挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月4日

93/4820

金色の弓

今回の試合場はA-1だ。

会場内において最奥の角でもある。

現在、試合場内にいるのは俺と翔子の二人だけだ。

間違いなく激戦となる二人の戦いの中に入ろうとする審判員はいなかった。

そして今回は北条も辞退している。

同様に沙織も試合場の外にいる。

その理由は単純だ。

明らかな翔子派である二人では公平な審判が出来ないからだ。

審判は中立でなくてはならないために北条と沙織は審判を辞退した。

そして、誰もが巻き添えを恐れる為に審判が決まらない。

その結果として北条が独断で判断しようとしていた。

「まあ、あれだな」

適当な人材を押し込んでもまともな審判など出来ないだろう。

ならば選択肢は一つだ。

「どうせどっちかが倒れるまでやるんだ。審判は要らねえだろ?」

北条のその一言によって、
学園史上まれにみる審判のいない試合が行われる事になった。

「でもまあ、開始の合図だけは俺がしてやるよ」

試合開始の宣言だけはすると言って、
北条は試合場の外のギリギリの位置まで近づく。

これは試合開始と共に防御用の結界が発生するからだ。

一度、中に入れば試合中は外に出られない。

だから試合場には俺と翔子の二人しかいられない。

それぞれの開始線に立つ俺と翔子。

二人の姿を視界に入れながら、
北条は試合開始を宣言する。

「準備はいいな?行くぜ!試合開始っ!!」

宣言と同時に即座に北条が試合場を離れ、
同時に試合場を覆う特殊な結界が発生する。

そんな北条の動きとほぼ同時に俺の手に『ソウルイーター』が現れ、
翔子の手には光り輝く『金色の弓』が造り出された。

「こうして総魔に見せるのは始めてよね。一応紹介しておくわ。これが私のルーンよ」

翔子は誇らしげに弓を掲げる。

「あらゆる物質を貫く神器。金色のパルティア」

弓を構えた翔子は手馴れた仕草で弦に指をかける。

「形状は弓。そして放たれる矢は魔術。いえ、魔法というべきかしらね」

ゆっくりと引かれる弦。

金色に輝く弓の中心に光り輝く矢が生まれた。

「って言っても、まだまだ魔法を扱いきれてないってすでに言っちゃってるから、あんまり期待されると困るんだけどね~」

苦笑いを浮かべながらも、
膨大な魔力を秘めた光の矢を番えた翔子はまっすぐに狙いを定めて宣告する。

「この矢に込められた魔力はあらゆる物質を撃ち貫く能力を持ってるわ。それでも総魔はこの矢が防げるかしら?」

自信たっぷりに力を見せつける翔子。

確かにその力は恐れるに値する威力を内包しているようだ。

今はまだ放たれる前なのだが、
それでも強烈な威圧感が感じとれる。

「ならば試してみよう」

翔子の挑発を受けてソウルイーターを翔子に向ける。

これから行われる一撃はどちらにとっても賭けに等しい攻防になるだろう。

翔子にとってはここが最初の賭けだ。

俺はまだ翔子の実力を知らない。

だから俺に力を見極められてしまう前に初撃を当てることができれば試合の流れは翔子に傾くだろう。

だが、外せば勝ち目は薄れる。

一度でも確認すればおおよその判断は出来るからな。

完璧とはいかなくても対処する自信がある。

だから俺が翔子の力を解析する前に攻撃を成功させることが翔子の勝利の絶対条件だ。

逆に翔子の先制攻撃を防げなければ俺の力はまだまだ翔子に及ばないという事になるだろう。

この一撃で優劣が決まる。

互いに絶対の自信を持つルーン。

翔子は覚悟を決めて両手に力を込める。

単なる小手調べなどではないはずだ。

俺に自分の力が通用するかどうかを見極める大事な一手だからな。

翔子は持てる全ての力を出し尽くすつもりで魔力を込めているはず。

「絶対に外さないわ!」

翔子の頬に一筋の汗がこぼれ落ちる。

互いの優劣は一瞬で決まってしまうからな。

緊張を感じるのは当然だろう。

「覚悟しなさい。これが私の力よ!!」

翔子の膨大な魔力が光の矢に流れ込み、
検定会場そのものを揺るがせるほどの強烈な衝撃が試合場を突き抜けた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ