挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
DAGGER 戦場の最前点 作者:BLACKGAMER

DAGGER -戦場の最前点-

11/129

04章 悩む少女-3

【ティスト視点】

どうやら、戦いには通じていないらしいな。
ユイの部屋に来るまでの間に、ファーナの身のこなしを観察した結論がそれだった。
貴族としては申し分のない歩き方だろうが、戦う人間の足運びじゃない。
もし、力を隠しているなら、師匠と同等の実力者だろう。
「どうぞ、これを…」
持っていた布袋を両手で支え、俺の前へと差し出す。
その袋には、見覚えがあった。
「貴方への給付金です」
手を出さない俺に向かって、ファーナが捕捉してくれる。
月に一度、俺のために送られてくる、前大戦の報奨金だ。
「せっかくだが、そのまま持ち帰ってくれ。
 俺は、受け取るつもりはない」
「理由を聞かせてもらえるかしら?」
「師匠たちに迷惑をかけたくない、それだけだ」
これだけの金を捻出するのにも、相当の労力をかけているだろう。
こんなことをしてもらわなくても、俺は生活できている。
「迷惑をかけないために、人の思いを拒絶するの?
 本当に相手を想うなら、受け取った物を大切にするべきじゃないかしら?
 それでも納得いかないのなら、相手にしてもらう以上に、自分も何かを返すこともできるわよね?」
反論の余地がなくなった俺に、もう一度、袋が差し出される。
突き返すことができなくて、大人しくそれを受け取った。
受け取った物を大切にして、何かを返す…か。
たしかに、ファーナの言うとおりだ。
俺が受け取らなかったことを、師匠たちが喜んでくれるとは思えない。
少し考えてみれば、分かることだったのに…な。
「受け取ってくれて、何よりだわ。
 頼まれた手前、『断られました』なんて、私も格好がつかないもの」
師匠たちから、直接頼まれごとを引き受ける。
つまりは、それだけ認められた存在…ってことか。
「一つ、聞きたいことがあるんだが…」
「何かしら?」
「徴兵制に関して、詳しい人間を知らないか?」
俺の質問に対して、柔らかな雰囲気が消える。
まるで、闘士が敵と向かい合ったときのような、凛とした表情だ。
「ある程度なら、私でも答えられると思うけど、どんな話かしら?」
「徴兵制で、クリアデルへ入ったと言っている女の子がいるんだが…。
 ロアイスのは、男には強制されたはずだが、女は無関係じゃなかったか?」
アイシスが、どういう経緯でクリアデルへ入ったのかは分からない。
だけど、徴兵制で…というその理由が、気になった。
「たしかに強制はしていないけど、受入拒否もしていないわ。
 生きるためにその道を選んだ女性も、少なくないはずよ。
 自ら志願すれば、国に対する忠誠心が評価されるし、本人か関係者へ特別に給付金が出るから」
貴族にとって重要なのは、忠誠心の評価。
庶民にとって重要なのは、目の前の利益。
どちらにも美味しいと思えるエサが用意されている、よく出来た話だ。
…ん?
本人か関係者へ、特別に給付金が出る…?
「ちょっと待ってくれ。本人は分かるが、関係者って…何を指すんだ?」
「その定義は都合がいい解釈ができるように、あえて曖昧にされているのよ。
 例で示せば、血縁としなかったのは、恋人などを考慮して…と言われているわ」
あんまりな話に、思わずため息が出た。
いくらなんでも最悪だ。
「どうしてそう、考慮する場所を間違えたものが出来上がるのかね」
愛する相手を奪われた代償に残された金に、どれほどの救いがあるのか知らないが…。
金など要らないから連れて行かないで…と泣いたものも少なくないだろう。
もし、金を喜んで受け取るような相手であれば、愛されていなかったようにしか俺には見えない。
「他人のことには無関心…それは、誰であろうと変わらない。
 当事者でないものが定めるから、そんな愚かな話になるんだ」
「でも、当事者だけで決めれば、自分を律するような法は作られないでしょう」
互いに、ため息をついて言葉を止める。
これ以上、卑屈な話をしてもしょうがない。
「どの貴族に従属していたか、分かるかしら?
 それが分かれば、ずいぶんと探しやすいのだけど…」
連中の自慢の種になるために、クリアデルに入る場合には、どこかの貴族の傘下に入る。
クリアデルの中で地位を認められれば、その貴族から取り立ててもらえる…という流れだ。
思い返してみたが、やっぱり、アイシスから貴族のことを話された記憶はないな。
「残念だが、聞いてない」
「なら、その方の名前を聞いてもいいかしら?」
「アイシス・リンダント」
「? リンダント?」
「ああ」
「リンダント、リンダント…」
まるでページを繰って探しているように何度か呟くと、ファーナはため息をついてから俺を見た。
「まさかとは思うけど、リンダント卿の息女ではないでしょうね?」
「!? 貴族の娘なのか?」
「この情報だけでは、断定できないでしょう。
 いいわ。少し、調べておきます」
「仕事は大丈夫なのか?」
「寝る時間を少し削ればいい…とでも、恩着せがましく言ったほうがいいかしら?
 私が調べると言ったのだから、余計な気を回さないで結構よ」
自分の仕事に関して、絶対の自信と誇りを持つタイプだな。
だったら…ここは、おとなしくお願いしておくべきだろう。
「それがあなたの役に立ったのなら、そのときに報酬を頂くから」
ユイのにこやかな笑顔とは根本的に違う、そんな微笑を口元に称えている。
悪意がないはずの笑顔で不安になるというのも、珍しいな。
「さて、話が済んだのなら、本題に入らせてもらおうかしら?」
「これを届けに来ただけじゃないのか?」
「レジ・セイルス様、クレア・セイルス様のお二人から、言伝があります」
その名前を聞いて、息が詰まる。
レジ・セイルスとクレア・セイルス。
俺の師匠たちだ。
レジ師匠は数年前までロアイスの騎士団長を務め、クレア師匠も同等の実力者だった。
老齢ゆえに最前線を離れたが、その力はいまだに衰えていないはず。
俺に一から戦闘を、全て教えてくれた夫婦だ。
「続けていいかしら?」
「ああ、聞かせてくれ」
「明日、あなたにロアイス城まで来て欲しい。
 その気がなければ、聞かなかったこととしてほしい…とのことです。
 これは、お二人からの願いであり、命令ではありません。
 お二人とも、無理強いはさせたくないと仰っていました」
師匠の思いやりを余さず伝えるように、ファーナがゆっくりと言葉を切る。
もう、何年会ってないだろう?
久しぶりに、顔を見せてもいいかもしれないな。
「条件を付けさせてもらえないか?」
「私が出来る範囲であれば、承りましょう」
「ユイ、明日の予定は空いてるか?」
「え? うん、大丈夫だけど?」
「なら、明日、ユイも一緒に来てくれないか?」
どんな顔をして会い、何を話せばいいのか、まるで分からない。
そんなときにユイが傍にいてくれるだけで、場が和らぐ。
「うん、もちろん」
「ありがとな」
「いいの、あたしもティストと一緒に行くの、嬉しいから」
頬を少し赤らめて、屈託のない笑顔。
こういうユイの仕種は、純粋に可愛いと思う。
「一つは…ということは、最低もう一つの条件があるのでしょう?」
話が脱線するのを嫌ってか、ファーナが話を促す。
「もう一つは、師匠たちに会わせたい人間が一人いる。
 その人物も王城へ入れるように、都合がつけられるか?」
「さっきの、アイシス・リンダントさん…かしら?」
「ああ」
少し思案した後に、ファーナが小さく息を付く。
頭の中で、いろいろなことを計算した結果を、吐き出したみたいだ。
「分かりました。私が都合をつけておきます」
「なら、師匠たちに、承知しました…と伝えてくれ」
「では、明朝ここで待ち合わせということで」
「ああ」
生返事をしながら、今更になって師匠たちが俺を呼んだわけを、頭の中で考えてみる。
いくら考えても、答えは出てきてくれなかった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ