挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月4日

92/4820

vs翔子

《サイド:天城総魔》

約束の3時間が過ぎた。

まもなく来るであろう対戦相手の到着を待つために、
静かに立ち上がって休憩所をあとにする。

向かうべき場所は既に決まっているからな。

検定会場の入口にある受付に向かう。

そこで翔子を待つつもりだった。

登録だけを済ませて、
ただじっと翔子が来るのを待ち続ける。

緊迫した空気は受付だけでなく、
会場中に広がっているようだ。

とはいえ。

緊張感が広がる理由は俺の存在だけではないだろう。

この試合を待ち続けていた係員や審判員。

そして噂を聞いて駆け付けた生徒達が試合の開始を心待ちにしているからだ。

俺と翔子の試合を観戦する為だけに集まった観客達。

彼らによって受付の周辺では緊迫した空気が漂っているのだが、
集まった多くの観客達中には俺の知った顔もいる。

これまでにも幾度となくすれ違ってきた美春だ。

だが美春は俺に近づくそぶりを見せていない。

他の観客たちと同様におとなしく状況を見守るつもりでいるようだ。

わざわざ俺から声をかける必要はないだろう。

知り合いではあるがどちらかといえば敵対関係だったからな。

この状況で馴れ合う必要はないだろう。

そう考えて、美春のことは気にせずに黙って翔子を待つことにした。




その数分後。

しばらくの時が流れると、
やがて会場の入り口方面からざわめきが起き始める。

騒ぎに気づいて入口に視線を向けると、
ゆっくりとした足取りで3人の生徒が近づいてくる姿が見えた。

ようやく来たようだ。

翔子と沙織、そして北条の3人だ。

「待たせたわね」

緊張した表情を浮かべる翔子にいつもの気楽さはなく、
全力で試合に挑む気合いが見える。

「総魔の挑戦を受けるわ」

一旦、こちらを無視して翔子は受付で手続きを進めた。

その傍では一言も話す事なく、
翔子を見守る北条と沙織がいる。

二人の表情に不安は感じられない。

ただ翔子の勝利を信じているのだろう。

そうして手続きを終えた翔子が再びこちらに視線を向けた。

「手続きは終わったわ。もう後戻りは出来ないわよ」

それは俺に向けての言葉なのか?

それとも自分自身に対してなのか?

翔子は俺の返事を聞かずに堂々と胸を張って試合場に向かって歩きだす。

そんな翔子の後を追って動き始める観客達も試合場に向かっていく中で、
俺も試合場に向かって歩きだした。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ