挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
DAGGER 戦場の最前点 作者:BLACKGAMER

DAGGER -戦場の最前点-

13/129

05章 驚く少女-1

【ティスト視点】

自分の立てる足音を気にして歩くアイシスを見ると、罪悪感が沸く。
せめて、事前にもう少し説明して、本人の意思を聞いておくべきだったな。
城門の前でもかなりの驚きようだったが、王城に入ってからは、目に見えて辛そうだ。
「大丈夫か?」
「…はい」
か細い声で返事をするアイシスの顔は、不安で塗りつぶされている。
突然にこんなところに連れてこられたら、無理もない…か。
「大丈夫だよ、気にしなければいいの」
仕事着であるメイド服に身を包んだユイがなだめても、アイシスは小さく頷くのがやっとだ。
前を行くファーナは、俺たちのやり取りを気にした風でもなく、慣れた足取りで歩いていた。
「まさか、またこの道を通る日が来るとは…な」
まるで、自分の心の内を映したように、足が重い。
引きずるようにして、なんとか自分を誤魔化しながら歩いた。


「ファーナ・ティルナスです。ティスト・レイア様をお連れ致しました」
軽いノックの後に、通る声でファーナがそう告げる。
この扉を見るのも、数年ぶり…まったく変わらず、俺がいたときのままだ。
「どうぞ」
記憶と変わらない声に鼓動が早まり、扉が開くのがやけにゆっくりに感じた。
色あせていた記憶に色がつくように、開いた扉の中は懐かしい光景だった。
俺がいたあのときから、全然変わっていない。
扉を開けると椅子から立ち上がる師匠たちの仕草も、あのときのままだ。
レジ師匠は、壮年とは思えない、がっしりとした立派な体格を、いまだに維持している。
蓄えられた口髭も、あの頃とまるで変わらない。
クレア師匠は、淑女という言葉を体現したかのように、静かに、穏やかに微笑んでいる。
髪の毛を後ろで結わえて、髪留めの中に入れてるところも、変わらない。
「………」
二人とも、何も言わずにじっと俺のことを見ている。
二人から注がれる視線が恥ずかしくて、俺は昔を思い出しながら頭を下げた。
「ご無沙汰致しております」
「本当に、久しぶりじゃの」
「よく来てくれました」
あの時と同じ、穏やかな笑顔が俺を迎えてくれる。
とても長い時間が経ってしまったけど、ここだけはまるで変わっていない。
それが、なんだか嬉しかった。
「………」
すっと、一筋の涙がクレア師匠の頬を伝う。
「師匠」
「すみません、みっともないところを見せましたね。
 あなたの顔を見たら、なんだか嬉しくなってしまって…」
クレア師匠が取り出したハンカチで、そっと涙を拭う。
あのハンカチにも見覚えがあり、それだけでも懐かしい。
「ずいぶんと背が伸びたな。
 顔つきも、ずいぶんと大人びてきおった」
レジ師匠が、感慨深げにそうつぶやく。
身長も筋肉も、あのときより一回り以上大きくなった。
最後に会ったときの俺とは、もう別人に見えるかもしれない。
「五年ぶり…ですね」
その長い時間をかみ締めるように、口に出してクレア師匠もつぶやく。
「あなたの見違えるほどの成長が、嬉しくもあり、寂しくもあります。
 あなたの成長は、ずっとこの目で見続けていたかったものですから」
そういって、クレア師匠がまた瞳を潤ませる。
「何度も足を運ぼうとしたのですが、一度として行けずに…」
残念そうに…というよりは、申し訳なさそうに、師匠が頭を下げる。
そこまで、俺のことを気にかけていてくれたことが、素直に嬉しい。
「あまり、気にしないでください。
 師匠たちの立場を考えたら、城から抜け出すことすら難しいんですから」
「そういってもらうと、気が楽になります」
静かで、穏やかなクレア師匠の笑顔。
本当に、師匠たちは昔と変わっていない。
「それと…」
クレア師匠が言葉を区切り、アイシスを見る。
「ファーナから、事情は聞かせてもらいました。
 その子が、そうなのですね?」
師匠たちがどれほど把握しているか分からないが…。
それを口にしないのは、アイシスに対する思いやりだろう。
「ええ。そのことで、お願いがあります」
姿勢をただし、両足に力を込めて、師匠に対し真っ直ぐに立つ。
師匠たちに最初に教わった、礼儀を尽くした立ち方だ。
「師匠に教わったものを、この子に教えてもいいでしょうか?」
俺の態度に答えるようにクレア師匠も立ち方を正し、真剣な目で俺を見据える。
「何を教えるつもりなのです?」
「この子が必要とすれば、それを…」
何、と言われて具体的に示せるものなんてない。
ただ、アイシスが必要としているものがあり、それを俺が知っているのなら…。
それを、アイシスに教えようと思う。
この子が、俺から離れていくまでは。
「レジ、どう思いますか?」
「魔法だけは、ワシらの独断では決められんが…。
 それ以外のものなら、かまわんのではないか?」
「ええ、私も同じ意見です」
「ありがとうございます」
驚くほどにあっさりと、師匠たちが認めてくれる。
俺の後ろですっと服がすれる音がする。
おそらく俺と一緒に、ユイとアイシスも礼をしているのだろう。
「よろしいのですか? 門外不出、類稀なる才能を必須とされているものを、そのように簡単に…」
ファーナの懸念に対して、ゆっくりとクレア師匠が首を横に振る。
「私たちの技や戦いの経験は、べつに秘伝というわけではありませんし、特別な才能も資質も必要ありません」
「では、何が条件となるのですか?」
ファーナの問いに、師匠たちが目を合わせてふっと笑う。
「ワシらが相手を気に入ること…じゃな」
「そういうことですか」
うなずくファーナに対して、アイシスが小さく首をかしげる。
それを見て取ったクレア師匠が、優しく言葉を捕捉した。
「つまり、自分が教えたくなる相手であること…ですね。
 これが、私たちにとっては一番狭い門ですから、弟子を取らないなどという噂が広がるのです」
その狭い門の中を通してもらえたのだから、俺は本当に運が良かった。
俺が師匠たちに見捨てられていれば、まず間違いなく死んでいた。
「考えれみれば、それが真理ですね。
 自分の技を継承させるのは、自分が認めた者のみでいい…と」
「気がかりが無くなったのなら、本題に入ろうかの」
重く響くレジ師匠の声に、クレア師匠が表情を曇らせる。
どうやら、それだけ危険な仕事が入ってきたらしいな。
「種族不可侵の意味を覚えていますか?」
「人間、魔族、精霊族の三種族が戦った前大戦。
 それを休戦するときに取り決めた、異種族に干渉しないという約束事のことです」
「いい答えですね、満点です」
優しい笑顔に、昔に戻って師匠から座学を受けていたときを思い出す。
この笑顔が見たくて、一生懸命覚え、言葉を選んで答えたものだ。
「異種族同士で接触しなければ、戦争になるわけもない。
 なので、極力相手に近寄らず、それぞれが過ごしているのですが…。
 その種族不可侵を、揺るがす事実が出てきました」
「どういうことですか?」
「種族ごとの領土に明確な境界線がないのは、知っていますね?
 だから、相手の領地に近づかないことが暗黙の了解になっていたのですが…」
「三種族の国境とされているクレネアの森で、煙が立ち昇るのを見たという者がおる」
要点をにごし続けるクレア師匠を叱るように、レジ師匠が言い切った。
「クレネアの森で、ですか」
頭の中で地図を思い浮かべて、確認する。
北東に人間、北西に精霊族、南に魔族がそれぞれに住んでいる。
その三種族の境界であり、この大陸の中心にあるとされているクレネアの森。
種族不可侵になって以来、どの種族も近寄っていないはずの場所で煙が上がった…か。
「では、それを確認してくればいい…ということですね?」
何者かがそこにいたというのなら、それが争いの火種となりかねない。
そのときに、一番に危険を被るのは、クレネアの森から距離のないロアイスだろう。
「ええ、迅速じんそくな調査が必要というのが、私たちの見解です。
 ロアイスで議会にあげてから貴族たちの理解と承認を得て、調査の隊を選抜して出発する
 正規の手続きを踏めば、十日以上はゆうにかかる。
 痕跡を見つけるには遅すぎます。
 事が偶発なら問題ありませんが、もし故意であるなら、見逃すわけには行きません」
「分かりました」
「………」
横目に、ユイのうつむいた顔が見える。
俺が仕事に出るとき、ユイはいつも、こうして俺のことを案じてくれた。
久しぶりの危険な仕事。
絶対に、無事に帰ってこないと…な。
「誰と一緒に行ってもかまいませんが、あくまでも慎重に…。
 種族不可侵を、私たちが破るわけにはいきませんから」
師匠の視線は、アイシスを連れて行くことへの許可も示唆している。
たしかに、場所は危険かもしれないが、相手が確実にいないだけマシだ。
「明日の朝、クレネアの森へと向かいます」
俺の言葉にゆっくりとうなずき、師匠たちから緊張感が消える。
その雰囲気を見てから、ユイがすっと立ち上がった。
「では、お茶の用意をしますね。アイシスちゃん、手伝ってくれる?」
「あ、はい」
ユイの後ろを、あわててアイシスが追いかける。
この場に残されているよりは、ユイと一緒にいた方がマシかもしれないな。
「レジ様、クレア様、少し彼をお借りしてよろしいですか?」
「ティストが良ければ、ワシらはかまわん」
「…ええ」
「では、失礼いたします」
まるで、最初から約束していたかのように、ファーナが部屋の出口へと向かう。
仕方なしに、俺はファーナの後を追った。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ