挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
DAGGER 戦場の最前点 作者:BLACKGAMER

DAGGER -戦場の最前点-

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

36/129

11章 抗(あらが)う少女-3

【ティスト視点】

顔面に向かって飛んでくる石を、右腕で払う。
威力を逃がすような細やかな力加減もできないから、ただ叩き落すことしかできない。
当たり所を変えているだけで、防御とはいえないな。
「…ッ」
痛みの感覚が麻痺してきたとはいえ、完全に消えるわけじゃない。
右手は指先から二の腕まで赤く染まり、皮膚があちこち破れている。
「どうした? 向かって来ないのかよ?」
「お前ら程度、座ったままで十分だ」
「そうかい。なら、どうにかしてみろよ!」
挑発に乗って突進してくるほど馬鹿じゃないか。
投石なんて安い攻撃、万全なら数秒で打開できるが、この状況ではかなり厄介だ。
使い減りしないし、魔法みたいに疲れないし、致命傷になりにくい。
時間をかけて痛めつけるには、もってこいだな。
「ひひっ、せいぜい逃げ回ってくれよっ!!」
嗜虐性を剥き出しにして、奴らが笑みを浮かべる。
石つぶてを弾くたびに血が飛び散り、自分の腕が磨耗していく。
こんな後手じゃ、我慢比べとも言えないな。
「命乞いでもしてみたらどうだ?
 もしかしたら、助かるかもしれないぜ?」
下卑た笑いを浮かべて、心にもないことを語ってくる。
その顔を見せておいて、俺を生かしておくつもりだなんて、よく言えるもんだ。
「痛いのも、苦しいのも、死ぬのも嫌だが…
 俺の弟子を傷つけた奴に頭を下げるのは、どれよりも嫌なんでね」
「強がったって無駄だぜ。頼みの綱は、もう切れてるんだからな」
不吉な笑い声に、嫌な予感が膨れ上がる。
「どういう意味だ?」
「お前の弟子は、今頃ロアイスの街中でひっくり返ってるぜ。
 ちょっと防御がうまくなったからって、揺さぶったら一撃だ」
「…!」
言うことを聞かない右手を、力任せに動かす。
不出来な握りこぶしから、血が盛大に滴り落ちた。
肉と皮が千切れる音がするのに、痛みはまったく感じない。
後悔もアイシスへの謝意も、この程度の痛みじゃ紛らわすことさえできなかった。
一人で行かせるべきじゃなかった。
間違いなく俺の失態だ。
ごめんな、アイシス。
無事でいてくれよ。
「んだよ、その面はよぉ? てめえの心配のほうが先だろうがっ!」
怒声とともに、交互だった攻撃が同時に、飛んでくる石の数は数倍になる。
身体に当たる石を無視して、動き回る奴らに視線をあわせる。
残された力を防御に残す気なんて、欠片もない。
「そんなにあの女が大事なら、目の前でくびり殺してやればよかったなぁ。
 今から、連れてきてやろうか?」
あからさまな挑発に答えて、怒りが体の奥から噴き上がる。
「逃がすかよ」
体重を預けていた岩から、背中をはがす。
それだけで、気の遠くなるような痛みが走った。
「立てもしねえのに健気に強がって、そんなに死にてえのかよ?
 それとも、本気であんなガキに惚れこんだのかぁ?」
「アイシスは…。あいつは、俺なんだ」
誰かに近づくのが苦手で。
でも、一人が好きなわけではなくて…。
余計な気遣いで、相手との距離を作ってしまったり…。
気を使われると嬉しいのに、どうしていいか分からなくて…。
だから、放っておけない。
どうして欲しいのか、どうすれば嬉しいのか。
俺は、その答えを知っているから。
「自分を大事にして、何が悪い」
「はぁ? 何を言ってやがる?」
「やれやれ。血を流しすぎて、ついに狂ったか」
分からないだろうな。
分かって欲しいとも思わない。
なけなしの力を、全て右手に集める。
後のことを考えるつもりは、欠片もなかった。


【アイシス視点】


街道から草原を抜けて荒野へ。
三人とも、すさまじい速さで駆け抜けていく。
私は、ラインさんの腕に抱かれながら、必死に方向だけを指差していた。
今までに見たこともない速度で、景色が後ろへと流れる。
もう、大分近くまで来ているはずだ。
「どっちだ?」
「え…と…」
方角は、何度も確認してきたのに…。
案内する道が本当に正しいのか、確信が持てない。
どれも、あのときとは違って見えてくる。
どうして、記憶の中にわずかにあるものと、どれも合致してくれない。
考えている間にも、時間は経過していく。
急がないと。
急がないと、先生が…。
あっち?
でも、間違っていたら。
間違っていたら、先生は…。
焦るほどに空回りして、記憶が薄れていく。
なんて、自分は馬鹿なんだろう。
助けを呼ぶために、先生は私を一人で行かせたのに。
その役目すら、満足にこなせないなんて…。
「やられたわね。まさか、ここまでしてるなんて…」
「え?」
「落ち着いて見てみなさい、岩の形がおかしいでしょう?
 魔法か何かで、地形を無理に変えたわね」
「そんなっ!!」
それじゃあ、私の記憶なんて、もう何の役にも立たない。
どうやって、この広い場所で、先生を探しだせば…。
「二手に分かれるぞ」
「見つけたらいつもの合図ね」
「待ってっ!!」
今まで一言も発しなかったユイさんが、背中合わせに走り出そうとした二人を止める。
その視線は、迷いなく一点を見据えていた。
「あっちに、誰かいる。たぶん、ティストも…!?」
色鮮やかな桃色の帯が、空へと吹き上がった。
あれは…。
言葉もなしに、全員が走り出す。
ラインさんの腕の中で、さっきの場所を睨みつけるように目を凝らした。


岩に背を預ける先生は、身動き一つしない。
その岩に腰掛けて、あの人は優雅な笑みを浮かべていた。
「ようやく来たのね」
「セレノアさん!」
やっぱり、あれはセレノアさんの炎だった。
「!? ティスト! ティスト!!」
呼びかけに、先生は答えない。
意識がないの?
「ティストを治療させて! お願いっ!!」
「? いいわよ? 好きにしなさい」
小さな音を立て、腰掛けていたセレノアさんが降り立つ。
場を渡すようにセレノアさんが離れ、ユイさんが先生に駆け寄った。
「っ…ひどい傷」
息を飲むユイさんの邪魔にならないように、先生を覗き込む。
「…っ」
変わり果てたその姿に、声が出なかった。
どれだけの血を流せば、服があんな色に染まるの?
乾きはじめた血は、赤黒く変色して、固まり始めている。
力なく伸ばされた右腕は、皮膚がずたずたに引き裂かれていた。
私と別れたときにはなかった傷だ。
額にも、頬にも、新しい傷。
そこからは、まだ渇いていない血が流れ出していて。
これは、私がつけた傷だ。
先生が受ける必要もないのに、私が押し付けてしまった痛み。
よく分からない感情が込み上げてきて、先生を直視できない。
「ティスト」
そっと、手のひらを先生に当てながら、話しかけている。
優しくて、穏やかな声。
「もう、大丈夫」
まばゆい光が先生の身体を包み、柱のように立ち昇った。
何度か見てきたけど、いつもとは輝きの強さが違う。
「ふぅん、それが癒やしの魔法。
 見事なものね、あれほどの怪我でも治療ができるなんて」
「あなたも見事よ。周囲の風を完全に止めるなんて、楽な技じゃないでしょうに」
「なんてことないわ、こんなの」
言われて、初めて気づいた。
少し離れたところでは砂が舞い上がっているのに、ここには少しもない。
私たちの周りだけ、空気が綺麗なままだった。
「魔族は他人に無関心のはずだけど…。
 ティストちゃんとは、どういう仲なの?」
「べつに、アタシの服を汚したくなかっただけよ。
 後は…そうね、食事の借りもこれで返せたでしょ」
「ふふっ、なんとも魔族らしい物言いね」
「うるさいわね。
 おしゃべりは止めにして、さっさと運んだほうがいいんじゃないの?
 あのままじゃ、死ぬかもしれないでしょう?」
「大丈夫よ、ああ見えても大事なところはしっかり守ってるわ。
 さすがは、ティストちゃんね。
 ユイの処置にも間違いはないし、命に別状はないわ。
 出血量が多いから、帰りはラインに運んでもらうけど」
「そう」
「安心した?」
「べつに、アタシには関係ないって言ってるでしょ?」
二人のやり取りが、遠くで聞こえる。
何もできない私は、ただ黙って、先生のことを見ていた。
癒えていく傷口を見ていると、胸が痛かった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ