挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
DAGGER 戦場の最前点 作者:BLACKGAMER

DAGGER -戦場の最前点-

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

27/129

08章 授かる少女-2

【アイシス視点】

あちらこちらと周りを見ながら、二人の背中を追いかける。
そういえば、料理屋以外のお店には、ほとんど入ったことがない。
出歩く元気もなかったし、何かを買うお金もなかったから。
商品を眺め、手に取って買い物をしている人たちが、窓ガラスの奥に見える。
買うかどうか分からないけど…少しだけ、後で見て回るのも悪くないかもしれない。
「?」
前を行く二人が、急に立ち止まる。
なんだろう?
二人の背中の後ろで、何かが動いていた。
「偶然ってのは、恐いねえ」
「まったくだ。こんなところで、また会うとは…な」
なんで、なんで…?
なんで、また会うの?
あれで、あれで終わりだと思ってたのに。
「なあ…」
「黙れ」
先生が、短い一言で相手の声を遮る。
ただ、それは、逆効果だった。
「黙れだってよ、誰に命令してるんだよっ」
驚いた顔の奴らが、一斉に笑い出した。
私が一番見たくない、最低の笑顔。
その声が私を揺らしているみたいに、体の震えが止まらない。
「話すことはない、失せろ」
「この前は震え上がって動けなかった奴が、今日は吠えるねえ。
 騎士団も店のジジイも、助けてはくれねえぜ?」
まとわりつくような、ねばついた声が気持ち悪い。
体の芯まで染み込んでくるような、イヤな声。
「アイシス」
振り返った先生の目が、私の顔をしっかりと見据える。
奴らがいるっていうのに相手に背を見せて、私の目だけを見ている。
「俺の好きにしていいか?」
先生の言葉に、心臓がはねる。
ここで、私が先生に頼んで、もし、負けたら…。
またあのときのような怪我が、いつ終わるかも分からない苦痛が待っている。
でも…。
だけど…。
「あ、の…」
口を開こうとしても、思うように動かない。
だから…なんとか、首だけを縦に動かした。
「ありがとな」
先生は、あの不器用な笑顔を浮かべる。
なにが、どうして、「ありがとう」なんだろう?
「二人とも動かなくていい。後は、俺に任せてくれ」
先生が奴らへと向かって、悠然と歩き出す。
その背中にも、足取りにも、いつもの自然な雰囲気しか見えない。
「心配しなくても、大丈夫。言ったでしょ? ティストは誰よりも強いの」
自慢げに指を立てて私に教えるユイさんの態度は、わずかな疑いもない。
絶対に負けるわけがないと、先生のことを信頼しきっている顔だった。


ダガーを抜くこともなく、無防備に先生が歩く。
奴らに近づいているのに、まるで警戒しているようには見えない。
本当に…大丈夫なんだろうか?
「おいおい、一人でこの人数を相手にするつもりかよ」
先生は、返事をしない。
その代わりに拳が握られ、ギチギチというイヤな音がした。
「ッ!!」
流れるような動きで体重を乗せる。
先頭に立つ相手の肩に、先生の拳が沈んだ。
「な…あっ…」
倒れるなんて甘いものじゃない、固い地面を跳ねるように転がっていく。
ようやく壁にぶつかって、その動きが止まった。
「え…?」
その場にいた全員が、呆然とその姿を見ていた。
人が…飛ぶ? 拳で殴っただけで?
「な? なにしやが…」
言葉が途切れて、一人の身体が吹き飛ばされる。
声を上げる暇さえなく、また壁に叩きつけられた。
離れて見ているのに、先生の動きが速くてよく見えない。
「こ、このや…」
どうにか剣を抜いても、振りかぶり終わる前に止まる。
先生が相手の手首を抑え付け、強引に地面へと剣を突き立てさせた。
…あんなことも、できるんだ。
剣を持ち上げようと必死にあがく、そいつの肩口を容赦なく拳が貫いた。
豪快に吹き飛び、地面に打ち付けられる。
地面に縫いつけられたように、三人は動かない。
残りは、もう二人しかいない。
先生が強いのは、知ってた。
でも、こんなに圧倒的だったなんて知らない。
先生は、私にダガーを教えてくれた。
でも、先生はこの戦いでダガーを抜いてさえいない。
「な、なんなんだよ、お前? なんなんだよ!! その力はっ!?」
「落ち着けっ!!」
取り乱す長身のリントを、小柄なフェイが制する。
「勝てることをやって勝つ、いつもの話だろうが」
先生の横を二人同時にすり抜け、こっちへと駆けてくる。
まさか、狙いは私たち!?
先生は、背を向けたまま動いていない。
このままじゃ…。
「大丈夫。動かないで。ティストと約束したでしょ?」
いつもと同じ微笑みを浮かべたままで、あの人は動こうとしない。
でも、このままじゃ…。
全力疾走をしてくる二人に、私の身体が震えだす。
こんなに近かったら、もう止められるわけがない。
「うあぁぁああああああぁぁあぁああ」
絶叫をあげながら、二人が遠ざかっていく。
壁にぶつかって、ようやく叫び声が途切れた。
今のは、もしかして…風の魔法?
二人まとめて吹き飛ばせるくらいの?
「ね? 大丈夫でしょ?」
小さくうなずいて、返事をする。
声も出せないくらいに、驚いていた。
数分と掛からないで、一人で五人を全滅させるなんて…。
「さて、と…」
呟いた先生の声が、はっきりと耳まで届く。
ここからは先生の背中しか見えなくて、その表情は分からない。
「くそが、このままで済むと思うなよ」
「それが、返事か」
会話が切れると同時に、無数の足音が力強く響く。
何? だんだんこっちへ近づいてくる?
まさか、まだ他にも仲間が!?
「!?」
足音の主が見えたとき、私の頭の中が真っ白になった。
同じ服を着込み、同じ武器を携え、足並みを揃えて、こちらへと迫って来る集団。
その豪華な装備は、遠目で何度か見た事があった。
「騎士団のおでましか」
まるで動揺を見せないで、先生がつぶやく。
だけど、それ以外の人たちは、慌てた様子で起き上った。
「おい、逃げるぞっ!!」
「ああ、ずらかろうぜ」
立ち上がると、ふらついた足取りで路地裏へと逃げ込む。
あれだけ自分が一番だと言い張ってた奴らが、こんなに簡単に逃げるなんて。
やっぱり、それほどすごい相手なんだ。
騎士団の戦っているところなんて、見たことがないから、実感が沸かない。
「逃がすな、必ず捕らえろ」
「はっ!」
取り巻きの兵士たちが、散り散りに逃げ出した奴らを追いかける。
周りに指示を出した、二対の剣を腰に携えた長身の男だけが、その場に残った。
「まさか、ヴォルグ・ステインが直々に来るとはな」
「貴様が元凶か。ティスト・レイア」
底冷えするような凄惨な目が、全てを睥みつける。
甲冑に身を包んだ男の喉から、どこまでも低い声が響く。
武器は鞘に納められたままなのに、切っ先を喉元に突きつけられているような圧迫感がある。
「勝手に勘違いするな。俺は巻き込まれただけだ」
「言い訳は聞かん。逆らうなら、力ずくで従わせるまでだ」
「やはり、聞く耳は持たない…か」
先生がため息をつく。
やはり…って?
それに、互いに名前を呼び合っていた。
二人は顔見知り? 先生の知り合いは、騎士団にまでいるの?
「やれやれ」
先生が、腰に帯びているダガーに、手をかける。
それは、戦闘の意思表示だ。
「抵抗するか?」
「力で来るなら、俺も力で押し通るまでだ。
 騎士団長に歯向かっただけで罪…なんて話はないんだろうな?」
騎士団長…!? あれが、ロアイスで一番強い存在。
それを相手に、先生は戦うの?
「敗北すれば、当然死罪だ」
相手が双剣を鞘から抜き放つ。
それを見て、先生も今日初めてダガーを解放した。
「うぉぉぉっ」
「ッ!」
相手からの攻撃を見極め、先生がダガーで対処していく。
激しい剣のぶつかり合いに、火花が散って見えた。
速すぎて、目で追いきれない。
さっきまでとは、別次元の動きだ。
「…?」
「もしかして…アイシスちゃん、ティストに形を習った?」
「え? あ、はい」
「やっぱり」
目を細めて、嬉しそうに先生をみつめる。
その笑顔の意味が、私には分からなかった。
「どういう意味ですか?」
「だって、いつもなら避けるのに、今日は全部受け止めてるから」
「………」
意識して見ていると、たしかに、形の中にあった『受け』や『払い』を使っている。
流れるような連続攻撃を、しっかりと一撃ずつ丁寧に受けきっていた。
「もしかしたら、アイシスちゃんにお手本を見せたかったのかも。
 形の意味って、見てみないと分かり辛いらしいし」
「形の意味…ですか?」
「防御って、相手がいないと意味がないでしょ?
 だから、実際に相手の技を止めて見せたほうが、分かりやすいの」
もう一度、目が痛くなるぐらいに集中して、先生の動きを追う。
突きがくれば、それをいなし。
斬りがくれば、受け、時には払う。
どんなに苛烈に攻められても、まるで動じない。
相手にあわせ、変幻自在に構えを変えて、その全てを受けきってしまう。
自分が思い込みや思い違いをしていたところが、少しずつ修正される。
もう覚えたはずの形の本当の姿を、今、ようやく分かった気がした。
「その娘の言っていることは、本当か?」
「………」
先生は答えず、黙々と迫り来る刃を弾き返す。
「貴様ぁ、愚弄するつもりかっ!?」
攻撃が勢いを増し、剣戟の音が大きく、数も多くなる。
二刀の切っ先が追いきれないほどの速さで、激しく動く。
渾身の一撃を受け流して、先生が大きく距離を取った。
「いつまで続けるつもりだ?」
「無論、貴様が死ぬまでだ」
「そうか」
ため息をつくと、先生の姿勢がさっきまでと比べて前傾になる。
あれは、攻撃に移るときのかまえだ。
先生が、初めて攻撃を?
「やめんか、この馬鹿者がっ!!!」
怒号が、耳に痛いくらい反響する。
驚いて一瞬目を閉じ、開いたときには騎士団長が膝をついていた。
「レジ師匠!?」
動揺する先生にかまわず、レジ様は騎士団長を見下ろしていた。
「ヴォルグよ、何をしている?」
「敵を排除しています」
「殺すという意味か? 殺意を込めていたじゃろう?」
「命令を聞かぬものへ、当然の処置を取ったまでです」
「騎士の武器は、守るべき者のための刃じゃ。
 騎士団を束ねる者として、命を奪うためだけに軽々しく剣を振るうな。
 その程度さえを守れぬなら、騎士団長どころか、騎士団にいる資格さえないわ」
一方的に責められて、騎士団長は何も言えなくなっている。
良かった、これで終わったんだ。
「ティスト」
「はい」
「お前もじゃ」
鈍い音がして、先生の体が突然くの字に折れ曲がる。
崩れ落ちる先生の前で、レジ様が肘を突き出していた。
なんで? どうして先生まで!?
「剣を抜くときには、時と場所を選べ」
「お待ちください、レジ様! ティストは…」
「事の発端は、周囲の人間には無関係だ。
 善悪の所在がどこであっても、往来での斬り合いが人々に迷惑なことに変わりない。
 仮に、相手に非があったとして…相手の非を理由に己の落ち度を無視するのなら、度し難い愚か者じゃ。
 相手が悪ければ何をしてもいい。そんな子供の理屈は通らん」
「申し訳ありませんでした」
丁寧に膝をつき、先生が謝罪の礼をする。
「お前の行動には、お前の責任が伴う。忘れたわけではないな?」
「忘れておりません」
「なら、よし」
先生の言葉を聞いて、レジ様の顔に少しだけ穏やかさが混じる。
「この件はワシが預かる。文句はないな?」
「お願い致します」
「異論ありません」
先生と騎士団長が答え、レジ様がおごそかにうなずく。
「では、他と合流して城に戻るぞ」
力強い足音を響かせて、レジ様が歩き出す。
その後ろを騎士団長がついていくのを、ただ黙って見送った。


その場から二人が見えなくなるまで膝をついていた先生が、立ち上がってふらつく。
「くっ…まだ残ってるな」
「ティスト、大丈夫? 治そうか?」
「いや、いい。反省に残しておくよ」
「もう、レジ様は仕事となると厳しいんだから」
「師匠にも立場があるからな、しかたないさ。
 それに、軽率だったのは事実だ。
 形の次は、波状攻撃…なんて思ってたくらいだからな」
冗談めかして、先生が笑う。
一国の騎士団長を相手に、剣技を私に見せるために使うなんて…。
「まあ、目的は達成できたから充分だ」
「目的?」
「これだけやれば、奴らは二度と関わってこないだろ」
そうだった、先生が戦う原因を作ったのは、私なんだ。
それがなければ、騎士団長と戦うことも、レジ様から怒られることもなかった。
「私のせいで、すみませんでした」
「怪我をしたわけでもないし、師匠に叱られたのは俺の落ち度だ。気にしなくていい。
 俺こそ、この前は何もしなくてすまなかったな」
なんで、そんな…。
謝る必要なんてないのに。
私が弱いのも、あいつらに絡まれるのも、先生を信用できなかったのも。
全部、私一人のせいなのに。
先生は、そんな私のために頭を下げてくれる。
それが、胸の奥を熱くする。
「後は、アイシスが嫌なことを早く忘れるだけだ。
 無理しなくていいから、少しずつ…な」
「あ…」
とても優しい先生の声とあの笑顔に、気づけば涙がこぼれていた。
先生がそんなことまで考えてくれているなんて、思ってもみなかった。
先生がそこまで私に気をかけてくれていた…そう思うと、胸がまた熱くなる。
涙が止まらない。
「先生」
「どうした?」
「ありがとうございました」
それだけ伝えて、なんとか口を閉じる。
今開けたら、大声で泣いてしまいそうだった。
返事の代わりに、大きな手のひらがぽんぽんと私の頭を優しく撫でてくれた。
ただ、その優しさが暖かかった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ