挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
DAGGER 戦場の最前点 作者:BLACKGAMER

DAGGER -戦場の最前点-

14/129

05章 驚く少女-2

【アイシス視点】

街中と変わらないように平然と、あの人が前を歩く。
誰かに見咎められたら、それだけでも罪に問われそうなこの廊下は、居るだけで気持ち悪くなる。
胃が切り裂かれているような感覚に、今すぐにでも逃げ出したかった。
「勝手に歩いて、大丈夫なんですか?」
「うん、大丈夫。ここは、あたしの仕事場でもあるからね」
「城で仕事をしてるんですか?」
「たまに…ね」
「毎日じゃないんですか?」
「そのほうが、待遇はいいのかもしれないけど、あたしは違うの。
 城に入れることは大事だけど、城に住むことは大事じゃないの。
 あたしが給仕として仕える人間は、一人だけでいいから」
聞こえないくらい小さく呟いて、嬉しそうに頬を赤くしている。
私は、落ち着かない気分のまま、その背中を追いかけた。


ようやく目的地についたのか、扉の前で足を止めてくれた。
どこをどう歩いたのかも、どれぐらい歩いたのかも分からない。
緊張しっぱなしで、そんなことを気にしている余裕なんて、ちっともなかった。
少しの間を空けて、小さく息をついてからドアノブに手が添えられた。
「え?」
小さな声のほうに顔を向けると、ベッドに腰掛けた女の人と視線がぶつかる。
誰? この部屋の主?
その人は立ち上がって微笑むと、こちらへと歩いてくる。
視線は私の目から外れず、でも、見下すようなイヤな雰囲気は感じられない。
数歩の距離で立ち止まると、そこで貴族らしく丁寧にお辞儀した。
「はじめまして、リース・ランドバルドと申します」
耳に響く声は柔らかで、とても綺麗。
背中まで届く桃色の髪。
普段着なのか知らないけど、ところどころに見える装飾は目にまぶしい。
外見が、そのまま身分の高さを示していた。
自分も頭を下げなければいけないのに、見とれているうちに礼が終わった。
「あの、お名前を伺ってもよろしいでしょうか?」
「…あ、の」
ただ自分の名前を言えばいいだけのことさえ、できない。
私なんかが貴族と口を利くなんて、それだけで、とても無礼なことをしている気がする。
「アイシス・リンダントさん。初めて城の中に入ったから、ちょっと緊張しているの」
「そう。どうぞ気を楽にして、くつろいでいってくださいね」
上品な笑顔で無理を言ってくれるこの人に、首を縦に動かして返す。
好意はありがたいけど、話しかけられるだけでもすごく緊張する。
それが分かったのか、話し相手を私から変えてくれた。
「今日は、どうしてここに? この部屋の掃除は、明日のはずですが…」
「それはあたしの台詞。やっぱり、自室じゃなくてここにいたのね」
「今は休憩中ですので、城内ならどこにいても私の自由です。
 自由に好きなところへ行けるわけでない私の、小さな特権ですから」
「その特権、せっかくだし、もっと使わないとね。
 ティストが、レジ様たちの部屋にいるの」
「…本当に?」
しばらく言葉を失っていたリースさんが、ようやく口を開く。
その表情は、まだ呆然としていた。
「嘘じゃないよ、だから、あたしがお茶の用意にここまで来たの。
 やっぱり、使うなら愛用のカップじゃないとね」
「そう、ティストが…ここに…」
つぶやいた声が震え、瞳がじわりと涙で濡れる。
笑みを深めて、この人は笑顔で泣いていた。
「準備、手伝ってくれる?」
「ええ、もちろん」
袖口で涙を拭ったときには、もう晴れやかな笑顔に変わっていた。


二人が楽しそうに準備をしているのを、少し離れたところから見る。
こうして相手にされていないほうが、むしろホッとする。
「…ふぅ」
疲れて、ため息しかでない。
座ってていいと言われても、自分より高価な椅子に腰掛ける気になんて、絶対ならない。
用途も価値もよく分からない芸術品を壊すのが恐くて、ただその場で周りを見た。
こんなものに囲まれて過ごすことが、快適?
それとも、これがこの人たちにとっての自然?
見れば見るほどに身分の違いを見せ付けられ、私の存在がここに相応しくないと教えてくれる。
だけど、うらやましいとも、この部屋で過ごしてみたいとも思わない。
こんな場所で生きることに、きっと、私は耐えられない。
「お待たせ、行こっ」
「はい」
両手でシルバートレイを持つ二人のために、ドアを開けた。


部屋を出ると、さっきまで感じていた圧迫感がもう一度全身を包んでいく。
できることなら、お茶なんて飲まないで、すぐにでも帰りたかった。
だけど、こんなに嬉しそうな顔をしてる人たちを見てると、そんなことは言い出せそうもない。
あと少し、あと少しだけの我慢。
コツコツコツコツ。
響いてくる足音に、膝が震えそうになる。
「二人とも、部屋の中に入って」
「だけど…」
「いいから早く」
ユイさんに背中を押され、さっきの部屋の中に入る。
音を立てないように、わずかな隙間を残してドアが閉められた。
それは、指が一本入るかどうかぐらいで、でも、覗き見るには十分な幅だ。
リースさんが、少しだけ迷ってから扉へと近づく。
それに釣られるように、私も息を殺して、ドアへと張り付いた。
何をやってるんだろう? 私は…。
どうせ、見たことがある人間なんて来るわけがないし、見ても何にもならないのに…。
後悔しても、もう遅い。
身動きしたら音で気づかれる。
それほどに、足音の主は近づいてきていた。


「………」
ユイさんの前で、ぴたりと足を止めたのは、眉間にしわを寄せた神経質そうな男だった。
二人とも視線を交わしているのに、どうして黙っているの?
「またその部屋…か?」
重々しく響く声に、息が詰まりそうになる。
老いた男の声に、思い出したくもない過去が浮かんでくる。
目の前に集中して、頭の中から必死にそれを追い出す。
でないと、声を出してしまいそうだった。
「まだその部屋にこだわり続けるのかと聞いている。
 答えよ、ユイ・カルナスッ!!」
部屋の中にまで、まるで衰えない怒鳴り声が響く。
恐怖に縮み上がる自分の身体を、必死に誤魔化した。
「………」
どれだけ相手が返事を待っても、ユイさんは答えない。
平然と、そこに立っていた。
「大方、その部屋にもり、自慰にでも耽っていたのだろう?」
卑猥な言葉にも、何の反応もない。
置物のように、まるで動かず、わずかな変化もない。
それなのに、周りの温度が冷えていくような気がした。
「メイド風情が、私に逆らうつもりか?」
「………」
それでも、あの人は答えない。
ただ、じっとしている。
言い訳もせず、反論もせず、謝りもしない。
あれだけ一方的に言われても、何もしない。
「その部屋に入るなと命令しておいたはずだ! 忘れたとは言わさんぞっ!」
「その命令なら私が解除しておいたよ。部屋が痛んでは困ってしまうからね」
別の声が割り込んできて、思わず息を飲んでしまう。
振り返れば、そこには赤いマントを羽織った青年が立っていた。
「これはこれは、ライナス様。こんなところにいらっしゃるとは…」
「この部屋の管理を彼女に一任したのは、私だ。
 問題があるなら、私に聞かせてもらえるかな? イスク卿」
咳払いを一つ…その後に、イスクと呼ばれた男が大きく息を吸い込む。
「そもそも、二度と帰らぬ者の部屋などを残しておくから、このようなことになるのです。
 不要なものなど、処分してしまえばいい」
「この部屋の権限は、私にある。
 つまり、卿は人の管理下にあるものに口を挟むと、そういうことだね?」
「いえ、失礼いたしました」
さっきまで偉そうにしていた老人が、人に頭を下げているなんて…。
これが、噂に聞いていた貴族の位の違いなのかな。
きっと、逆だったら、さっきのユイさんみたいに一方的に言い切られて終わるだけだ。
「そうそう、本題を忘れるところでした。
 ライナス様、リース様を見かけませんでしたかな?」
「さあ、見ていないな」
「では、お会いになられたら、イスクが探していたとお伝えくださいませ」
「分かった。伝えておこう」
静かな廊下に足音を響かせて、老人が去っていく。
足音が聞こえなくなると、外にいた二人が一斉に溜息をついた。
「ありがとう、ライナス」
「こちらこそ、迷惑をかけてすまないね」
「いいの。あたしが好きでやってるだけだから」
それ以上、二人は何も言わない。
ただ、近づいてきて、私たちがいる部屋の扉をゆっくりと開いた。
「すべきことは、分かるね?」
「はい」
あれだけ楽しそうだったのに、今は見る影もない。
必死に繕われた笑顔が、痛々しかった。
「アイシスさん、すみませんがお願いできますか?」
シルバートレイを差し出され、両手で受け取る。
とてつもなく、重い。
高価なものを持つ緊張もあるのかもしれないけど、それだけじゃない気もした。
「二人とも、ティストには、このことを伝えないでもらえますか?」
「うん、分かった」
「…分かりました」
「では、失礼します」
「二人とも、気分を害してすまなかった。
 茶を飲んで、楽しい一時を過ごしてくれ」
同じような微笑を貼り付けて、あの二人は廊下を反対方向に歩き出す。
何事もなく歩く二人を見て、私は初めて貴族の大変そうなところを見た気がした。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ