐらいの広さだし、日当たりも悪くない。
「でも、ちょっとお掃除したほうがいいかもね」
カーテンをあけると、部屋の中を舞う埃が照らされる。
ほとんど使わないから、少し掃除が雑になっていたのは、否定できないな。
「これからしちゃおっか?」
「いいです。掃除ぐらい、自分で出来ますから」
「そだね、アイシスちゃんの部屋だもんね」
「私の…部屋」
慣れない響きというように、アイシスが繰り返す。
その顔は、戸惑いでいっぱいだった。
「じゃあ、お掃除がいいなら、ロアイスまで買い物に行かない?」
「そうだな」
人が一人増えるなら、それだけ必要な物も増える。
俺の物を使いまわしてもいいが、アイシスのために一通り揃えたほうがいいだろう。
「そういえば…ユイが持ってきてくれたのって、日持ちするのか?」
「うん。この寒さだし、2~3日は平気だと思う」
「なら、行こうか」
「………」
俺とユイが廊下へ向かおうとしても、アイシスだけは動かない。
その場で俯き、じっとしていた。
「アイシス?」
「私は…いいです」
必要最低限、そう思えるような小さな声で、アイシスが答える。
だけどそれは、俺たちへの明確な拒絶の意思だ。
「でも…」
そこで言葉を区切って、ユイが口をつぐむ。
どう言えば、アイシスに話を聞いてもらえるのか、悩んでいるんだろう。
無理強いをすれば、かたくなになる。
だからといって、このままユイと二人で行けば済む問題でもない。
「体調が悪くないのなら、ロアイスまでの道は今日中に覚えておいたほうがいい。
 このあたりの地理は、アイシスも把握しておくべきだしな」
「…わかりました」
にぎやかなところは苦手で、そこに行くなら自分を納得させる理由がいる。
相手と少し距離を置くことで、自分にとって安心できる位置が確保できる…か。
昔の自分を意識して考えた説得が通じても、素直に喜べないな。



小屋を覆うように立ち並ぶ木々の間を抜けて、ようやく街道に出る。
眩しく輝く太陽は、もう一番上を過ぎていた。
心地よい風が草原を抜けて、草の波が体を揺らして音を立てる。
「いい風だな」
「うん」
目を細めて笑うユイの横で、アイシスは静かに辺りを見回していた。
「あれが、ロアイスですか?」
「ああ、迷わなくていいだろ」
遠目にロアイスの城壁が見えているのに、歩くと案外距離がある。
この時間からだと、夕方までにつけるかどうか…だな。
「行きはいいが、問題は帰りだ。
 森に入る場所は目印がほとんどないから、覚えておいてくれよ」
「はい」
通ってきた道も、いくつかある獣道の一つにしか見えないから、思ったよりも間違えやすい。
この辺りの森でも、変に深入りして迷うと冗談ではすまないときがあるからな。
「さて、行くか」
いつもは一人で、たまにユイと二人で歩くこの長い街道。
少し離れて歩くアイシスを気にしながら、速度をあわせてゆっくりと歩いた。


【アイシス視点】


夕日が、大通りを真っ赤に照らしている。
寄り道や回り道をしたわけでもないのに、もうこんな時間だ。
あの家からここまで、真っ直ぐに歩いてきただけなのに、かなりの距離があった。
昨日、どうやって私をあそこまで運んだんだろう?
あの小屋には、馬もいなかったのに…。
聞いてみようとしても、あの人はここにいない。
この服屋まで私たちを送ると、他に買うものがあるって、どこかへ行ってしまった。
「どう? 欲しいの見つかった?」
「…あの、本当に、服なんていりませんから」
「でも、ずっとそれを着てると、辛いでしょ?」
たしかに、胸当ては薄っぺらなのに重いし、生地の肌触りも悪い。
でも、お金がないんだから、しょうがない。
「これはどう?」
ずらりと並ぶ服から、一枚を手に取って私の前で広げてみせる。
この人が着ている服の桃色を淡くしたような色合いのワンピース。
「…いえ」
さっきから、同じ返事しかしていない。
だって、買うつもりがないんだから、しょうがない。
「そっか」
無理に押し付けようとせず、あっさりと引き下がって、また服を選び始めた。
私が選ぶまで終わらないのかと思うと、イヤになる。
やっぱり、買い物になんて、来るべきじゃなかった。
服がなるべく多く見せられるように並べてあるから、通路も狭い。
私とすれ違う人たちが、視線で邪魔だと文句を言ってくる。
早く、店から出たい。
「アイシスちゃん、好きな色は?」
「…ありません」
「じゃあ、服の好みは?」
「…ありません」
ここで買い物をしている人たちみたいに、着飾ることに使うお金なんて、私にはなかった。
それに、女らしい服を着てみたいと思ったこともない。
「んー。なら、あたしが選んでもいい?」
「無駄使いはやめてください」
私の言葉に返事をする代わりに、悲しげな顔を返してくる。
私は、そんな顔を向けられる立場じゃない。
「どうして、私なんかにお金を使おうとするんですか?
 そんなもの、もらっても、どうやって返したらいいか…」
「律儀だね」
私の言葉を遮って、笑う。
「何がですか?」
「誰かにしてもらったことを真剣に考えてるのは、アイシスちゃんがいい子だからだよ。
 感謝の気持ちがないと、してもらったことを忘れちゃう人もいるんだから」
いい子? 私が?
そんなはずない。
「ふざけてるんですか?」
「ふざけてないよ」
ゆっくりと首を横に振って、私の目を見る。
敵意もなく、とても自然なあの人の顔は、嘘でも冗談でもないことを表していた。
「恩って、売れないの。相手が買ってくれないとね」
ちょっとお姉さんぶった感じの、優しい笑顔。
たしかに、私が気にしなければ、何をしてもらっても返す必要なんて…ない。
「『どうして、私なんかにお金を使おうとするんですか?』だったよね?
 ティストに頼まれたから…じゃ、理由にならない?」
「え?」
「ティストもね、アイシスちゃんと同じで、誰かにお願いしたり、頼ったりするのは苦手なの。
 やれることは全部自分でやるし、やれないことも一人で出来るように頑張って。
 良いことだと思うけど、あたしはちょっと寂しい。
 だから、ティストがあたしにお願いしてくれたことが嬉しいの」
「こんな面倒ごとを頼まれるのが、そんなに嬉しいですか?」
頼るなんて、結局は押し付けるだけ。
押し付けられた方には、何の利益もない。
「好きな人に頼られるのは、迷惑じゃなくて嬉しいことだから」
何でこんなことで、そんなに嬉しそうな顔が出来るんだろう。
これじゃあ、私だけが馬鹿みたいだ。
「だから、アイシスちゃんは迷惑かもしれないけど…。
 もう少し、付き合ってくれると嬉しいな」
優しく手をとられて、奥のほうへと連れて行かれる。
ドレスやスカートには、目をひくリボンやフリルが付けられている。
名前も知らないほど、私には縁のなかったものばかり。
逆らう気にもなれなくて、黙って後をついていった。


【ティスト視点】


「邪魔するぞ」
声をかけても、返事はまるでない。
接客も何も、あったものじゃないな。
持ち主を求めて、あるいは持ち主と別れて、雑然と並べられているたくさんの武器たち。
研ぎ澄まされた刃は、薄暗い部屋の中で鈍い光を放っていた。
久しぶりに来たが、まるで変わっていないな。
活気どころか人気さえないのに、これでも店として成り立つのだからすごい。
「いないのか?」
問いかけても、返事をしてくれる店員の姿はない。
しょうがないから、並べられた武器を端から眺めていく。
「斧や槍じゃ、振り回されるだろうな」
そもそも日常で持ち歩けなければ、武器なんて意味をなさない。
あのぐらいの体格の女の子が持つなら、小型の武器やロッドぐらいが妥当だろう。
技術を要するものなら、鞭、弓矢、ブーメランなどの中距離から遠距離での戦闘用。
だが、師事する人間もいないし、俺が使えないものを教えることはできないし…な。
「なんにしても、まだ…だな」
今のあの子に必要なのは、武器じゃない。
急いで順序を狂わせるよりも、まずはそのあたりから教えないと…な。
「なんじゃ、新しい武器に興味が出たか?」
「…べつに」
ようやく店の主のお出ましだ。
名人や名工と呼ばれる者は、執着、没頭するうえに妥協を許さない…だから、孤立する。
ご多分に漏れず、ロウ・エンゲイといえば、ロアイス最高の…と称されながら、客にも周りの人間にも恵まれない。
不機嫌そうな顔のままで、こちらに手を伸ばした。
「で、誰と刃を交えたんじゃ?」
「誰とも」
「貴様、けたか?」
「誰かと刃を交えたら来いと言われたのは覚えている。
 だが、俺は今のところコイツの世話になってない」
ダガーに手を添えると、ロウが目つきを厳しくした。
「だから呆けたかと聞いている。
 いくら岩に叩きつけようが、木を切りつけようが、振り回そうが、そんな行為に意味はない。
 真剣に刃を交え、そこで打ち勝ってこそ、初めて意味があるんじゃ」
「説教はよしてくれ、今日は買い物に来たんだ」
「買い物…じゃと?」
「以前に、俺の食器を用意してくれただろう?
 あれと同じものをもう一式、ほしい」
「少し、待っておれ」
種類ごとに分けてあるのか、ロウが部屋の中を動き回りながら必要なものを取り出し、綺麗な布巾で拭っていく。
その目つきは真剣そのもので、まるで戦っている最中のようだ。
「客は入ってないのか?」
「月に、二、三といったところかの」
まるで気にしていないと言った風に、ロウが答える。
「それで、大丈夫なのか?」
「十分じゃ。雑多な注文を受けるつもりはないからの」
「雑多な注文?」
「剣を何本、槍を何本、斧を何本用意しておけ…などと、ふざけたことを抜かす痴れ物どものことじゃ。
 しかも、箱詰めにした武器を使い、用が済めばまた箱へと戻しよる。
 自分の武器を持たず、手入れもほとんど行われない。
 磨耗し壊れれば次へと変える…まったく、ふざけた話じゃ」
「それは…クリアデルの話か?」
「城の兵士たちも、さほど変わりない。
 城にあるのは、武器庫ではなく物置じゃからな」
苛立ちを隠そうともせずに、吐き捨てるようにぼやく。
よほど、見てきた光景が我慢ならなかったのだろう。
「平和主義を貫くのは勝手じゃが、戦いに対する距離がそれを生ませたのじゃ。
 自分で選びもせずに、支給される武器を使うなど、気が違えているようにしか思えん。
 そもそも、店で手に取らずに武器を得ること事態がおかしいことに、なぜ気づかんのじゃ?
 使い手の能力、体格や腕力によって、あわせた武器を選ぶからこそ意味がある。
 もしあわないのであれば、あわせるように作るからこそ意味がある。
 単なる金属の塊が欲しくば、他所へ行けばいい」
自分で考えて選ぶことも、使い手にあわせた武器を選ぶことも大切。
自分の命を預けるものなんだから、それは、たしかに当然のことなんだろう。
「俺は、師匠からこれを受け取っただけで、考えたこともなかったな」
師匠からダガーを渡されてから、ずっとこいつを握り続けている。
使っては鍛えてもらい、手入れをして、共に生きてきた。
「お前さんの場合は選択の余地がなかったんじゃ、考える必要もない。
 だから、武器に関する注文は、全てワシがそいつに反映させてきたじゃろうが。
 断言してもいいが、それ以上にお前さんの手に馴染む武器など存在せんわい」
そこまではっきり言われると、かえって気分がいいな。
自分の手がけた物への絶対の自信とこだわり、だからこそ、使い手も気分よく使える。
やはり、アイシスの武器を頼むとしたら、ここしかない。
「ほれ、持っていけ」
「代金は?」
「お前さんの師匠たちから、もう受け取っておるわい」
「…そうか」
してもらう一方で、師匠たちには何も返せていない。
こんなことじゃ、いつまで経っても恩返しができないな。
「お前さんが気づいておったか知らんが…。
 食器に刻まれているのは、セイルスの家紋じゃ。大事に使ってやれ」
何気なく付け足された言葉に、胸の奥が熱くなる。
師匠たちの家紋が…俺の食器についているなんて、気にしたこともなかった。
「ありがとう」
手渡されたものを片手にさげて、小さく礼をする。
ロウに…そして、俺のために用意してくれた師匠に対して。
「そのうち、本業を頼みにくるかもしれない」
「誰のものじゃ?」
「俺と刃を交える者…かな」
「なんじゃと?」
「あくまで可能性だが…な」
怪訝な顔のロウにあいまいに答えて、薄暗い店を出た。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ