挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
DAGGER 戦場の最前点 作者:BLACKGAMER

DAGGER 有色の戦人

129/129

17章 気まぐれな復讐-5

【ティスト視点】

意識を失ったレイナとサリを地面に横たえ、背に庇うようにして、二人の前へと立つ。
どうやら、二人にかけられた魔法は、完全に解除されたらしいな。
「くっ…」
目の前でぶつかりあう二つの魔法が、目のくらむような光と、耳をつんざく轟音へと姿を変えて、この世から消えていく。
それが、ただでさえ弱っている視覚と聴覚をさらに鈍らせ、時間の感覚までも狂わせてくれる。
十分な距離があるのに、これほど強烈な反動があるとはな。
向かい合い、互いを殺すために魔法を放っている術者への負担は、計り知れない。
「くっ」
腕で顔の半分を覆い隠し、襲い来る光と爆風から、少しでも己を守る。
上着へと絡みついた爆風が、俺を後ろへと引きずり倒そうと、すさまじい力をかけてくる。
立っているだけでも精一杯なんだ。
一度でも倒れてしまったら、もう、自力じゃ立ち上がれない。
誘惑を振り払うように、ふらつく足を叱咤して、気力を振り絞る。
「ぐうぅっ…」
眼前で生まれたより大きな爆発に、姿勢が崩れる。
無様に倒れるその寸前に、背中を優しく支えられた。
「大丈夫ですか? お兄ちゃん」
「悪い」
ったく、自分だってボロボロなのに、本当によくできた妹だ。
アイシスに半身を預け、寄り添うように立って、視線を前へと向ける。
目映い光を放ち続ける空間の中心へと目を凝らし、その趨勢を確かめた。
「セレノアさん、勝てますよね?」
「だといいが…な」
攻めているセレノアが圧倒的に優勢なように見えるが、あと少しのところで、最後まで押し切れない。
亀の甲羅のように外壁を作り上げ、防御に徹している奴の魔法を、打ち破れない。
セレノアは、さっきから全開で魔法を放出し続けている。
そんな全力攻撃が、いつまでも維持できるわけがない。
「…ぐっ、ごほっ、ごほっ」
咳き込み、たまらず、口の中のものを吐き出す。
ったく、呼吸を整えようとしただけで、このありさまか。
視界が白く染まるほどの強烈なめまいと、吐き気も、さっきから断続的に襲ってくる。
意識を保っていられるのも、長くはないだろうな。
「はぁ…はぁ…」
限界なんて、とっくに過ぎている。
全身に刻まれた傷は、気が狂いそうなほどの激痛となって、もう動くな…と俺に訴えかけてくる。
これ以上の無理をすれば、今までのような昏睡では済まない。
今度こそ、間違いなく、死ぬだろう。
だが、それは、奴に攻撃されても同じことだ。
抵抗して死ぬか、無抵抗で殺されるか。
それは、迷うほどの選択肢じゃない。
「アイシス」
掠れた声で、妹の名前を呼ぶ。
口を開くだけでも辛いが、これだけは、言っておかなければならない。
俺の意思を、そして、俺の想いを。
「俺は…何があっても、最後まで、戦う。だから…最後まで、付き合ってくれ」
せめて、アイシスだけでも無事に…と、思わなかったわけじゃない。
でも、そうして大事にされることが、本人にとって必ずしも幸せじゃないことを、俺は、学んだ。
だから、アイシスには、一緒にいてほしかった。
兄妹で、出来ることを全て実行し、死力の限りを尽くす。
その果てに生まれた結末ならば、どんなものであっても、それ以外を選んだときよりは、受け入れやすいだろうから。
「もちろんです。私は、どんなときもお兄ちゃんと一緒ですから」
満面の笑みで、俺の決断を後押ししてくれる。
本当に、出来すぎた妹だな。
「まだ、動けるんだろうな?」
「当たり前です。お兄ちゃんより私のほうが動けますよ?」
「言ってくれるな」
軽口を叩いて笑いあい、覚悟を決める。
考えたくもないことだが、もし、セレノアが負けたら、残りの全てを燃やして奴へと仕掛ける。
そう決意し、勝負の行く末を見守りながら、身体を休めた。
気の遠くなるような時間をかけて、最初は大きかった互いの魔法が、次第にその勢いを減らしていく。
そして、奴の魔法よりわずかに早く、桃炎が途絶えた。


【セレノア視点】

自分の身体が、地面へと吸い寄せられる。
たしかに音がしたのに、身体には、何の衝撃も感じられない。
感覚が、完全に消え失せていた。
なんて、奴だ。
アタシが、本当に全てを使い尽くしたというのに、仕留められなかった。
「ははっ、耐えきった…耐えきったぞ。
 どうだ? いかにワシの力が強大か、分かっただろう?
 有色など、恐れるに足らぬわ」
遥か彼方から、かすかに聞こえる声。
眼前にいるはずなのに、今のアタシには、どこか遠いところの出来事のように感じた。
表面に残っていた魔法の余波が消えたのか、暖かな地面から、急速に熱が失われていく。
まるで、今のアタシみたいだ。
ここまで使い果たしたのは、生まれて初めてだ。
この身体には、もう何も残っていない。
聞こえるのは、自分の心臓の音だけ。
それも、徐々に小さくなっている。
すぐそばに、自分の死があるのが分かる。
思考がぼんやりとしてきて、意識が戦闘から離れていく。
目を開けているのさえも辛くて、瞳を閉じる。
まぶたの裏に映るのは、たくさんの思い出たち。
ティストとアイシス、二人が来てからは、本当に退屈しなかった。
狭くて小さなアタシの世界を押し広げ、知識を、考え方を、驚きを、幸せを、本当にたくさんのものをくれた。
作業に過ぎなかった食事が、あんなにも、美味しくて、楽しくて、嬉しいことになった。
人間の領地に行き、いろんな人たちと顔を合わせ、言葉を交わした。
そして、どうしようもないと思っていた、母上たちとの仲まで取り持ってくれた。
魔族のために、人間の領地から食糧を運び、精霊族に頭を下げてくれた。
あの二人が来なければ、こんなに幸せには、なれなかっただろう。
すべては、二人のおかげだ。
だから、きっと、これ以上を望むなんて、欲張りすぎだ。
「セレノア」
呼ばれたのは、アタシの名前。
大きなわけでもないのに、その声は、耳にすんなりと入ってきた。
「まだ眠るには、早いだろう?」
アタシの中へと入り込んできたティストの声が、奥底で不思議なほどに響きわたる。
聞いているだけで心地よくなってくる、暖かな声音。
それは、消えかけているアタシの命の炎へと吹き込んでくる、優しい風だ。
「そんなんじゃ、一番いいところを見逃すぞ?」
本当なら、そのまま火を消してしまうはずの風が…。
もう一度、アタシに燃え上がる力をくれる。
「………」
地に伏せた顔を無理やりに倒して、重いまぶたをこじ開ける。
すぐ前に、アタシを庇うように立つ、ティストの背中が見えた。
ったく、自分だって限界のはずなのに。
あんなに重症のくせに、立ち上がって見せるなんて…。
「そうだ、まだ眠ってもらっては困るな。これからが、最高の舞台なのだから。
 血と殺戮が、全てを彩る。貴様の近しいものたちが死ぬ様を、たっぷりと見届けるがいい」
ふざけるな。
誰一人、殺させやしない。
殺させて、たまるものか。
「………」
どれだけ力を込めようとも、身体の自由が、まるできかない。
それでも、残されたありったけの力を唇へと注いだ。
「逃げ…な…さい。その…く…らいなら、でき…るでしょ?」
発したはずの声は、自分の耳にさえ届かない。
自分の唇が本当に動いてくれたのか、自信が持てなかった。
「冗談じゃない。せっかく、セレノアが作ってくれた好機を、無駄にするわけないだろっ!!」
言い置いたときには、もう、ティストが飛び出していた。
「私も、行ってきますね」
一瞬だけタイミングをずらして、アイシスもティストの後ろへと続く。
ったく、もう…。
どっちもアタシと同じくらい重症だっていうのに…。
二人とも、人の話なんて、聞きやしないんだから。
「はぁっ!」
「やぁっ!」
緩急をつけ、虚実を織り交ぜ、二人の波状攻撃は途切れない。
二対の刃が、確実に奴を追いつめていく。
「くっ…おのれ…」
息が上がった状態では、あの連携は、防ぎきれないだろう。
二人の後ろ姿を、そして、奴の苦痛に満ちた顔を、この目に焼き付ける。
一瞬だって、見逃してたまるか。
「ッ!!」
ティストの一撃を防ぎ損ねた奴が、大きく体勢を崩す。
あれでは、次の一撃は、防げない。
「やあぁぁっ!!」
相手の胸元めがけた、アイシスのダガーによる刺突。
当たれば、致命傷は避けられない。
「させるかっ!」
「くぅっ…」
あと一歩というところで、アイシスが魔法で迎撃され、大きく吹き飛ばされる。
「そんなに死に急ぐのなら、墓を用意してくれるわ」
直撃を食らったアイシスがアタシの近くに倒れるのと同時に、奴が必死の形相で腕を振るった。
「…!?」
感覚が鈍くなっているアタシにでも分かる、大きな地響き。
この期に及んで、いったい、何を…?
「…!」
目の前にある信じられない光景に、思わず息を飲む。
眼前にそびえるのは、ロアイスで見た城壁に劣らぬほどの巨大な岩塊だ。
実際にどれほどの高さなのか、地面に倒れたこの体勢では、その天辺を見ることができない。
「まずいっ!!」
「ふん、気づいたようじゃな。さあ、さっさと戻って守るがいい。
 さもなくば、大事な大事な命が、全て潰れるぞ?」
「チィッ!!」
ティストが、アタシとアイシスの元へと駆け戻ってくる。
それを見計らったように、圧倒的な重量の岩壁が、こちらへとゆっくり倒れてきた。



「風よっ!!」
ティストの声に応えるように、周囲の風が荒れ狂う。
魔法に共鳴するように渦を巻き、大きな竜巻となって、アタシたちを守護するように取り囲んだ。
でも、威力が足りない。
迫り来る土壁は、勢いを弱めこそしても、その動きを止めない。
せめぎあい、風に削られ、それでも、蝕むように確実に迫ってくる。
質量がそのまま威力になるんだから、岩を投げつけるよりも、たしかに強力だ。
けれど、これほど大味な魔法なんて、普通なら絶対に当たらない。
だっていうのに…。
「こんなに遅い魔法を、避けられないなんて…」
いくらかマシになったとはいえ、ゆっくりとしか動いてくれない。
これじゃあ、アタシが立ち上がる前に、全員が潰される。
「アイシスッ!! 目を覚ませっ!!」
ティストの声に、アイシスは答えない。
ダメだ、さっきの攻撃を受けて、意識が飛んでしまっている。
アイシスに、母上たちに、アタシまで動けないのでは、どう考えても、ティストの手に余る。
「くそっ…」
石柱と呼ぶには分厚すぎるそれは、風の魔法で相手をするには、大きすぎるし、重すぎる。
内部まで炎を打ち込んで、中から爆発…それでも、壊せるかどうか、微妙なところだ。
でも、迷ってる暇はないわね。
「くっ…」
やっとの思いで膝を立て、その上に左手を乗せて、狙いを定める。
身体は、もう、ほとんど動かない。
でも、魔法なら、まだ使えるはずだ。
残りかすとなった自分の中から、使える力を探し当てる。
息をするための、血を巡らせるための、ほんの小さなひとかけら。
これを使ったら、今度こそ間違いなく死ぬわね。
でも、いい。
それで、この二人が助かるなら、十分だ。
今なら、母上たちの気持ちが分かる気がする。
この二人を、絶対に死なせたくない。
たとえ、自分の命と引き換えにしても…。
「ティスト、アタシが撃ったら、走りなさい」
精一杯、声に力を込める。
虚勢でもいい。
無様な姿だけは、絶対に見せたくなかった。
「必ず、壊すから」
奴への道は、アタシが切り開く。
アタシには、そこまでしか、できないけれど…。
きっと、ティストなら、やってくれるはずだ。
「………」
死を覚悟して、指先に力をこめる。

「待て」

低くて、小さな声。
それは、吹き荒ぶ風にも、ぶつかり合う魔法にも消されずに、アタシの元へ届いた。
「その力は、取っておけ。最後に奴に叩き込むまで…な」
静かな命令口調に、なぜか逆らえない。
そういえば、アイシスが自慢げに話してたっけ。
お兄ちゃんの声は、まるで、魔法みたいだ…って。
たしかに聞いていたとおり、なぜか、信じてみたくなるような、不思議な力強さを持っている。
「分かったわよ」
開いていた手を握りこみ、拳を作る。
集めようとしていた力を元へ戻し、そっと息をついた。
「なんとかなるんでしょうね?」
「してみせるさ」
放っていた魔法を止め、右手で、ダガーを音高く抜刀する。
続いて、ティストの足が、しっかりと大地を噛んだ。
「…!」
あの構えは、たしか、ジャネスを相手にしたときに使っていた、全力攻撃の技だ。
まさか、あの分厚い岩を叩き切るつもりなの!?
支えを失った巨岩が、ゆっくりと、確実に、こちらへと向けて落ちてくる。
なのに、ティストは、そちらを見据えて、微動だにしない。
体中の力を練り上げているんだ。
「ふん。あれほど、魔法の前では、武器が無力であることを教えてやったのに…。
 何一つ理解しないまま、この世を去るか」
「ああぁあぁあぁぁぁあああああっ!!」
天まで轟くほどの大音声と共に、鮮烈な緑色が、右手ごとダガーを包み込む。
収束の効率がいいわけでもないし、切れ味が良くなるわけでもないのに、なんで、ダガーへ魔法を?
ティストの狙いが、分からない。
「あああああああああぁあぁあぁぁぁあああああっ!!」
器から零れ落ちるように、行き場を失った風たちが、次々に周囲へと四散する。
それでも、ティストは、ただひたすらに魔法を収束させていた。
「やはり、愚か者よな。魔法の収束には、個人によって限界がある。
 貴様のちっぽけな器では、扱いきれぬ。そんなことも分からぬか」
たしかに、奴の言うとおり、無理して掻き集めたとしても、その力を留めることはできない。
だけど、常識を全て超えた先でしか、手にできない力があることを、アタシは、知っている。
本当の上限は、限界を超えているときでなければ、分からない。
「あああぁぁぁぁあぁああああぁぁぁあぁぁああっ!!」
ティストの苦しげな絶叫は、まだ続いている。
手に余る力を使うのなら、まずは、その重みに耐えなければならない。
どれだけ持てるのかは、本人にしか分からない。
でも、ティストなら…。
ティストなら、たぶん、持てるはずだ。
アタシと同じくらいに、もしかしたら、それ以上に。
「そのまま、潰れるがいい」
目前に迫る岩壁は、もうすぐ間合いに入る。
「風よっ!!」
鋭い命令に、ダガーの柄につけられた宝石たちが、まばゆいほどに光を放って答える。
続いて、魔法を集めていたダガーの刀身が、目が痛くなるほどに輝いた。
ティストが全てを捧げ、確実に魔法がその濃度を増していく。
「あああぁぁぁぁあぁああああぁぁぁあぁぁああっ!!」
両手の筋肉を酷使して、ティストが、ダガーを真っ直ぐに振り下ろす。
ぞくりと不思議な快感が、背筋から全身へと広がっていく。
力の高まりに、自分の身体が引きずられ、血が熱くたぎるのを抑えられない。
この感覚には、覚えがある。
何か、途方もない力が…来る。
アタシが、感覚だけで、そう確信したその瞬間に…。

アタシの目の前で、新たな力が産声を上げた。

「なぁ!?」
奴が間抜けな声をあげたくなる気持ちも分かる。
斬線が描いたとおりに生み出された、目の前にそびえたつ岩壁に引けを取らないほど巨大な風の刃。
それは、実態のない闇夜でさえも切り裂いてしまうくらいの、強烈な存在感を持っていた。
なのに、この世の者とは思えないほどに美しく、どこか優しいとも思わせる、不思議な銀光。
アタシが見てきた中でも、間違いなく、一番に綺麗な色だ。
「白銀の風…か。悪くないじゃない」
唇を動かすのも辛いのに、気づけば、自然と口が動いていた。
本心とはまるで違う自分の声に、思わず苦笑いしたくなる。
でも、しょうがない。
どうせ、今の気持ちなんて、完全に言葉にできやしないんだから。
「…? わぁ…」
目映い光に目を覚ましたアイシスが、目を輝かせて、歓声をあげた。
そんな場合でないことは分かっているのに、アイシスと一緒に、目の前の光景に見入ってしまう。
硬質な岩壁に風の刃が食い込み、耳が痛いほどの音を立ててぶつかり合う。
相殺しているはずなのに、風は、わずかにも弱まる気配を見せない。
あまりにも大きすぎる一撃が、迫り来る岩に刻まれた。
そこから、さらに亀裂が派生し、見る間に数条の線が、壁に走っていく。
「くっ…くうううっ…」
歯を食いしばり、動揺を顔いっぱいに浮かべて、奴が手のひらに力を込める。
どうやら、取り繕うのも忘れるくらいに、慌てているらしいわね。
「ああぁぁぁあぁぁあぁぁぁっっ!!」
体勢を立て直すと、手を休めることなく、今度はダガーを大きく横へと薙ぐ。
前の一撃と見事に重なって、風の刃が大きな十字を描いた。
「この…」
吸い込まれるように、二つの風が、分厚い壁の中へと姿を消す。
次の瞬間には、微細なヒビまでもはっきりと浮かび上がるくらいに、岩の中心から鮮やかな銀色の光が溢れ出した。
見上げるほどに大きな岩壁が、大きく震える。
音を立てて、見る間に崩れ去った。
「…はぁ…はぁ…はぁ」
息を荒げながらも、ティストの手の輝きは、増す一方だ。
溢れ出る力は、手のひらから立ち上り、全身を照らしている。
ぼんやりと輝くティストの全身には、神々しささえ感じさせられる。
「馬鹿な…ありえんっ!! 有色だとっ!? そんな…そんな、馬鹿なっ!?
 私でさえ到達しえなかった高みに、こんな小僧がっ…」
「おそらく、あんたが馬鹿にしてきた肉体の力こそが、必要だったんだろうな。
 そうでなければ、この反動を身体に受けきれるはずがない」
「認めん、認めんぞおぉっ!!」
ティストの反論を振り払うように、奴が必死で首を振る。
そこには、余裕も威厳も、何も残っていなかった。
「一撃を凌いだぐらいで、浮かれおって」
「今度は、俺のを凌いでもらおうかっ!」
全身を縮めて溜めを作り、繰り出されたのは、渾身の刺突。
その間合いが伸びたように、白銀の風が切っ先から放たれた。
「…!」
アタシの目でも、まるで追いきれない。
銀色の軌跡だけを残して、あっという間に空を翔け抜けてしまった。
その目にも止まらぬ魔法の速さは、疾風と呼ぶにふさわしい。
「がぁっ…」
辛うじて展開が間に合った奴の魔法は、直撃とともに粉砕される。
威力を失わなかったその魔法は、そのまま、奴の左肩に大きな風穴を開けた。
さっきは、壁を壊すために、広範囲に斬りつけていたから、威力も拡散していた。
でも、今度は、違う。
その莫大な力が、あんな小さな一点に絞られたんだ。
「がっ…あっ…あぁあぁぁぁぁああああぁああああああっ!!」
左肩を抑え、脂汗を浮かべて、奴が力の限りに叫ぶ。
痛みに苦しみ、無様にのたうつ姿には、さっきまでの威厳も貫禄も、残っていなかった。
「セレノア、どうするんだ? そのまま座ってるか?」
刃へと風を集めだしたティストが、アタシを挑発するように、そう問いかけてくる。
こいつと戦うかどうか、その選択を、アタシに任せるつもりなんだ。
それは、きっとアタシが悔いを残さないための、ティストなりの気遣いだろう。
「そんなの、決まってるじゃない」
握っていた拳を開いて、奴へと狙いを定める。
さっきから、胸が、腕が、足が、腹が、身体のいたるところが熱くてたまらない。
使い果たしたと思っていた力が、身体の奥から溢れ出してくる。
その熱を逃がさないように組み上げ、残らず、手のひらへとかき集めた。
白銀の風の横に灯る、桃色の炎。
反発しあうかと思ったのに、吹き散らされるどころか、風を吸い込んで、より強く燃え盛った。
不思議だ。
攻撃に使うだけの風の魔法が、こんなにも力をくれるなんて…。
「打たせるかぁっ!!」
「…!」
槍のような岩が、アタシたちに向かって正面から飛んでくる。
ったく、往生際が悪いのはどっちの方よ。
「させません」
アタシが対処するよりも早く、何層にも張り巡らせた水に絡め捕られる。
抗うこともできずに、アタシたちの遥か手前で、力なく地面へと墜落した。
「この程度なら、私の魔法でも十分です」
「くそっ…くそぉっ…」
アイシスがくれた時間が、致命的な差を生む。
収束を終えたアタシたちの魔法を、これから収束を始める奴が止められるわけがない。
「さあ、存分に受け取れ」
「あまりの強さに色が変わったと呼ばれる、有色の魔法をね」
風が炎を育て、炎が風を生み出す。
互いが互いに干渉することで、より大きな力へと成長する。
二色の有色が、混じりあい、大きな渦となって奴へと向かった。



ようやく砂煙が収まって、視界が回復する。
端から切り裂かれ、無残に焼け焦げ、奴の黒衣は、ほとんど原型をとどめていなかった。
それは、奴の魔法が、アタシたちよりも劣ったという、確かな証拠だ。
「がはっ…ぐふっ…」
仰向けに倒れた奴の口から、盛大に血が吐き出される。
それでも、致命的に見えるほどの吐血に混じって、奴は、呼吸を繰り返していた。
「まだ息があるの!?」
「なんて、しぶとい」
嫌悪のこもった母上たちの声に、思わず安心してしまう。
二人とも、無事に正気を取り戻したみたいね。
「…ふん、ワシを…見くびるな。貴様ら…ごときに、殺されて、やる…ものかよ」
奴が、血まみれの手のひらを、自分の胸へと当てる。
そこから、白く小さな淡い光が漏れ出した。
まずい…せっかくここまで痛めつけたのに、回復されたら、手の打ちようがなくなる。
「まだ、癒しの魔法が使えたのか」
落ち着き払った、ティストの声。
横目で見たティストは、奴の動きを見ても、欠片も同様していなかった。
まだ、余力を残しているっていうの?
「敗北を素直に認めろ。傷を癒したら、真っ先に貴様を殺してやる」
「癒したら…ね。そんな暇が、あると思っているのか?」
「ふん、強がりをほざくな。今の貴様たちに、何ができるというのじゃ?
 半死半生どころか、全員が満足に身動きもできぬではないか」
「ははっ、まだ分かってないのか」
奴の反論を楽しむように、ティストが嘲笑う。
攻撃的で、高圧的なそれは、戦闘で何度か見せてきた好戦的な笑みとも違う。
今までに一度も見せたことのない、残酷で酷薄な笑みだ。
「勘違いするな。お前を殺すのは、俺じゃない。
 俺では、ふさわしくない」
「なにぃ?」
耄碌もうろくした目と耳でも、感じられるだろう? 近づいてくる、確実な死が」
「な…」
首を回すことも満足にできなくて、仕方なく耳を澄ませる。
これは、足音?
一つは、地を揺るがすほどに重く、もう一つは、アタシの耳でもはっきり聞こえないほど小さく、軽やかだ。
そのどちらにも、アタシは、聞き覚えがあった。
座ったままで動けないアタシの横を過ぎて、二つの影がアタシの前へと出る。
レオン・グレイスと、ガイ・ブラスタ。
その後ろ姿は、見ているだけで戦慄するほどの迫力があった。
「なぜ…だ、なぜ、貴様らがここに…」
問いには答えず、全身に闇色の魔法を纏い、二人が悠然と歩く。
奴の人を操る魔法のときと同じ…いや、それ以上の不快感だ。
ここに、居たくない。
本能が、恐怖に悲鳴を上げている。
「まっ…て…、俺…も…」
「?」
後ろから聞こえてきた苦しげな声に振り向き、ふっと息をつく。
そこには、血みどろになって転がり、それでも立ち上がろうとしているジャネスの姿があった。
ったく、あの馬鹿、無事だったのね。
いらない心配させて、まったく。
「くっ…そっ…」
癒しの魔法を止めた奴が、わずかに身じろぎする。
「………」
その瞬間に、黒い炎が渦を巻き、奴を取り囲んだ。
「………」
続いて、格子状の黒い何かが、空を覆い尽くす。
火傷しそうな熱と空気が焦げる嫌な臭いが、この距離でもアタシにまで届く。
あれは、奴を逃がさないための、炎の檻だ。
「こんなものっ!!」
黒き炎へ触れた瞬間には、土の魔法が消し炭となって、空へと吹き散らされる。
何度もアタシたちのことを阻んだあの土壁が、数秒さえも持続できないなんて…。
「くっ…」
「どいつもこいつも、有色の魔法だと…」
男の身体を支えるように、地面から土の椅子が生える。
さっきまでのような大きさもなければ、豪奢な意匠もすっかりなくなっていた。
あれじゃあ、椅子とさえ呼べない、ただの無骨な土の塊だ。
「まったく、ふざけおってえ!!」
絶叫した男の身体を覆い隠すように、椅子が球体へ変化する。
あれで、全身を守りながら、強引に突破するつもりなんだ。
黒き炎が収束して、奴の行く手を阻む。
それでも、おかまいなしに、奴は高速で突っ込んでいった。
「………」
思わず、自分があの炎に触れたところを想像して、身震いしてしまう。
どんなに相殺したとしても、生きていられる気がしなかった。
「チッ」
舌打ちが聞こえたのと、ほぼ同時。
黒煙を上げ、異様な臭気をまき散らして、炎の檻から岩塊が飛び出した。
突然に、椅子を支えていた足の部分が折れ、上の球体が地面に投げ出される。
ごろごろと地面を転がる度に土が削りとられ、ついに、中身が飛び出した。
「くっ…そっ…」
仰向けになった奴は、息も絶え絶えに手を伸ばす。
地面から盛り上がった岩が、形を成す前に崩れ落ちた。
「くっ、馬鹿な…。こんな、こんな馬鹿なことが…。
 あっていいわけが…ないっ!!」
何度も手を動かし、それでも、何の変化も生まれない。
ついに、魔法が尽きたんだ。
「ひっ…」
父上たちの接近を恐れ、無様にのた打つ。
だけど、どれだけもがいても、数歩の距離も稼げていなかった。
見る間に、父上たちとの距離が縮まる。
「足がどれだけ大事なものか、分かっただろう?
 死ぬ前に一つ賢くなって、良かったじゃないか」
ティストの皮肉に返事をする余裕もなく、奴が後ずさる。
それでも、すぐに岩へと背をつけて、身動きが取れなくなった。
「………」
もう虫の息だというのに、父上たちには、ほんのわずかな油断もない。
あの二人からは、逃げられない。
絶対に。
「ようやく…だな」
一言だけ、父上がつぶやく。
返事の代わりなのか、ガイ・ブラスタが拳を握り締めた。
ぎちぎちと骨が軋む不快な音が鳴り、硬度が増していく。
全身の中で、一番硬い場所を作り出したんだ。
「さて…」
父上を取り巻く魔法の色が、宵闇よりも暗く、重々しいものへと移り変わる。
有色の魔法が、さらに変色した?
見たこともない変化に、身体が勝手に戦慄する。
アタシの魔法では、決して太刀打ちなど出来やしないだろう。
格が…次元が違う。
手をついている地面が、消えそうなほどに、もろく感じてしまう。
世界が、黒に塗りつぶされていく。
「この身が、万全であれば…。
 最初から戦っていれば、貴様等など…」
父上が、左腕を踏み砕き、ガイ・ブラスタが、右腕に巨大な拳を突き立てる。
怨嗟の声と両腕を無残に潰され、奴の顔がさらに歪んだ。
足で、拳で、末端から骨を一つずつ砕き、徐々に中心へと向かっていく。
一撃が振り下ろされる度に、奴の身体が跳ね、口から血と叫びが漏れた。
殺気を生み出し、怒気で膨れ上がらせ、狂気で彩る。
数秒刻みで、相手の全身に、死が塗りたくられていく。
赤黒い血が砂の上に撒き散らされ、それが繰り返されて大地が朱に染まった。
拷問と呼ぶのも手緩い、痛みを与えるためだけに作り出された、苦痛の極致だ。
「ふ…ん。無駄な…ことだ。ワシを…殺し…ても、死者…は…蘇らん。
 貴様…らの、して…いるのは…何の…意味もない」
「たしかにそうだ。だが…。
 それは、妻を殺した貴様が、まだ生きている理由にはならない」
聞いたこともないような、殺意に満ちた冷酷な声で言い放つ。
そして、父上とガイ・ブラスタが同時に天高く飛び上がった。
二人の全身から、黒き魔法が吹き荒れる。
溜め込まれ、凝縮され、解き放たれるのを待っていた、途方もない力。
瀕死の奴を殺すのにこれほどの力は必要ない。
それに、あれだけの力を振るえば、身体への反動だって、尋常じゃないはずだ。
後先など、考えていない。
あの一撃だけ、他には何もないのだろう。
目で、耳で、肌で、全身で、その全てを理解する。
これが、父上たちの本当の全力なんだ。
同じ有色だというのに、二人の魔法はまるで傾向が違う。
父上は、限界まで振り絞った力を完璧に制御し、一撃の威力を極限まで高めている。
ガイ・ブラスタは、さっきのティストと同じように、零れ落ちる魔法を気にも止めずに、己の全力を使い尽くしていた。

「消え失せろっ!!」

「くたばれえっ!!」

急降下とともに、父上の爪とガイ・ブラスタの拳が、奴へ深く深く突き立てられる。
絶大な力が大地を揺るがし、地面を大きく陥没させた。
二人の手で、地形が新しく書き換えられる。
「がぁあぁぁあぁぁぁぁっ」
わずかに聞こえた断末魔さえも、爆炎の前に、完全にかき消された。
もう、終わった。
それでも、勢いは衰えるどころか、増している。
ただ、全てを出し尽くすまで、二人とも止まらなかった。



ほとんど穴になってしまったそのくぼみの最奥は、覗き込むほどに深い。
そこに、拳を握った二人だけが、ただ静かに立っていた。
「これで、終わった…な」
穏やかなその声に、どうにか頷いて返す。
ティストが口に出してくれたことで、ようやく、本当に全てが終わったことを実感できた。
色んな思いが自分の中を駆け巡っていて、何を考えればいいのかも、分からない。
「あぁぁあぁぁぁぁあぁぁぁぁぁあぁああぁあぁぁ」
「うおぉぉぉぉぉぉぉぉおおおおぉおぉおぉぉおぉ」
二人が、天に向けて咆哮をあげる。
響き渡る慟哭どうこくに、心が震えた。
視界が揺れ、泣いている自分にようやく気付いた。
止まらない涙を拭うのをあきらめて、空を見上げる。
「母上、見ていてくれましたか?」
問いかけて、愚問だったことを悟る。
だって、母上たちが、見ていないわけがないから。




翌朝。
アイシスの提案で、母上の元を訪れた。
誰一人として満足に歩けなかったのに、それでも、誰も城に残るとは言わなかった。
みんな、気持ちは一緒だったのかもしれない。
アタシたち家族が、それぞれに報告した後。
母上の墓前で、最後にティストとアイシスが手を合わせ、深々と頭を垂れる。
アタシたちの真似をしているだけなのに、その姿は、なかなか様になっていた。
もう一度、墓碑へと向けて丁寧な礼をしてから、二人が顔を上げる。
それから、目を交し合って、誰からともなく笑い出した。
心から穏やかになれる、あたたかな笑顔。
こんな風に笑いあえる日が来るなんて、思ってもいなかった。
「こうしてシーナに吉報を届けられるのも、君たちのおかげだ。本当に、ありがとう」
「ありがとうございました」
父上にあわせて、身体の痛みを必死に堪え、全員が最上級の礼をする。
これほどの恩人に礼儀を尽くさないなんて、無礼の極みだ。
「今後、困ったことがあったら、必ずアタシを頼りなさい。絶対に、二人の力になるわ」
この想いだけは、口にせずには、いられなかった。
たとえ、どんな危険な敵が出ようと、どんな厄介事に巻き込まれようと、アタシは絶対に二人の味方をする。
それだけは、この先に何が待ち受けていようと、絶対に変わらない。
「ありがとうございます」
「ああ。そのときは、よろしく頼む」
死の瀬戸際まで追い詰められたというのに、二人は、こうして笑ってくれる。
ったく、本当に、お人好しなんだから。
「それで、魔族になるという話は、考えてくれたかい? 君のためになら、すぐにでも玉座を明け渡そう」
「そうまで言ってくれる気持ちは嬉しいが…なぁ」
ティストに言葉を向けられて、アイシスが笑顔を返す。
その笑顔は、困っているティストのことを見て、楽しんでいるようだ。
「君が折れてくれるまで、何度だって頼むつもりだ。
 なにせ、君ほど次の王にふさわしい者など、いないからね」
父上の言葉に、ティストが心底嫌そうな顔で肩をすくめてみせる。
それだけじゃ足りないとでも思ったのか、ゆっくりと首を横に振ってから口を開いた。
「勘弁してくれ。どうあがいても、王なんて、俺に勤まるわけがない。
 それに、魔族の民が、俺のことを認めると思うか?」
ったく、下手な言い訳ね。
そんなことを言われたら、あの二人が、黙っているわけがないじゃない。
「認めるわね。なんて言ったって、この私たちでさえ認めたのよ」
「そうね、私たち以上の難敵なんて、魔族中探してもいないでしょうね。
 それに、強さに魅せられるのが魔族よ。有色にまで上り詰めた男を認めないわけがないでしょう」
「既にあなたへ心酔する者たちも大勢いるし、あの白銀の風を見たら、これからも増え続けるでしょうね。
 他で冷遇されてるぐらいなら、さっさと見切りをつけて、グレイスに来なさい。
 なんなら、私たちがあなたに仕えてあげるわよ?」
怒涛の勢いでまくし立てる二人に、ティストが苦笑を深める。
この二人にかかれば、どんな反論だって、たちどころに飲み込まれてしまうだろう。
本当に、心からティストを気に入ったみたいね。
母上だったら、ティストのことをどう思うだろう?
聞いてみたいのに、それは、絶対に叶わない。
それを思うと、少しだけ、悲しくなる。
風がそよぎ、アタシの髪を優しく撫でて、通り過ぎていく。
不意に、母上の声が聞こえた。

『セレノア、よく聞きなさい。
 戦場の最前点に会いなさい。そして、気に入ったなら…』

「添い遂げなさい…か」
ずっと奥底へと封じ込めていた言葉を、口に出してつぶやく。
母上の言いつけをしっかり守るほど、子供じゃない。
だからって、それにただ逆らうだけの、馬鹿じゃない。
ここから先は、アタシが決めることだ。
まずは、作りかけの羽織を完成させよう。
もちろん、誰にも知られないように…だ。

お付き合いいただきまして、ありがとうございました。
これにて、セレノア編、有色の戦人 完結となります。

ストックが溜まった頃に連載予定ですので、しばらくお待ちください。

本日の夏コミ最終日、東S32-a The sense of sightで
第二章 有色の戦人の裏側にあたるサイドストーリー
有色の姫巫女を発売します。

レオンの妻、シーナ・グレイスとガイの妻、ユミル・ブラスタ
二人の物語になりますので
お楽しみ頂けた方は、ぜひともお求めください。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部)
  • 107 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
異世界迷宮で奴隷ハーレムを

ゲームだと思っていたら異世界に飛び込んでしまった男の物語。迷宮のあるゲーム的な世界でチートな設定を使ってがんばります。そこは、身分差があり、奴隷もいる社会。とな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全219部)
  • 102 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 21:22
蘇りの魔王

勇者に討たれ、その命を失ったはずの魔王ルルスリア=ノルド。 彼にはやり残したこと、解決できなかった問題がいくつもあったが、悪は滅びると言うお題目に従い、消滅した//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全272部)
  • 102 user
  • 最終掲載日:2017/03/23 18:00
黒の召喚士 ~戦闘狂の成り上がり~(旧:古今東西召喚士)

 記憶を無くした主人公が召喚術を駆使し、成り上がっていく異世界転生物語。主人公は名前をケルヴィンと変えて転生し、コツコツとレベルを上げ、スキルを会得し配下を増や//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全404部)
  • 104 user
  • 最終掲載日:2017/04/29 13:11
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部)
  • 125 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
黒の魔王

黒乃真央は悪い目つきを気にする男子高校生。彼女はいないがそれなりに友人にも恵まれ平和な高校生活を謳歌していた。しかしある日突然、何の前触れも無く黒乃は所属する文//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全607部)
  • 103 user
  • 最終掲載日:2017/04/28 17:00
盾の勇者の成り上がり

盾の勇者として異世界に召還された岩谷尚文。冒険三日目にして仲間に裏切られ、信頼と金銭を一度に失ってしまう。他者を信じられなくなった尚文が取った行動は……。サブタ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全835部)
  • 103 user
  • 最終掲載日:2015/05/28 11:00
二度目の人生を異世界で

唐突に現れた神様を名乗る幼女に告げられた一言。 「功刀 蓮弥さん、貴方はお亡くなりになりました!。」 これは、どうも前の人生はきっちり大往生したらしい主人公が、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全357部)
  • 109 user
  • 最終掲載日:2017/04/26 12:00
デスマーチからはじまる異世界狂想曲

 アラサープログラマー鈴木一郎は、普段着のままレベル1で、突然異世界にいる自分に気付く。3回だけ使える使い捨て大魔法「流星雨」によって棚ボタで高いレベルと財宝を//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全526部)
  • 116 user
  • 最終掲載日:2017/04/23 18:00
聖女の回復魔法がどう見ても俺の劣化版な件について。

 昔、回復魔法を見てすっかり魅了されてしまった俺。しかし教えてもらうには多大な寄付金が必要になる。一般家庭の俺じゃどう背伸びしてもそんな金は出せない。ってことで//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全172部)
  • 95 user
  • 最終掲載日:2017/02/14 19:41
人狼への転生、魔王の副官

人狼の魔術師に転生した主人公ヴァイトは、魔王軍第三師団の副師団長。辺境の交易都市を占領し、支配と防衛を任されている。 元人間で今は魔物の彼には、人間の気持ちも魔//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全403部)
  • 99 user
  • 最終掲載日:2017/04/28 10:10
勇者イサギの魔王譚

「これからも、俺についてきてくれないか」  ――共に歩んだ愛する少女へと告白した瞬間、少年は未来へと飛ばされた。彼を喚んだのは魔族の姫。彼が討ち取った魔王の末裔//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全176部)
  • 94 user
  • 最終掲載日:2015/10/09 23:00
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えれば唯//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全262部)
  • 136 user
  • 最終掲載日:2017/04/29 18:00
異世界転移で女神様から祝福を! ~いえ、手持ちの異能があるので結構です~

 放課後の学校に残っていた人がまとめて異世界に転移することになった。  呼び出されたのは王宮で、魔王を倒してほしいと言われる。転移の際に1人1つギフトを貰い勇者//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全147部)
  • 98 user
  • 最終掲載日:2017/04/30 00:00
二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む

魔王を倒し、世界を救えと勇者として召喚され、必死に救った主人公、宇景海人。 彼は魔王を倒し、世界を救ったが、仲間と信じていたモノたちにことごとく裏切られ、剣に貫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全113部)
  • 107 user
  • 最終掲載日:2017/04/24 07:43
レジェンド

東北の田舎町に住んでいた佐伯玲二は夏休み中に事故によりその命を散らす。……だが、気が付くと白い世界に存在しており、目の前には得体の知れない光球が。その光球は異世//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1351部)
  • 117 user
  • 最終掲載日:2017/04/29 18:00
境界迷宮と異界の魔術師

 主人公テオドールが異母兄弟によって水路に突き落されて目を覚ました時、唐突に前世の記憶が蘇る。しかしその前世の記憶とは日本人、霧島景久の物であり、しかも「テオド//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1093部)
  • 117 user
  • 最終掲載日:2017/04/30 00:00
Re:ゼロから始める異世界生活

突如、コンビニ帰りに異世界へ召喚されたひきこもり学生の菜月昴。知識も技術も武力もコミュ能力もない、ないない尽くしの凡人が、チートボーナスを与えられることもなく放//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全439部)
  • 128 user
  • 最終掲載日:2017/04/16 01:00
うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない 。

彼は、ひとりの少女と出会った。--罪人の烙印を押された幼い少女。それが全てのはじまりだった-- 「やべぇ、うちの娘可愛い」そんな親バカ保護者と養い子になった//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全198部)
  • 96 user
  • 最終掲載日:2017/04/29 08:00
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部)
  • 96 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
ワールド・ティーチャー -異世界式教育エージェント-

世界最強のエージェントと呼ばれた男は、引退を機に後進を育てる教育者となった。 弟子を育て、六十を過ぎた頃、上の陰謀により受けた作戦によって命を落とすが、記憶を持//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全170部)
  • 121 user
  • 最終掲載日:2017/04/25 21:09
最果てのパラディン

  かつて滅びた死者の街。 そこには1人の子供と3人の不死なる者たちが存在した。 かつて英雄であった不死者たちに養育される少年、ウィル。 技を継ぎ知識を継ぎ、愛//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全153部)
  • 95 user
  • 最終掲載日:2017/03/02 23:56
ニートだけどハロワにいったら異世界につれてかれた

 ニートの山野マサル(23)は、ハロワに行って面白そうな求人を見つける。【剣と魔法のファンタジー世界でテストプレイ。長期間、泊り込みのできる方。月給25万+歩合//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全176部)
  • 95 user
  • 最終掲載日:2017/04/21 21:00
LV999の村人

 この世界には、レベルという概念が存在する。  モンスター討伐を生業としている者達以外、そのほとんどがLV1から5の間程度でしかない。  また、誰もがモンス//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全258部)
  • 95 user
  • 最終掲載日:2017/04/28 00:00
呼び出された殺戮者

幼少から様々な武道を修練してきた遠野一二三(とおのひふみ)は、ある朝、稽古中異世界へ強制的に旅立つことになった。 現代日本で人を殺したいという欲求を溜め込んでい//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全184部)
  • 97 user
  • 最終掲載日:2015/10/17 22:00
神殺しの英雄と七つの誓約(旧題:彼は英雄ではないと言い張るようです)

※タイトルを変更しました。内容に変更はありません。 ※この度、拙作が書籍化される事となりました。  偏に、この作品を読んでくださる皆様の御蔭でございます。  こ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全174部)
  • 95 user
  • 最終掲載日:2017/04/25 00:31
賢者の孫

 あらゆる魔法を極め、幾度も人類を災禍から救い、世界中から『賢者』と呼ばれる老人に拾われた、前世の記憶を持つ少年シン。  世俗を離れ隠居生活を送っていた賢者に孫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全119部)
  • 111 user
  • 最終掲載日:2017/03/10 07:28
用務員さんは勇者じゃありませんので

部分的学園異世界召喚ですが、主役は用務員さんです。 魔法学園のとある天才少女に、偶然、数十名の生徒・教師ごと召喚されてしまいます。 その際、得られる力をとある生//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全140部)
  • 93 user
  • 最終掲載日:2017/04/30 06:00
勇者様のお師匠様

 両親を失いながらも騎士に憧れ、自らを鍛錬する貧しい少年ウィン・バード。しかし、騎士になるには絶望的なまでに魔力が少ない彼は、騎士試験を突破できず『万年騎士候補//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全152部)
  • 99 user
  • 最終掲載日:2017/03/12 00:00
再召喚された勇者は一般人として生きていく?

異世界へと召喚され世界を平和に導いた勇者「ソータ=コノエ」当時中学三年生。 だが魔王を討伐した瞬間彼は送還魔法をかけられ、何もわからず地球へと戻されてしまった//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全356部)
  • 96 user
  • 最終掲載日:2017/04/30 11:00
金色の文字使い ~勇者四人に巻き込まれたユニークチート~

『金色の文字使い』は「コンジキのワードマスター」と読んで下さい。 あらすじ  ある日、主人公である丘村日色は異世界へと飛ばされた。四人の勇者に巻き込まれて召喚//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全808部)
  • 110 user
  • 最終掲載日:2016/11/16 00:00
↑ページトップへ