挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月4日

84/4820

第3位

《サイド:常盤沙織》

「その『膨大な魔力』。お前が生徒番号3番だな?確か沙織と呼ばれていたと思うが、お前とは翔子の次に戦う事になるだろうな」

背後からの宣告。

その言葉を聞いた私は背筋が凍りつくような感覚を感じてしまいました。

すでに彼が、翔子を見ていないことに気づいたからです。

翔子の次の対戦相手になるはずの私。

そしてその後に訪れる北条君との戦いを考慮しているようでした。

その思惑を感じとった私は一度だけ彼に振り返って忠告しておくことにします。

「翔子を甘く見ないほうが良いですよ」

ただそれだけを言い残してから、
翔子を追い掛けることにしました。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ