挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
DAGGER 戦場の最前点 作者:BLACKGAMER

DAGGER -戦場の最前点-

37/129

11章 抗(あらが)う少女-4

【アイシス視点】

ライズ&セットに戻ってきてから、ずっと枕に顔をうずめている。
動く気にもならない。
先生の治療は、他の部屋でやっている。
私がそこにいたって、できることなんでない。
見ているだけの私は役立たずで、邪魔になるだけ。
「………」
ため息さえ、出ない。
何をしても失敗する、迷惑ばかりを生み出す。そんなのは、言いがかりだと思っていた。
私がそんな風に言われてるだけで、そんなことはないと思っていた。
だけど、違った。
私は、本当に最低なんだ。
何も出来ないし、何の役にも立たない。
セレノアさんの助けがなければ、先生は…。
傷だらけの先生が浮かんで、頭の中があの血の色に染まる。
私の痛みなんかとは、比べ物にならない。
一撃で、私は痛みにうずくまっていたのに。
先生は、逃げ場のない状況で、あの二人を相手に引き下がらなかった。
もう少しで、死んでいたかもしれない。
その原因を作ったのは、私だ。
先生のことは、心配。
何もできないし、何が変わるわけでなくても、隣で先生のことを見ていたい。
でも、どんな顔して先生に会えばいいのか、分からない。
ここまでの失敗をして、こんなに酷い目にあわせて、会わせる顔なんてない。


ノックの音?
あれ? いつの間にか寝てたんだ。
先生を心配する気持ちよりも眠気の方が強いなんて、情けない。
ユイさんが戻ってきたのかな?
「起きてるか?」
「先生!?」
振り返れば、先生がドアのところに立っていた。
頼りない足取りで部屋を歩き、ゆっくりと椅子に腰掛ける。
寝ているままではいられなくて、私もベッドに座りなおした。
「もう大丈夫なんですか?」
「まあ…な」
返事をする声には、いつもの声量がない。
声も満足に出せないのに歩いたりして、なんて無茶を…。
「まだ無理じゃないですか、部屋に戻らないと」
「ああ、目的も果たしたし…な」
「え?」
目的? なんのこと?
「顔を見られて安心した。アイシスが無事で良かった」
先生の穏やかな笑みに、頭の中が真っ白になる。
傷だらけの身体で、足をひきずって、先生は私の心配をして、ここまで来てくれた?
先生の看病もせずに、ただ寝転がっていた自分が情けなくなる。
「すまなかったな。一人で行かせたせいで、辛い思いをさせて…」
「どうして謝るんですか? 先生は何も悪くないのに」
震えそうになる声を、必死に抑えつける。
ちょっとでも気を抜けば、泣き出してしまいそうだった。
「あれは、俺の判断ミスだ。
 それでアイシスを危険に晒したんだから、謝るのは普通だろう?」
「悪いのは、私です。
 結局、動かないといけないときに、何も出来ないなんて…」
私は何も変わってない。
先生に教えてもらったところで、私は私のままなんだ。
「自分に刃を突き立てる癖は、早いうちに直した方がいい。
 手遅れになると、俺みたいになるからな」
あの不器用な笑顔で、先生が笑う。
困ったような、自分に呆れるような、私には、とても複雑に見える笑みだ。
「人は、転ぶ。
 転んだときに誰かに寄りかかるかもしれないし、誰かがいないと立ち上がれないかもしれない。
 アイシスが転んだら、俺が受け止める。
 それじゃ、ダメか?」
いつの間にか、先生はすぐ目の前に立っていた。
声が、はっきりと私の耳に届く。
先生の声は、とても優しい響きで、私の奥まで入り込んできて…。
その優しさに照らされて、無力な自分が浮き彫りになる。
「これまでにも、先生には迷惑ばかりかけて…。
 あれだけ先生に教えてもらったのに…私、肝心なところで何もできなかったっ!!」
大きくなる声を、自分でも止められない。
これだけ後悔があるのに、あのときは、恐くて動けなかった。
防ぐだけで、攻撃しようと思わなかった。
攻撃しようとして反撃されたら…そう思うだけで恐かった。
それは、相手を倒すことよりも、自分のことを大事にしたから。
あれだけ私のことを受け止めて、支えてくれた先生よりも、自分のことを取ったからだ。
「でもな、アイシス」
ふわりと手のひらが髪を揺らす。
暖かい手が、私を落ち着かせるように頭を優しく撫でてくれる。
「俺も、転んでばっかりなんだ。
 だから、俺が転んだときは、今回みたいにアイシスが支えてくれよ」
涙がこぼれた。
自分が殴られたことよりも。
あいつらに負けたことよりも。
先生に怪我をさせたことが、悔しかった。


【ティスト視点】


「よう、話ぐらいはできるか?」
突然半開きになったドアから、ラインさんが顔をのぞかせる。
申し訳ないが、ベッドに寝たままでの返事で、勘弁してもらおう。
「ええ、大丈夫です。今回はありがとうございました」
「礼なんていらねえよ。ちょっと邪魔するぜ」
いきなりドアが全開になり、どさっという鈍い音がする。
「お前らは…」
床には、両の手足を縛られた、リントとフェイの二人が転がっている。
加減の余裕なんてなかったが、どうやらあの程度じゃ死ななかったみたいだな。
「俺たちをどうするつもりだよ!?」
「だとよ、どうする?」
もし、アイシスの無事を確認していなかったら、この場で叩き潰していたが…。
今更になって、昨日の恨みを晴らすつもりもない。
問題は一つだけ。
どれだけ痛めつけても、こいつらは反省をしないということだ。
「俺に任せてもらえますか?」
「ああ、いいぜ」
ラインさんが、どっかりと椅子に座る。
俺も寝ていた身体を起こして、ベッドに腰掛けた。


「アイシスと俺たちに関わるな、そう言ったはずだが…忘れたか?」
「………」
「答えろ」
奴らはだんまりで、俺の顔を見ようともしない。
まったく、馬鹿にされたものだな。
「いい態度じゃねえか、お前ら。
 あれっぽっちじゃ、足りなかったみてえだな」
ラインさんが立ち上がると、途端に奴らが縮み上がる。
以前にシアさんと二人で撃退したときに、どれだけ深い傷を刻み込んだのか分かるな。
「………」
それでも奴らは、頑なに口を閉ざす。
下手な言い訳や出任せの一つぐらい、あってもいいと思うが。
あいつらの表情を見る限り、覚悟を決めた潔さでもなさそうだ。
なんだ? 何を考えてる?
「俺は、尋問なんてまどろっこしい真似が嫌いなんだよ。
 手前らの独断か? それとも…誰かの差し金か?」
ラインさんの声が低さを増す。
聞いただけで身体の芯を揺さぶられるような声音に、空気が固まった。
「話の意味が分からないな。
 気に入らない奴に復讐をするのに、なんで他人が関係する?」
「単独なら、話が早くていい。
 ここでお前らをぶっ殺せば、それで終いだ」
拳を振りかぶりながら、殺意を練り上げられていく。
筋肉がしなり、引き絞った弓矢のように、ラインさんの全身が張り詰めた。
実戦では使いようがない、動かない相手に当てるための渾身の一撃だ。
「遺言があるなら、手早く言えよ」
「ま、待ってくれ」
「この程度の脅しで口を割る馬鹿がどこにいるってんだ!!
 冷静に考えてみろ。わざわざ自分の家で、人間を殺すかよ」
慌てふためく長身に、小さい方が怒鳴りつける。
本人は、冷静でいるつもりなのかもしれないが、それは隠し事をしていますと公言しているようなものだ。
ここまで執拗に俺やアイシスに関わってきた理由が…どうやら、あるみたいだな。
「こいつらが本気で殺すつもりなら、とっくに俺たちは死んでるは…
 …がふぁっ」
最後まで言わせずに、ラインさんの鉄拳が奴を貫く。
くの字に曲がって硬直していた身体が、拳を引き抜かれて、だらしなく伸びた。
拳打で、悶絶ならまだしも、意識を刈り取るなんて芸当ができるのは、俺の知る限りラインさんぐらいだ。
「自分のちんけな物差しに他人を当てはめて利口そうな顔した奴が、俺は一番嫌いなんだよ。
 お前は俺を分かったわけじゃねえ、そう思い込んでるだけだ。
 …で、なんだって?」
次はお前の番というように、ラインさんが拳を向ける。
それだけで、がたがたと奴の身体が震えだした。
「や、ゃ、や、やめ…」
「質問に答えろ」
「り、リンダント卿だっ!!」
裏返った声で、奴が叫ぶ。
聞き取れた名前に、問い返さずにはいられなかった。
「リンダント…って、アイシスの父親か?」
「ああ、依頼主は、あいつのオヤジなんだよっ。
 連れ去った野郎を消して、あいつを生きたままオヤジのところまで運ぶ仕事だ。
 だってよお、多少痛めつけてもかまわないって、こっちは言われてるんだからよ?」
浮かんでいた疑問や驚きが、怒りで塗りつぶされる。
娘を心配した父親の行動…なんて、くだらないことを考えた自分が嫌になるな。
まだ、アイシスを苦しめ足りないのか。
いつまで経っても、どれだけ逃げても、不幸が隣に居座り続ける。
どうすれば、アイシスは解放されるんだ?
「それにさあ、報酬は一生遊んで暮らせるほどの額なんだぜ?」
同情を求めるつもりなのか、こっちの顔色を見ている。
危機感を麻痺させたのは、一生分の金か。
「なあ? 聞かれたことに答えただろ? だから助けてくれよ? な? な?」
「もういい、てめえも黙れ」
「げはぁっ…」
さっきと同じように拳が突き立ち、筋肉が弛緩する。
こうしてみると、本当に死んでいるようにしか見えない。
「気絶…ですよね?」
「当たり前だ、殺す価値もねえよ。さて、こいつらを捨ててこないとな」
荷物を持つような気軽さで、一人ずつ片手で持ち上げる。
大の男二人を軽々と…か、相変わらずだな。
「それと…。
 レジ様とクレア様に事情を話したら、こいつらを城へ渡せとすごい剣幕だったぜ」
「師匠たちが…ですか?」
「ああ、思わず俺が寒くなるくらいの、どぎつい殺気をまき散らしてた」
冗談めかしてラインさんが笑う。
「お前が怪我してるのに自分たちが城から出られないことが、心底気にいらねえんだろうよ。
 動けるなら、明日にでも顔を見せに行って、安心してもらえ」
「いえ、今日にします。歩くだけなら、出来ますから」
「いい返事だ、気をつけて行ってこい」
「はい」
無事を伝えるためだけなら、喜んでいけるが…。
師匠たちには、ガイの話を伝えないといけないからな。
憂鬱な気持ちを抑えて、俺はベッドから立ち上がった。


【アイシス視点】


「おはよ、目が覚めた?」
その声に、ぼんやりとしていた意識が覚醒する。
淡い光が、開けたばかりの目にまぶしい。
「あ、ごめん」
その光が消えて、ようやく椅子に腰掛けるユイさんの顔が見える。
さっきのあったかい感覚は、癒しの魔法だ。
「ごめんね、アイシスちゃんが後になっちゃって…」
「いえ、私はいいですから、先生を…」
「ティストも言ってたよ、自分のことはもう大丈夫だから、アイシスちゃんを見てくれ…って。
 だから、ね?」
「はい」
そう言われてしまうと、断る理由が見つからない。
寝てるままでは申し訳なくて、ベッドの上で身体を起こした。
淡い光を宿した手のひらが、傷口を優しく包む。
その気持ちよさに、思わずため息が漏れそうになった。
眠気が欠片も残っていないし、身体の疲れも取れている。
これも、癒しの魔法の力なのかな。
それとも、昨日の夜に先生にかけてもらった言葉のおかげ?
先生の言葉を聞いてから、すぐに眠ることができた。
「アイシスちゃん、ありがとね」
「何がですか?」
「ティストの応急処置をしてくれたの、アイシスちゃんなんでしょ?」
「先生に言われたことをしただけです。
 不器用で、下手で…そんなの、自分でも分かってます」
情けなくなるくらいに、自分の手は動いてくれなかった。
きっと、ユイさんと比べたら、治療ともいえないものだと思う。
「でも、アイシスちゃんのおかげで、ティストの痛みが少しでも減らせた。
 だから、アイシスちゃんにお礼を言わせて」
その言葉を、素直に受け取れない。
私には、受け取る資格がない。
「あの場にいたのが私じゃなかったら、もっとマシな治療が出来たはずです」
そもそも、先生が怪我をしたのは、私がいたからだ。
私さえいなければ…。
「あのね、アイシスちゃんに聞いて欲しい話があるの」
「なんですか?」
「どんな大怪我を治せる医者でも、その場にいなきゃ何も出来ない。
 だから、誰かと自分を比較するのは、周りに人がいるときだけでいいと思うんだ。
 だって、誰もいなかったら、自分がやるしかないんだから」
「…!」
返す言葉が見つからない。
ユイさんの言うとおりだ。
私が上手いとか下手だなんて、関係ない。
あの場で応急処置が出来たのは、私だけだったんだから。
「なんて、偉そうに言うけどね、あたしも最初は何もできなかったの。
 怪我の治療なんて何していいかも分からないし、血を見るのも恐かった。
 あたしはどうせ下手なんだから、練習しない…って、お母さんに八つ当たりしたら、こう言われたんだ」
 『ユイと二人っきりのときに、ユイの大切な人が怪我をしたら、その人を助けられないのよ? それでもいいの?』って。
 そう聞かれたときには、もうあたしの答えは出てた」
そのときのユイさんの気持ちが、今なら少し分かる。
覚えることに損はない。
応急処置は、自分にだって出来ることなんだから。
「私にも、教えてくれますか?」
「うん、もちろん」
その笑顔は、癒しの魔法と同じくらいに、あったかいものだった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ