挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
DAGGER 戦場の最前点 作者:BLACKGAMER

DAGGER -戦場の最前点-

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

20/129

06章 恐れる少女-2

【ティスト視点】

周囲に広げられた相手の魔法は、俺たちを包み込むように輪を描いた。
逃げ出させないためのものなのか、外部からの不意打ちに対してなのか分からないが…。
触れなければ何も感じない時点で、それほどの威力は備えていない。
「虚仮威し(こけおどし)…か」
「これが…ですか?」
生気のない声で、諦めたようにアイシスが俺に問いかけてくる。
圧倒的な魔族の力を前に死を覚悟…そんな考えになるのも分からなくはない。
「顔は知れ渡らないが、噂は広まるからね。
 威嚇するなら見目がよいほうが、広がりやすいだろう?
 おかげで、気をつけないと先ほどの彼女のように、初対面でも、私が誰だか分かってしまうが」
強大な力に魔法が変質し、目に見えるほどの色が加わる。
この色変わりの現象は魔族でしか確認されておらず、確認されたのもほんの一握り。
その名を馳せたものは、手足の指で足りるほどの人数しかいないと言われている。
その威力を身体で確かめようものなら、五体満足ではいられない…という伝承を残して。
生まれつきであるのか、力が一定の境界を越えたときになるのか、種族の血がなせる技なのか。
魔族が持つ人智を超えた力を信じたくない連中だけは、生まれつきや種族の血という説を頑なに主張している。
有色と書いてユウシキと読む、魔族の中でも別格の存在だ。
「………」
恐怖のせいで呼吸さえも整わず、今にも倒れそうになっている。
これ以上、こんなものが視覚を埋め尽くしてるのは、精神的によろしくないな。
「やめるつもりがないなら、こちらで払わせてもらう」
風を巡らせ、周囲にある木々を傷つけないように黒い魔法を一掃する。
消し去ったのを見て微笑むと、それ以上に魔法を放つことはしなかった。
「さすがに、この程度では怯まないか」
「魔族の表現で言うところの、二番煎じ…だったかな?
 今更驚いているなら、もう既に死んでいる」
「違いない」
目を細めて楽しげな笑みを浮かべながら、その視線が俺から外れることはない。
「味の違いを確かめてみるかい?
 魔法に関してなら、ガイより私のほうが味わい深いと思うがね」
双眸そうぼうがゆったりと開かれ、そこに、自分の姿がはっきりと映り込んでいるように見えた。
それが錯覚にしろ現実にしろ、俺が捕捉されたということは変わらない。
「………」
突然、膝が砕けたように、アイシスが立膝の体勢になる。
なんとか立ち上がろうとしているようだが、うまく起き上がれそうにない。
「おや、おびえさせてしまったか。その子は、君の恋人かなにかかい?」
「いや、弟子だ」
俺の返答を聞いて、男は柔和な笑みを浮かべる。
先ほどまでのように余所行きの笑みを貼り付けているのではない、心から楽しそうな笑顔だ。
「そうか、君も次代へ技を継承させるようになったか。
 久しぶりに血が熱くなる」
先ほどまでと立ち方を変えた奴の拳は、硬く握られている。
奴の振る舞いに呼応するように、俺もダガーの柄に手をかけた。
「おやめください」
「分かっている」
冗談だといわんばかりに笑顔を浮かべ、拳を解く。
だが、それを信じてダガーから手を離すことはできない。
「楽しむには、時と場所を考えなければならないのが、とても煩わしい」
ため息をつく奴の瞳は、決して俺から離れていない。
条件が揃えば、すぐにでも戦いに興じると、その目が雄弁に語っていた。
「君の弟子…か。綺麗な瞳をしているね。
 君の教えがどれほどのものなのか、試してみたいものだな」
向けられる好奇の目に晒されるまま、アイシスは何の反応も返さない。
まともに話せるような状態ではないな。
「優れた戦士が優れた師になるという保証はないが、その可能性も低くない。
 君を見る限り、成功した場合には逸材になる可能性もあるようだ。
 果たして、君とこの娘の場合はどうなのか?」
「弟子に手を出すのは、やめてもらおうか。
 それに、数日で余すことなく伝えられるほど、俺も極意を掴んでいるわけじゃない」
「それは、残念だ。
 ロアイス最強と謳われるレジとクレアの技を継承し、拡張した君の技だけでも興味深いのに。
 もう一味が加わったのなら、さぞや極上の味となるだろう。
 まだ下拵したごしらえの最中なら、期待を込めて待たせてもらおう」
「こちらは、もう二度と会わないことを願うね」
魔族は、なぜか戦いを形容する場合に、料理に見立てるような発言が多い。
魔族が食事と同等かそれ以上に戦闘を楽しんでいるから、らしいが…。
生きるための欲求の一つに戦いがあるなんて、想像もつかないな。
「今、何をしているんだい?」
唐突な質問に、とっさの嘘が浮かばない。
あからさまな嘘をついて相手の機嫌を損ねるのは避けたいが、だからといって、本音もまずい。
「森に火の手が上がった原因を見に来たんだ。
 俺の家は、木々に囲まれてるからな、同じ被害にあったら困るんでね」
「丁寧に口を滑らせてくれるのは嬉しいが…。
 私が聞きたいのは、ここに来た理由ではなく、君の日常…私生活のことだ」
わざとらしいくらいの笑みを浮かべて、奴の視線が俺に絡まる。
しょうがない、答えるしかないようだな。
「弟子に教える以外には、べつに何もしていない」
アイシスが来る数日前までは、まさに平坦な生活で、何もしていないの言葉に相応しい。
「そんなことを聞いて、どうするつもりだ?」
「暇なら、私の暇つぶしになってくれるとありがたいのだがね」
「欲しているのは、力のけ口か」
対して力を込めているわけでもないのに、これだけの魔法があふれている。
これだけ圧倒的では、本気を出す機会など皆無だろう。
「君にも必要なものだと思うが?」
「一緒にしないでくれ。俺は、力が有り余っているわけじゃない」
「だからといって…」
言葉の区切りに、漆黒の風が俺に襲い掛かる。
先ほどまでの漂うだけのものとは違い、狙い済ませて俺に注がれている。
「チッ…」
反射的に収束させた風の魔法で受け止めて、相手へと投げ返す。
奴は笑顔を崩さないまま手のひらで受け止めると、こともなく握りつぶした。
「感覚が鈍っているわけでも、無様を晒しているわけでもないようだ」
「どういうつもりだ? こんな場所で戦う気か?」
「魔族の挨拶は、気に入らなかったかい?」
「いい迷惑だ。風習に口を出すつもりはないが、他人に押し付けるな」
「答礼もくれないとは、つまらんな」
その言葉に、両隣にいた女たちが一斉に眉を吊り上げる。
「度が過ぎます」
「そうです、そんなことをしている場合では…」
「分かった、止めておこう」
二人の言葉を遮ってため息をつき、諦めたことを見せ付けるように肩をすくめる。
今回は、歯止め役がいたことに、心から感謝したほうが良さそうだ。
「せっかくだ、君に一つだけ忠告しておこう。
 平穏を求めるなら、外出を控えたほうがいい」
「つまり、外には危険がある…と?」
「私の相手が満足にできるなら、さほど危険とは思わないがね。
 君がどこに住んでいるのか知らないが、魔族の国境に面した道は使わないほうがいい」
「それは、忠告ではなく警告か?」
まるで、そこを使えば命がないと言わんばかりの物言いだ。
「どう取ってもらってもかまわないよ。
 こちらは、国境近辺を徘徊する目障りな者たちを掃討するだけさ」
特に何の感情も含ませず、まるで部屋の掃除をするくらいの気安さで告げる。
そのために、いったいどれだけの血が流されるのか、想像するだけでイヤになるな。
「そいつらは、人間なのか?」
「知らないな」
「だったら、人数は? どの程度の規模なんだ?」
「そんなことに興味はない」
「敵に、そこまで無頓着なのか?」
「敵ではない。部屋の隅や天井裏で駆け回るねずみだ。
 捕まえて殺すだけのねずみに、わざわざ名前をつけ、個々に殲滅する律義者はいないだろう?
 君たちの通貨や金品で食糧を買えるなら、もう少し熱心に観察するが…ね」
前大戦の開始とともに、魔族は通貨を捨てた。
理由は詳しく覚えていないが、金品による取引は魔族とできない…とだけ、教わった覚えがある。
「では、失礼するよ」
言葉の最後が耳に届く前には、姿が霞んで消える。
次いで従者の二人が消え、数十秒の後に鳥のさえずりが森に戻ってきた。
「立てるか?」
「………」
当然ながら、答えは返ってこない。
放心しているのか、ただぼんやりとしているだけだ。
「ほら」
その場に座り込んだアイシスを引き起こして、なんとか立たせる。
体調、環境の二点から調査続行は不可能。
これ以上何か起こる前に、速やかに撤収するべきだな。
アイシスの手を引いて、足早にクレネアの森を抜けた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ