挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
DAGGER 戦場の最前点 作者:BLACKGAMER

DAGGER 有色の戦人

106/129

10章 気まぐれな想い-1


【ティスト視点】

「ふぅ…」
紫紺の空に散りばめられて輝く星たちを見上げ、ゆっくりと息をつく。
ただ歩くだけなら何てこと無い距離だが、これだけの食糧が荷物だと、やはり辛いものがあるな。
「代わりましょうか?」
俺のため息が聞こえたのか、アイシスが気を利かせてくれる。
さっきから、何度となく申し出てくれるのはありがたいが…。
どんなに自分が疲れてようと、重い荷物を女に任せて、隣を歩く気にはなれない。
「いや、大丈夫だ。アイシスは、周囲の警戒、しっかり頼むぞ」
「はい」
これだけの大荷物があると、身の安全よりも、積荷のほうが心配だ。
盗られるほどの間抜けではないつもりだが、燃やされでもしたら、一大事だ。
ほとんど不眠不休で頑張ってくれたユイたちカルナス一家に、申し訳が立たない。
「でも、本当に大丈夫ですか?」
「ああ。セレノアのおかげで、この前よりずっと快適だしな」
「べつに、たいしたことはしてないわ」
視線を前へと向けたままの、そっけない返事。
それとは裏腹に、火照った俺の身体を冷ますように、優しい風が吹き抜けていった。
強すぎず、弱すぎず、温すぎず、冷たすぎない。
まさに絶妙と呼べるほどの心地いい風を受けて、最初は、今日はいい風が吹くな…なんて思っていたのだから、間抜けな話だ。
もし、偶然に目があったときに、セレノアがそらしてくれなかったら、きっと、今も気づいてなかっただろう。
「ありがとな」
「だから、礼を言われるほどのことじゃないって、何度も言ってるでしょ?」
そうやって照れるのが面白くて何度も礼を言っていると応えたら、きっと、ものすごい怒るだろうな。
そう言ったときの反応を見てみたいという誘惑を、どうにか理性で抑え込む。
「お世辞はいいから、アタシと代わりなさいよ」
「ダメだ。怪我人に、無理はさせられない」
「しつこいわね。治ったって言ってるでしょ?」
「どっちにせよ、病み上がりなんだ。もうしばらくは、おとなしくしておいたほうがいい」
強がってはいるが、ヴォルグとの戦いの傷は、決して浅くない。
ユイの治癒の魔法のおかげで、たしかに傷口は塞がっているが、完治には程遠いはずだ。
自然治癒に任せきりの魔族ならば、なおのこと、今は無理させられない。
「それより、明かりのほうへ専念してくれ」
「ったく、もう」
渋々引き下がるセレノアの手のひらに桃色の炎が集まり、それが、周囲へと散りばめられる。
夜の闇が炎に消され、地べたに転がる岩や、車輪の引っかかる穴までもはっきりと見えた。
「ありがとな」
「だから、お礼はいらないって言ってるでしょ!
 礼を言わなきゃいけないのは、こっちのほうなんだから」
「まったくもって、セレノアの言うとおりだ。
 すまんね。あれだけの働きをしてくれたのに、荷運びまで手伝わせて」
「別にいい。ただ歩くよりは、退屈しないからな」
自分の訓練を振り返ってみると、どうしても瞬発力を鍛えることに片寄りがちだ。
たまには、こうして、持久力を高めるのも悪くない。
荷車を引く手に力を込めて、しっかりと地を蹴る。
人が通ることがあるおかげなのか、このあたりまで来ると、いくらか歩きやすい。
やはり、舗装されていなかったとしても、踏みならされているだけで、ずいぶん違うな。
これからは、きっと、ロアイスとグレイスを何度も往復することになる。
いつの日か、自分が通った跡が、魔族と人間をつなぐ道になるかもしれない。
そう思うと、疲れとは別の何かが、身体の中に生まれたような気がした。




「お帰りなさいませ」
恭しく頭を下げる動作と声を、寸分の狂いもなくぴたりと重ねて、二人が出迎える。
二人のとびきりの笑顔を受け止め、レオンが鷹揚にうなずいた。
「二人とも、ご苦労だったな」
「いいえ。レオン様とセレノア様こそ、ご無事で何よりです」
「ご帰還を、心よりお待ちしておりました」
ここで、俺とアイシスにも声をかけてもらえる…なんてのは、高望みが過ぎるだろうな。
感動の再会を邪魔しないよう、アイシスと一緒に、少し後ろへと下がった。
「………」
ふと見れば、セレノアも浮かない顔で、その輪から外れていた。
レオンが二言三言と交わしているのに、会話に参加する様子はない。
「見てのとおり、ロアイスから援助を約束して頂いた。当面の間は、大丈夫だろう」
レオンの報告に、二人が満面の笑みで頷き返す。
「引き続き、彼らの協力を仰ぐことになった。今まで以上に礼節を持って接するように」
「…かしこまりました」
流れるような受け答えの途中に生まれた、一瞬の淀み。
表情にこそ表れていないが、その意味は、聞かなくても予想がつく。
歓迎されないのは、どこにいっても変わらないな。
「留守の間、何か変わったことはあったか?」
「それが…」
「その…」
二人が、顔を見合わせて、言葉を濁す。
その刹那、覚えのある、ひりつくような闘気が肌を刺した。
「…!」
俺と同じものを感じ取ったのか、隣にいたアイシスも、腰に携えたダガーへと手を伸ばす。
鞘に納めたまま、柄を握りしめて、身構えた。
「待ちくたびれたぜ」
目を凝らして気配の主を探し、ようやく、砂煙の奥に見知った顔を見つけた。
なるほどな、二人が返答に困った理由は、ジャネス・ブラスタのおかげか。
「にしても、ずいぶんなお出迎えだな」
向こうは、柔らかな女の笑顔なのに、こっちは、武骨な男の殺気か。
まったく、嫌になるほどの格差だ。
「悪くないだろ?」
口調どおりのふてぶてしい態度で歩み出てきたジャネスが、好戦的に笑う。
すぐにでも、荒っぽい魔族の挨拶が始まりそうな気配だ。
「待ちなさいよ。なんで、あんたがここにいるわけ?」
目を吊り上げたセレノアが、俺とジャネスの間に割って入る。
「私も呼び出した覚えはないが、いったい、何しに来たんだい?」
わずかに遅れて、レオンが、セレノアよりも前に出る。
いつでも、相手を抑えられるといった位置取りだ。
「ったく、どいつもこいつも、好き勝手に言いやがって…。
 あんたたちが留守の間、グレイスにいろって、親父に言われたんだよ」
 戻ってくるまで離れるな。戦闘があったら、敵を殺せ…ってな」
ふて腐れた顔で、ジャネスが愚痴をこぼす。
端的な命令だが、二人にとっては、十分な意志の疎通なのだろうな。
顔も見ずに厳命するガイが、容易に想像できる。
「なるほどね。ガイが気を回してくれるとは、珍しいこともあるものだ。
 おかげで、遣いを出す手間が省けた。ガイには、数日中に取りに来いと伝えてくれ」
「了解」
そのやり取りを見て、ようやく話の意味が理解できた。
「ロアイスから受けた食糧を、ブラスタと共有する…か」
「いけないかい?」
「いや、もらったものをどうしようが、所有者の自由だ。
 無駄にされないのなら、使い道にまで口を出すつもりはない」
食糧難は、グレイスだけじゃなく、魔族全体の問題なのだから、当然の措置だ。
あの会談で魔族全体なのだからと主張して、受け取る量を増やそうとしなかったのは、レオンなりの計算…いや、譲歩なのだろう。
「そう言ってくれると、こちらとしても助かるな」
「話は、終わりでいいのか?」
「ああ。ガイによろしく伝えてくれ」
「だったら、帰る前に、もう一つの用事を済ませねえとな」
「用事?」
ぎちりと音を立てて拳を握り、そのまま、俺へと突き出してくる。
風を切る音が鳴り、間合いの外だというのに、拳圧が風となって俺の頬を撫でた。
「続きと行こうぜ、ティスト・レイア」
「何言ってんのよ。続きも何も、完敗したじゃない。
 負け犬は、さっさと自分の家に帰りなさいよ」
「んだよ、邪魔すんな!」
「あんたがアタシの邪魔してんのよ! 次はアタシの番なんだからねっ!!
 何度も横取りしようだなんて、図々しいにもほどがあるわ」
ジャネスを帰らせるための嘘なのか、それとも、本気なのか。
どっちにせよ、ここで俺が口を出すのは、得策じゃなさそうだ。
「分かったら、さっさと帰りなさい!」
「そんなの知るか、次は俺だっ!!」
睨みあった二人が、一歩も引かずに怒鳴りあう。
その迫力はたいしたものだが、言っている内容は、まるで幼稚な口喧嘩だ。
「大人気ですね」
「人気…ねえ」
とてもじゃないが、アイシスのその言葉を素直には喜べない。
自分のことで奪い合ってくれるにしては、あまりにも理由が嬉しくない。
「魔族にとって、君ほどのご馳走も、そういないからね」
レオンの追い討ちに、まるで、自分が骨付き肉にでもなったような気分になる。
この二人から、かじられて、しゃぶられたら、歯型がつくどころじゃすまなさそうだな。
「どっちにしても、明日にしてくれないか?
 疲れたのを負けた理由にしていいなら、これからすぐでもいいけどな」
「なんだよそれー! この程度の荷物で、へばってんじゃねえよっ!!」
実際、言うほどまでには、疲れていない。
だが、ここは、言い訳に利用させてもらおう。
「だったら、明日の朝一番で…」
「言伝は、迅速にしてくれ。それとも、たまにはガイのではなく、私の鉄拳も味わってみるかい?」
先ほどのジャネスよりも遥かに音高く拳を握りしめ、突き出して見せる。
拳圧と呼べないほどの威力のそれは、頭の上で結わえたジャネスの髪房を見事に打ち抜いて見せた。
もし、あんなのを顔面に食らえば、立っていることすら困難な威力だろう。
「ったく、分かったよ。帰ればいいんだろっ! 帰ればよっ!!
 今日のところは出直すからな、首を洗って待ってろよっ!!」
拳で戦う人間相手に首を洗うというのも、不思議な話だな。
そんなくだらないことを考えているうちに、ジャネスが砂塵の中に消え去る。
相も変わらず、暴風のような奴だな。
「ガイの息子とは思えないほどの、口数の多さだな」
思わずつぶやいた俺の言葉に、レオンが楽しそうに笑いを漏らす。
俺の視線を非難と受け取ったのか、笑んだままで、小さく頭を下げた。
「いや、悪い。今のガイしか知らなければ、そう思うのも仕方ないだろうね」
「昔は、違ったのか?」
「ああ。あれでも年を経て、成長しているところもあれば、取り繕っているところも多いのさ。
 昔は、ジャネス以上に手がつけられなかったよ。
「そのまま大人にならなかったことを、感謝するべきなんだろうな。
 ジャネスの性格とガイの戦力じゃ、始末に負えない」
「違いないね」
こらえきれないというように、レオンが笑い出す。
冗談で済むうちはいいが、ジャネスがそうならないことをひたすら祈るべきだろう。
そうでなければ、俺の命が危うそうだ。
「さて、立ち話はここまでにしよう。疲れているのに、長々と悪かったね」
「レイナ、サリ、彼らの部屋に寝具の用意を」
「いいわ。二人の分は、アタシがやるから」
二人が返事をするよりも先に、セレノアが言葉を割り込ませる。
セレノアがそんなことを言い出してくれるとは、まさかの好待遇だな。
「いけません、セレノア様のお手を煩わせるなど…」
「そうです、そのような仕事は、我々に…」
「アタシがやるって言ってるんだから、口出しは無用よ」
「しかし…」
「ですが…」
困り顔を見せても、二人は、主張を譲ろうとはしない。
セレノアに任せるというのは、二人の立場からすれば、気が進まないのだろうな。
「好意は嬉しいが、べつに、気を使わなくていい。
 自分たちのことくらい、自分たちで出来る。
 これからも世話になるっていうのに、特別扱いのままじゃ、互いに面倒だろう?」
別に客として扱ってほしいわけではないし、毎度、朝晩と手間をかけさせるのも気が引ける。
それに、当たり前のことを自分たちでやったからといって、それは、苦労でもなんでもない。
「ったく、布団一つ敷くのが特別扱いとは、大袈裟なことね」
不機嫌そうな顔で、セレノアが俺を睨んでくる。
言葉の裏に隠れているのは、きっと『この程度なんだから、素直に受けなさいよ』という、セレノアの優しさだろう。
「私が、お兄ちゃんの分まで準備しますから、大丈夫です。
 お気遣い、ありがとうございます」
ぺこりとアイシスが頭を下げると、セレノアが呆れたように息をついてから、穏やかに笑う。
しょうがないわね、というのが聞こえてきそうな、優しい笑みだった。
「アイシスがそういうなら、好きにしなさい」
どうも、セレノアは、アイシスには甘いというか、弱いらしい。
まあ、俺も人のことは言えないが…な。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ