挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
DAGGER 戦場の最前点 作者:BLACKGAMER

DAGGER -戦場の最前点-

30/129

09章 出会う少女-2

【アイシス視点】

「ごめんなさい、巻き込んじゃって…」
「いえ」
それきり会話が途切れて、沈黙が続く。
何を話していいかも分からないし、話題を探す気にもなれない。
「…!」
枝葉が擦れた耳障りな音に、息を止める。
だけど、いつまで経っても、何も出て来ないし、何の気配も感じない。
風…だったのかな?
「ひっ…」
小さく息を呑む声。
振り返ると、あの人は顔面を蒼白にして震えていた。
「え? なに? うそ…でしょ?」
私の言葉なんか聞かないで、木々の奥を睨みつけている。
私も同じ場所を見るけど、枝と葉が邪魔して何も見えない。
「こっちに、なんで…? なんで、こっちに…近づいてくるの?」
途切れ途切れのその言葉に、背筋が凍る。
耳をすませると、たしかに足音が聞こえた。
先生たちにしては、早すぎる。
それに、一人分の足音しかしない。
さっきの人たちとは無関係?
でも、だったらこんな森に入る理由がないと思う。
考えている間にも、相手が近づいてくる。
だんだんと大きくなる足音に、私の心臓が潰れていく。
「…ッ!!」
声にならない悲鳴が、隣から上がる。
見ていた枝葉の影から、一人の女の人が出てきた。
誰?
両側に結わえてある長く綺麗な黒髪が、真っ先に目に飛び込んできた。
「………」
私たちの顔を一度ずつ見て、歩みを続ける。
足の動きと、さっきまで聞いていた足音が一致して、膝が砕けそうになる。
恐い。
近づかれているだけなのに、とても恐い。
何もしないでいられる勇気がなくて、ダガーを鞘から抜く。
いくら力をこめて握り締めても、切っ先の揺れが止まらない。
「ふぅん、アタシとやるつもり?」
冷笑を彩るように、桃色の帯が広がる。
ただ、それに触れるのが恐ろしくて、反射的に後ずさっていた。
「ひぅっ」
それを見て、横にいたこの人は、糸が切れたように倒れる。
気絶? この状況で、私だけ残して?
「………」
相手は一人、強さは未知数。
その事実からは、絶望しか感じない。
私も同じように気絶できたら、どんなにいいだろう?
「さてと…」
ゆっくりと、私を取り囲むように桃色の帯が伸びてくる。
焼けるような熱さを感じて、ようやくあれが炎だと理解した。
魔族の特徴だと言われる、黒く艶やかな髪。
普通の炎では、ありえない色。
魔法の色が変わるほどの、異常な力。
有色の魔族。
使い手の数は、手の指で足りるほどだって言ってたのに、どうして私なんかの前に二人目まで…。
「動かないの? もう間合いの中よ?」
あの後、先生に魔族のことを教えてもらった。
魔族は、基本的に自分より弱い者に興味を持たない。
だけど、戦いを挑まれたら、力量差なんて関係なく確実に決着をつける。
だから、もし出会うことがあれば、敵意を見せないようにすればいい…って。
「………」
私なんかが武器を構えたところで、相手になるわけがない。
なのに、刃を下ろすのが、恐くて耐えられない。
かまえを崩せば、その瞬間に死んでいてもおかしくない。
震える手では、刃を鞘に収めることもできなくて…。
ダガーを地面に落とした。
他に、戦いを放棄する方法を考えつかなかった。
「なぜ、手離すの? 武器なんでしょう?」
「私は、戦えません。弱いですから」
「そう。つまらないわね」
桃色の炎が、私のすぐ横を漂う。
武器を離せば許してくれるなんて、考えが甘かった。
先生は、私にきちんと教えてくれたのに…。
その言いつけを守れなかったんだから、どうなるのも私のせいだ。
覚悟して、目を閉じる。
ううん、そんな格好のいいものじゃない。
恐くて、もう目を開けているのもイヤだった。
私なんて簡単に焼き尽くせる炎が、少しずつ近づいてくるのが分かる。
吸い込む空気は、熱湯よりも熱かった。
あと少し。
もう少しで…私は死ぬ。
「ねえ、聞きたいことがあるんだけど」
「え?」
目を開けると、肌を焼く炎よりも近くにあの人が立っていた。
「戦場の最前点って知ってる?」
「最前点? 最前線じゃなく…ですか?」
「そう、最前点よ」
自信満々に言い切られる。
どうやら、間違いじゃないみたいだ。
「それって、場所ですか?」
「会いなさい…って言われたから、たぶん、人だと思うんだけど…」
人? 戦場の最前点?
その言葉を探して、記憶を掘り起こす。
どこかで聞いたような気がする。
その名前を誰かが呼んでいたのを、たしかに覚えている。
でも、どこで…?
「…あっ」
あれは、たしか…クリアデルにいたときの話だ。
「知ってるの?」
「根も葉もない噂話ですけど…。
 前大戦で、魔族を一人で圧倒した少年がいた…って。
 誰の助けも借りず、たった一人で最前線よりも前に出て戦い続ける。
 そんな少年を、戦場の最前点と呼ぶようになった…って」
「ふぅん」
それはそれは楽しそうに鼻をならし、口元が緩む。
さっきまで私を覗き込んでいた冷たい瞳は、好奇に輝いていた。
よほど、感心のある話だったらしい。
「で、そいつは今、どこにいるの?」
「え…あの…分かりません」
居場所どころか、本当にいるのかどうかだって、あやしい。
噂話が大きくなりすぎているだけだったり、作り話の可能性だってある。
「そう」
残念そうに一言漏らして、口をつぐむ。
その顔には、怒り出すような雰囲気はない…良かった。
「…なら、強い人間を知っている?」
「強い…人間」
その言葉で思い浮かんだのは、一人しかいなかった。
「先生なら…」
「どこにいけば、会えるの?」
引き合わせても、いいんだろうか?
でも、それ以外に強い人なんて…。
「今度は知ってるんでしょ? どこ?」
見透かすような笑みには、有無を言わせない力がある。
答えないなんて、許されそうになかった。
「…ここで待ってれば、戻ってくるはずです」
「ふぅん。なら、いいわ。さっきの無礼は忘れてあげる」
あれだけ燃え上がっていた桃色の炎が、一瞬で消え去る。
木々や地面を探しても、焦げ跡はどこにもない。
夢だったと思いたい。
だけど、私の身体に残る熱と、額の汗がそれを否定する。
「あなた、名前は?」
「アイシス・リンダント…です」
「アタシの名前はセレノア、覚えておいてね」
さっきの桃色の炎と一緒に、私の頭の中にその名前が刻まれる。
馬鹿な私でも、この名前だけは、忘れられそうにない。
「さっき、先生って言ってたわね。何か教えてもらってるの?」
「あの…」
なんて答えるのが最善なのか、分からない。
だけど、嘘をついてバレたら、きっと何よりもまずい。
だから、私は正直に答えた。
「戦いを、教えてもらっています」
「ふぅん。どんなふうに?」
「えっと…」
順番も何もなく、思い出せたものから口にする。
一生懸命に空回りする頭を使って、記憶を引きずり出していく。
会話が途切れて無言になることが、ただ恐い。
言葉を選ぶ余裕もなく、先生が早く帰ってきてくれることをひたすら願った。


【ティスト視点】


「先生!」
俺の顔を見るなり、アイシスが大声で叫ぶ。
泣き出しそうなアイシス。
その横には、木の根に身体を預けて目を閉じた精霊族の少女。
そして、知らない顔が一人。
何があったのか、まったく分からないな。
「マナっ!!」
倒れている少女に駆け寄ると、まばゆい光が溢れる。
ユイも使っている癒しの魔法…いや、元は精霊族の使う魔法か。
「アイシス、無事か?」
「あ、えと…はい」
見知らぬ少女を横目で見ながら、歯切れ悪くアイシスが返事をする。
どうやら、名も知らぬ少女とは、あんまり友好的な関係じゃないらしい。
「そっちは?」
「気を失っているだけみたい、大丈夫よ」
「なら、妹を連れて、すぐにこの場を去れ」
「でも…」
視線の先には、何も言わずに俺たちを見ている黒髪の少女。
雰囲気からするにおそらく魔族だろうが、なんでここにいるんだ?
「いいわよ。あんたには興味ないから。さっさと行きさない」
無関心を声に乗せて、キシスを追い払おうとする。
その目は、片時も俺から離れていない。
「俺とアイシスも一緒に、この場から失礼していいか?」
「ダメに決まってるでしょう? わざわざ待ってたんだから」
待ってた? つまり、目的は俺か。
だったら、これ以上巻き込まないようにしないとな。
「こう言ってることだし、早く行ってくれ」
「あなたに感謝します。いつの日か、行動で返しましょう」
「ああ」
生返事で返し、横目にその後姿を見る。
視界からキシスの背中が消え、ようやく目の前の少女に集中した。


少女の顔と、過去の記憶を照合してみる。
以前に、前大戦で会ったのかと思ったが、そうではないみたいだ。
「はじめまして…で、間違いないな?」
「ええ。あなたがアイシスの師匠?」
「ああ、ティスト・レイアだ」
「セレノアよ」
何の前置きもなく、セレノアの手が俺に向かって伸びる。
反射的に後ずさって、間合いを外していた。
攻撃か? なぜだ?
「…ふぅん」
当たらなかったことを残念がるわけでもなく、むしろ、避けた俺を見て笑みを深める。
『攻撃が決まらなかったときに笑顔を見せる奴は、厄介』
数少ない俺の経験則だ。
「何者だ? なんで俺を攻撃する?」
「どうだっていいでしょ、そんなことっ!」
返事になってない言葉を返し、セレノアの指が俺に迫る。
細くて綺麗な指をしているのに、それが危険なものだと全身が教えてくれる。
あれに触れられたら、きっと、ただじゃすまない。
「魔族か?」
「………」
返事の代わりに、今度は左手が突き出される。
答えるつもりはない…か。
「先生、有色の魔族です!」
「なに!?」
一気に距離を取って、もう一度少女をじっくりと観察する。
過酷な訓練をしているようには見えない、細身の身体。
女の年齢はよく分からないが、たぶん、アイシスと俺の間くらいだろう。
その年で、魔法の力が強すぎて、変色したっていうのか?
「まさか…な」
魔法が変色する原因は生まれつきという推論を、俺も支持したくなったな。
まだ成長期の入り口を過ぎたくらいの年齢だろうに、威力で変化したとは思いたくない。
「ゆうしき…って、なにそれ? 蔑称べっしょう?」
眉間に力をいれ、こちらを睨みつける。
世間知らずか? それとも、魔族では知られていないのか?
「勘違いして勝手に怒るな、褒め言葉だ」
「っ!? 褒め言葉?」
「有色の魔族、魔法を操る最高峰の魔族を指した言葉だ。知らないのか?」
「し、知らないわよ、そんなのっ!!」
知らないのが恥ずかしいのか、誤魔化すようにセレノアが突っ込んでくる。
訳が分からない。
ただ、無闇に反撃するわけにもいかなくて、俺は防御に徹する。
間合いに入らないように注意して、ひたすらに距離を取る。
一撃よりも二撃目。
回を重ねるごとに、セレノアの動きが鈍くなっていく。
「???」
まったく、分からないことだらけだ。
これだけの速さで動ける奴が、この程度で疲れるわけがない。
なぜだ?
「…はぁ、はぁ」
荒い呼吸を繰り返し、何かを飲み込もうと喉を動かしている。
俺は攻撃をしていないし、怪我をしていた素振りもない。
それに、この病状には覚えがある。
おそらく、原因は…。
「渇きか? 飢えか?」
「なっ!?」
俺の指摘に、分かりやすい驚きの表情を浮かべる。
「図星だろう? 俺も経験があるから、分かる」
虚脱感に全身が包まれ、手足が鉛のように重くなる。
本来なら戦うどころじゃないはずだ。
俺が足を止めると、あちらも動きを止めた。
「帰るか?」
「負けを認めて? 冗談じゃないわ」
気力を失いかけていた瞳に、覇気が戻る。
やれやれ、いつぞやの精霊族を馬鹿にできないな、俺も説得と挑発を間違えたみたいだ。
「アイシス、ユイが作ってくれたのを出してくれ」
「あ…はい」
俺に指示されて、アイシスが持っていた袋の口を解いた。
気になるのか、セレノアがちらりと横目で確かめている。
「何のつもり?」
「お腹を空かせた動物に食料をあげると、恩返しをしてもらえるそうだ。
 魔族では、そういう伝承はないのか?」
「誰が…動物ですって?」
眉間にしわを寄せて、声を震わせる。
どうやら、皮肉や冗談は通じないらしいな。
「渇きも飢えも、気分のいいものじゃない。
 俺と戦ってる最中に飢え死にされるても困るんでな。
 ほら、まずは水だ」
渡された水筒のふたを開けて、セレノアが一気に中身を飲み干す。
まったく、食物の宝庫と呼ばれる森で飢死なんて、冗談にもなりゃしない。
「ありがと」
空になった水筒を、放り投げて返す。
どうやら、お礼をいうくらいの礼儀は持ち合わせてくれているみたいだ。
「あの、これ…」
おずおずと、アイシスがバスケットを差し出す。
そして、森の中でどこか場違いな夕食が始まった。


最初は出ていた料理への賛辞も少なくなり、今は夢中で食べている。
あまりに空腹だと、食べ物すら受け付けなくなるはずだが…。
どうやら、丈夫な内臓をお持ちのようだ。
「今まで何してたんだ?」
「別になにも」
「なぜ、こんなところにいる?」
「なんとなく」
嘘をつくにも、もう少し考えて欲しいところだが…。
ま、詮索するだけ無駄だな。
「食べ終わったら、そのまま帰らないか?
 そうしてもらえると、こっちも助かる」
そこでようやく、バスケットの中から俺に視線を動かしてくれる。
食べ物を飲みこんでから、セレノアが口を開いた。
「アタシからも質問させてもらうわ。なぜ、そんなに戦いを嫌うの?」
「理由を言えば、おとなしく帰るか?」
「施しを受けて、相手の嫌がることをするほど恩知らずじゃないわ」
いきなり殴りかかってきたときはどうしようかと思ったが、意外に良識とか良心はあるらしいな。
納得させられるような、戦いを嫌う理由…ねえ。
「戦ってもいいことがない。飢えも渇きも癒せないしな。
 戦うことに意味を見出せない」
「じゃあ、戦いを楽しいと思ったことは?」
痛いところをついてくるな。
「楽しいと思ったことは? あるの? ないの?」
「少なからず、あるな」
肌を焦がすような緊張感が、極限の集中力を呼び起こす。
その中で、自分の思うとおりに動き、相手を倒す感覚は、決して嫌いじゃない。
「なら、それでいいじゃない」
バスケットをアイシスに返して、セレノアが立ち上がる。
その瞳には、覇気が満ち足りていた。
「さて、続きをしましょ?」
「食休みもなしで戦闘再開か、元気なことだ」
無闇にアイシスを傷つけなかったし、根が惨忍なわけでもなさそうだ。
相手をして満足するなら、それも一つか。
「アイシスに怪我をさせるのも、木々を傷つけるのもなしだ。いいな?」
「はいはい、分かったわよ」
ふわりと風に乗るような身のこなしで、セレノアが急接近する。
「ぐっ…!?」
振りかぶられたと思ったときには、腹部に鈍痛が広がっていた。
力を逃がすように、後ろに跳び退って距離を取る。
あの華奢な体のどこから、こんな力が生まれてくるんだ?
「ふぅん、これでも倒れないんだ」
セレノアの感心したような反応に、少しだけ後悔する。
わざと負けるってのは、選択肢として考えてなかったな。
「もう少し待ってくれ。全身に痛みが回って、今から倒れるところだ」
「そんなにアタシと戦うのがイヤなわけ?」
苛立ちよりも申し訳なさが見える表情で、セレノアが問いかけてくる。
この反応は予想外だ。
「さっきまでは気が乗らなかったが、少し気が変わった」
「ようやく頭に来たのね。
 ここまでされないと動けないなんて、鈍いんじゃないの?」
「自分が未熟だから当たった攻撃に怒り出すほど、馬鹿じゃない」
「なら、なんで?」
「無礼者になりたくないからだ」
真摯に挑んでくる相手に対して、礼儀を失するな。
師匠たちには、そう教えられてきた。
「ふぅん」
俺の言葉に、セレノアが笑みを深める。
それだけで、さっきまでとは比べ物にならない緊迫感が辺りに広がった。
「…!」
直線的に間合いをつめて、最小限の動作で拳を突き出す。
無手で一番速い、俺の攻撃法。
それを楽に見切って、セレノアがもっと間合いを詰めてくる。
「ッ!」
腕を使って、攻撃を受け流す。
たしかに速い、が…見えないほどでもない。
感覚を研ぎ澄まし、目に見えるものへの反応速度を限界まで高めていく。
一進一退の攻防が、幕を開けた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ