挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
DAGGER 戦場の最前点 作者:BLACKGAMER

DAGGER 有色の戦人

117/129

13章 気まぐれな和解-2


【ティスト視点】

訓練を終え、一風呂浴びたところでの、突然の呼び出し。
何かと思って連れられて来てみれば、さっきまで訓練していた場所に、見慣れないものが敷いてあった。
「よく来てくれたね」
「では、私たちはこれで」
恭しく頭を下げると、俺をこの場へと案内してくれたレイナとサリが、城へと向かって歩いていく。
残された俺に対して、ここまで招待してくれた主は、穏やかな笑顔を向けてきた。
「とにかく、座りたまえ」
満点の星空の下に敷いた、長方形の小さな御座。
それを等分するように、レオンの反対側へと腰を下ろした。
座布団もなしに座ったのに、座り心地は悪くない。
どうやら、地面に魔法をかけて、真っ平にしたらしいな。
「これを」
差し出された、取っ手のない小さな器を受け取る。
首元だけすぼまった細長い茶色の容器から、レオンが何かを並々と注いでくれた。
水と見紛うほどに透明なそれは、驚くほど豊かな香りをしている。
口をつけなくても、とびきりに強い酒だと分かった。
「では…」
同じ容器を優しくぶつけあって、乾杯の澄んだ音が響く。
その余韻が消えるまで音色を楽しんでから、ゆっくりと飲む。
飲み込むのがもったいないと思うほどに、舌の上に広がる味わいは、見事なものだった。
「気に入ったかい?」
「ああ」
ライズ&セットで飲ませてもらった酒たちとは、また違った味わいがある。
魔族の美酒は、力強く、荒々しく、そして、どこか優しい。
魔族の気性を形容するのには、ぴったりの味わいだった。
「文句なしに、美味い酒だ」
「そう言ってもらえると、とっておきを開けた甲斐があるね。好きなだけ飲んでくれ」
相手のグラスが空くたびに、互いに酌をする。
隣にいるのは、グレイスで最強の魔族。
だというのに、不思議と緊張感も警戒心も湧かなかった。
じんわりと、徐々に、心地よく、身体に酔いが回っていく。
もし、戦いになれば、全力を出しきれないかもしれない。
その致命的な隙さえも気にならなくなるほどに、安らぎに身を委ねていた。
「君には…君には、本当に感謝している。
 いや、どんなに感謝しても、しきれないほどだ」
星空を眺めながら、レオンがつぶやく。
だから、俺も、グラスの中に映りこんだ丸い月を見ながら、答えた。
「俺は、きっかけを作ったにすぎない。べつに、たいしたことはしてないさ」
食糧の件に関しても、セレノアたちの件に関しても、どちらも同じだ。
出来すぎた結果が偶然ついてきてくれただけで、別にそれは、俺の力じゃない。
「それでも、言わせてくれ。ありがとう」
深奥が熱くなるような真摯な礼を素直に受け取り、黙ってうなずく。
これ以上の否定は無粋だし、それに何より、結果として、全員が幸せならば、それでいい。
「どうやら、シーナの予見は、見事に的中したようだ」
「? どういう意味だ?」
「戦場で君を見た後に、シーナが言っていたんだ。
 『彼は、いずれ魔族の命運を左右する存在になる』…とね」
「不幸を運ぶ疫病神にならなきゃ、いいけどな」
あまりにも大袈裟な表現に、思わず皮肉をこぼしてしまう。
俺は、そんなに期待をしてもらえるほど、上等な存在じゃない。
それに、良いことが続いているからこそ、こうして認めてくれるのだろうが…。
逆に、悪いことが続けば、それすらも、俺のせいにされかねない。
「シーナの見立ては、正しかったというわけだ。だからこそ、私からも頼みがある」
頼み…ね、どうやら、それがここに俺を呼び出した本当の理由らしいな。
厄介ごとであることは確定だろうが、とにかく、聞いてみないことには始まらない。
「で、そんなに改まって、今度は、何を頼むつもりなんだ?」

「私に代わり、魔族の王になってくれないか?」

何気ない口ぶりで吐き出された、とんでもない言葉に、思わずさかずきを取り落しそうになる。
飲み干し、御座の上に置いてから、ゆっくりとため息をついた。
「いくらなんでも、話が飛躍しすぎだろう?」
「別に、飛躍などしていないさ。当然の流れだ。
 君のように能力と良識を兼ね備えた者が王座についたほうが、皆も喜ぶだろうしね」
やけに真剣な眼差しは、本気なのか、戯言なのか、判断がしづらい。
まったく、これだから、上機嫌に出来上がった酔っ払いの相手というのは、疲れるんだ。
「冗談はよしてくれ。第一、俺は魔族じゃない」
「魔族の本質は、血ではない。その生き方だ。
 強さを求めて道を歩むものならば、歓迎されるさ。
 君のように既に力を持っているものなら、なおのことだろう」
一言に対して、三言も返事が来る…か。
これほど饒舌なのも、おそらく酔っているからなのだろうな。
そんな風に考えていた俺の沈黙を迷いと受け取ったのか、さらなる追撃が飛んできた。
「そんなにも血が気になるというのなら、セレノアの婿になればいい。
 それこそ、誰からも文句は上がらないだろう」
「冗談にしても、笑えないな」
「別に、冗談のつもりはないからね」
いつもと変わらぬ余裕の笑みを浮かべて、すっと人差し指を立てる。
「娘が気に入るのが、最低条件。
 そこから、私、レイナ、サリの三人が気に入るかどうか、そこが、最大の難関だ。
 どの条件も満たしているのだから、君なら申し分ないだろう」
つらつらと言葉を続けながら、指を立てていくレオンの眼を、じっと見据える。
その真偽を、上辺に隠された本当の意味を、酔った頭を働かせて探る。
さっきから、レオンが口にしているのは、本質的にはただ一つ、王位を譲りたいということだけだ。
「それで、俺に王位を押し付けて、何をするつもりだ?」
「そうしたら、私は、復讐に専念できる」
あっさりと気負いない声で発せられたのは、あまりにも凄惨な話。
家族が幸せになったことを見届け、一人だけ修羅の道を進む…か。
あまりにも、救われないな。
「重荷を脱ぎ捨て、自由に駆け回れるようになりたいのだ」
「本気で言っているのか?」
「半分は…ね」
苦い顔でつぶやいて、杯を一気に傾ける。
それだけでは足りないのか、手酌で注ぐとすぐに、もう一度あおった。
自棄酒やけざけ…というわけではないのだろうが、我慢している部分も多いのだろう。
なんだかんだといいながら、罪悪感も感じれば、優しさもある。
家族のために、心を砕くことができる立派な父だ。
おそらく、ガイも同じなのだろう。
「君がセレノアもレイナもサリも国も面倒見てくれるのならば、安心して任せられるのだがね」
冗談めかして言ったつもりだろうが、こちらを見ている目からも、声からも、そんな軽い雰囲気は感じられなかった。
家族の不仲という憂いがなくなったからこそ、全力で事に当たりたいという気持ちも、分からないではない。
だが…。
「任せてくれ…と言いたいところだが、正直に言って、俺の手には余るな。
 手助けくらいならできるかもしれないが、請け負えるほどの力はない」
レオンやガイ、師匠たち、ラインさんやシアさん。
そんな上の世代の人たちほど圧倒的な力には、残念ながら、まだ到達していない。
今の俺じゃ、レオンの代わりなど務まるはずもない、完全な力不足だ。
「………」
酒を入れた杯を口元に当てたままで、レオンが硬直する。
今の発言を、そして、俺自体を吟味するように、レオンの瞳が俺を捉えて離さない。
相手は違えど、今までにも、この手の真剣な眼差しは、何度となく向けられることがあった。
だから、問いかけに答えるように、ただ、正面からその目を見返した。
「…はぁ」
やがて、盃を下に置いたレオンが、盛大にため息をつく。
がっくりと肩を落としたレオンの顔には、疲れが滲み出ていた。
「断るための方便かと思えば、本気でそう思っているのかね?」
「ああ。安請け合いはできないからな」
もう一度、俺の眼を射るように見てから、小さく笑う。
そこには、いつもの老練な笑みが浮かんでいた。
「なるほどな。まったく、その生真面目さは、セイルスそのものだな」
「約束には、慎重になれ。師匠たちには、そう教えられたからな」
どんなことであろうと、どんな形であろうと、約束を交せば、守らなくてはならない。
だから、約束をする際には、慎重にならなければならないし、何があっても、決して軽んじてはならない。
俺を律する戒めとして、師匠たちの声が、心地よく頭の中に響く。
それに恥じるような行いだけは、絶対にしたくなかった。
「まさか、そこまで真剣に考えてくれているとは、思っていなかったよ。
 ありがとう。そして、すまない。
 礼を言うためだけに呼んだつもりだったのに、無礼な頼みをしてしまうとは…ね」
己を恥じるように、レオンがゆっくりと首を振る。
そして、口元の微笑を消して、真顔で頭を下げてきた。
「君のことを見ると、つい、期待してしまう。気を悪くしないでくれ。
 本当にすまなかった。さっきの依頼、後半の部分は、忘れてくれ」
「後半?」
聞き捨てならない単語を、思わず復唱してしまう。
今の話の流れからすれば、普通、全てを取り消すのが筋というものだろう。
「何もかも任せたいというのは、撤回する。だが、王位を譲りたいというのは、本気だ。
 即答する必要はないから、考えてみてくれ」
「この場で即答させてもらう。お断りだ」
そんなもの、悩む余地もない。
俺が王位に着いたところで、誰一人として幸せになるものはいないだろう。
そんな、誰にとっても不幸なことを、わざわざ、嫌な思いをしてまでやる必要はない。
「そう言わずに、保留としておいてくれ。
 いくらでも待つから、気が変わったら、いつでも言いに来てくれ」
それ以上付き合っていられないことを示すために、酒の入った盃で、自分の口を塞ぐ。
愉快そうに目を細めたレオンも、俺に追従するように盃を手に取った。
酒宴を終わらせる気配など、微塵もない。
明日の朝は、地獄だな。
思考を、体内に溜めこまれていく尋常ではない酒の量へと向けて、胸中でつぶやく。
それでも、酒を注ぐ手を止める気には、ならなかった。
今日ぐらいは、この悩み多き王に、心行くまで付き合うとしようと、そう覚悟した。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ