挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
DAGGER 戦場の最前点 作者:BLACKGAMER

DAGGER -戦場の最前点-

10/129

04章 悩む少女-2

【ティスト視点】

「この程度の報酬じゃ、労力には見合わねえな」
「もっとマシな仕事をしにいくか」
ギルドの中に入ると、何人かの男たちが壁際に立ち、紙を指差して大声で話している。
大小と身長差の激しい二人がそう話して、その団体が出口へと向かう。
どうやら、前の二人が奴らの頭らしいな。
我が物顔で広がって歩き、笑いながら出て行く奴らを横目で見送る。
「今日は何が掛かることやら」
すれ違いざまに集団の中の一人が呟いた言葉が、耳に残った。
『何が掛かる』
とても猟師に見えないその男たちの卑しい笑いから、やることは想像がついた。
「…ふぅ」
思わずため息をついてしまうが、俺と関わらない以上、何もしようがない。
そんな言葉を聞くたびに誰かを相手にしていたら、どれだけ殴り倒しても終わらない。
「リスト、もらえるか?」
奥にいるカウンターの中、くたびれた椅子に座る男へ声をかける。
無愛想に俺を睨みつけると、あてこするように酒瓶に口をつける。
まったく、大した接客だ。
「どれにするんだ?」
「一番安いのでいい」
「チッ…」
面倒くさいと舌打ちをしてリストを取り、俺へと放り投げる。
紙で三枚…俺はさっと目を通して、間違いないことを確かめる。
そうでもしないと、間違えたと白紙をよこしたり、インクが滲んで読めないものを平気で渡すからな。
「ここに置くぞ」
代金をその場において、壁沿いに歩き、敷き詰められた小さな張り紙に目を落とす。
ここにあるほとんどは、リストの元になっている情報だ。
『食材となる木の実と果物を何個ずつ集めて来る』
『行商人の運送の手伝い』
まるで、臨時の日雇い作業だな。
こういう条件なら、アイシスの希望にあうのか?
少しずれると、そこに書いてあるのは探し物。
宝石、本など、自分が探しているものの名前を書き殴ってある。
こちらのほうが、さっきよりも字は綺麗で丁寧、依頼主の連中が筆をよく握っている証拠だ。
「ん…?」
依頼の中には、盗まれた物の回収が多いな。
どこの街道で、他の国に向かう道中に、状況は違っても野盗に取られたものが大半らしい。
発見の可能性を少しでもあげようと、出来る限りの情報を提供しているらしいが…無駄なことだ。
取られた場所を指したところで、そこから見つけられる可能性なんて無に等しい。
無くしたならまだしも、盗られたなら、使われているか売り払われてしまっている。
だが、諦められるくらいなら、こんなところで依頼したりしない…か。
もう一歩横にずれると、手配書、探し人の類。
どっちにせよ、捕まえて連れて来いという意味で、どうやら一括りにされているらしい。
昔は、悪事を働いた賞金首は、生死を問わず…という条件だったが…。
本人確認ができないような死体を持って賞金を得た輩が一人、そして、また一人と増え。
そんな不埒物ふらちものに対処するために、生かして連れて来ない限り賞金が出ないこと取り決めができた。
背格好が似ているとだけで殺されては、たまったものじゃない。
「ここにも、盗賊の話が多いな」
どこで見た、どんな背格好だった、何を盗られた、どの話にも、多少の誤差はあるが…。
五人組。
盗賊討伐と書いてあるものは、大体これが書いてある。
そういえば、さっきまでここにいた連中も五人組だったな。
壁を埋め尽くすように書いてある目撃証言や被害情報は、異常なほど多い。
これほど派手に動いているなら、そのうち騎士団に捕まるだろう。
「これで、一通り…か」
ひとしきり見終えたことに満足し、ギルドを後にした。


大通りに出ると、そこかしこから焼きたてのパンや肉を焦がす香ばしい匂いが、空っぽの胃を刺激する。
そういえば、アイシスに朝食の用意をしただけで、何も食べていなかった。
家に帰ってからでもいいが、時間が中途半端になる。
それに、ラインさんやシアさんにも挨拶しておかないといけない。
毎度、あれだけお世話になっているのに、来いと言われたときに知らんふりはできない。
人混みを避けながら、俺は足早にライズ&セットへと急いだ。


「…遅かったか」
昼食時は書き入れ時。
賑わうライズ&セットの前には、長蛇の列が出来ている。
最後尾に並ぶと、俺の後ろにも瞬く間に列ができる。
相変わらずの大盛況だ。
誰もが至福の表情で店を後にし、待望の顔で代わりの人間が中に入っていく。
大通りの一等地に相応しいだけの愛され方だと思う。
そんなことをぼんやり考えていたら、待つことはそれほど苦痛じゃなかった。
美味そうな料理の匂いが胃を刺激しすぎることを除けば…だが。


「いらっしゃいませー」
明るく弾んだ声が店内に響いて、ようやく俺が歓迎される番になる。
「あら、ティストちゃん。律儀に待ってたのね、偉いじゃない。
 じゃあ、指定席にご案内ね」
今しがた空いた席ではなく、俺をいつもの席に案内してくれる。
店がこんなに混雑しているのに、そこには誰も座っていなかった。
「使ってないんですね、この席」
「誰が使っても、ユイのご機嫌が斜めになるだけだからね。
 あの子、ティストちゃんのことだけは一歩も譲らないの」
シアさんの楽しそうな笑顔に、俺のほうがなんだか気恥ずかしくなってしまう。
ただ、そうまで大切にしてもらっていることが、嬉しかった。
「そんなティストちゃんには、専用ウェイトレスを用意するからね」
素敵な笑顔を見せてくれた後に、他のテーブルの空いた皿を片付けながらシアさんが奥へと消える。
少しの間があって、足音が二つになって戻ってきた。
「ティスト、いらっしゃい」
シアさんとユイが、シルバートレイに乗せられるだけの料理を載せてきてくれる。
注文もまだなのに、俺の好きなものを見繕ってくれたみたいだ。
「じゃ、後はごゆっくり」
悪戯っぽい笑顔を残して、シアさんが他のテーブルに料理を運びにいく。
ユイは嬉しそうな顔で、俺の対面に腰を下ろした。
「来てくれたんだ」
「この前、また来るって約束したからな」
「ありがと」
俺の向かいに座ったユイが、頬を赤らめながら目を細める。
こうして嬉しそうな顔をしてくれると、来て良かったと素直に思える。
俺が料理を食べている間、ユイは楽しそうに向かいで微笑んでくれた。


俺が食べ終わったときには、椅子の半分以上が空席になっていた。
どうやら、客足も一段落したみたいだ。
「おう、久しぶりだな」
低い声に振り返ると、一仕事を終えたラインさんが厨房から出てきていた。
筋肉質で身長も高く、その巨躯に覗き込まれると圧倒されてしまう。
「お邪魔してます」
「お父さん、お疲れさま」
「時間が中途半端だな」
壁掛け時計に目を向けて、ラインさんがそうぼやく。
酒を飲むには速すぎるし、飯を食べるには遅すぎる…たしかに、微妙な時間だ。
「今度、もう一人連れて、ゆっくりお邪魔します」
「ああ、楽しみにしてるぜ。
 たまには、気の許せる野郎とゆっくり飲み明かしたいもんだ」
豪快に笑って、ラインさんが厨房へと戻っていく。
きっと、忙しかったのに、俺のためにわざわざ来てくれたんだろうな。
「お母さんが言ってたけど…。
 あたしもお母さんも女だから、お父さん、寂しいみたい」
男を相手にするほうが気兼ねがない…って気持ちは分かる気がするな。
「お父さんね、ずっとティストとお酒を飲むの、いつも楽しみにしてるの。
 それは、お母さんも、あたしもだけどね」
そうやって笑ってくれるのは、本当にありがたかった。
今度は、とっておきの酒を買ってこないとな。


来客を告げるベルが鳴り、小さな足音が店の賑わいの中で響く。
一度立ち止まったかと思うと、こちらの席に向けて一直線に足音が向かってきた。
その足音が気になり、俺は振り返って、こちらに歩いてくる姿を見た。
背中まで掛かる綺麗な金髪を揺らして、細身の女性がこちらへと歩いてくる。
襟元や袖口を飾る白の純白さや、混じりっ気のない金ボタンは、貴族でしかあつらえられないだろう。
頭の帽子と眼鏡が知的な雰囲気を醸していた。
「お食事中に邪魔をして申し訳ありません」
テーブルの横に立った女性が、透き通った綺麗な声で告げる。
知らない顔だ…ユイの知り合いか?
「ユイ、ちょっといいかしら?」
「あ、今日は…その日だったね」
相手の持っている荷物を見て、ユイの表情がわずかに曇る。
「席を外そうか?」
「ううん、大丈夫。
 これは、ティストにも関係あることだから、ここにいて欲しいの」
ユイの言葉に視線をこちらへと動かし、俺の瞳を真っ直ぐに捉えた。
ここまで熱心に顔を見られるのは、不思議な感じだな。
「貴方が、ティスト・レイア様ですか?」
「そうだが、貴女あなたは?」
「申し遅れました。ファーナ・ティルナスと申します」
貴族としての優雅で洗練された振る舞いで、恭しく頭を下げる。
その誠実な態度は、俺に向けられるには丁寧すぎて、恐縮してしまう。
「場所を変えて、少しお話させていただけませんか?」
「ああ、かまわない」
「ユイ、貴女の部屋を貸してもらえるかしら?」
「うん、大丈夫だよ」
俺と話したい…か。
どんな話を持って来たのか、まるで想像がつかないな。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ