挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
DAGGER 戦場の最前点 作者:BLACKGAMER

DAGGER 有色の戦人

125/129

17章 気まぐれな復讐-1


【ティスト視点】

「おいでなすったな」
空気に混じる違和感を感じ取り、互いの確認のためにつぶやく。
アイシスもセレノアも同じ感覚を有しているのか、真剣な顔でうなずき返した。
「ティスト、アイシス。付き合ってくれて、ありがとね」
柄にもない、セレノアからの真っ直ぐで素直な礼。
だから、少しばかり、図々しく返事をさせてもらうことにした。
「今度、俺に何かあったときには、よろしく頼む」
「私が困ったときにも、お願いしますね」
今回の一件は、貸しだ。
きっと、そのほうが、お互いにとって、折り合いが付けやすいだろう。
「分かってるわ。そのときは、必ず二人を助けること、約束する」
「じゃ、行こうか」
腰掛けていた岩から油断なく立ち上がり、臨戦態勢を取る。
闇に紛れ、音もなく近づいてくる奴の姿を、こちらへ向けられた殺気だけを頼りに探す。
視界の端に違和感を捉えて、視線をそちらへと向ける。
病的に白い肌をした奴の顔だけが、闇夜の中にぽっかりと浮かんでいた。


「炎よ」
「風よ」
「水よ」
セレノアが炎を、俺が風を、アイシスが水を。
それぞれに自分の属性に呼びかけ、収束させた魔法を手のひらに集める。
呼吸を合わせたとおりに、奴へと三つの魔法が同時に飛んだ。
「ふん」
鼻をならした奴の周囲に、こちらと同じ属性の魔法が、それぞれに発動する。
轟音をあげてぶつかりあい、数秒のせめぎあいの果てに、こっちの魔法だけが消え去った。
「所詮、この程度…か。手荒い歓迎と呼ぶには、まるで威力が足らんな」
展開された魔法の大きさには、ほとんど差がなかった。
つまり、問題は、魔法の質…濃度というわけか。
同じ属性をあえて選んだのは、互いの力量差を誇示するためだろう。
まったくもって、悪趣味なことだな。
「では、こちらも返礼してやろうではないか」
軽減のための魔法を収束し、回避を念頭に置いて、奴の魔法を見定める。
前回の一戦で、奴の力量は存分に見せてもらった。
最初から強大だと分かってれば、油断も慢心もない。
「貴様らに、見本というものを見せてやる」
爆発音とともに空気が震え、奴の背後で、星明りを霞ませるほどの光が、次々に生まれる。
大地を突き破って吹き上がった炎のすさまじい熱気が、空気を伝い、こちらまで届いた。
なんだ? ここから、派生でもするのか?
しかし、どれだけ待っても、こちらへの攻撃がこない。
警戒しつつ、燃え上がった場所へと目を移し、そこに何があったのかを思い出して、ようやく得心する。
なるほど、狙いは最初から俺たちじゃなかったわけだ。
「森の礎を試していた場所を狙って…」
苦い声で、アイシスがつぶやく。
火柱の位置と数からして、植えた種や苗木が全滅したのは、間違いない。
時間と労力、その合間でおきた他愛のないやりとり、そして、これからの希望。
それが、数秒のうちに全てを潰された。
止め処なく溢れ出す怒りで、ダガーを握りなおした。
「どうじゃ? これが気の利いた挨拶というものじゃ。分かったのなら、もう少し勉強することじゃな」
得意げな顔で、奴が哄笑する。
こちらの反応を見て、その笑みをさらに深めた。
「無駄な努力をしないで済むようにしたのだから、感謝してほしいぐらいじゃな。
 木々を植える程度では、この地質は変えられぬ。
 そんなことをするぐらいなら、血と落涙で潤したほうが、さぞや肥沃な大地となるであろう」
炎に背中を照らされた奴が、薄汚い笑いを浮かべる。
人の作り上げた物を壊すのが、そんなに楽しいか。
「ふぅん。ずいぶんと、よく知っているのね。
 森を作ろうとし始めたのなんて、最近のことなのに」
ずっと黙っていたセレノアが、怖気が走るほどに冷たい声でつぶやく。
たしかに、セレノアの言うとおりだ。
本来ならば、俺たちが何をしているのかなんて知っているはずないし、そこを攻めてくるのも妙な話だ。
「つまり、あんたは、隠れてアタシたちのことを、ずっと監視していた。
 陰でこそこそ見つからないようにして、隙を狙ってたわけでしょ?」
「なるほど、少しばかりは、頭が回るようじゃな。
 では、なぜワシが隙を狙っていたのか、その理由が分かるか? 小娘」
「分断させて倒したほうが、効率的だとか言いたいんでしょ?
 ずいぶんと偉そうにほざいてくれるじゃない、狡賢ずるがしこいだけの臆病者のくせに」
吹き上がるような殺気を纏い、嫌悪感を剥き出しにして、セレノアが言い放つ。
それに動じることなく、奴は、ゆっくりと呆れたように首を振った。
「的外れもいいところじゃな。
 戦力だけを比較するならば、お前たちが全員揃っていようと、ワシ一人で十分じゃ」
「だったら、その理由とやらは、なんだっていうのよ?」
「奴が家族と共にいれば、命を賭してでも娘を守ろうとするじゃろう。
 その結果、娘を庇った奴の死に様は、奴にとって満足のいくものになってしまう。
 それでは、意味がない。
 大事なものを奪われ、歯軋りするほど怒り狂い、泣き叫ぶほど悲しみ、己の無力さに悶え苦しむ。
 自分の命の使い道を後悔する、その無様な姿を見たいのじゃよ。
 もっとも、最後には、奴も殺してやるがな」
にたぁ…っと、頬を持ち上げて、薄気味の悪い笑顔を浮かべる。
全ては、レオンを苦しませる、それだけのために…か。
「その壮大な計画は、どうやら目標のままで終わりそうですね。
 あなたの敗北で、全てが終わります」
空気に飲まれることなく、アイシスが冷たく言い放つ。
それに対して、奴は不機嫌そうに眉根を寄せた。
「本当に、よく吠える小童どもじゃな。
 雑魚が何人いようと話にならんと、前にも教えてやったじゃろう?」
「それじゃあ、俺たちからも教えてやろう」
ダガーを握りしめ、一足飛びに間合いを詰める。
しわだらけの首めがけて、ダガーを振り抜いた。
「ふん」
針のように尖った岩の頂点が、俺のダガーの切っ先を押し返す。
刃一枚の薄さをああも正確に捉えて、線をさらに小さな点で止める…か。
ある程度は予測していたが…奴の魔法は、量だけじゃなく、精度も尋常じゃないな。
「このワシに向かって教える…じゃと?
 そいつは楽しみじゃな。いったい、何を教えてくれるというのだ?」
「あんたの寿命の残りを…よ」
「…はぁっ!!」
正面から向かった俺にあわせて、右からセレノアが、左からアイシスが同時に仕掛ける。
あれから、何度もあのときの戦いを思い返して、対策を考えた。
奴は、あのときに一度たりとも動いていない。
レイナとサリに話を聞いたおかげで、奴が片足を失っている理由も分かった。
戦闘時の挙措と身体的特徴から、導き出した答えは一つ。
突破口は、接近戦。
正しく言えば、奴の魔法を掻い潜り、もしくは使い切らせて、肉弾戦に持ち込めるかどうか…だ。
「いつまでも、お前の攻勢が続くと思うな。今度は、お前が狩られる番だ」
「ふん、大口を叩いての結果が、苦し紛れの近接戦闘とは…芸がないな。
 その安易な考えに至った者が、今までにどれだけ死んだか教えてやろうか?」
「…!」
腕の一払いで、強烈な風が吹き荒び、三人がまとめて放り出される。
人を軽々と浮かせるほどの威力だというのに、奴の腕は、わずかにさえ、動かなかった。
まるで、呼吸をするような自然さで、魔法を放ってやがるな。
「ワシの魔法によって天に召された愚か者はな、路傍ろぼうに転がる石よりも多いのだ」
奴の背後に、巨大な岩が出現する。
それが不気味なうねりを繰り返し、玉座のような細工が施された、豪奢な椅子へと姿を変えた。
「貴様らごときでは、相手にならんわ」
戦闘中だというのに、深く腰掛けて、頬杖をつく…か。
頭に来るほど尊大でふざけた態度だというのに、それが付け入る隙にはならない。
あの姿勢からでも、魔法を使うだけならば、十分だろう。
「ッ!!」
迷うことなく、真正面から椅子に向かって突撃する。
最初は、俺が前衛で二人が後方支援、そう決めてあるのだから、迷う必要もない。
信頼して、踏み込むまでだ。
「はぁっ!!」
次々と突き出してきて、行く手を阻む岩の槍を、ダガーで薙ぎ払う。
この程度の手数と速さならば、十分に対応できる量だ。
「ふん、ダガーか。なぜ、武器などという非効率な物を使うのか、理解できんな。
 魔法さえ使えば、わずかに力をこめるだけで、鋭利な刃も、堅固な盾も、瞬時に作り出せる。
 肌身離さず、重たい武器や防具を持つ必要もないし、壊れる心配もない。
 剣術、槍術、弓術…武器を使った技など、全てが無価値だ。
 魔法を極めてしまえば、体術すら必要ない。
 これだけで、全てが事足りる。魔法こそが、万能の力なのだ」
こちらの反応を一切無視して、奴が、声高に演説する。
その陶酔ぶりは、こちらを置いてけぼりにするには、十分だった。
「いい気分で、御高説をのたまっているところ悪いんだが…。
 あんたの持論を力説して、いったい、何がしたいんだ?」
「死ぬ前に、愚かなお前たちに闘いを解いてやっているというのに…これだから、馬鹿は救えんな」
芝居がかった様子で肩をすくめ、首を横に振ってみせてくれる。
殺す相手に向けて、長々と説教を吐く…か。
相手を馬鹿呼ばわりする賢者様の思考は、たしかに理解できそうにないな。
「そういう不確かな話は、証明してからほざいてくれ」
「ならば、見せてやろう。肉体など、飾りにすぎんというその事実を…な」
奴の椅子が、視界の中で霞む。
文字通り、目にも留まらぬ速さで、俺の眼前へと迫った。
「ッ!?」
皺の刻まれた小さな手のひらが、俺の目に映り込む。
土の魔法で作り上げた椅子ごと高速移動させて、旋回しながら、一気に距離を詰めてきた…か。
しかし、こっちにとっても好都合だ。
「くらえっ!!」
間合いの中に飛び込んできてくれた奴へと向けて、全力の一突きを浴びせる。
さっきまでのような鉄壁で防ぐつもりなら、まとめて貫いてやる。
「なっ!?」
ダガーの切っ先を黒いローブで撫でるような、鮮やかな回避。
だというのに、上半身の姿勢は、わずかな揺らぎさえない。
寸分の狂いも許されない見切りを、魔法の調節だけで、やってのけたっていうのか!?
「甘いわあっ!!」
声を張り上げて、踏み込みもしないのに、奴の身体が前へと滑る。
そのか細い右手には、石で出来た片手剣を生やしていた。
「くっ」
主人に握られてもいないその剣が、次々に斬撃を繰り出してくる。
熟練を思わせる太刀筋から繰り出されたそれは、受け止めている俺の手が痺れるほどに重く、鋭いものだった。
とてもじゃないが、筋肉のまるでない、小柄な老人に出せる威力じゃない。
「お兄ちゃん、右へっ!!」
加勢に来てくれたアイシスの言葉に従い、左からの斬撃を任せる。
すると、アイシスの受け止めた刃のすぐ左から、もう一本の剣が表れた。
「くっ…」
慌てて受け止めていた剣を払い、次の攻撃へと向けて、アイシスがダガーを構えなおす。
お互いにどうにか防ぎきると、今度は、俺たちを取り囲むように、十二本の槍が水平に浮かんだ。
全部突き刺されば、見事な日時計が出来上がるな。
続いて、その周囲を半球で包むように、矢が配置される。
まさに、用意周到…だな。
「チッ」
致命傷にはならないだろうが、長々と戦うのなら、多少の傷でも厄介だ。
どうにかして、目の前のこれを…。
「炎よ」
声とともに、驚くほど静かな炎の魔法が、俺たちの背後を駆け抜ける。
俺たちに一切の害を与えず、敵の攻撃だけを的確に無力化させる、優しい炎。
「二人とも、後ろへ飛びなさいっ!」
頼もしいセレノアの声に従って、受け身も考えずにただ後ろへと飛ぶ。
俺たちが地面へと落ちるより早く、横合いから吹き荒れた桃炎が、無機質な魔法の武器たちを焼き尽くす。
有色の魔法にのまれた奴の魔法は、炭のように黒く変色して、炎の中で崩れ去った。
「まあ、こんなものじゃな」
いつの間にか元の場所へと戻っていた奴が、椅子に腰かけて、頬杖をついている。
「お前たちの手は二つしかないし、所持している武器も限られている。
 ワシは、その気になれば、どんな武器でも、複数を同時に扱うことだって出来るのだ。
 分かっただろう? 殺す気があれば、今の数合の打ち合いでも、十分に殺せていた。
 お前たちが今生きてるのは、ワシの気まぐれに他ならない。
 どうじゃな? これで、鍛え抜かれた五体よりも、魔法のほうが遥かに優れていると証明できたじゃろう?」
よく回る舌で渇いた唇を舐め、奴が上機嫌に笑う。
絶対に負けることはないという傲慢が、こんなふざけた戦い方をさせるのだろう。
それこそが、奴と渡り合うための唯一の光明だ。
戦闘では、揺るがない。
だから、それ以外で揺さぶりをかける。
「ずいぶんと偉そうに喋ってくれたが…。そいつは、足を失った自分への言い訳か?
 それとも、志半ばで、武術を捨てた己への言い訳か?」
「なんだと?」
ある程度の予想を交えた俺の指摘を聞いて、奴の声が途端に強張る。
ここで声の調子を変えてしまうあたりが、やはり、小物だな。
どれだけ傲然としていても、自分の弱みを素直に晒してしまう。
「手の届かなかったものには、固執する性格らしいからな。
 そんなにも武術を毛嫌いするなら、理由があると思っただけだ」
有色の魔法について話したときも、そうだった。
これだけの力を持っているというのに、奴は、劣等感の塊だ。
奴が過剰なまでに自分を持ち上げるのも、おそらくは、その裏返し。
きっと、周りを見下していなければ、自分を保つことさえできないのだろう。
「どうだ? 間違ってるか?」
「ッ!!」
返答は、口から吐き出される言葉ではなく、荒れ狂った風の魔法だった。
威力こそ先の一撃よりも高められているものの、狙いが雑な分だけ避けやすい。
やはり、思った通りだな。
攻撃は、鉄壁で止めることができるが、精神的な物は、防御も回避もできやしない。
己の欠点を受け止める度量も、格下の戯言と聞き流す余裕もない。
「なんだ、図星だったのか?」
「黙れいっ!!」
下手をすれば、奴の逆鱗に触れ、逆上させる可能性もあるが…。
どうせ、全力を出してもらわなければ、この戦いは終わらない。
だったら、少しでも魔法の精度が落ちていた方が、楽だろう。
「それに、魔法なんて尽きたら終わりだ。
 そうなれば、歩くこともできずに、地面に転がるだけの、ただの老人だろう?」
「貴様らのような盆暗ぼんくらと、一緒にされては困るな。
 ワシの魔法は尽きぬ。我が力に、果てなどない」
「なに、無尽蔵とでも言いたいわけ?
 だったら、あんたの言うとおり、本当に馬鹿は救いようがないわね」
「きっと、それすらも証明するなんて言うつもりなんですよ。できるはずなんて、ないのに…ね」
俺の挑発に便乗する形でセレノアとアイシスが嘲笑い、それが、さらに奴の柳眉を逆立てる。
口を閉ざした奴が腕を振るうと、周囲で次々に爆発が起こり、石つぶてが飛び交う。
さて、ここからが本番だな。
ダガーを握り直すことで気を引き締め、ただ、奴へと向かって駆ける。
俺は、愚直に突進を繰り返すだけだ。
それしか策がないと思ってもらうためにも…な。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ