挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
DAGGER 戦場の最前点 作者:BLACKGAMER

DAGGER -戦場の最前点-

39/129

12章 嘆(なげ)く少女-1

【アイシス視点】

「はぁ…はぁ…」
満身創痍な先生が、どうにかリビングの椅子に腰掛ける。
風の吹く道を歩いてきたのに、額には汗が浮かんでいた。
歩くだけで、こんな状態なんて…。
痛くなる胸を、押さえつける。
罪悪感なんてものが自分にあるなんて、最近まで知らなかった。
「大丈夫?」
「ああ…すまない。ユイのおかげで、助かった」
来てもらって本当に良かった。
途中で先生が動けなったときにも、ユイさんの治癒の魔法のおかげで、どうにかなった。
私一人だったら、座り込んだ先生を前に戸惑うだけで、何もできなかったと思う。
「ユイも休んでくれ。俺以上に、ユイのほうが辛いだろう?」
「…そんなこと」
「甘い会話はそのくらいにして、少し寝なさいな。
 お互いを気遣えるほどの余裕もないでしょう?」
「…はい」
「素直でよろしいわね。ベッドまで頑張れるかしら?
 それとも、連れて行ってほしい?」
「いえ、大丈夫です。今日は、ありがとうございました」
痛みをこらえて立ち上がった先生が、深々と一礼する。
そのまま、足を引きずって階段を上がっていった。
「ったく、上出来だな」
「まったく意地っ張りなんだから」
階段の下から見守っていた二人が、楽しそうに笑いあう。
ここまで来る時も、この人たちはそうだった。
手を貸そうか? と言ったのは、ライズ&セットを出るときの一度だけ。
後は、先生が座り込んでも、同じ笑顔でずっと見ているだけ。
助けるのではなく、見守る。
それは、とても難しいことに見えた。
「ユイ、あなたも寝なさい」
「あたしは…」
「ティストちゃんも言ってたでしょう?
 あれだけ治癒の魔法を使って、疲れないわけないわ」
「でも…」
「花嫁修業は、起きてからでも出来るでしょ? さっさとティストちゃんの毛布にもぐりこんできなさい」
「そ、そんなことしないよっ!!」
真っ赤になって抵抗するユイさんの背中を押して、階段を登っていく。
ああなったら、絶対に逆らえないのは、私でも分かる。
「アイシス、お前も寝とけ。
 晩飯は用意しといてやるから、後で食べろ。
 作り終わったら、俺たちは帰るからな」
「はい。ありがとうございました」
先生の分まで…そう思って、精一杯頭を下げた。


目を閉じて、浅い眠りを繰り返す。
どれだけ頑張っても、身体が熟睡してくれない。
あの二人みたいに疲れていない私が同じように眠るのは、何か間違ってる気がする。
暖炉に火を入れておくことくらいなら、私にだって、できる。
そう思って、毛布を持ったままベッドから降りた。


暖炉に火を灯す。
もう、ラインさんもシアさんも帰った後…か。
台所のほうから、食欲をそそるいい匂いがした。
「………」
見たら食べたくなる。
だから、暖炉前の椅子に腰を下ろして、毛布に包まった。
焚き木の燃える音が、心地いい。
じんわりと背中に広がる熱を感じて、目を閉じる。
うたたねでもしないと、空腹が誤魔化せそうにない。
食事が楽しみなんて、いつからだろう?
前は、絶対にそんなことなかった。
だって、クリアデルにいたときは、本当に酷かったから。
目を閉じると、勝手にその時のことを想いだしてしまう。


机とは呼べない粗末な台。
長机なんて高価な物を用意できるはずがないから、継ぎ接ぎだらけで、所々で高さが違う。
食べこぼしの跡、食器でつけられた傷、いびつなへこみと剣傷で、どこもボロボロになっていた。
小汚いトレーに載せられた、一人分のえさ
それが、隣と肩が触れあうぐらいの間隔で、敷き詰められている。
家畜と変わらない。
雑然とした部屋の中は、いつだって音が途切れない。
得意気な自慢話、気だるげな愚痴、怒声に混じって食器の割れる音とそのたびに上がる歓声。
そして、餌を咀嚼そしゃくする汚らしい音。
入り口から一番遠い部屋の隅。
そのテーブルの一番端が、ここで最下層の私の定位置。
ただ、黙って目の前の物体を口に運ぶ。
味覚と嗅覚なんて、ないほうが幸せかもしれない。
イヤな臭みのある食べ物を、いつものように呼吸を止めて、なんとか口にする。
口の中で広がる、醜悪な味。
食欲なんてかけらもないけど、少しでも口に入れないと身体がすぐに衰弱する。
あの頃は、食事をすることが苦痛だった。
一人で、無言で食べられるときは、まだ良い方だ。
周りの喧嘩に巻き込まれたり、酔っぱらいに延々と文句を言われたり。
そんなことをしているうちに、疎外されることがささやかな幸せと思い込んでいた。
その価値観も、この家に来て、全て壊れてしまった。
いつからだろう?
食事の時間が待ち遠しく感じるようになったのは。
食事の時間に話をするのを、悪くないと思うようになったのは。
全ては、ここに来てからだ。
先生に会ってから…。
私は…。
「アイシス」
そう、この声。この声が、私を…。
「アイシス、寝てるのか?」
「?」
考え事を止めて、目を開ける。
向かいの椅子には、先生が座っていた。
「え? せ、先生!?」
突然のことに、声がうまく出ない。
ドアを開けたのにも、足音にも、まるで気づかなかった。
「起きたんですか?」
「喉が渇いて…さ」
「すぐに水を持ってきますね」
「コーヒーも頼めるか? 水だけじゃ身体が冷えるし、何より味気ない」
「はい」


「ありがとう」
向かいに座る先生は、美味しそうに私の淹れたコーヒーを飲んでいる。
どうして平気で飲めるんだろう?
ミルクを入れても、こんなに苦いのに。
「大丈夫ですか? 先生は、暖炉に近いほうが…」
「そこまで病人扱いしないでくれ。
 それに、アイシスの指定席を取るつもりはない」
指定席…そういえば、いつの間にか、ここに座るのが当たり前になっていた。
先生と座るときは、いつも暖炉のほうを…あったかい方を私にくれる。
「ユイは?」
「眠ってると思います」
「そうか」
浮かない顔で、ため息をつく。
自分が原因で、誰かが傷ついた時のその気持ちが、今なら少しだけ分かる。
「話があるんだが、いいか?」
「…なんですか?」
どうしたんだろう? こんなに改まって。
「ライナスと師匠たちにお願いして、アイシスに魔法を教える許可をもらってきた。
 だから、アイシスが望むなら、今後の訓練に魔法も加えるが…どうする?」
さらりと告げられた言葉を理解できなくて、自分の中で繰り返す。
私に、魔法を…そのために、王子様たちにお願いをしてきた?
あまりにとんでもない話で、実感が沸かない。
病み上がりでも、報告をしなきゃいけないから、城に行ったと思ってた。
なのに、そんなときまで私のことを気にかけてくれて…。
「いいんですか? 私なんかが魔法を教わって」
「そのために許可をもらったんだ。気にすることはない」
「ありがとう…ございます」
いつも、同じ言葉ばっかりだ。
先生は、色々なことをしてくれるのに、私が返す言葉は一つだけ。
本当は、もっと喜べばいいんだろうけど…。
どうすれば、私が喜んでいると分かってもらえるのかも、よく分からない。
それに、考えて口にすれば、どんな言葉でも安っぽくなってしまう気がする。
「よろしくお願いします」
結局、行き着くのは無難な言葉。
言葉の少なさが、自分でも嫌になる。
それでも、先生は笑顔を返してくれた。
「なら、ユイが起きてくるまで、少し話そうか。
 魔法を教わるものは、最初に警告を受けることになってるんだ」
「警告…ですか?」
「ダガーを振り回すだけでも疲れるのに、魔法なんて力を使うことが身体にいいはずがない」
 相応の負荷があるのは、ユイを見ても分かるだろう?」
先生の深刻な声に、胸の奥を押されたような気分になる。
魔法を使うときの危険性なんて、ほとんど考えていなかった。
「それって、魔法を使うとひどく疲れるとか、そういうことですか?」
「そうだな。それもあるが…。体力を奪われるだけで済む保証はない」
「え?」
その言葉が不安を誘う。
みんな、そんなに危険なものを使っていたの?
「アイシスは知らないみたいだが、魔法による反動は、いくつも例があるんだ。
 だが、実際に魔法が原因と断言できないものも多くて…な」
困った顔で先生がカップを口元へ運ぶ。
つられるように、私も自分のコーヒーに口をつけた。
さっきよりも、味が苦い気がする。
「たとえば、魔法のせいで五感が鈍ったと言ってる人がいるんだが…。
 感覚なんてものは、本人にしか分からないから確かめようがない。
 それに、酷使したり年を取れば、その部分が急激に衰えることもあるだろう?」
「魔法の悪影響と決め付けられない…ってことですか?」
「そういうことだな」
私の反応が良かったのか、先生が嬉しそうに笑う。
なんだか、照れくさい。
「でも、魔法にそんな深刻な影響があるなんて…なんだか信じられません。
 クリアデルでも魔法を使う人はいましたけど、そんなことを気にしてるようには見えませんでした」
「使わないと上達は望めないが、訓練だけでも身体には負荷が掛かる。
 まあ、そんなことをいえば、肉体の鍛錬だって似たようなものだ。
 足を酷使して歩けなくなったり、訓練の最中に致命傷を負うことだってあるだろう?」
言われて見れば、戦闘訓練である以上、危険なんて尽きない。
先生のことを信じすぎて、最近は、そんな当たり前のことを忘れていた。
「他には、運が悪くなるなんていう、突拍子もない話もあったな」
「運が悪く? どういう意味ですか?」
「熱心に魔法を研究していた貴族が失脚して、そういう噂が流れた。
 魔力の源泉となったのは運で、それが尽き果てたために身を滅ぼした…とな。
 そのおかげで、一時期は魔法を覚えようとする貴族が激減したそうだ」
暖かかった身体が、休息に冷えていく。
それが本当なら、私には無理だ。
絶対に。
「どうした?」
「運が魔法の原動力なら、私に魔法は使えません。
 だって、私は…」
自分で言うのも情けなくなるくらい、幸運からは見放されている。
もし使えたとしても、威力が高まるはずがない。
私にはないものを使うなら、当然だ。
「決め付けるよりも前に、試してみればいい。
 俺よりも、よっぽど大きな幸運の持ち主かもしれないだろう?」
先生の穏やかな声が、ゆっくりと私の背中を後押しする。
いつもそうだ。
この優しい声に、私はいつも助けられる。
「先生は、なんともないんですか?」
私の知る限りでも、戦闘のときに何度も魔法を使っている。
武器では出来ないことを、先生の魔法は可能にしていた。
癒しの魔法を受けているにしても、身体にとてつもない負荷が掛かっているはずだ。
「たしかに、俺も幸運は足りてない気がするな」
自虐的に口元だけで笑う。
私の勘違いかもしれないけど…そのときの先生は、驚くほどに悲しい目をしていた。
「それ以外だと、俺の場合は…」
言葉を区切って、先生が周りを見回す。
それからテーブルに身を乗り出して、私にしか聞こえないように声を潜めた。
「年に一度くらい、高熱を出して倒れる。
 二、三日の間は、満足に動くこともできなくなってるな。
 他の人には言わないでくれ。ユイにもな」
心配させたくないから、という続きが聞こえてきそうで、素直にうなずく。
きっと、ユイさんは話してほしいだろうけど、黙っていたい先生の気持ちも分かる気がする。
「でも、魔法が悪影響だけってこともない。
 ちょっと話は変わるが、魔精石なんかは、持っているだけでも便利だしな」
「ませいせき?」
「そうか。アイシスには、秘密にしたままだったな。
 ダガーと鞘に、それぞれ細工が施してあるだろう?」
テーブルの上に、自分のダガーを置いてみる。
たしかに、柄や鞘に装飾として、いくつも宝石がはめ込まれていた。
「この宝石のことですか?」
「ああ、赤、青、緑、黄の四色は、炎、水、風、土の魔法を収束させて作ったものだ。
 それを肌身離さず持ち歩くことから、魔法の訓練が始まるんだが…。
 持っているだけで魔法への耐性もつくから、勝手につけさせてもらった。
 まあ、本来の用途は、その属性の魔法の威力を高めるためなんだけどな」
先生は、引き出しの奥にしまっていた、使い道のない宝石みたいなことを言ってたのに…。
そんなに大事なものだったなんて…。
「じゃあ、この透明な宝石もそうなんですか?」
周りのものよりも一回り大きな、透明な石。
色があるものは属性を意味しているのは分かったけど、無色はそれに当てはまらない。
「ん…ああ。そっちは、全部の属性に対応してるんだ。
 普通の魔精石よりはレアだから、無くさないように気をつけてくれ」
「これが…」
さらりと告げられた事実に、うまく驚くことすらできない。
このダガーを通じて、私は、ずっと先生に護ってもらっていたんだ。
私なんかを、そんなにまで気遣ってくれているなんて、知らなかった。
「…ありがとうございます」
「俺が勝手にやったんだから、気にしなくていい」
照れ隠しなのか、先生がぐいっとコーヒーを飲み干す。
カップをテーブルに静かに置くと、私の目をまっすぐに覗き込んできた。
「俺の説明はこんなところだが、どうする?」
「? 何が…ですか?」
「生きるために必要だった俺とは違う。
 魔法のせいでアイシスにどんなことが起きても、俺はたぶん何もしてやれない。
 だから、アイシスが魔法を覚えるかどうかは、自分で決めてくれ」
ここまで準備をしてくれたのに、私に意志を聞いてくれる。
私の返事ひとつで、先生のしてくれたことは全部無駄になるかもしれないのに…。
それなのに、先生はあくまでも私に決めさせてくれる。
「アイシスの気が向いたときに始めるでも、俺はかまわない。
 別に急ぐ理由もないからな」
考え込んでいる私に、優しい言葉が降り注ぐ。
違う。
魔法を覚えたほうがいい理由なんて、いくらでもある。
戦いに有利だし、戦闘の幅も広がる。
こんな私でも、少しくらい役に立てるかもしれない。
それに、先生が私なんかのために、わざわざ頭を下げて頼んでくれたんだから。
「あの…」
ただ、その言葉に責任を持つ勇気がないから。
その言葉を口に出すのが恥ずかしいから。
「私は、人よりも覚えるのが遅いから…だから、明日からお願いします」
私の返事は、これでいい。
後は、少しでも早く、魔法を使えるようになるだけ。
強くなりたい理由は、前よりも分からなくなった。
だけど、強くなりたいという気持ちは、前よりもずっと大きくなってる。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ