挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
DAGGER 戦場の最前点 作者:BLACKGAMER

DAGGER 有色の戦人

115/129

12章 気まぐれな変化-4


【ティスト視点】

「そう簡単に、思い通りに行くと思ってるの?」
俺たちの話を聞いていたレイナが、嘲笑を浮かべる。
たしかに、相手の意図が分かっている攻撃ほど、対処は容易くなる。
「だが、そいつは、お互い様だろう?」
相手が連携を、こちらが一対一を狙っている。
だったら、後は、自分が有利なように戦いを進められる奴が勝つだけだ。
「押し通します!」
勢いよく、アイシスがサリへと向けて飛び出していく。
「くっ…」
いなそうと左右へ角度をつけて下がるサリに対して、アイシスが執拗に食らいついていく。
いい突進だ、あれだけ距離を詰められたら、防御に回らざるを得ない。
けんに回り、相手を観察するから、レイナとサリに翻弄ほんろうされる。
だから、その隙を与えなければいい。
変幻自在だろうと、関係ない。
変化するまでに、潰してしまえばいい。
「さて、俺も見習わないとなっ!」
回避を防御に切り替えて、位置取りを最優先にする。
必ずアイシスとの間に入るように立ち回り、多少の痛みは我慢する。
宣言通りに、力ずくで分断してやる。
「くっ…。この程度で、勝ったと思うなっ!」
焦りが、レイナの攻めを単調にする。
いかに威力を乗せようとも、真正面からの一撃なら、十分に対処できる。
「このぉっ!」
次々と繰り出される攻撃を受け止め、痛みを最小限に抑えて、機を見計らう。
攻め疲れは、期待できない。
狙うのは、どんなに息もつかせぬ連続攻撃と言っても、必ず生まれてしまう、その継ぎ目だ。
「死ねっ!」
「…!」
ダガーが首筋へと届く必殺の間合いに、相手が目を見開く。
そこで、迷わずに左の拳を握りしめ、鳩尾みぞおちにめがけて叩き込んだ。
「くっ…」
うめき声をあげたレイナが、膝をつく。
それでも、その目はまるで戦意を失っていなかった。
安全のために距離を取り、相手を見下ろす。
動けるような状態じゃない。
「やめろ。勝負はついた。これ以上、続けても無駄だ」
貫くつもりで打った左手には、たしかな手ごたえがあった。
気力を振り絞ろうとも、立ち上がれるような軽傷じゃない。
「ふ…ざ…けるな」
俺の静止を完全に無視して、立ち上がろうとしたレイナが、前のめりに倒れる。
身体が精神についてこない。
その歯がゆさには、何度も覚えがあるだけに、見ているだけでも辛い光景だ。
「その…程度で…」
つぶやいたレイナの下にある地面が、赤い輝きを帯びる。
身構えるよりも早く、轟音を立てて地面が爆ぜた。
「…!?」
煙る砂嵐の中から、前傾姿勢のレイナが姿を現す。
今の反動で、無理矢理に立ち上がったっていうのか!?
「私が止まると思うなっ!!」
「なっ!?」
思わぬ速度での突進に、反応が追いつかない。
左胸、心臓の位置へと、まっすぐに手が伸びてくる。
「…!」
回避を選択肢から外して、前へと踏み込む。
捨て身の一撃だと怯んだりしたら、それこそ向こうの狙い通りになるだろう。
「はぁっ!!」
「たぁっ!!」
互いに、突き技を放ち、爪と刃が交叉する。
「………」
半身の体勢を取っていたせいで、互いの攻撃は、わずかにそれて肩口へと刺さった。
互いに顔をしかめ、歯を食いしばって痛みに耐える。
「…ッ」
暖かな血は、服の中をするすると伝い落ちて、左手の指先まで垂れてきた。
指先を動かすだけでも、左肩に激痛が走る。
これで、左手は満足に使えないな。
「ふふっ」
あれだけ血を流しておきながら、苦しむどころか、笑んで見せるか。
その底知れない殺意に飲まれないように、正面から睨み返す。
「………」
相手に悟られないように息を吐き、頭の中を落ち着ける。
あれだけ有利な状況から、深手を負わされ、対等にまで持ち込まれた。
肉を切らせて骨を断つ…か、ヴォルグと戦っていたセレノアもそうだったな。
我が身を省みることなく、相手に一撃を加えることだけを、最優先とする。
改めて、魔族がそういう種族であることを痛感する。
「続きと行きましょうか」
踏み出してきたレイナの勢いには、わずかな鈍りもない。
攻撃の度に、激しく血を飛び散らせながら、ただ、ひたすらに間合いを詰めてくる。
「さあ、どうしたの!? その程度の傷で、臆したわけじゃないでしょう!?」
表情からは、痛みや苦しみを見て取ることはできない。
痛覚は、もう麻痺しているのだろう。
だが、あれ以上の失血は、命に関わる。
「まだまだ、これからよっ!!」
決死の覚悟を、言葉で説き伏せることはできない。
だから、力で、組み伏せるまでだ。
「チッ」
ダガーを鞘へと戻して、右手を自由にする。
その決定的な隙を、見逃してくれるはずもない。
「はっ、何のつもりよっ!」
がら空きの腹へと、一直線に爪が走る。
致命傷ではなく、確実に当てることを選んだか。
「好都合だ」
自分の肌が裂かれ、筋肉を突き破り、異物が侵入してくる。
その怖気が走るほどの不快な感触と激痛に耐え、相手の手首を取った。
「うおぉぉっ!」
血の滴る爪を強引に引き抜き、身体から取り出す。
今までの攻撃から、予想していたとおりだな。
立ち止まっての力比べなら、俺の方が上だ。
「なっ!?」
手首を握ったままでこちらが腰を落として、姿勢を下げる。
それから、体当たりの要領で、下から突き上げるように相手へとぶつかる。
相手の身体が浮き上がったところで、さらに前へと踏み込んで、上から覆いかぶさった。
「かはっ…」
背中をしたたかに打ちつけて、呼吸とともに動きが止まる。
その硬直の間に、仰向けに倒れたレイナへと馬乗りになった。
右腕は、俺に頭の上で抑えられ、左手は死んでいる。
俺の脚を絡めてあるから、蹴りが来ることもない。
手も足も出せないし、魔法を使おうにも発動までの数瞬で仕留められる。
完全な詰みだ。
「俺の勝ちだ」
「そう言い張りたいなら、殺しなさい。
 わたしは、自分が死ぬまで、やめるつもりはないわよ」
「それこそ、好きにしてくれ。この状態で、自分たちの勝ちだとは言わないだろう?」
別に、勝利に固執する必要もない。
敗北でないのなら、引き分けでも、かまわない。
「姉さん」
声のほうへと視線をやれば、ダガーを鞘に納めたアイシスとサリが並んで立っていた。
互いに軽傷を負ってはいるが、手当が必要な様子もなさそうだ。
「潔く、負けを認めましょう」
「くっ…」
言葉に詰まったレイナが、力なく顔を背ける。
この戦いで、放たれ続けていた殺意が、初めて途絶えた。
「………」
拘束を解いて、立ち上がる。
それでも、レイナは、地面に寝ころんだまま、動かなかった。
「どんな、顔で…どの面下げて、あの子のいた場所を横取りできるっていうのよっ!!
 あの子は、シーナは、心からレオン・グレイスを愛していた。
 あの子がいなくなったからといって、そこに収まるほど、私もサリも恥知らずじゃないわっ!!」
己の中にある激情をぶちまけるように、声を掠れさせて、レイナが叫ぶ。
今にも泣きだしそうなほどに弱弱しいその訴えは、悲鳴にしか聞こえなかった。
「それに、あの子だけが不幸になって…。私たちが、幸せになるなんて…」
今にも消えてしまいそうな、ひそやかな声で、サリも心中を吐露する。
妹の死を心から悲しむからこそ、幸せになる自分が許せない…か。
「だから、レオンやセレノアに、従者として尽くす道を選らんだのか?」
互いの距離を保ち、必要以上に相手と親しくならず、相手のために働き続ける。
踏み込まず、踏み込ませない、それは、とても辛くて悲しい関係だ。
「そのとおりよ。
 あの子が…シーナがやるはずだったことを、シーナの代わりにではなく、私たちの立場で実現させる。
 それが、あの子に対する、私たちの贖罪」
その考えが、間違いだとは思わない。
聞いた今なら、少なからず共感できる部分もある。
だが、そのせいで、誰も幸せになれないのは、納得がいかなかった。
「今の話って、シーナさんに対しての想いですよね?
 セレノアさんに対しては、どう思っているんですか?」

『あの子の分まで、生きてほしい』

迷いのない即答は、俺たちに届くまでの間に空中で重なった。
二人の意思が、一緒だということだろう。
「私たちのことを煙たがっているのは、十分に分かっているわ。
 私たちのことなんて必要ないほどに、強いってこともね。
 それでも、私たちは、心配だし、大切なの。
 昔からシーナは厄介ごとに巻き込まれやすい体質だったし、どうやら、それは、受け継がれているようだからね」
「どんな些細なことでも、危険なことをやらせたくないの。
 たとえ、どんなに嫌われても、疎まれても、私が代わりにやる。
 無事に育ってくれれば、それでいい。それ以上は、望まない」
「報われないな」
その愛は、一方的で、とても深い。
だからこそ、すれ違ったままで、これからも続いていくのが、いいとは思えない。
「どうして、あなたは、他人事に首を突っ込むの?
 あなたには、何の得もないでしょう?」
「俺も、アイシスも不器用だからな。とても他人事とは、思えないんだ」
本音で話してくれた二人に対して、俺も包み隠さずに返事をする。
勘違いやすれ違いなんて、どんなに回避しようとしても、いつかは、必ず起きてしまう。
そして、自分たちで修復できないときに、周りが手を貸してくれなければ、解決はできない。
「あなたは、そうやって、自分が傷つくこともかまわずに、相手へと踏み込めるのね。
 だから、相手からも信頼を得られる」
「私たちは、あなたたちに、嫉妬していたわ。
 長年ともに生きていた私たちよりも、レオン様やセレノア様は、あなたたちへ心を開いている。
 その事実が、許せなかった。でも、認めたくないと目をそらさずに考えてみて、その理由が分かったの」
「それは…」
『私たちが、二人の傍にいるだけに甘んじていたから』
同時に絞り出された言葉には、重い悔恨が刻まれていた。
表情にこそ、変化はない。
だが、その心の内で涙を流しているのが、その震える声から、痛いほどに伝わってきた。
「お二人に並ぶほどの強さもなければ、確たる利益も作り出せない。
 あなたのように人脈もなければ、食糧調達も満足にできない。
 何もできないのに、私たちは、今はいない妹を理由にして、お二人の傍にいた。
 甘えもいいところよ」
鋭利な言葉の刃が、苛烈に己を責めたてる。
血を吹き出し、心が再起不能になったとしても、この二人は、それを止めないだろう。
「それは…」
「違うっ!!」
俺の声を上書きした鋭い声に、誰もが息を飲む。
振り返れば、離れたところに俯いてたたずむ、一人の小さな影があった。
「アタシは…アタシはぁ…。
 一度だって、そんなこと、望んでないっ!!」
瞳に涙を浮かべて、力の限りにセレノアが絶叫する。
常に余裕の態度を崩さなかったセレノアが見せた、大きな感情の揺らぎ。
それは、たしかな衝撃となって、二人まで届いていた。
「強さなんて、関係ない。
 人脈なんて、必要ない。
 役に立つか立たないか、そんな目で見たことなんて、一度もないっ!!」
声を上げるたびに、涙が止め処なく溢れ出す。
涙の雫が集まって筋を作り、頬を伝って零れ落ちた。
それでも、セレノアは、目を逸らさない。
涙に濡れた眼で、しっかりと二人を見ていた。
「でも、私たちでは…」
「セレノア様のお役に…」
「もう、いいから。アタシになんて、もう、何もしなくて、いいからっ!!」
大きく首を振って、二人の言葉を否定する。
それに呼応するように、大粒の涙が、いくつも大地へと吸い込まれた。
「さっきまでの話、全部、聞かせて、もらったから…。
 みんな、辛かったのに、悲しかったのに…。
 アタシは、自分のことばっかりで、周りのことなんて、何にも考えられなくて…。
 たくさん、色んなことしてもらったのに、アタシだけ好き勝手にして、馬鹿で、どうしようもなくて…。
 だから…。だから、ごめんなさいっ!!」
あらん限りの感情を言葉に換えて、セレノアが投げかける。
荒々しくて、支離滅裂で、でも、それは、嘘偽りのない、セレノアの本音だ。
「………」
肩を揺らして震えるセレノアに、二人が静かに歩み寄る。
二人の腕がセレノアの背に回され、そっと、その小さな身体を抱きしめた。
「ぁ…」
「あの子が、素直になれない意地っ張りだってことは、私たちもよく知っていたわ。
 あなたも同じだって、分かっていたはずなのに…。
 私たちから、近くに行かなきゃいけないって、分かっていたのに…」
「上辺の言葉に耳を貸して、あなたのことを遠ざけてしまった。
 何を言われても、私たちは、あなたの一番近くにいるべきだったのに…。
 あなたが本当に辛かったときに、私たちは、支えてあげられなかった」
「ごめんなさい」
交わされる、謝罪の言葉。
それは、互いの過去を許しあうために、言葉で行う和解の握手だ。
どちらか一方だけでは、成立しない。
手を差し伸べあうからこそ、できること。
「アタシ…こそ、ごめ…な…さ…。
 アタシ…、した…こと、許して…なん、言えな…けど…」
身体を預けたセレノアが、子供のように泣きじゃくる。
その背中を、頭を、二つの手が優しく撫でた。
「いいの」
「もう、いいのよ」
「謝る必要なんてない」
「謝るべきなのは、私たちなんだから」
涙の混じった声で互いに語り合い、きつく抱きしめあう。
今まで空いていた互いの距離を消し去るように、身体を寄せ合っていた。
「きっかけとしては、悪くなかったみたいだな」
「はい」
晴れやかな笑顔のアイシスと、心の底から笑いあう。
一晩で、全てがうまくいくなんてことは、ないだろう。
これからも、色んな場所ですれ違ったり、ぶつかりあったりするのは、避けられない。
それでも、きっと、ここから少しずつ、いい方向に変わっていけるはずだ。
「さてと、寝なおすか」
「その前に、手当が先ですからね」
三人に背を向け、アイシスと並んで歩き出す。
ここからは、家族だけの時間だ。
部外者が見ているのは、野暮ってものだろう。
後ろから聞こえるのは、三人分の嗚咽。
それは、今までの歳月を埋めるための、心の触れ合いに聞こえた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ