挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
DAGGER 戦場の最前点 作者:BLACKGAMER

DAGGER -戦場の最前点-

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

2/129

01章 孤独な少女-2

【アイシス視点】

「…なに、これ?」
自分の目に見えているものが、理解できない。
見覚えのない部屋、柔らかい枕、清潔なシーツ、暖かい毛布。
夢?
だとしたら、最低な夢だ。
私の手に届かないものばかりが、ここにある。
他には、テーブルが一つあるっきり。
ベッドの脇にきちんと並べられていた自分の靴を履き、窓へと歩み寄る。
カーテンを開け放った。
差し込んでくる日差しが、うっとうしい。
それを無視して、窓を覗き込んだ。
「………」
見下ろした地面が、遠い。
ここは、二階みたいだ。
見えるのは木ぐらいで、隣の家さえない。
森に囲まれてる?
ロアイスの街じゃない?
どうやってここまで来たのか、それを思い出そうとして、途中でやめる。
それがどれだけ無駄なことか、自分が一番よく分かっていた。
ここが、私の死に場所。
その事実は、変わらない。
抵抗するつもりなんてないし、そんなことはしても無駄だ。
どうせ、今までと変わらない。
それに、最低最悪よりも下なんて、存在しない。
カーテンを閉めて、後ろを振り返る。
そこにあるのは、ここから出るためのドアだ。
「………」
外へでようか数秒だけ悩んで、結局、ベッドに戻る。
目を覚ましたときと同じ格好で寝ころび、目を閉じた。
何をしようと、何も変わらない。
なら、私は、何もしない。
そう決めたんだ。



ぼんやりと濁っていた意識に、コツコツという音が響く。
今のは…たぶん、ノックの音だ。
無視。
相手をする気なんて、ない。
もう一度、同じ調子でノックされる。
何度やっても同じだ、返事なんてしない。

ドアが開く音に続いて、足音が一つ、部屋の中に入ってくる。
それが私の横で、ぴたりと止まった。
見られている? 何かされる?
考えているうちに、足音が部屋の奥へと向かう。
窓のあたりで止まると、今度は迷いなくドアへと向かっていった。
何もしないで、出て行くの?
「置いておく。食べ終わったら、降りて来てくれ」
男の人の声に、目を開ける。
でも、既にドアは閉じていて、後ろ姿さえ見えなかった。
私が起きていたことに、気づいていた?
それに、食べるって? 何を…?
そう思って、足音が向かっていた窓の方へと、目を向ける。
テーブルの上には、さっきまでなかった料理が、湯気を立てていた。
匂いに釣られて、近づいてみる。
焼きたてのパンと、皿の底が見えないほど具だくさんのスープ。
水さしと、空のグラスまで置いてあった。
こんなに豪勢な朝ご飯なんて、見たことない。
しかも、食器は全て、この小さな部屋に似合わないくらいに豪奢で…。
まったく、わけが分からない。
「…っ」
美味しそうな匂いに、つばを飲む。
そういえば、ここ最近、ろくに食事もしていなかった。
知らない人が用意した料理なんて…と思ったところで、自分の馬鹿さ加減がイヤになる。
例え、毒が入っていて、それで苦しんでも、たとえ死んでも、何も困らない。
だって、ここで殺されても、後で殺されても、変わらないんだから。
何も考えず、無心で手を動かす。
気が付けば、料理が冷める前に、全て食べ終えていた。


【ティスト視点】


朝食を食べ終えて、リビングで食後のコーヒーを楽しむ。
部屋で寝たふりをしていたあの子、料理に手をつけてくれればいいが…。
食べられないほどに衰弱していると、そっちのほうが問題だ。
向かい側の席に用意したマグカップを眺めて、取りとめもなく、そんなことを考える。
考えても意味のないことなのは分かっているが、考えずにはいられなかった。


コーヒーから立ち昇る湯気が、徐々に小さくなり始めたころ。
来客を告げるノックの音が玄関から響いた。
「あ…」
誰が来たのか理解したときには、もうドアが開いていた。
手にバスケットを提げた少女が、楽しそうに微笑んでいる。
大きなリボンで結わえられた、手入れの行き届いた栗色の髪は、いつ見ても目を奪われる。
思わず指を通してみたくなるような、不思議な魅力があった。
「おはよ、ティスト」
「おはよう、ユイ」
とびきりの笑顔で挨拶してくれる幼なじみに、いつもの調子で返す。
すっかり忘れていた。
今日は、週に一度、ユイが来てくれる日だった。
「もしかして…朝ご飯、もう済ませちゃった?」
俺が手にしていたカップを見て、顔を曇らせる。
コーヒーはいつも食後に…俺の癖まで、しっかり覚えてくれるんだな。
「ああ、今日はもう食べ終わった…ごめんな」
「ううん、いいよ」
いつもなら、一緒に食べていたからな。
あのバスケットの中にあるのは、たぶん、朝ご飯か、その材料だろう。
どう謝ろうかと考えていると、ユイの視線がテーブルの上で止まる。
そこには、あの子のために用意したマグカップ。
「これ、あたしのために用意しておいてくれたの?」
申し訳なさすぎて、目を輝かせるユイを直視できない。
次回は必ず用意をしておこうと誓って、俺は話を切り出した。
「相談があるんだ、聞いてくれるか?」
「どうしたの?」
改めて、ユイのためにコーヒーを用意して、向かいに座ってもらう。
あの子が降りて来ていないことを確認し、声を落として、昨日のことを話した。



話を聞き終えて、ユイがゆっくりとため息をつく。
その顔は、悲痛な経験をしたあの子への同情で染まっていた。
「正しいことかどうかなんて、分からないけど…
 あたしは、ティストのしたことが、いいことだと思う」
その肯定で、俺の心が安らぐ。
自分の行動を認めてくれたことが、素直に嬉しかった。
「で、これからどうするの?」
「あの子に任せるよ。見返りを求める気もないからな」
金で他人の人生を縛り付けるつもりなんて、さらさらない。
「ティストならそう言うと思ってた。
 でもね、あたしの想像の話なんだけど…。
 その子には、家も、お金も、助けてくれる人も、何にもないと思う。
 だから、どうしたいのか聞いても、困らせるだけかもしれないよ」
「…そうだな」
生活するなら、必要になるものが絶対に出てくる。
何も持っていなければ、自分の意志とは関係なく、何も出来ない。
だからといって、あれだけの仕打ちをされて、誰かを信じて頼るなんて、できないだろうな。
「とにかく、話してみる。今の俺には、それしか言えない」
「うん、それがいいと思う。
 踏み込みすぎたらダメかもしれない。
 でも、一番大事なのは離れないこと…じゃないかな」
ユイの言葉にかぶるように、階段を下りてくる足音が響く。
どうやら、部屋から出てきてくれたみたいだな。
テーブルの上にある三つのカップに、コーヒーを注ぐ。
立ち上る湯気が、部屋の中を香りで満たしていった。



少女と目が合い、その顔が恐怖に歪む。
俺に向けられたその表情に、息が詰まる。
心の中に沸いた苦みを噛み潰して、自分の表情に出さないように抑え付けた。
「食べ終わったか?」
「………」
小さくうなずいて、部屋の中を見回している。
その姿は警戒している小動物のようで、昨日の虚ろな瞳でないことに安堵する。
どうやら、精神に異常をきたしているわけではなさそうだ。
「初めまして、ユイ・カルナスです」
突然の挨拶に、少女が強張る。
だが、名乗るのは最低限の礼儀だし、ユイの判断はおそらく正しい。
「ティスト・レイアだ」
「アイシス・リンダント…です」
俺たちの自己紹介に、戸惑いながらも返してくれる。
どうやら、話はできるようだ。
「座ってくれ」
「…はい」
目の前に置かれたカップに視線を落とし、それでも手は伸ばさない。
手をつけていいのか迷っているのか、じっと見ているだけだ。
沈黙が続く。
たぶん、俺たちが話し出すのを待っているんだろうが…。
何から話せばいいだろう?
どう話せば、相手を怯えさせない?
「こうやって、黙っててもしょうがないし…。
 説明しようとしても、うまくできないだろうから…。
 アイシスちゃんが聞きたいことを、あたしたちに質問してくれない?」
ユイの打開策に、困ったような顔をしてから、アイシスがうなずく。
いい提案だ。
これなら、余計なことまで話す心配もない。
「………」
数秒の間、渇いた唇を動かしているが、声にならない。
何事かを言おうとしているのが分かって、それを静かに待った。
「…あなたが、私の飼い主ですか?」
寒気がするほど希薄な声で、アイシスが問いかける。
昨日、道端で座り込んでいたときと同じ、全てを放棄したような目だ。
「悪趣味な言い回しだな。俺には、そういう趣味はない」
「…どういう、意味ですか?」
「契約は、破棄された。だから、アイシスは自由だ」
言葉の真偽を確かめようと、アイシスが俺の顔を見る。
嘘や冗談でないことを伝えるために、その瞳を真正面から見返した。
「…ほんとう…に?」
「ああ」
はっきりと答えると、瞳の色が驚きに変わり、見開かれたアイシスの目が俺を見る。
どうやら、信じてくれたらしいな。
「そんな…どうやって…」
つぶやくアイシスに対して、コーヒーを飲んで答えを濁す。
金を払ったといっても、アイシスを困らせるだけだろう。
「…あなたが、そうしたんですか?」
「ああ」
「…どうして、そんなことを?」
どう答えたら、アイシスが受け入れてくれるのか…そんなことを考えようとして、やめる。
取り繕うと言えば聞こえはいいが、それは都合のいい表現で、結局は嘘だ。
だから、思ったとおりに答えた。
「アイシスが誰から見捨てられても、俺は見捨てたくなかった。
 俺も見捨てられた人間だからな」
自ら触れた自分の傷の痛みに、顔をしかめそうになる。
だが、それが偽らざる本心だ。
見捨てられた者の辛さは、俺も味わったことがある。
そして、そこから俺は救われた。
だから、同じ辛さを味わってほしくないし、救われてほしいと思う。
俺が本当に助けたかったのは、この子に投影した昔の自分なのかもしれない。
「だから、アイシスの好きなようにしたらいい」
「…好きな、ように…」
絞り出すように、アイシスが繰り返す。
どうしていいか分からないと、その表情が物語っていた。
まあ、突然そんなことを言われても、困るだろうな。
「アイシスちゃんがしたいことが分からないなら、あたしの質問に答えてくれるかな?」
今まで静かに見守っていたユイが、優しい声でアイシスに質問する。
相手のことをきちんと尊重している、ユイらしい聞き方だ。
「…はい」
「クリアデルにいたんだよね? 戻りたい?」
「…いえ、わかりません」
ここで戻りたいと即答しないのだから、クリアデルの環境も決して良くなかったのだろう。
それ以上に過酷な現実が待っているなら戻ってもいい、そんな返事に聞こえる。
「じゃあ、ウチで働いてみない?」
「ウチ…って?」
「あたしの家、ライズ&セットっていう料理店なんだけど…。
 もし、アイシスちゃんがよければ、住みこみで働いてもらえると思うの」
「あの、考え…させてください」
急にそんなことを言われても、即決できないのは分かるが…。
ユイの説明に、アイシスはあまり関心を示していないように見える。
信用していないからか、それとも、他に何か理由があるのか…今のままじゃ分からないな。
「俺からも質問があるんだけど、いいか?」
「はい」
「どうして、クリアデルにいたんだ?」
「…徴兵制で、入りました」
少しの間をあけて、アイシスがそう答える。
あれは、たしか女子供には適応されないはずだが…。
志願じゃない…つまり、自分で入ったわけじゃないのか?
アイシスの反応を見るに、追求は止めておいたほうが良さそうだ。
「戦えるなら、クリアデルの連中のようにギルドで仕事をこなすこともできるぞ?
 危険はあるが、それに見合うだけの見返りも…」
「…戦えません」
俺の言葉を遮って、アイシスがつぶやく。
小さな声なのに、はっきりと耳に残った。
「私は、弱い…ですから」
耐えるように、アイシスが声を震わせる。
聞いているほうが辛くなるような、涙声だ。
「仕事を受けたとしても、それをこなす力がない。
 誰かに襲われても、抵抗できるだけの力もない。
 私には、何もないんです。
 一人で生きていける力が欲しかったのに…クリアデルでは、身に付きませんでした」
誰にも寄りたくない、誰にも寄られたくない、誰にも関わりたくない。
『一人で』の中に詰められたその言葉の意味に、なんとなく共感を抱いてしまう。
自分と一つずれた道を進んだ先、それが俺にとってのアイシスの位置のような気がした。
「すみません。そんなの、私には無理だって分かってるのに…」
小さく首を振って、アイシスが自分の願いを潰す。
それを見ているのが、たまらなくイヤだった。
だから、売り言葉に買い言葉が、口をついて出た。
「俺が、教えようか?」
「…え?」
驚きの表情で、アイシスが固まる。
時間をかけて考えたのか、ゆっくりと首を振った。
「いえ、いいです。どうせ、変わりませんから」
自棄になって吐き捨てるアイシスは、聞く耳を持ってくれそうにない。
今までの経験が、アイシスをかたくなにしてしまっている。
「アイシスちゃんが、どんな訓練をしてきたのか分からないけど…。
 強くなるためには、必要なものがあるの」
「…なんですか?」
「上達するために、導いてくれる人。
 何がいけないのか、何が足りないのか、自分で考えることも必要だけど…。
 自分が分からないときに、それを教えてくれる人が必要だと思う」
「導いて…くれる…人」
疑いの表情で、ユイの言葉を途切れ途切れに繰り返す。
そんなものはいないと考える気持ちも、分からないでもない。
だが、これは、本当のことだ。
俺も師匠たちのおかげで、今がある。
「あたしは、戦うことはできないけど、他のことでも同じだと思う。
 自分の進み方がわかるまでって、道標が必要なの」
どう反論していいか分からないのか、アイシスは黙り込んでしまっている。
自分に今まで足りなかったものの話なんてされても、実感はないだろうし、正解かどうかも分からないだろう。
『踏み込みすぎたらダメかもしれない、でも、一番大事なのは離れないこと』…だったかな。
「試してみるか?」
「え?」
「俺がアイシスの道標にふさわしいかどうか、試してみるか?」
「でも…」
「違ったなら、また道標を探せばいいだけだ。
 可能性があるなら、確認ぐらいしてもいいだろ」
「…はい」
俺の言葉に押し切られるように、アイシスが了承する。
戸惑うアイシスの気持ちも分かるが、ここで議論していても、結論はでない。
試してみるだけだ。
「表に出ようか」
アイシスとユイをつれて、小屋の外へと出た。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ