挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
DAGGER 戦場の最前点 作者:BLACKGAMER

DAGGER -戦場の最前点-

31/129

09章 出会う少女-3

【ティスト視点】

小細工なしの拳打の応酬。
放たれる攻撃は、対処できる限界を試されているように、きわどい。
一瞬の迷いも淀みもなく動いて、ようやく回避が可能な軌道。
「………」
互いに無言で放つ一撃には、必殺の威力が込められている。
それが分かっているのに、近距離での打ち合いを止めようとしない。
一瞬でも気を抜けば、取り返しがつかなくなる。
いつ、一撃が当たって致命傷になってもおかしくない。
そんな状況なのに。
笑んでいる。
攻撃を重ねる度に、セレノアの笑みが深くなる。
心底、この戦いを楽しんでいる顔だ。
「ッ!!」
薙ぎ払うような左の回し蹴りを、近距離で放つ。
拳の直線的な動きに慣れすぎて、その変化に対応できない程度の奴なら、間違いなく当たる。
「………」
慌てることもなく、俺の蹴りに向けて靴の裏を合わせてくる。
迎撃するつもりか? この体格差で?
そう思った瞬間に、繰り出した足に怖気がはしる。
このまま足を振りぬけば、無事ではすまない。
そう直感が告げている。
「…ッ!」
蹴りの軌道を地面へと捻じ曲げ、踏み込みへと変える。
今までよりもう一歩、間合いをつめた状態で右拳を振りぬいた。
「…!?」
驚きの表情を浮かべ、それでも紙一重で俺の拳を避けきる。
先読みならまだしも、反射でこれだけの見切りができるなんて、見事としか言いようがないな。
すぐに距離を取ったセレノアは、もう体勢を立て直していた。
「やるわね。
 まさか、あの体勢から蹴り以外がくるなんて、思ってなかったわ」
「俺も、今のが当たらないとは思ってなかった」
さっきから、攻撃がどうしても届かない。
悠然と避けるセレノアとの距離が、無手では縮められそうにない。
慣れない間合いに付き合ってたら、俺のほうが先に余裕がなくなるな。
「怪我も承知の上で、戦うつもりなんだな?」
「なにそれ、馬鹿にしてるの?
 それとも、手加減でもしてたっていうつもり?」
さっきまで上機嫌だった顔が一転、目を鋭く尖らせる。
その反応だけで、どれほど真剣に戦いを楽しんでいたか、よく分かる。
やはり、俺も持てる技の限りを見せるのが、道理だろうな。
「人に合わせて戦うのも面白いが、そんな余裕は持てそうにないからな。
 俺は、こいつを使わせてもらう」
言って、ダガーの柄に手をかける。
「そう、そういうこと」
何がそんなに嬉しいのか、セレノアが不敵に笑う。
まったく、いい笑顔だ。
「ここからが、本気ってこと?」
「いや、さっきまでも全力だった。
 だが、どんなに力を出し切っても、無手は他人の領分だからな。
 俺が技を磨いたのは、これの使い方だ」
「そう、楽しみね」
戦いを、こんなにも純粋に楽しむことができることが…。
こんなにも、素直に嬉しそうな笑顔ができることが…。
ちょっとだけ、うらやましい。
「どんな武器でも、どんな技でも、存分に使うといいわ。
 アタシも、好きにやらせてもらうから」
何気なく上げた手のひらに、力が流れ込んでいく。
まるで、吸い寄せられるように、馬鹿げた量の魔法が収束された。
木々の間から差し込んでいた陽光を感じなくさせるほどの、強烈な光。
セレノアの周りでは、桃色の帯がまとわりつくように浮かんでいた。
あれが、セレノアの有色の魔法…か。
「綺麗だな」
「そんなこと言ってられるのも、今のうちよ」
「俺は、正直な感想を述べただけなんだが…な」
どす黒い魔法しか見ていなかったから、こんな鮮やかな色を見ると不思議な気分になる。
毒々しさのない穏やかな桃色の炎は、とてつもない力を秘めている。
なのに、俺との約束を守ってくれているのか、森には傷一つさえつけていない。
完全に使いこなしているな、魔法の練度なら俺よりも上だ。
「失敗したな。こんな狭苦しいところじゃなくて、もっと広い場所に行っておくべきだった」
「今から移動する?」
「その時間さえ、惜しいだろう?」
「分かってるじゃない」
好戦的な笑みを浮かべるセレノアと、おそらく同じような笑顔を返す。
珍しく、戦いを前にして気分が高揚している。
もう、なんらかの決着がつくまで、止められる気がしなかった。
「………」
最速で踏み出すために、前傾姿勢を取る。
手の内を見せれば、セレノアはそれに対応してくるだろう。
だから、初撃で決着をつける。
「…!?」
研ぎ澄ましていたからこそ知覚できた気配に、視線を向ける。
セレノアも俺の目の動きを追い、そして笑顔が消えた。


俺とセレノアの視線が、木々の間で交錯する先。
そこに、音もなく三つの影が舞い降りた。
「っ!」
アイシスが息を呑み、反射的に後ずさる。
あれだけの印象を叩き込まれたんだ、忘れろというほうが無理だろう。
「レオン・グレイスご一行…か」
まさか、魔族の王が種族不可侵を破って、こんなところまで出張ってくるとは思わなかった。
警告を無視して鉢合わせとは、つくづく俺も運がないな。
「お楽しみのところ、申し訳ないが…。
 私が来たからには、中断してもらおうか」
以前よりも声を低くし、威圧的な態度で語りかけてくる。
その言葉に従って、俺はダガーにかけていた手を、上へとあげた。
セレノアも周囲に展開させていた炎の魔法を、腕の一振りで消している。
服従させるだけの力を持つ、王の言葉だ。
逆らおうものなら、力尽くで説き伏せられること、間違いなしだろう。
「ここにいたのか」
真っ直ぐにセレノアを見たレオンが、柔和な笑みを浮かべて歩み寄る。
それほどに、二人は親密な関係なんだろう。
そして、セレノアはレオンと同じ有色の魔族。
…となると…。
「何のようですか? 父上」
やはり、そういう結論か。
どうりで勝てる気がしないわけだ。
「お前の気まぐれを許すわけにはいかない。帰るぞ、皆が待っている」
「イヤです」
セレノアの拒絶で、空気が凍りつく。
次の瞬間には、吹きだした魔力が二人から立ち上っていた。
「きゃっ…」
アイシスの横に回って、その余波を魔法で打ち消す。
まったく、迷惑な規模の親子喧嘩だ。
「先生…」
「大丈夫だ、心配するな」
不安げなアイシスにしてやれることなんて、気休めの言葉をかけるくらいだ。
もし、二人の敵意がこちらに向けられるとしたら、生きて帰れる可能性はきわめて低い。
「聞き分けのない子をどうしてきたか、お前が一番知っているはずだが?」
「勝利しなければ思い通りにならないと、父上もご存知のはずです」
言葉を交わしながら、二人は臨戦態勢に移行している。
侍女らしき二人は少し距離を取り、直立不動で成り行きを見守っていた。
賢明だな、手馴れているようにすら思える。
「…!」
二人の体が揺らぎ、交錯し、元の位置へと戻る。
泰然と立つレオンに対して、セレノアは苦い表情でふらついた。
やはりレオンに分があるか。
「理解できたかい? 帰るぞ、セレノア」
いつも張り付けていた笑みのまま、レオンが静かに告げる。
だが、セレノアは反抗的な視線を向けたまま、口を開こうとしない。
素直に従う顔じゃないな、あれは。
「セレノアは、どうして帰りたくないんだ?
 家族が心配して迎えに来たんだ。悪いことじゃないだろう?」
俺の言葉に、不機嫌な視線が返ってくる。
どう答えるか考えたのか、短い間の後にセレノアが口を開いた。
「自分なら、親に逆らわない…そう言いたいわけ?」
「俺には、逆らう親がいない。
 だから、ああやって気にかけてくれる親もいない」
「なっ…そういう言い方は、卑怯じゃないっ!!
 こんな暴言を吐いて、そんな話を聞いて、それでも帰らないほどアタシは無神経じゃないわっ!!」
言葉の裏にわずかに見えた、謝罪の言葉。
戻る気になってくれるかもしれないが、とても気分よくとはいかないだろうな。
「親のいない俺には、親子のどっちの意見が正しいのかもわからない。
 だから聞くんだ、本当に帰りたくないのか?
 何か理由があるなら、俺の手でよければ貸してやる」
アイシスから離れ、レオンの濃密な殺気をこの身に浴びる。
魔族の言葉を借りるなら、雑味なしの純粋な殺意って奴だ。
「どこまでもおせっかいなのね」
「恩返しに期待してるからな」
セレノアが、呆れたようにため息をつく。
そして、顔を上げたときには、あの笑みが戻っていた。
「いいわ、今日のところは帰る。でも、続きはそのうちやるからね」
俺のダガーを指差して、不敵に笑う。
やれやれ、アイシスに教えるだけじゃなく、一緒に訓練しないといけないな。
「アイシス、食事を作った人に、『ごちそうさま、美味しかった』と伝えておいて」
「はい」
「じゃあね」
ひらりと手を振り、セレノアが背を向けて歩き出す。
「では、失礼するよ」
他の者たちも、こちらに一礼すると、次々に木々の間に身を滑り込ませていった。
「行っちゃいましたね」
「ああ」
二人で、呆然と立ち尽くす。
あまりに多くのことが起こりすぎて、頭がおいつかない。
それは、きっとアイシスも同じだろう。
「面倒だが、ロアイスに戻るぞ」
「はい」
今回の一件は、ファーナに報告しておいたほうがいいだろう。
魔族の方は、おそらくだが、これで片付いた。
問題は、種族不可侵を破り、誘拐なんて真似をしている奴らだ。
目的、素性、出没地域にねぐらの場所。
俺が雑に考えても問題は山積み、ファーナが詳細に挙げたら倍を超えるだろう。
仕事と頭痛の種以外にも、何か手土産があればいいんだが…な。
報告の文面を考えながら、ロアイスまでの道のりを歩いた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ