挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
DAGGER 戦場の最前点 作者:BLACKGAMER

DAGGER -戦場の最前点-

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

32/129

10章 安らぐ少女-1

【アイシス視点】

以前と同じようにファーナさんに一人ずつの報告をして、今は三人で話をしている。
といっても、話しているのは先生たちだけで、私は聞いているだけだ。
「魔族の王が娘のために盗賊を蹴散らそうとしていたなんて、過保護もいいところだ」
「でも、これで辻褄つじつまはあうわね。
 クレネアの森までレオン・グレイスが足を運んだのは、娘を探すため。
 そして、あなたを魔族との国境側の街道から遠ざけたことで、娘の安全をより高めた。
 有色の魔族に対抗できて、あのあたりに出没する可能性があるといえば、あなたくらいでしょうからね」
さっきからずっとこの調子で、この前のクレネアの森との関連について話している。
言われれば、そうかもしれない…と思うことはできる。
でも、最初から組み立てて言葉の意味や裏を追いかけられるほど、私の頭は良くない。
「にしても…最強と呼ばれる王が自ら出向いてしまうのだから、常識破りね。
 お父様が、魔族への警戒は怠るな…と、厳命するのもうなずけるわね」
「ティルナス卿が?」
「ええ。前大戦の敗戦国だから、当然といえば当然の話だけど…。
 個としての能力の高さも、お父様は評価していたわ」
「? 前大戦は、休戦で終わったはずじゃ?」
口を挟んだ私に対して、なぜか嬉しそうな笑顔が向けられる。
「その通りね。では、前大戦の開戦の理由や経緯は知っているかしら?」
「いえ、あまり…」
前大戦に関してなんて、詳しいことは何も知らない。
クリアデルでも、襲ってくるものは敵としか教わらなかったし、大戦の原因なんて気にしなかった。
「いい機会だから、前大戦のことを聞いておいてもらえるかしら?
 知っていることで、貴女の物事の捉え方や視点が、また変わるはずだから」
「はい」
私が小さくうなずくと、あの人が語り部のように口調を変える。
聞き逃さないように、私は耳を傾けた。


世界は、三つに分かれ、三種族が共存していた。
東の草原に、人間。
西の森林に、精霊族。
南の荒地に、魔族。
昔は、種族間の仲も良くて、平和に暮らしていた。
幸せな人々は、より幸せになるために努力を惜しまない。
川の水を飲み、木を切り倒し、大地に穴を穿ち、全てを自分のために役立てる。
あらゆる自然に、自分の幸せのために『わがまま』を押し付ける。
自分たちの快適な生活を求めた代償は、大きかった。
資源が枯渇し、使えるものが減って、自分たちの首が絞まっていく。
そして、種族の意見が分かれた。
人間は、発展を続けた未来を望む。
新たな物を生み出せば、解決できるとうそぶいて。
魔族は、成長を止めた現在を望む。
不自由に戻るのは不可能だから、現状維持が最善だと断言して。
精霊族は、全てを放棄した過去を望む。
あるべき姿に返ることこそ、摂理に順ずることだと豪語して。
主張ばかりで誰も相手の意見を認めようとしない。
だから、己の正しさを証明するために、精霊族が動いた。
自然の恩恵を受けるべきは、自然を愛する自分たちだけだと宣言する。
食糧の宝庫である森を独占され、他の種族が飢えるのに時間はかからなかった。
前大戦の発端は、魔族の国ブラスタの王が、人間の国ラステナへと足を運んだこと。
魔族が足を運んだ理由は、食糧を分け与えてくれるように交渉するため…と言われている。
でも、攻め込まれたと思ったラステナは、相手の言葉も聞かずに迎撃。
周りの国も、魔族が略奪に失敗したと認識した。
そして、成功すれば大きな見返りがあることも理解した。
後の行動は、早かった。
各種族が同盟を組み、食糧、領土、命、その全てを賭けた奪い合いが始まる。
それが、前大戦と呼ばれる戦争の幕開け。
終結したのは、今より五年前。
魔族の王、レオン・グレイスとガイ・ブラスタの妃が、病により急逝した。
それを悼み、魔族の王、レオン・グレイスが、全ての国に言い放った。
『これ以上、無駄な死を見たくない』
『続けるか、終わりにするか、ここで選べ』
『続ける者がいるなら、その国を滅ぼして終わりにする』
戦闘に長けている国は、それだけで発言力が強い。
ロアイスの王が即座に同意し、他の国も賛成を示した。
そして、『今後、他の種族とは一切関わらない』という種族不可侵を取り決め、大戦は幕を閉じた。


「これが、前大戦のあらすじよ。
 さて、私が魔族を敗戦国と呼んだ意味、分かったかしら?」
休戦だから、勝敗はついていないと思う。
でも、今までの言葉の中に、勝敗を決める要素があるはず。
いったい、どこに…?
「では、質問を変えましょう。前大戦の原因は何かしら?」
「食糧…ですか?」
魔族が飢えて、食糧の交渉に行ったのが発端だったはずだ。
「そう、正解よ。では、大戦が終結して、その原因は解消されたかしら?」
「あ…」
魔族は、食糧不足が原因で戦ったのに、それが解決されていない。
「目的を達成できていないから、敗戦国だと?」
「そういうこと。
 もっとも、私の言葉も、あまり適切ではないかもしれないけどね」
「いえ。意味を聞いた後なら、言いたいことは分かります」
考え方とか、とても難しいけど、分からないわけじゃない。
こうやって教えてくれるなら、私は分かる範囲で覚えていくだけだ。
「今回の一件で暗躍している連中は、調べておくわ。
 盗賊騒ぎは頻発しているから、手間取ると思うけれど…ね」
不安そうな言葉遣いなのに、その目は強い意志に満ちている。
この人は全力を尽くしている、そのことを素直にすごいと思った。


【ティスト視点】


ライズ&セットにある俺の指定席で、のんびりコーヒーを楽しむ。
食事時を過ぎて、店内も落ち着いてきた。
ラインさんは一服、シアさんは常連らしい客と話し込んでいる。
のどかだな。
「はい、お待たせ」
「ありがとう」
ユイが、出来たての手作り菓子をテーブルの上に置く。
自分のカップにコーヒーを注いで、ユイもいつもの席に腰掛けた。
「ふぅ」
菓子を口に放り込み、その甘さを堪能してから、コーヒーを飲む。
ほどよく調和し、互いを引き立てて口の中に溶けていく。
やっぱり、ユイが用意してくれるものは絶品だな。
「いいな、こういう時間」
「うん」
ユイもお菓子に手を伸ばして、こくりとうなずく。
昼下がりを、こんなに穏やかに過ごすなんて、久しぶりだ。
ここ最近は何かしら事件に関わっていたし、家にいれば訓練か家事をしていた。
時には、休息も必要だな。
「さっきから気になってるんだけど、ユイちゃんの隣の子は誰なんだい?」
声の方を横目で見やれば、シアさんと常連らしいおばさんがこっちを見ていた。
どうやら、俺の話らしい。
「ライズ&セットの若旦那に一番近い男だから、よろしくね」
悪戯っぽく笑うシアさんに、隣のユイが思い切りあわてる。
「お、お母さんっ! なにを…」
「間違ってないでしょう? それとも、他に意中の人がいるの?」
「い、いないけど…」
「でしょう?」
「もう、変なこと言わないでっ!!」
真っ赤になるユイをからかうように、シアさんが機嫌よく笑う。
本当に、かなわないなあ、シアさんには。
来客を告げるベルが、大きな音を立てる。
乱暴に開けられたドアから、その雰囲気に似合いの足音が響いた。
「…!」
そこに現れたのは、アイシスをいじめていた二人、たしか、リントとフェイ…だったか。
偶然にしても、間の悪いことだな。
俺を見て、驚いたことに、二人が笑みを浮かべる。
まさか、あれだけ叩きのめしたのに、この二人、懲りてないのか?
「?」
こちらの予想に反して、案内されるよりも前に二人は、勝手に空いていた席に座る。
何のつもりだ? 目的は俺じゃないのか?
…いや、そもそも、ここは飲食店だ。
別に、俺に絡みに来たわけじゃなく、普通に食事に来たのかもしれない。
たぶん、過敏になっている俺のほうが変なんだ。
「いらっしゃいませ。何にいたしましょう?」
「酒だ、さっさと寄こせっ!
 それと…一番美味いと自信を持って出せるものを、二人前持って来いっ!」
「…かしこまりました」
相手の横柄な態度に一瞬の間をあけて、シアさんが頭を下げる。
ボトルとグラスを二つ静かにテーブルへ置き、厨房の奥へと消えていった。
「ティスト」
「アイシスは二階だよな?」
「うん、あたしの部屋で寝てるはず」
「なら、いい」
アイシスに害が及ばないなら、放っておいてもいいだろう。
別に、こちらから絡んで、事態をややこしくする必要もない。


グラスへこぼれるほどに注いだ酒を、奴らは一気に飲み干す。
そして、店内に響くような声で話し始めた。
「そういや、物騒な噂を聞いたぜ。
 クリアデルの前で、女が連れ去られたそうだ」
「へえ、そいつは初耳だ。詳しく聞かせてくれよ」
「数日前の話なんだが、男がふらっとクリアデルの近くに立ち寄ったらしい。
 そのときに、一人の女に見惚れたらしくてな。
 周りにいた奴らをおどして、力ずくで奪っていったらしいぜ」
「そんなに、いい女なのか?」
「いーや、まだガキだ。そういう趣味なんだろうぜ」
「やだねえ、腕力だけあれば、何をやっても許される…ってか。
 で、その馬鹿な男はどうなるんだ? 放っておかれるのか?」
「んなわけないだろう? 奴はクリアデルを敵に回したんだぜ」
毒々しい笑みを浮かべて、男が美味そうに酒の飲み干す。
多少の脚色されてはいるが、間違いなくアイシスと俺の話だ。
こんなところで、宣戦布告…か。
どうやら、前回程度の痛めつけ方じゃ、足りないらしいな。
「ところでよ、戦場の最前点って、知ってるか?」
「!?」
予想していなかった言葉に、思わず視線を送ってしまう。
奴らは、ニタニタと下卑た笑みを浮かべて、こちらの反応を楽しんでいた。
視線を逸らし、カップのコーヒーを飲み干す。
そんなことぐらいじゃ、俺の心は静まってくれなかった。
「せんじょうのさいぜんてん? なんだよそれ? 前線じゃねえのかよ」
「その昔、前大戦を化け物みたいな強さで生き抜いたガキがいたって、うさんくさい話だ。
 なんでも、最前線よりも前に立って、魔族の軍勢を相手に、単身で突撃したんだとよ」
酒をあおり、グラスを叩きつけるように置いた。
そこに、なみなみとワインが注がれる。
「一人で特攻して、それでも生きてるってか? 馬鹿らしい話だな」
「俺もそう思うぜ。なんたって、魔族っていったら、あのガイ・ブラスタがいるからな。
 あれを相手にして、ガキが殺されないわけがねえ」
「だが、それでも生き残ってたんだろう?」
「ああ、人間離れしたその強さは、化け物以外の何者でもない。
 周囲から気味悪がられ、仲間も友人もいないそいつは、常に一人。
 つまり、線になれない哀れな点」
「それで、戦場の最前線じゃなく最前点…って話か?」
「最後には、点であることが災いして、戦場から引き上げる際に力尽きて、野垂れ死んだ…って話だ」
「当たり前だな、どんなに強くても、一人じゃ生きていけねえ。
 人間は群れて生きるもんだ、いい教訓じゃねえか」
「だから、母親はワガママな子供をしつけるときに、こういうらしい。
 『そんなこと言ってると、誰も助けてくれないし、誰からも相手にされない、戦場の最前点になるんだから』…ってな」
「いい話じゃねえか、そんな人間になったら困るだろ」
「ああ。そんな人間になったら、一生の不幸だ。
 誰とも関わらず、誰にも相手にされないなんて、生きている価値がねえよ」
生きている価値がない。
それが、耳の奥で何度も響く。
芝居がかった口調で、男たちの掛け合いは続いていく。
聞き流していたつもりだったのに、一言ずつが喉を焼き、胸を刺す。
こんなにも俺の中に響くのは、これが事実だからだ。
だから、否定できない。
黙らせられない。
嘘なら、聞き流せる。
出任せなら、跳ね返せる。
でも、これは、事実だから…俺には、どうしようもない。
「出て行きなさい。今すぐに、この店から出て行きなさいっ!」
激昂したユイが、店内全てに聞こえるような大声で二人を怒鳴りつける。
こんなに声を荒げたユイを見たのは、いつが最後だったか。
そんな余計なことを考えていると、奴らも不機嫌を顔に滲ませて、立ち上がった。
「俺たちが何を話そうが、お前には関係ないだろうが。
 他人の会話にケチつけてんじゃねえよ」
男たちが動き出すよりも前に、二つの足音が俺たちに近づいてくる。
ラインさんとシアさんが、俺たちの前に割り込むように立ちはだかった。
二人とも険悪な空気なんか歯牙にもかけず、余裕の笑みを浮かべている。
「どうせ、お前のことだから、こいつらを殴るかどうか、考えてるんだろう?
 なら、その権利を俺に寄越せ」
「私も、もらっていいかしら?
 ティストちゃんと違って、溜めておけない性質なの、私たち」
世間話をするような気楽な口調で、自分たちも荒事に巻き込めと言ってくる。
まったく、この人たちは…。
「なんで、店員がしゃしゃり出てくるんだよ?」
「気に入らない奴を殴るのに、理由がいるか?」
「さっき、権利がどうとかって…」
「うるせえよ」
低く太い声が、全てを黙らせる。
豪腕が、二人を軽々と掴みあげた。
「お帰りはこちらへ」
シアさんが呼吸をあわせてドアを開き、ラインさんが正確に二人を放り出す。
「すみません」
「お前があそこまで言われて、黙ってられるかよ。
 それとも何か? 俺があそこまで言われてても、お前は何も感じないのか?」
「…いえ」
そんなわけない。
ラインさんでも、シアさんでも、ユイでも、アイシスでも。
黙っていられるはずがない。
「だったら文句ねえな?」
ダメだ、どう考えても反論なんで出てこない。
「ティストちゃんが、人のために怒るのは分かってるわ。
 だから、ティストちゃんのために誰かが怒ってたら、素直に喜んでおきなさい」
ユイのことを指差して、シアさんが微笑む。
ユイは、目の端に涙を溜め、怒っていた。
俺のために、怒ってくれていた。
「久しぶりに暴れてくるか」
「ユイ、淹れなおすなら私たちのコーヒーもよろしくね」
買出しに行くような気軽さで、二人が出ていく。
まったく、これだからこの家族には、敵わないんだ。


数分後に戻ってきた二人は、とても晴れやかな笑顔で、俺に『この店で一番美味い料理』を食べさせてくれた。
二人の自慢の料理で、さっきの痛みが嘘のように消えていく。
皿が空になるまで、俺は夢中で食べ続ける。
カルナス一家の優しさが、嬉しかった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ