挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
DAGGER 戦場の最前点 作者:BLACKGAMER

DAGGER -戦場の最前点-

23/129

07章 受け入れる少女-3

【アイシス視点】

「お疲れさま、緊張したでしょ?」
「はい」
自分の声や足音が響く城内の廊下では、ユイさんの質問に答える声も自然に小さくなる。
遠くに見える人影が大きくなり、すれ違うときには、心臓が潰れそうになる。
幅は広いのに横道も死角もなくて、逃げも隠れもできないこの不便な廊下は、すごく居心地が悪い。
「もう少しだけ、我慢してね」
「どこに向かってるんですか?」
「なるべく人がいない場所」
これ以上ないありがたい条件に、私は黙ってついていった。


建物から出て日の光を浴びることが、こんなにいいものだなんて思わなかった。
外の冷たい空気を吸い込んで、少しだけ気分が落ち着いた。
「綺麗でしょ? せっかくだし、見てまわる?」
「いえ、いいです」
庭を彩る名前も知らない花を見ている余裕もない。
どんなにわずかでも、目立つことはしたくなかった。
「なら、もう少し離れよっか」
後ろをついていくと、それだけ人の気配が遠のく。
風の音が耳に心地良かった。
連れてこられた庭の片隅は、なんの飾り気もない。
ただ、建物の影と固い地面があるだけ。
しかも、地面にはところどころに傷がある。
「…はぁ」
こういう手入れの行き届いていないところのほうが、落ち着く。
たしかに、こんな場所には、人は近づかないだろう。
「気に入った?」
「はい」
「ここね、ティストの訓練場所だったの」
「…そうなんですか」
王宮の庭園に、訓練の場所が特別に用意されて。
ロアイス最強と呼ばれた二人に指導を受けて。
私があの監獄のような場所にいるときに、先生はここにいて。
「ふぅ…」
知らず、ため息が出ていた。
比較することさえ馬鹿らしい。
先生のいる場所は、おちこぼれの私なんかが届く場所じゃない。
「心配しないで、ここなら誰も来ないから大丈夫」
「何がどう大丈夫なのか、説明してもらおうではないか」
振り返れば、険しい顔をした老人がこちらを睨みつけていた。
「人目を避けてこんな場所まで来て、何を企んでいる!?」
「何も企んでなどいません」
返事もできない私の代わりに、庇うように前に出て返事をしてくれる。
この威圧的な老人の声は、前に城に来たときに聞いた。
部屋の中に隠れていたから見えなかったけど、きっとこの人で間違いない。
名前は、たしか、イスク…だったはず。
「小娘どもが身勝手なことをしているとは聞いたが、ここまでとはな」
眉間にしわを寄せて、老人があたりを睥睨する。
私に一瞬だけ視線が絡みついたけど、すぐに他へと移った。
「奴はどこだ!?」
怒号が自分の胸を叩き潰した気がして、呼吸が止まる。
痺れるような余韻が消えた後に、もう一度あの人が口を開いた。
「お前と一緒に来た、あの薄汚い野良犬はどこだと聞いているのだ」
吠える前にうなりを上げる獣のような、低い声。
一緒に来た? それって…。
「ティスト・レイアはどこだと聞いているっ!!」
大音声が庭いっぱいに響き渡る。
反響が周りに消え、気まずい沈黙が残った。
「ふん、あくまでも黙りこくるなら、いいだろう。
 後ろにいる貴様は何者だ?」
「この子は、私の…」
「今更口を開くなっ!! 黙っていろっ!!」
ユイさんを押し退けて、私の前へと立つ。
神経質な顔で、耳が痛くなるほどに、私のことを怒鳴りつける。
「娘、答えろ! 何者だ!? ここで何をしている?!」
矢継ぎ早に繰り出される質問に、私の思考が停止しかける。
何者? 私は、何者と名乗っていいの?
怒声に身体が竦み、口を開けても声が出ない。
名前を言ってもどうせ意味がないし、立場も何も…。
「どうした!? さっさと答えんかっ!!」
「私の弟子に何かようですか? イスク卿」
振り返れば、足音も立てずにこちらへと歩くクレア様の姿が見えた。
「また、そのような戯れをしているのか、貴女は」
「次代を担う若者を教育することは、私の責務ですから。
 それで、私の弟子に何か御用でも?」
「部外者を入れることは関心しませんな。城内の治安が乱れる」
「ご心配なく。何も起きませんし、仮に何が起ころうと全責任は私が負いますので」
「口で言うのは容易いことだが…もしものことがあれば、セイルスの首だけでは済まされぬぞ。それを…」
「ご心配なく、と申し上げたはずですが?」
相手の言葉を潰して、上書きする。
それだけで、次の言葉が出せなくなったように、老人は唇を震わせていた。
「二度とこんな勝手な真似が出来ると思わんことだ」
捨て台詞を残し、苛立ちを足取りにして去っていく。
その背中が見えなくなって、私はようやく息をついた。
「ごめんね、アイシスちゃん。もう少し回りを見ておくべきだった」
「あ、いえ…」
頭を下げられても、どうしていいか分からない。
連れてこられたとはいえ、私がここにいること自体が場違いで、責められてもおかしくない。
「不快な思いをさせて、すみません。
 二人とも、この中庭で起きたことは他言無用でお願いします」
「はい」
「分かりました」
それきり会話が途切れ、無言の時間が続く。
聞いてみたいことはいくつもあるけど、話を聞けるような雰囲気じゃない。
私は、ただ黙ってあたりの景色を眺めてるふりをして、時間が流れるのを待った。


「ここにいたのか」
待ちに待ったその声を聞いて、安心のあまり倒れたくなる。
先生が戻ってきた、これで、ようやくこの城から出られるんだ。
「待たせたな、二人とも」
「いえ」
「ううん、ティストこそお疲れさま」
挨拶もそこそこに、先生が姿勢を正してクレア様に歩み寄る。
丁寧な礼をし、頭を下げたままで口を開いた。
「報告が遅くなり、すみません。
 ティスト・レイア、ただいま戻りました」
「堅苦しい挨拶など必要ありません、あなたが無事に帰ってくればそれで十分です」
頬を緩めている笑顔からは、さっきまでの威厳が消えていた。
「面倒な仕事を任せてすみませんでした」
「いえ。力になれることがあったら、いつでも言って下さい」
「ありがとう。その言葉に甘えさせてもらいますよ」
「はい」
もう一度深く礼をし、先生が顔をあげる。
「師匠は、どうしてここに?」
「散歩のとき、つい足を運ぶのが日課になっているだけですよ」
何かを思い出すように遠い目をして、返事というには小さな声でつぶやいた。
「本当は、一緒に報告を聞きたかったのですが、ファーナの仕事に口を挟むのも失礼ですから」
「彼女は、何者なのですか?」
「ティルナスの一族と言えば、覚えはありませんか?」
「では、彼女が…」
先生がそこで言葉を区切る。
家名だけで会話が進むあたり、本当に自分とは遠い世界だ。
私が分からない顔をしていたのに気づいたのか、クレア様が微笑む。
「今の会話では、アイシスが分からないですね。
 彼女は、ロアイスの軍師を務めるものです」
帽子を被ったあの人が、軍師。
元騎士団長であるレジ様とも、その妻のクレア様とも話したことがあるのだから、今更そんなことで驚いたりしない。
それに驚くには、知識が足りない。
軍師が具体的にどんなことをするのかも、騎士団長とどっちが偉いのかも、無知な私には分からないんだから。
「ファーナを若輩者だと蔑む者もいますが、役職に恥じぬほど思慮深く聡明ですよ。
 父親の仕事を継ぎ、見事にこなしています」
「ええ、彼女の能力には驚かされてばかりでした」
たしかに、あの人は、馬鹿な私でも分かるぐらいな頭の力を持っていた。
ああやって頭を使うのも、きっと私には無理だ。
「ファーナちゃんは?」
「部屋を出るまで一緒だったんだが、急用を思い出したって、どこかに…」
「そっか」
「お茶でも振る舞いたいところですが、これから、仕事がありますので。
 せめて、城門まで見送らせてください」
先生の背中を見て歩き始めて、やっと気分が落ち着いてきた。
あの城門をくぐれば、ようやく解放される。
「まだ帰るには速いよ」
歩き出してすぐ、柔らかな声に呼び止められる。
この城に来てから、後ろから声をかけられることばかりで、もう本当にイヤ。
なんで、誰も前から普通に来れないんだろう?


【ティスト視点】


「?」
聞き覚えのある声に、振り返る。
そこには、微笑を浮かべた青年が立っていた。
「報酬を渡さずに帰られてしまうなんて、我が名を汚すことになる。
 といっても、ファーナに言われなければ、私も失念していたけれどもね」
品のある笑顔と、軽妙な軽口。
色あせていた記憶が、少しずつ歩み寄ってくる。
「ライナス…か?」
「私の顔を忘れるとは…薄情だね、ティストは」
「忘れてはいない、見違えただけだ」
「褒め言葉として取っておくよ」
そこに立つライナスが、昔の記憶とうまく重ならない。
師匠が自分のことを見違えたと言ってくれたときは、世辞にしか聞こえなかった。
だけど、こうしてみると体躯も顔つきも違うし、声もわずかに違和感がある。
「これが、時間の流れの重さ…か」
一度見逃した成長の軌跡は、二度と見ることが叶わない。
どんなことをしても、絶対に。
「私よりも、妹のほうが時間の魔力は強大だよ」
その言葉にライナスの後ろで、桃色の髪が揺れるのが見えた。
ライナスが静かに横へとずれ、おずおずと前に出てくる。
目の前に広がる桃色の髪に、俺は息を飲んでいた。
「リース」
「………」
俺の声に返事はなく、目の前でお辞儀をされる。
数ある作法の中でも一番難しく、対人関係が重要な王族では最も必要な技法。
あれだけ礼儀作法が苦手だったリースが、こんな見事な礼をするなんて。
言葉がない。
リースの表情を見て、俺は愕然としていた。
俺の知っている、無邪気で天真爛漫な笑顔は、跡形もなく消えていた。
そこにあるのは、多くの人間に贈られるための、品のある王族の笑顔。
姫としてのリース・ランドバルドの笑顔だった。
まるで、悪い夢でも見ているような気分だ。
あまりに、俺の記憶と掛け離れていて、その現実が受け入れられない。
あの、リースが…。
いつも騒いで、わがままを言っては、師匠たちを困らせていた。
廊下を走り回り、授業を投げ出し、お説教なんて聞きやしない。
でも、誰にも真似できないくらいに、楽しそうに笑っていて。
見ているこっちも、それだけで楽しくなって…。
自分の中で抱いていたものが、勝手にあふれ出してくる。
時の流れの重さを、俺は受け入れることができなかった。


【アイシス視点】


やっぱり、この二人は先生と知り合いだったんだ。
先生と話していた二人が、突然こっちを向く。
「またお会いしましたね、アイシスさん。その節は、すみませんでした」
「あ…いえ」
なんて答えていいのか分からなくて、返事につまる。
そんな私の反応にも、この人は笑顔で返してくれた。
「王子、これを」
大きめの袋を持っていたレジ様が、ライナスさんにそっと手渡して、また後ろに控える。
王子? ライナスさんが?
じゃあ、妹だって言ってたリースさんは…王女?
うそ…でしょ? 私と話している人が、王族?
話が突飛過ぎて、ついていけない。
「で、どうすればいいかな?」
「アイシスに渡してくれ」
うなずくと、大きな袋を両手に持った王子様が、背筋を伸ばして私の前に立つ。
「ありがとうございました。これを、お納めください」
絵になるほどの素敵な笑顔で頭を下げ、袋が渡される。
お礼を言われるなんて予想もしていなかったから、震える手で受けとるのが精一杯だった。
「失礼ですが、ここで中身を確認してもらえるようにお願い致します。
 足りないのなら、貴女の言い値を聞かせていただきたい」
「はい」
重さに驚きながら、渡された袋の口紐を緩める。
中には、クリアデルでの私の稼ぎを軽く超えた枚数が入っていた。
数えるのもためらってしまう…今までの私が、何人も買えてしまうようなお金。
「いいか?」
この額でいいかどうかを決めるのは先生のはずなのに、どうして私にも聞くんだろう?
「え、あ…はい」
「それはよかった」
どう答えていいのか分からなくて曖昧あいまいに頷くと、王子様が優しい笑顔を返してくれた。
慌てて頭を下げたけど、礼儀も何もできてない自分が情けない。
「荷物として運ぶなら手伝うが、アイシスの物だからな。
 自分で管理して、好きに使ってくれ」
先生の気軽な口調に、理解する時間が数秒かかった。
先生の荷物持ちとして渡されたのは思い違いで、これは、私のための報酬らしい。
「せ、先生の分はどうなるんですか?」
実質的に働いたのは先生だけで、私はおまけだ。
もしかしたら、これがわずかな額で、先生はもっと巨額を?
「俺の報酬は、別に用意されているから問題ない。
 それは、アイシスの分だ」
念を押すように、先生が袋を指差して断言する。
こんなにたくさんの報酬が、私の…。
「よかったね、アイシスちゃん」
「はい」
返事に力が入らない。
さっき見た袋の中身が、現実味を消していた。
袋を引きずらないように気をつけ、先生と一緒に城門を出る。
見送っているのが、この国の重鎮たちなんて、冗談にしても不出来だった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ