挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
DAGGER 戦場の最前点 作者:BLACKGAMER

DAGGER -戦場の最前点-

1/129

01章 孤独な少女-1

【ティスト視点】

「よし、買出し終了」
コーヒー豆も買い足したし、これで全部そろった。
買い忘れると半日を潰してここまで来るか、我慢するかの二択になるからな。
念のため、買い物袋の中身を確認しながら、のんびりと歩く。
「おっと」
「あ、すみません」
お喋りに熱中していた女とぶつかりかけ、慌てて避ける。
夕暮れの喧騒と行き交う人の多さには、いつも居心地の悪さを感じてしまう。
人の波を避けるように、店のない路地裏へと道を変えた。

長い塀にそって、人気のない道をゆっくりと歩いていく。
たまに目つきの悪い人間とすれ違うが、互いに相手のことなど気にも留めない。
居心地がいいとは言えないが、こっちのほうが気を使わなくて済むだけ、楽でいい。
どこまでも伸びている頑丈な塀の中は、クリアデルという兵士や傭兵を育成するための機関。
強さを求める者たちが集う場所…といえば、聞こえはいいかもしれないが…。
持て余した力を誇示する者や戦うことに魅入られた…つまりは、戦うことしか能のない人間が集う場所だ。

「…?」
ようやく見えた角を曲がったところで、奇妙な光景に足を止める。
クリアデルの塀に背をつけ、女の子が膝を抱え込んでいた。
地べたに座り込んで、何をしているんだ?
「…ッ」
その顔を見て、思わず息を飲む。
瞳は虚ろで、焦点が定まっていない。
土気色の顔には、生気がまるで感じられない。
自分を抱え込むその姿は、全てを拒絶しているようだ。
医者じゃないから詳しいことは分からないが、素人目にも分かるほど、女の子は憔悴しょうすいしていた。
俺が近づいても、何の反応も見せない。
ただ、ぼんやりとした表情で座っているだけだ。
知覚していても無反応なのか? それとも、知覚すらできていないのか?
どちらにせよ、こんな場所に座らせておいていいほど、軽い症状じゃないはずだ。
安っぽい胸当てとグローブは、戦闘をするには心許ない装備だが…。
この格好からすると、クリアデルの人間…か?
「そこで、何をしている?」
横柄な声に振り返れば、人相の悪い男が腕を組んで立っていた。
見るからに、あくどい商売が似合う面だ。
「ウチの商品に何のようだ?」
「べつに」
商品…ね。
人の売買を生業とする奴らは、人間を平然と物扱いする。
このご時世だし、当たり前だという奴も多いが、こいつらの考え方には正直ついていけない。
俺は、人を買おうと思ったことも、売ろうと思ったこともない。
「女が欲しいなら、世話してやってもいいぜ。
 その娘は売約済みだから、別の女になるがな」
「売約済み?」
「ああ。あと一時間もしないで、こいつを買いに客が来るのさ」
だから…か。
これからの人生は、買った人間の奴隷として、媚びへつらいながら生きていくだけ。
その運命から解放される選択肢は、捨てられるか、死ぬか、そのどちらか。
おそらく、それを理解して、この子はたぶん…諦めたんだろう。
そう、暗く淀んだ瞳が告げている。
この子の人生は、あと一時間ほどで決定し、おそらくそのまま終わる。
こうして、俺がこの子を見下ろしているのは、たぶん、人の最後を看取るのと同じようなものだ。
その事実に、激しい嫌悪感を覚える。
このまま見過ごせば、人殺しと変わらない。
「この子の家族は?」
「は?」
「親はどうしたんだ? 両親がいるだろう?」
「その親からのお達しだよ」
半ば予想していた返事なのに、息が詰まりそうになる。
親でさえ、平気で子を見捨てる…あいも変わらず、腐った世の中だ。
「まったく、金があるってのは羨ましいねえ、なんでも思い通りになる」
言葉と裏腹に、この男の目は、金持ちを羨むのではなく、金を持っていないこの少女を蔑んでいた。
ただ光るだけのものにそれほどの価値を見出すなんて、なんとも不思議な話だ。
金は、飢えも渇きも癒してくれないのに…こんなもので、人の命すら買えるんだから。
「………」
腰から下げていた皮袋に、手を伸ばす。
そこには、たしかな重みがあった。
財布の中身には、執着も、使う予定もない。
足りなくなったら、また稼げばいい。
これを使い果たして、この子を今の状況から逃がせるなら…。
悪くないかもしれない。
「俺が、この子を買うといったら?」
「はぁ? なんだって?」
「俺が、この子を買うといったら?」
言葉に迷いを乗せないように、もう一度繰り返す。
くだらない意地を張ることが正しいのかなんて、分からない。
ただ、家に帰ってコーヒーを飲むときに、こんなことを思い出したら、まずくて飲めたものじゃなくなる。
「どれだけ持ってるんだよ?」
「お前が首を縦に振るぐらいだ」
大き目の皮袋の中から硬貨がぶつかり合う音を聞いて、男の目の色が変わる。
金と騒ぐだけのことはあるな、その反応は分かりやすくて話が早い。
「見せてみな」
金の入った皮袋を、無造作に投げつける。
「おっと」
両手で袋を受け止めた男は、口紐を緩めて中身を覗きこみ、ジャラジャラと音をさせて上機嫌で数えている。
あの姿には、醜さしか感じない。
「こいつはすげえや。これを使って、横取りする…ってわけか?」
「文句あるのか?」
「へぇ、よっぽどこいつが気に入ったらしいな。
 そんなに幼子がいいなら、別口で2、3人用意するから、ぜひとも買ってくれよ」
叩き売りの口上を聞くだけで、苛立ちが募る。
この男さえ消せば…そう思う気持ちを、なんとか抑え付けた。
「それで…できるのか?」
「その前に、俺の質問に答えてくれよ。
 どうやってこんなに大金を稼いだんだ? 人に言えないことをしてきたんだろう?
 いい口があるなら、俺にも紹介してくれよ」
商売根性を丸出しにして、大声でまくし立てる。
こんな耳障りな声を、これ以上聞いていたくない。
「金を払って欲しいなら、余計なことは喋らないことだ」
俺の敵意にようやく気づいたのか、相手も表情を引き締める。
とがるんじゃねえよ。俺と揉めたら、どうなるか分かってんのか?」
ドスを利かせた声を出し、俺を睨みつける。
だが、それも形だけだ。
丸腰で、この状況で身構えないのだから、戦闘になれていないことは明白。
こいつはあくまでも商売人であって、戦士じゃない。
どうせ、金で他人をいいように使って、それを自分の力と勘違いしているんだろう。
「前金は、もらってるのか?」
「なにぃ?」
「儲けがなくなるのは、さすがに気の毒かと思っただけだ」
鞘に収めたダガーの柄に手をかけ、相手の目を射抜くように睨みつける。
どんなに頭の悪い奴でも、ここまですれば、無駄口はなくなるだろう。
これ以上、くだらないおしゃべりに興じるつもりはない。
「ま、待てって! 悪かったって。
 この額なら俺も文句ねえよ。この女はあんたのもんだ」
慌てた男が、下手な愛想笑いを浮かべる。
これで、交渉成立…か。


「…立てるか?」
座り込んだままの女の子を刺激しないように、ゆっくりと左手を差し出す。
この後どうするのかなんて考えていないが、とりあえず、ここからは早く離れたい。
「………」
少女は、わずかに視線を上げて、俺の手のひらを見つめる。
だけど、動かない。
その瞳に俺の手のひらを映して、じっとしていた。
「立てないか?」
俺の問いに、唇が動く気配はない。
心を閉ざしてしまっているのか?
「まどろっこしいな、蹴り飛ばしてでも立たせりゃいいだろ?」
俺のやり方に苛立った男が、後ろでぼやく。
そんなことを繰り返して、こうなったわけか。
黙れ…そう言ってやろうと振り返ると、少女の方から物音がする。
そちらを見れば、女の子は目を閉じて横に倒れていた。
「!? 大丈夫か?」
何度か肩をゆすってみるが、目は閉じられたままだ。
これは…?
「どーせ、栄養失調かなんかだろうぜ。
 ここ2、3日、食事にも手を着けていないって話だからな」
金に見合うだけの情報を提供くらいしてやる、という顔で、男が少女を指差す。
身体は悲鳴をあげているのに、心が生きることを拒絶して、食事をしない…か。
それが、この子をこんなにも追い詰めてしまったんだろう。
「好都合じゃねえか、家につくまで抵抗されねえ。
 しかも、人間ってのは案外しぶといからな。この程度じゃ、くたばらねえだろ」
「………」
俺が拳を握りこむ音が、あいつにまで聞こえたらしい。
音に反応して交叉した視線を、奴が慌てて逸らした。
「分かった分かった。失せればいいんだろ?」
男は静かに塀の中へと入っていった。
奴もクリアデルの人間か。
噂に違わず、中は腐りきっているようだな。


「さて…と」
ここに残っていたら、契約者が現れるかもしれない。
さっさと離れたほうがいいな。
二の腕に荷物を引っ掛けて、両手を自由にしてから、少女の隣に膝をつく。
背中と膝の下に腕を入れ、それでも反応がないことを確認して、少女を横抱きにして立ち上がる。
両腕の中におさまる小さな身体は、驚くほどに軽かった。
「………」
自分の胸の前辺りから聞こえる、規則的な呼吸。
意識の喪失から睡眠に変わったのか、さっきと比べて、表情が穏やかになっている気がする
恐怖に攻め立てられて、眠ることさえ、できなかったのかもしれないな。
医者に連れて行くことも考えたが、結局、我が家に向けて歩き出す。
本人に助かる意志がないのなら、どんな医者であろうと助けることなんて、できやしない。



街を出ると、草原の果てに見えるのは、沈み行く太陽。
その夕焼けを楽しみながら、少女をなるべく揺らさないようにのんびりと歩く。
家につく頃には、真っ暗だろうな。
街の賑わいに背を向けて、ひたすら街道を進む。
草原を吹き抜ける夜風が、肌に心地よかった。

街の灯から遠ざかり、喧騒も聞こえない。
静かな夜道を、月明かりを頼りにして進む。
見慣れた森へと差し掛かって、ようやく街道から外れた。

少女の足や頭をぶつけないように気をつけながら、木々の間を抜ける。
木の根が絡まり、足場が悪くなっている場所を過ぎて、さらに奥へ。
数分をかけて森を抜けると、ようやく我が家が見えてきた。

なんとか片手で扉を開け、すぐ近くにある蝋燭に火をつける。
炎が部屋の中を照らして、冷えていた部屋がほんのりと暖まっていく。
ようやく帰りついた我が家は、いつもと同じで出迎えてくれる人間なんていなかった。
『この女はあんたのもんだ』
思い出した馬鹿な言葉を、頭の中で打ち消す。
この子が目を覚ましたら、少しだけ話をして、それで終わりだ。
ここは、俺一人の家。
いつもと変わらない。
少女を空き部屋に寝かしつけて、自分もベッドに潜り込む。
夕飯どころか、コーヒーを飲む気にもならなかった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ