挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
DAGGER 戦場の最前点 作者:BLACKGAMER

DAGGER -戦場の最前点-

35/129

11章 抗(あらが)う少女-2

【ティスト視点】

足に力が入らずに、岩へと倒れこむ。
左肩をぶつけたはずなのに、痛みさえ感じなかった。
「先生っ!!」
「…はぁっ、はぁっ」
歩いているだけなのに、思うように呼吸ができない。
ロアイスは見えているが、気力だけで解決できる距離じゃない。
クレア師匠に厳しく指導されて、目測で距離と到達時間を把握する目を得たのが、裏目に出たな。
あの距離を踏破するだけの力が、もう残っていない。
「くっ…」
眩暈めまいだけでなく、眼前が白く霞んできた。
痺れを超えて、あちこちの感覚が麻痺している。
手も足も、指先を動かしてみても、まるで感触がない。
このまま血が流れて痙攣けいれんが始まれば、自分の意志で立ち上がれなくなる。
「大丈夫…ですか?」
俺の分の荷物を持ったアイシスが、気遣わしげに覗きこんでくる。
その表情も、今の俺の目では、きちんと読み取れない。
「無理…だな」
口を開くのも億劫だ。
とてもじゃないが、歩くことなんてままならない。
「少し休みませんか? 時間が経てば…」
「好転は、ない」
一度体から失われた血は、戻らない。
止血が完全でない現状では、悪化の可能性のほうが高い。
「なら…」
解決案が浮かばないのか、アイシスの言葉はそこで止まってしまう。
動けない俺では、足手まといだ。
「一人で…行け」
「そんな、先生を置いてなんて行けません!」
「行け。ロアイス、ユイたち…連絡、頼む」
考えることはできるのに、言葉にするのが辛くて、単語を並べる。
ここでアイシスに看病されても、共倒れになるだけだ。
だったら、アイシスだけでもロアイスに行って、ユイたちカルナス一家に連絡を取るべきだ。
「分かりました」
しばらくして、ぽつりとそうつぶやく声が聞こえる。
立ち上がり、離れていくアイシスを耳で確認する。
役目を果たさなくなってきた目を閉じて、全身の力を抜いた。


【アイシス視点】


恐い。
歩くのが恐くて、どうしても走ってしまう。
遮蔽物しゃへいぶつのあるところまで走って、休むの繰り返し。
緊張と疲れで、胸が痛い。
心臓なんて、壊れそうなほどに激しく打っている。
肩が重くて、上から誰かに押されてるみたいだ。
「はぁ…はぁ…」
深呼吸を繰り返しても、恐怖は消えない。
魔族に見つかったら、どうしよう?
私一人じゃ、絶対に勝てるわけがない。
昼間じゃなく、せめて、夜みたいに暗ければ…。
「ダメ、急がないと…」
足を止めているうちに、先生が魔族に見つかったり、血が流れすぎている可能性だってある。
先生を助けるには、往復する時間が必要なんだから、私が少しでも減らさないといけない。
先生の場所を間違えないように、方角を何度も確認しながら走る。
絶対に、先生のところへユイさんたちを連れて行く。
私がいなければ、先生の怪我はもっと少なくて済んだかもしれない。
いつもいつも足手まといで、何にもできない私に、唯一できることなんだから。
気持ちだけで足を動かし、呼吸がすぐにあがってしまう。
だけど、どんなに呼吸が荒くなっても、息がつまっても止まれない。
遠くに見えるロアイスは、どれだけ足を動かしても辿り着かなくて。
ただ、私は見えているものを信じて、一直線に突き進んだ。


街の喧騒を聞くと、このまま倒れてしまいたくなる。
その誘惑を振り払って、ライズ&セットを目指す。
喉が渇いたし、足も痛い、もう何もかもが限界だった。
だけど、足を止めるわけにはいかない。
人波が、私を避けてくれる。
指を差されたり、何か言われてるみたいだけど、気にする余裕もない。
普段ならなんでもない距離が、すごく遠い。
引きずる足が、もう言うことを聞いてくれない。
「血だらけじゃねえか? なんで歩けてんだよ?」
「馬鹿が。あれだけ血が出たら、動けるわけないだろ。
 お前の血じゃないよな? これは。
 臆病なお前が、返り血を浴びてるわけもない。
 なら、これは…誰の血なんだろうなぁ?」
勝ち誇ったように、醜い笑顔が浮かぶ。
その邪悪な笑いを見ているだけで、嫌悪感で吐きそうだ。
「どこにいるんだよ? お前の飼い主は?
 ここにいないってことは、その血は、あいつのなんだろう?」
私が否定したって、そんなの聞きやしないだろう。
身動きができない先生のところに、こいつらが行ったら…。
「答えろよ。答えたら、お前だけは見逃してやる」
言わない。
言ったところで、こいつらが約束なんて守るわけがない。
「聞こえてんだろっ! さっさと答えやがれっ!!」
怒声が空気を揺らして、私のところまで届く。
恐い。
でも、絶対に、この口を開けない。
こいつらが行けば、先生は間違いなく殺される。
「いいねえ、いつもの泣き顔がようやく見れたじゃねえか。
 言う気になったか?」
「………」
口を開けることもできなくて、なんとか首を横に振る。
それが、私ができる精一杯の意思表示だった。
「黙るつもりなら、いつものやり方で聞いてやるよ。
 意地を貼って、そのまま死んでもいいぜ」
金属が擦れる音がして、奴らが武器を構える。
こうなったら、ここから先の出来事は、私が一番よく知っている。
連中が飽きるまで、私は、殴られ続けるんだ。
今の私の足じゃ、逃げることもできない。
周りの人たちは、この騒ぎを離れて見ているだけで、助けてくれそうもなかった。
「…っ」
私が…やるしかない。
震える手を抑え付けて、自分のダガーを引き抜いた。


力任せで重いだけの斬撃を、なんとかダガーで凌ぐ。
振りかぶってから振り下ろすまでの一連の動作が、全て目に焼きつく。
練習で受けた先生の攻撃と比べたら、こっちのほうが絶対に遅い。
「おらぁっ!!」
直線的な動きは、受け流すことも避けることも、そんなに難しくない。
先生に習ったとおりの防御の形で、全て対処できる。
「頑張るじゃねえか」
決まったように、順番に攻撃をしかけてくる二人。
一人が攻め終わったときに、もし、そっちを攻撃したら…。
それより、相手が武器を振り上げてるときに攻撃をしかければ…。
攻撃方法は思い浮かぶのに、そのための一歩が踏み出せない。
踏み出そうと思うだけで、足に力が入らなくなる。
どうしよう?
誰か、誰か来てくれればいいのに。
先生のときだって、戦ってる間に騎士団が来た。
騒ぎになれば、誰かが来てくれるはず。
なら、私はそれまで頑張るしかない。


「チィッ」
「はぁ…はぁ…」
息が詰まる。
もう何撃目だろう?
どれだけ時間が経ったのかも分からない。
集中力のなくなってきた私にも、数発の刃が掠めた。
だけど、不思議と痛みは感じない。
肌を伝う血の感触が、少し鬱陶しいくらいだ。
疲れているはずなのに、もうそれも通り越してしまっている。
攻撃が直撃すれば、死ぬ。
そんな危険がずっと横にいるおかげで、感覚が全部壊れている気がする。
「もういい、飽きた」
「ああ、だな」
さっきまで構えていた武器を下ろしていた。
終わった…の?
私が、この二人を退けたの?
「足跡も血の跡もあるんだ、目印は十分だ。
 こんなところで遊んでるよりは、面白いだろ」
「へへっ、そいつはいいや」
「…!」
耳を撫でつけるような声に、全身が凍りつく。
もういい…って。
もういいのは、私で遊ぶことだけだ。
「そんな、ダメっ!!」
「うるっせえよっ!!」
「!?」
踏み出し始めていたから、防御の姿勢が取れない。
何とか相手の刃にダガーを合わせたけど、重い一撃で身体が吹き飛んだ。
「くっ、あっ…」
前も後ろもしたたかに打ちつけたおかげで、息ができない。
「おい、殺すなよ?」
「分かってる、せっかくの儲け話を潰すかよ。
 きちんと生かしておいてやるから、ありがたく思うんだな」
なに? どういう…。
「遊んでないで、狩りに行くぞ」
その言葉で、思考が全て吹き飛ぶ。
その歪んだ笑みを見て、何をするつもりなのか理解ができた。
こいつらは、本当に先生を殺すつもりだ。
「ま…っ…だ…め…」
声が出ない。立ち上がれない。
その間に二人の背中が遠のいていく。
先生は、戦えるような状態じゃない。
止めないと…。
「はぁ…はぁ…はぁ…はぁ…」
私が立ち上がったときには、二人とも、もう見えなくなっていた。
追いかけても、無理だ。
ユイさんたちに、知らせなきゃ。
「くっ…」
足を動かすだけで、身体中に激痛が走る。
さっきまでは何ともなかった痛みが、全身を突き刺してくる。
「いそ…が…ないと」
走るたびに、足がもつれて無様に転ぶ。
もう自分の思うように手足を動かしている感覚もない。
ただ、ライズ&セットにつければ、それでいい。


店の中に、倒れこむ。
もう、動けない。
周りの騒ぐ声が、どこか遠くで聞こえる。
ぼんやりとしている私の身体が、抱き起こされた。
「アイシスちゃん!?」
「せ…せいが…」
喉が潰れたみたいに、声が出ない。
口の中が渇いて、呼吸をするのも辛い。
「お母さん、水を!」
まばゆい光が、目の前に広がる。
全身を駆け巡っていた痛みが、少しずつ和らいでいく。
「水よ。これで口をゆすいで、飲んじゃダメだよ」
流し込まれた水を、シアさんの用意してくれた布巾に吐き出す。
その中には、血が混じっていた。
「こいつは、何の騒ぎだ?」
騒ぎを聞きつけたのか、奥のほうからラインさんが顔を出す。
これで全員揃ったんだ、早く、早く話さないと…。
「先生が、先生が…」
ようやく声が出るようになったのに、思考がうまくまとまらない。
焦れば焦るほど、先生の名前しか出てこない。
「ティストが、危ないのね」
「ライン、行けるわね?」
「ああ」
両腕で、私の身体が抱き上げられる。
次の瞬間には、もう店から飛び出していた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ