挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
DAGGER 戦場の最前点 作者:BLACKGAMER

DAGGER 有色の戦人

100/129

08章 気まぐれな会談-2

【ティスト視点】

量や運び方などの細かい取り決めがなされ、ファーナが数値として整えて紙に記す。
心配していたイスク卿やヴォルグも、あれっきり大人しくなっている。
どうやら、これで無事に決着がつきそうだな。
今は、ほとんどがライナスとレオンの会話だけだ。
「再三申し上げたことですが、魔族の食糧を全て補うことは、残念ながら不可能です。
 今回のロアイスの対応は、あくまでも、緊急措置として見てください」
「ええ、心得ております。そうでなければ、前大戦など起きませんでしたから」
「仰るとおりです。当座を凌ぐだけならば、ロアイスでも手伝えるでしょう。
 その間に、共に現状を打開する道を歩きましょう」
「よろしくお願いいたします」
あくまでも、根本的な解決ではない…か。
ここから続く道は、暗く険しいかもしれないが、それでも、魔族にとって今までよりはマシだろう。
大戦になるぐらいなら、こうして、共に歩いていくほうが、きっと理想的な形になるはずだ。
「では…」
「失礼、ひとつ、よろしいかな?」
レオンの次の言葉を止め、強引にイスク卿が割り込んでくる。
まだ終わらせてくれない…か。
「なんでしょうか?」
「今回の件が合意となれば、我々貴族も、私財を投入してお手伝いさせて頂くことになる。
 なので、その報酬…と言ってはなんですが、個人的な質問をさせて頂いてもよろしいかな?」
異種族を毛嫌いしているあのイスク卿が、レオンに対して質問?
まるで、意図が読めないな。
「ええ、なんなりと聞いてください。私の知識の及ぶことでしたら、なんでも答えましょう」
笑みと共に、イスク卿の質問を快諾する。
まあ、レオンの立場なら、そうせざるを得ないだろうな。
問題は、何を聞いてくるか…だろう。
「魔族には、王族のみに口伝で伝わる絶大な魔法があると聞く。
 あまりにも強大な力は、人智を超えている…とか」
そんな代物があるなんて、初耳だな。
それは部屋にいる誰もが同じようで、一様に怪訝な顔をしている。
それとも、俺が気づかなかっただけで、レオンやガイは、戦闘の度に使っていたのか?
「どうでしょう? それをお教え願えないだろうか?」
「あなたたちが、どの程度の魔法を会得しているのか分からないが…。
 人智を超えた…とは、具体的には何を示すのでしょうか?」
「さあ、私も詳しい話は聞いておりませぬもので。なんでも、世界の摂理をも覆す…とか」
摂理を覆す? 曖昧すぎて、想像もつかないな。
だが、できるわけがないと言い切れないほどに、魔族の力は絶大だ。
本当に、そんなものが存在するのか?
「ご要望にお応えしたいのは山々だが、残念ながら、心当たりがありませんな。
 先王からは何も聞かされておりませんし、ないものを教えることはできません」
表情一つ変えることなく、レオンが平然と答える。
もし、これで嘘をついているなら、俺には見抜く術がないな。
「回答ができないのに申し訳ありませんが、私からも、質問させていただけますかな?」
「ええ、なんなりとご自由に」
「この話、誰から聞かれたのですかな?」
「さあて、どうでしたかな? 風の噂で聞いたものですから、特定はできませぬな」
レオンの問いかけに対して、のらりくらりという表現が似合うような態度で、イスク卿が答える。
二人の間に流れる不穏な空気に、背もたれにつけたままの背中が、薄ら寒くなった。
「それは、不思議な話ですな。
 あなたは、さきほど、『王族のみに口伝で伝わる魔法』と仰った。
 口伝の魔法が噂になるなど、それでは、まるで口伝である意味がない。
 どうして、そんな話が噂になるのやら?」
「魔族の強さは、誰もが知るところ。
 何か秘訣があるということで噂になる程度は、自然なことだと思いますが?」
質問と回答が微妙に食い違い、論点が徐々にずれていく。
おそらく、意図的にそうしているのだろうが、それが、逆に恐ろしい。
互いの思惑がぶつかりあっている音が、聞こえそうだ。
「もし、思い出したら教えていただけますかな?」
「分かりました。こちらでも、もう一度、記憶を洗っておきます」
上辺だけの口約束をして、二人がうなずきあう。
表面上さえ取り繕えていないように見えたが、指摘するような勇気ある者は誰もいなかった。
「さて、それでは、報酬の話も出たところだし、我々魔族がグレイスから供与できる物に関して、
 話をさせていただいてもよろしいかな?」
「ええ、ぜひともよろしくお願いいたします」
今回の話を受けての対価…と言ったところか。
魔族がどんなものを出してくるのか、興味はあるな。
「グレイスは、ロアイスに対して、何者にも負けぬ力を提供しよう」
堂々と胸を張り、ライナスの顔を見つめて、そう告げる。
他の者が口にしても、笑い飛ばされるのがいいところだろう。
だが、そうさせないだけの貫禄が、レオン・グレイスにはあった。
「種族不可侵のおかげで労働力も供与できないし、それ以外に資源と呼べるものもない。
 わずかに取り残した鉱石があるが、その程度では、十分な益にはならないだろう。
 だからこそ、私は、差し出せる中で最高のものを選ばせて頂いた」
まさか、報酬が武力…とはな、なんとも魔族らしいな。
「野蛮な我らの得意なことなど、争いの他にない。
 有事の際には、必ずや役に立って見せよう」
魔族の力がどれだけ強大なのか、それは、前大戦で嫌というほどに知れ渡っている。
グレイスが先陣を切れば、どんな国を相手にしようとも、十分に渡り合えるだろう。
しかし、その発言を前に、イスク卿は、はっきりと分かるほどに眉をしかめた。
「大した自信ですな。まるで、魔族だけでも戦況を覆せると言わんばかりだ」
「我々は、戦いに生きる種族です。他のことならいざしらず、戦闘では誰にも劣るつもりはない」
「ほう、噂に違わぬ好戦ぶりですな。こちらとしても、歓迎の準備が無駄にならぬというものだ」
歓迎…という言葉には程遠い笑みを浮かべて、イスク卿がつぶやく。
それだけで、場の空気が一転した。
まだ、魔族に攻撃する手を残していた…か。
本当に、十重二十重に張り巡らせてくるな。
「ほう、それは楽しみだ。これ以上に何をしていただけるというのかな?」
「文化の違う魔族を最大限に持て成すために、こちらも知恵を絞りました。
 魔族は、戦いを楽しみ、戦いの中で生きると聞きます。
 ならば、答えは決まっている。戦いで相手を持て成せばいい」
「道理ですね。それで、誰が持て成してくれるのかね?」
「騎士団長である、ヴォルグ・ステインが相手をさせていただく」
護衛ということで、ヴォルグをここまで連れて来たのには、そういう意味も込められているのか。
相変わらず、用意周到だな。
「ここは、一騎打ち…ということで、どうだろうか?」
「よろしい。では、こちらもセレノアに戦わせよう」
「!?」
誰もが驚きの目をレオンへと向ける。
名前の挙がったセレノアどころか、提案したイスク卿までもが、その返答に驚愕していた。
周りの反応を気にした風でもなく、レオンが平然と言葉を続ける。
「もし、セレノアが負けた場合には、今回の話を考え直してもらって結構だ。
 その程度の力量しか持たぬようでは、先ほどの言葉も虚言と取られかねないからね」
魔族は、自分の強さに対して並々ならぬ自信を持つというが、こうまでとは思わなかった。
ロアイスの騎士団長を実力で倒して、嘘偽りなく、自分たちが強いことを証明するつもりか。
「公の席でのこと。今さら、発言は取り消せませんぞ」
「もちろん、心得ています」
語調を強めるイスクに対しても、レオンは笑顔を絶やさない。
むしろ、その反応を楽しむように笑みを深めた。
この反応、本当にセレノアとは親子だと実感させられるな。
「そちらこそ、彼でいいのかね?」
「質問の意味が分かりかねますが、どういうことですかな?」
「聞いた話によると、彼は、闘技祭の準優勝者なのだろう?
 国を超えての試合を最強の者ではなく、二番手に任せてもいいのだね?」
当事者が揃っている前で、まさか、そんなことを言い出すとはな。
まるで容赦のない痛烈な指摘に、傍で聞いているこっちのほうが居たたまれなくなる。
「ええ、彼の忠誠心は、本物ですから」
わざわざ俺のほうを睨みつけながら、比較するようにヴォルグへと目を向ける。
負けじと言い返すどころか、こちらへと矛先を向けてくる…か。
まったくもって、見事な論客だな。
「異種族のために、わざと手を抜く可能性もなければ、売国奴でもない」
付け足された罵倒が、俺の中に深々と突き刺さる。
国を売る…ね。
魔族との話を持ってきたこと、それを成功させようと努力していることが、そう評価されているわけか。
たしかに、ロアイスにとっていいことばかりとは言えない。
だが、そうまで言われるとは…な。
「…っ」
息を飲む声に、部屋の隅へと視線を投げる。
ここまでひたすらに静観していたアイシスとユイの二人が、怒りに身を震わせてくれていた。
まるで、心の傷口を塞ぐように二人の想いが、胸の中に流れ込んでくる気がした。
まったく、二人とも、優しすぎる。
次いで、我慢ならないというように厳しい表情で、クレア師匠が立ち上がった。
「公の席での発言の重みを、先ほど自身の口から仰いましたね?
 ならばこそ、この場でティストに謝罪しなさい」
「必要性を認められませんな。事実を言ったまでだ。それに関して、とやかく言われる筋合いはない」
「二人とも、そこまでだ」
さらに口を開こうとしていた両者を、普段と変わらぬ冷静な声で阻む。
睨み合っていたクレア師匠とイスク卿の鋭い視線が、一斉にライナスへと集まった。
「ですが…」
「しかし…」
「まだ何かあるなら、退室してもらう」
意見には一切耳を貸さず、二人を黙らせる。
そして、リースと目で合図をすると、静かに立ち上がった。
「大変失礼致しました」
ライナスとリースが腰を折って正式に謝罪し、それで場が静まり返る。
まったく、また借りができたな。
「いえいえ。こちらは、一向にかまいません。
 そういった意見があるなら、彼と戦えないのも、しかたのないことです。
 しかし、そちらが闘技祭の準優勝者を出すのなら、こちらだけ最強を出すのも、やはり不公平だ。
 加えて言えば、敗北者が相手ならば、わざわざ私が出るまでもない」
「………」
当の本人を前にして、少しも臆することなく断言する。
まったく、この胆力…というか、ふてぶてしさは、見習いたいものだな。
「そう仰いますが、あの戦いは二対一で…」
「ッ!!」
イスク卿の声を遮り、ヴォルグが全身を強ばらせて立ち上がる。
敗北を蒸し返され、しかも、擁護されるなど、耐え難い屈辱だろう。
「では、お相手頂こうか」
「ええ、喜んで」
頭に血が登ったヴォルグを前に、セレノアが柔らかく笑んでみせる。
まるで、踊りの相手を勤めるような気安さだ。
立ち上がり、連れ立って闘技場までの道を歩く。
肌を刺すようなヴォルグの殺気が、うっとうしいほどにまとわり着いてきた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ