挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
DAGGER 戦場の最前点 作者:BLACKGAMER

DAGGER -戦場の最前点-

29/129

09章 出会う少女-1

【ティスト視点】

ほろ酔い気分で、夢見心地。
心行くまでユイの手料理を味わい、酒を飲み、至福の帰り道をアイシスと並んで歩く。
わざわざ明日の朝ご飯まで作って持たせてくれたユイには、本当に感謝だな。
地平線の彼方へと沈みゆく夕日が、俺とアイシスの影を長く伸ばす。
並んで歩く二つの影は、俺たちが二人でいるということを強く実感させてくれた。
街道から外れているから、誰かとすれ違うこともない。
会話も途切れて、無言で歩く静かな帰り道。
だけど、俺はとても満足していた。
「きゃぁあぁああああああああああ」
悲鳴!?
よく響く甲高い声、女の叫び声だ。
「先生…」
不安げな顔で、アイシスが俺の顔を見上げる。
レオンの忠告は、たしかに聞いた。
だが、恐いから見殺し…というのは、さすがに薄情すぎる。
「いいか?」
「先生に任せます」
「なら、ついてきてくれ」
耳だけを頼りに、草原を抜けて街道へと走る。
まずは、声の主が見つけないと、対処のしようがない。
「どこだ?」
街道に出て周囲を見回すが、人影はない。
俺たちのように、街道から外れているのか?
「先生!」
アイシスの指が示すほうへ視線を投げる。
道なき草原を突っ切って、遠ざかっていく黒い影が見えた。
疾駆するその姿に、目を凝らす。
黒一色に統一されて、顔まで隠れている。
その腕に抱かれて、女の子がこちらに手を伸ばしていた。
目尻に光る涙から、助けを求めているのは分かる。
人さらい…か、外道が。
「追うぞ」
「はい」
駆け出した後に振り向き、慌ててアイシスの速度と調節する。
一人ではないんだから、全力で突っ走って、アイシスを置いていくわけにいかない。


辺りを確認して、状況を整理する。
周囲に気配はない。
単独行動らしいな。
何もない草原を、一直線に突き進んでいる。
見える範囲に障害物はないから奴の速度が落ちる望みは薄いし、回り込むことも難しい。
純粋な脚力の勝負。
離されてはいないが、追い付くには倍の速さがいる。
今、アイシスを疲れさせても意味がないな。
「アイシス、許してくれよ」
「え?」
答えを聞いている暇もなく、アイシスを抱き上げる。
足へと力を込め、相手との距離を切り取りに行く。
前を走る背中が、だんだんと近づいてきた。
ロアイスを背にして走り、見つけた時から進路は変わっていない。
目的地は、ラステナか? それとも…。
俺の思考を邪魔するように、南東にある森へと進路が変わる。
その森を南へと抜ければ、魔族の領地は目と鼻の先だ。
『君がどこに住んでいるのか知らないが、魔族の国境に面した道は使わないほうがいい。
 私の相手が満足にできるなら、さほど危険とは思わないがね』
レオンの警告が、もう一度頭をよぎる。
関係ない、今はあの子を助けるほうが先だ。
踏む足に力を込めて、さらに距離をつめる。
森の入り口は、もう目の前に迫っていた。


木々の根が絡みつく足場を、苦もなく抜けていく。
一度も振り返っていないが、俺の存在には気付いてるだろう。
森を使って、振り切るつもりか?
仲間との合流か?
両手がふさがっているから、不意打ちは避けたいところだな。
「周囲を警戒、何か気づいたら教えてくれ」
「はい」
腕の中でアイシスが返事をする。
張り詰めた空気の中、さらに奥へと進んだ。
進路を微妙にずらし、森の中から出ないように走り続けている。
奴の重心は安定しているし、速度も衰えを見せない。
誘い込まれている? …としたら、罠か?
「!?」
不意に横合いから矢が飛び出し、奴の服を地面へと縫い付ける。
連射された矢で両足が縫い付けられ、奴の動きが完全に止まった。
慌てて飛びのき、大木の前でアイシスを下ろす。
射線から発射元を目で追うと、そこには一人の女が立っていた。
その顔には、見覚えがある。
クレネアの森で、レオンと対峙していた…名は、たしか、キシスだったはずだ。
「マナを…その子を離せ」
「お姉ちゃん!」
誘拐されかけている女の子が、初めて笑顔を見せた。
妹を助けるために、種族不可侵を破り、危険を省みずにここまで来たのか。
「聞こえなかったか?」
「………」
こちらの言葉に、反応らしいものを返さない。
無造作に足に突き刺さった矢を抜き取り、その場に落とす。
わずかな血が出ただけで、かすかな声も漏らしたりしない。
その所作の一つ一つが、奴らの特殊な生い立ちを証明している。
自分の常識が通用しないほど、恐い相手はいない。
力量は分からないが、戦えば苦戦は間違いないだろう。
「………」
わずかな揺らぎ、何かを仕掛けてくる気配だ。
重心の動きを察知したのか、先回りするようにダーツが三本、地面に突き立つ。
隙の少ない、いい動きだ。
「もう一度だけ言う。マナを離せ」
分が悪いと判断して、逃げ帰ってくれればいいが…。
相手の表情が隠れていて、反応が全く読めない。
「きゃっ!!」
突然、腕に抱いていたマナを放り出す。
そして、森の中へと走り去っていった。
「逃がすかっ! 二度と同じことはさせない!!」
「止まれ! 目的を履き違えるな!!」
俺の制止も聞かず、キシスが走り出す。
深追いは危険という常識も知らないのか。
一対一で勝てる保証もないのに、仲間がいたら勝率がさらに下がる。
「お願い、お姉ちゃんを止めて!」
「二人を連れて、あれに追い付くのは無理だ」
俺一人なら追いつけるかもしれないが、この場に二人を残していくのは…。
「あのままじゃお姉ちゃんが…お願い…お願いしますっ!!」
涙を浮かべて、何度も頭を懸命に下げてくる。
ここまで関わっておいて見殺しにするのも、寝覚めが悪い。
「追いつけなければ、戻ってくるからな」
「ありがとうっ!」
「悪いが、ここで待っててくれ」
「分かりました」
アイシスの承諾を受けて、気持ちを切り替え、集中力を高める。
それを、一気に足へと乗せ、爆発させた。
森の全てを足場にして、最短距離を全速力で走り抜ける。
地面、木の根、幹、使えるものは、なんでも踏み台にする。
普段よりは幾分早い。
だが、この程度の動きでは、精霊族が森で使う歩法に遠く及ばないだろう。
となれば、脚力でその差を埋めるしかない。


「戦いが始まる前に、会えれば理想なんだが…」
木々の間を注意深く見ていても、二人の背中は見つからない。
森の中での捜索なんて、素人も同然だ。
もし見落としていたら、絶望的だな。
通った痕跡なんて残されているのかも分からないし、俺が気づく保証もない。
目だけではなく、五感を研ぎ澄ませる。
音でも聞こえてくれれば、それを頼りに追う事ができるんだが…。
足音は当然ながら消しているだろうし、戦闘でもなければ物音もしない。
聞こえてきたときには、何か起きてから…だ。
「ん?」
あたりを包み込む森の匂いとは、まったく違う香り。
それは、果物を潰したときに出るような甘い匂いで、俺の進む先に漂っている。
香水…か?
他に手がかりもない、行ってみるか。
速度を少しだけ落として、周囲への警戒を高める。
ダガーを鞘から引き抜いて、匂いを頼りに進んだ。
わずかに差し込んでいた月明かりも途切れ、視界が一気に悪くなる。
だが、その代わりに足音まで聞こえるようになる。
さっきから、数秒に一度は、木々の合間から服が見え隠れしている。
もう少しだ。
「…いたな」
一人だった黒い影が、二人に増えて逃げている。
やはり、待ち伏せてる奴がいて、合流したか。
これで終わりなのか、それとも、まだいるのか?
あまり、考えたくない話だな。
「………」
こちらに一瞥をくれただけで、キシスは前方の敵を追いかけ続ける。
どうやら、話を聞いてくれる雰囲気ではなさそうだ。
強引に引き離すしか、手はないな。
「風よ」
魔法を手のひらに集めながら、念入りに周囲の気配を探る。
発動の瞬間に妨害や不意打ちでもされたら、たまらないからな。
索敵の結果は、他に誰もいない。
自分の感覚を信じて、拳を握る。
前にいるあの二人との間に割り込ませ、引き離す。
木々が途切れた一瞬をついて、魔法を解放する。
奴らとキシスを分断するように、上から風の魔法を振り下ろした。
狙い通り、奴らは追い風に背中を押される形で、飛び出していく。
キシスのほうは風の壁に足を止め、こちらを振り返った。
「ようやく、止まってくれたな」
「なぜ、邪魔を?」
敵が二人に増えても、俺が攻撃をしかけても、動揺は微塵も感じられない。
その精神状態を褒めるべきなのか、危惧するべきなのか、俺には分からない。
「なぜ、危険を冒してまで深追いする?
 目標を達成したなら、領地へと帰ればいいだろう?」
「精霊族の領地に侵入した者は、どんな犠牲を払っても抹殺する。
 それが、私たち精霊族の掟よ」
精霊族にとっての慣習は、人間の法とは比べ物にならないほど、絶対的な力を持つと聞く。
その取り決めを破ろうものなら、どんな些細なことであろうと厳罰や処刑があるはずだ。
「理解できたなら、邪魔しないで」
「だったら、妹と一緒に追いかけてくれ。
 俺は、頼まれてあんたを呼びに来ただけだ。
 人の生き方に口を挟むつもりはない」
人それぞれ、信じるものや大切にするものが違って当然だ。
他人の言葉なんて、そんなに簡単に受け入れられるものじゃない。
「…そうね。
 あの子を助けに来て、あの子を捨て置くなんて、どうかしているように見えるでしょうね」
ふっと息をついて、キシスの表情から戦意が消える。
ただ、その表情は穏やかに見えるが、どことなく雰囲気が違う。
まるで、大事なものが抜け落ちたような雰囲気があった。
「あなたの言うとおり、あの子を連れて帰るわ。
 面倒をかけて、ごめんなさい」
覇気の失せたその表情を見ても、返す言葉が浮かばない。
何をすることもできなくて、急変したキシスの後を追う形で、引き返した。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ