挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
DAGGER 戦場の最前点 作者:BLACKGAMER

DAGGER -戦場の最前点-

34/129

11章 抗(あらが)う少女-1

【ティスト視点】

消費量が倍になれば、消耗品の減りも当然早くなる。
そんな当たり前のことに気が付いたのは、買っておいたロウソクが残りわずかになってからだった。
最初は、俺一人で買いに行くつもりだったが…。
おつかいくらいなら私一人でも…とアイシスが提案して、結局、こうして二人で街道を歩いている。
「せっかくだし、他にも何か買ってくるか?」
いくらなんでも、二人でロアイスまで行って、買うのがロウソクだけというのは情けない。
「…少し、見て回ってもいいですか?」
「ああ、もちろん」
「先生は、何か買うんですか?」
「…そうだな」
消耗品で、他に必要なものは一通りあったし、食糧にもまだ余裕がある。
俺が趣向品に手を出したら、アイシスも一緒になって何か買うかもしれないし…な。
「たまには、本屋でも覗いてみるかな」
「先生、本とか読むんですか?」
「ファーナに言わせれば、読んでるうちに入らないような量だろうけどな」
他愛ない話をしながら、ロアイスへと向かう。
アイシスと出会ったころからは、考えられない光景だ。
突然の爆発音に、二人の足が同時に止まる。
なんだ!? 何が起きた?
現状把握のために視野を広げ、思わず息を飲む。
赤黒い壁が、視界を埋めるように広がっていく。
夕暮れ時よりも真っ赤に、草原が染め上げられていた。
離れていても感じる、おびただしい熱。
ここにいるだけでも肌が焼けるのに、身体は震えだすほどに冷えてくる。
濃厚な殺気が、全身にまとわりついて離れない。
「炎の津波!? まさか…」
前大戦の苦い過去が、自然に浮かび上がってくる。
何度もこの身に浴びたものを、間違えるはずない。
目を凝らせば、獄炎の中に人影がぼんやりと浮かび上がっていた。
ここからでも分かる巨躯、間違いない。
レオン・グレイスと双璧をなす、最強の魔族…ガイ・ブラスタだ。
「魔族の王が、こんなところをほっつき歩いてるとはな」
愚痴の間にも、炎は高さを増して迫ってくる。
ガイ・ブラスタが得意の肉弾戦に持ち込むときに、相手を引き寄せる魔法。
直撃すれば、あの業火に骨まで焼かれ、奴の前まで運ばれる。
もし、運よく生きていれば、巨大な拳に潰してもらえる運命が待つ。
「ぁ…」
固まって声も出せないアイシスを上着で包むように抱きかかえ、自分の周囲に風の魔法を展開する。
右手で引き抜いたダガーの切っ先にも魔法の収束を始めるが、明らかに時間が足りない。
あの波が頂点に達するまでが勝負だ。
覆い被さって来たときには、威力が倍増して、防ぎようがない。
「息を止めろ、つらぬくぞ」
驚きながらもアイシスが口を閉じるのを確認し、全力で駆け出す。
視界が炎に埋め尽くされ、アイシスの身体が強張る。
「ッ…」
風の魔法を押しのけて、炎が前髪を焦がす。
呼吸をしたら、内臓まで焼けるな。
「チッ…」
炎の壁を貫き、思わず舌打ちが出る。
紅蓮の壁が連なる、炎の海が俺の前に広がっている。
二段構えか。
「息継ぎ、十秒だ」
「………」
次々と炎が爆発していく中で、アイシスが必死に呼吸を整える。
その間に、右手に集めていた風をより強固に収束させていく。
かろうじて火傷はないが、上着の数箇所は、無残に焼け焦げていた。
出来る限りの力で防いでも、押し切られる…か。
とんでもない力だ。
「行くぞ」
大きく息を吸い込んで、炎の波へと飛び込んだ。


数え切れないほどの波の中を突き進み、元の位置からずいぶんと離された。
敷き詰められていた草原は消え、砂だけがあたりに広がっている。
どうやら、魔族の領地まで、誘い込まれたらしいな。
炎が途切れ、ようやく周囲の温度が下がってきた。
腕の中に抱いたアイシスを下ろし、何とか自分の足で立たせる。
「ロアイスの方角は、向こうだ」
「え?」
「戦いが始まったら、全力で逃げろ」
「あ…」
残念だが、事情を説明している時間はない。
早く来いと俺をあおるように、さっきから魔法が収束されている。
数秒でも待たせたら、また炎の津波に飲まれることになるだろう。
返事が出来ないアイシスを置いて、俺は前に出た。


視界を塞がないように額の汗を拭い、緊張感を最大限に高める。
俺が見上げて視線をあわせるほどの巨漢。
危険な輝きを放つ、隻眼。
頭の中に浮かぶのは、前大戦での血みどろの殺し合いだった。
「くっ…」
あのときの怪我を記憶しているのか、古傷に痛みが走る。
身体が、勝ち目のない相手と戦うことを拒否している。
「ねずみ狩りに来て、思わぬ収穫だ。
 ラステナを滅ぼす前に、貴様を殺せるとは思わなかった」
その一言に、汗が吹き出る。
俺を殺す…いや、それよりも。
ラステナを滅ぼす?
ラステナは、ロアイスと同盟を結んでいる人間の国。
前大戦のときと同じだ。
魔族のブラスタが、人間のラステナに攻め込む。
そして、ラステナがロアイスに助けを求め、戦火が一気に拡大した。
「前大戦を繰り返すのか?」
「他の国は、好きにしろ。
 滅びたければ、まとめてかかってこい」
傲然と言い放つ奴は、己の行動を曲げることはないだろう。
そして、負けるとも微塵も思っていない。
数も質も関係ない、敵は自分が殺す。
奴らしい、分かりやすい思考だ。
「なぜ今になって、もう一度争う?」
「餓えて死ぬなら、戦って死ぬ。
 そして、殺すなら奴ら以外にありえん。それだけだ」
魔族の食糧事情は、それほどに切迫してるのか。
生死に関わるなら、説得は無意味だろう。
「会話は終わりだ。心置きなく死ね」
全力と思っていた殺気が、より濃度を増して纏わりつく。
クレネアの森のレオンと比べても、あっちのほうがまだ可愛げがあるな。
「ッ」
ダガーを引き抜いて、ガイへと一気に走り寄る。
肉弾戦なら、アイシスを巻き込む心配はない。
「おぉっ」
「くっ」
必死に剛腕を避けながら、間合いの中に留まる。
あの拳は、重量級の武器を超えている。
受け流せなければ、骨が折れるだけじゃすまない。
「ッ!!」
狙い目は、地面から足を離す移動の瞬間。
その重心の間隙を突いて、風の魔法を放つ。
「ふんっ!」
鉄槌のように重くしたはずの風を、豪腕が軽々しく吹き飛ばす。
この程度じゃ揺らいでさえくれないか。
「おぉぉっ!」
「チッ!!」
拳が伸びきった瞬間を狙い、一太刀を浴びせる。
小さな刀傷から、わずかな血が漏れた。
ダメだ、この程度じゃ何度繰り返したところで致命傷にはならない。
「!?」
傷口を見ていた一瞬の空隙に、奴の拳が眼前へと迫る。
必死で反応しようとするが、完全に避けるのは絶望的。
両腕をくれてやるわけにはいかない。
左腕だけで、凌ぐ。
「ぐぅっ」
最初に腕に違和感が走り、次に痛みが広がる。
直撃を防いだのに、犠牲にした腕のあちこちから血が噴き出す。
痛みで麻痺した感覚が邪魔をして、傷の数は分からない。
拳圧で、この威力か。
ちっぽけな刀傷と、左腕じゃ比べ物にならない。
「ずいぶんと、のぼせたな。接近戦で俺に勝つ気か?」
「あぁあぁぁあっっ!!」
左右の足に力を込め、相手の顔面に連続で蹴りを叩き込む。
あの太い首でも衝撃を受けきれずに、頭部が激しく揺れた。
「片腕を壊したくらいで、何がそんなに嬉しいんだ?」
「くっくっ…。これだから、やめられねえなっ!!」
拳の軌道を読んで、余裕を持って確実に避ける。
強がったところで、近距離戦が不利だという事実は変わらない。
破壊力じゃ、俺に分はない。
「………」
横目で見て、舌打をなんとかこらえる。
逃げるまでの時間を稼ぐつもりだったが、アイシスは、元の場所からまるで動いていない。
この殺気が渦巻く中を自由に歩けという方が、酷…か。
なら、一緒に逃げるしかない。
「勝負の邪魔なら、そいつから消すぞ」
俺の視線の先を指差し、アイシスに照準を合わせる。
その手のひらからは、禍々しい炎が立ち上っていた。
「ふざけるなぁっ!!」
歯を食いしばって、全身に力を込める。
魔法が収束から発動に変わる前に、全体重を乗せて蹴りを放った。
離れた場所に炎が着弾し、一帯が溶岩と化す。
軽減も出来ない人間に当たれば、骨さえ残らない。
「うぉぉぉっ!!」
力任せに殴りつけ、最後に風の魔法を発動。
奴を中心に竜巻を発生させ、巻き上げた砂岩で視界を奪う。
「こざかしいっ!!」
奴が風を振り払おうと腕を振り上げたところで、風を顔面に集める。
稼げたのは、時間にして数秒だ。
「逃げるぞっ!!」
ダガーを収め、無事な右腕でアイシスを抱き上げる。
そのまま速度を殺すことなく、全力疾走でその場を離れる。
機動力なら、俺に分があるはずだ。
「あ…」
「なっ!?」
アイシスの声に視線を背後へと向け、思わず息を飲む。
奴を中心に、全方位へと炎が吹き上がっていた。
見えないなら、根こそぎ…か。
一点集中じゃないから、威力が下がるだけマシだ。
波が立ち上っている間に、出来る限り距離を稼ぐしかない。
「チッ」
頂点まで上りきった波が、一気に崩れ落ちてくる。
射程からは、逃げ切れていない。
右腕を炎から遠ざけ、覆いかぶさるようにアイシスの身体を抱きしめた。


追いかけてくる奴の姿は見えないし、周囲に気配も感じられない。
「逃げ切れた…か?」
つぶやいた自分の声が、遠くで聞こえる。
耳鳴りが、まだ続いていた。
「アイシス、大丈夫か?」
ようやく顔を上げたアイシスの顔面は蒼白で、満足に返事もできない。
あれだけ強烈な殺気を見たら、当然の反応だろうな。
少し、時間を置くしかないか。
「っ…」
人のことを心配している余裕はないな。
左腕はまるで言うことを聞かないし、肩から足まで左半身に広がった火傷が疼く。
爆風が砂と岩を巻き込んで、全身にある裂傷は数えきれない。
風が吹くだけで、痛みが全身を駆け巡った。
「離れるぞ」
引きずる足に、力が入らない。
足跡が血で濡れ、雨に打たれたように服が重い。
…まずいな、血が流れすぎている。
「?」
怪我をしていない右半身に、アイシスの手が添えられる。
震える指が力なく、俺に触れていた。
「恐いのか?」
「………」
少しの間をあけて、アイシスがゆっくりと首を横に振る。
恐いことは恐いのだろうが、伝えたいことはそれじゃないらしい。
「き、傷を…」
必死に声を絞り出すようにして、アイシスが傷口を指差す。
そうだったな。
一人だったあのときとは、違うんだ。
自分の左腕が動かないからって、血を垂れ流して歩く必要はない。
「応急処置を頼む。
 必要なものはその中に入ってるから、俺の指示通りに動いてくれ」
「はい」
アイシスが荷物を漁る間に、岩陰に腰を下ろす。
戸惑うアイシスに不慣れな指示を出しながら、体力の回復に努めた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ